I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

Archive for the ‘コラム’ Category

キリスト者とは誰か

Posted by Shota Maehara : 2月 28, 2013

img_1493959_52831216_0 「キリスト者とは誰か」――改めてこの問い掛けを自分に向けてみると、その答えは単純でありながらも深いものであることに気づかされます。「キリスト者」とは、「キリストに属する者」あるいは「キリストに従う者」でしょうか。この名称は、最初は外部から与えられたものであって、イエス・キリストの道を歩む者たちが自分たち自身を指すために使い始めたものではありません。しかもそれは蔑称的なものであったようですが、後に、彼らはむしろそう呼ばれることを誇りに思い、自分たちの方から用いるようになったようです。それ以前、キリスト教は「この道」(使徒言行録9・2)と呼ばれ、それゆえ、紀元43年ごろ、シリアのアンティオキアで、イエスの道に従う人々が「キリスト者」と呼ばれるようになったと言われます(同11・26)。

一人の人間がどのようにしてキリスト者となるのか――聖書はそのことについて、さまざまな召し出しの場面を描いています。例えば、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」(マルコ1・17)――そう言ってイエスは、湖で網を打っていたシモンとその兄弟アンデレを招きました。パウロの召命は劇的です(使徒言行録9・1-19、22・6-16、26・12-18)。「わたしが選んだ器」(使徒言行録9・15)として、イエスは自分を迫害していたパウロを有無を言わせず捉えます。その他にも、たとえ聖書には記されてはいなくても、多くの人びとがそれぞれのイエスとの出会いを体験したことでしょう。

イエスと弟子との関係は、極めてユニークなものでした。まず、弟子が師を選ぶのではなく、師が弟子を選びます。弟子となる者は、「一切を捨てること」(ルカ14・33)、すなわち、凛とした覚悟が求められます。その意味で、キリスト者となることは、確かに「狭い門」(マタイ7・13)であり、自分を捨て、日々、自分の十字架を担いながらイエスに従うことが求められます(ルカ9・23)。しかし同時にまた、イエスと労苦を共にする者は、その喜びにも与ります(二コリント7・4参照)。
真のキリスト者となること、それは決して、一時的な感情の高まりや無分別な判断によるものではありません。ある種の落ち着きが必要です。単純で素朴な心でイエスのことばを聴いて悟り(マルコ7・14)、腰を据えて(ルカ14・28、31)、彼の招きに応えることが大切です。しかしそれは、私たちのうちに常に揺ぎない確信があるというわけではありません。私たちは弱く不確かな存在であり、たとえ誠実であろうとしても過ちを犯し得る存在です(ローマ7・15参照)。しかしそれでも、イエスの真心に自らを託したい、その心に偽りはありません。パウロが語るように、神は「世の無力な者」(一コリント1・27)を選ばれます(申命記7・7参照)。自分の弱さ、あるいは自分が取るに足りない者であることを謙虚な心で認めるとき、私たちは真のキリスト者となる一歩を踏み出すことができるのではないか、そう思います。

http://seseragi.jesuits.or.jp/sasage/0710-1.htm

広告

Posted in アーカイブ, エッセイ, コラム | Leave a Comment »

「時」と「心の傷」が他人の苦しみを癒す-『東京家族』から『東京物語』へ

Posted by Shota Maehara : 2月 5, 2013

ORG_20130121001201

昨日私は山田洋次監督の『東京家族』を観に行きました。なぜなら、お世話になっている方々から是非観た方が良いと薦められたからです。私は大の小津安二郎ファンでしたので傑作『東京物語』の現代版リメイクということで期待と不安をもって出かけました。結果から申し上げますと駄作でしたが、それにも一定の効果があるものです。つまり、原作の素晴しさがコントラストの中でなお一層浮き立つということです。それによって、私は小津安二郎の『東京物語』こそ今も現代人の胸を打つ傑作だと考えるようになりました。ではそれはなぜでしょうか。それをこれから両者の比較も織り交ぜながら説明していきたいと思います。

まず、私が原作『東京物語』に感動し、筆をとるのはこれで三度目です。私はこれまで「時間」というテーマでこの作品の素晴らしさについて書いてきました。この作品にあるのは二つの時間の流れです。一つは尾道という田舎の時間。そして、もう一つは、東京という都会の時間です。言うまでもなく、前者はゆっくりとした時間の流れであり、後者はせわしない時間の流れです。尾道から両親が東京にいる大人になった子供たちに会いに来る出来事によって、この二つの時間が交差します。その結果、息子たちは皆仕事で両親の相手をしてやることができないのです。両親は何となく疎外感を感じますが、そんな彼らを東京見物に連れて行ってくれるのが戦争で死んだ長男と結婚した義理の娘・紀子です。両親は奇妙なことに実の子供たちよりも元は他人であるこの義理の娘の親切な行為から、いたわりや愛情を感じます。

34dfdd6bced36a877a52c7dac5c8475f戦争未亡人の紀子はいわば過去の時間に属する人です。なぜなら、大切な夫が戦争で死んでしまった日から時間が静止しているからです。だからこそ、戦後の高度経済成長を迎えているテンポの速い東京で、唯一尾道から来た両親と時間を共にすることができたのです。彼女にとって両親は無情に過ぎていく時間の中で自分の夫を思い出させてくれるいわば過去に属する存在だったのかもしれません。このことが奇跡的にも心の交流を東京の中で可能にさせたのです。私はかつて聖書的な観点から、お金ではなく、自分にとってかけがえのないもの、つまり人生の時間を犠牲にして、他人と一緒に時を過ごし、話に耳を傾けるということこそが愛(アガペー)であると主張しました。言い換えれば、他者と時間を共有することの中に愛(アガペー)があり、それがこの映画のテーマだと主張しました。ただし、『東京物語』の本当の魅力は語り尽くせていないとも考えていました。

しかし、ふと山田洋次監督の『東京家族』を観ていた時、その語り尽くせていない大事なテーマが分かったような気がしました。山田洋次監督の現代版では、戦争未亡人の紀子の代わりに、フリーターの次男昌次と震災のボランティアで知り合った紀子を登場させていますが、観ているとどうもちぐはぐな印象を受けます。なぜなら、なぜ彼らだけが両親と心の交流が生まれ得たのかという決定的な根拠が時間以外に見当たらないからです。

確かに山田洋次監督は、フリーターの昌次に将来への不安を語らせ、紀子という支えによって自立していこうとする若者の姿を温かい眼差しで描いています。昌次は彼女を仲立として、母親と心の交流を深め、やがて長年わだかまりのあった父親とも和解するという形でドラマは終わります。ここに山田洋次監督が一貫して描いてきた社会から疎外されてきた存在に大切な役割を与えるというモティーフを垣間見ることができます。おそらく、実家から上京してきて居場所がないと感じる老いた両親と家族や社会から居場所が無いと感じているフリーターの青年を向かい合わせることで山田監督は両者の心の交流を可能にしようとしたのでしょう。

東京物語それにもかかわらず、原作である小津安二郎の『東京物語』と比べ、作品の深さというものがあまり感じられません。まるでテレビで放送されている連続ドラマを見終わったような浅い感動しか呼び起こしません。では、それはなぜなのでしょうか。

私はここに小津安二郎監督の『東京物語』のもうひとつのテーマが浮かび上がってくるように感じます。つまり、原作で妻に先立たれ故郷にひとり残された父親の心の痛みに義理の娘・紀子だけが時間をとって寄り添えるのは、彼女もまた愛する夫を失ったという「心の傷」があるからなのです。一見すると実に不思議なことですが、私たちは自分の強さや成功を分かち合うよりも、自分の弱さや失敗を分かち合い、深い同情を寄せることによって、相手を真に癒すことができるのです。これは一種の「逆説」(パラドックス)だと言っていいでしょう。新約聖書は次のように私たちに教えています。

「神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。」-コリント人への手紙 第二 1:4

もちろん比較することは不毛かもしれませんが、私は原作で紀子が戦争で心の傷を抱えていたからこそ、逆説的に妻を失った義理の父と真にいたわりのこもった心の交流ができたのだと思うのです。この映画が持つ深い感動の奥底に何か観ている私たちをを癒すような力があるように感じるのはそのためなのではないでしょうか。

■参照

現代人にとって愛とはなにか―『東京物語』(小津安二郎)が語るメッセージ

『東京物語』試論―「時間」の共有をめぐって

Posted in エッセイ, コラム | Leave a Comment »

教会における若い信徒へー「きちんと悩もう。そこに主は寄り添ってくれるのだ。」

Posted by Shota Maehara : 1月 26, 2013

asking_for_help_from_christ教会における若い求道者や受洗者が霊的に成長していくために、周囲の大人がどう向き合っていったらよいかを祈り考えていたところ、その祈りに対して主が答えを示されたように感じた。私がふいに思い出したのは、昨年行われた日本同盟基督教団の宣教121周年記念大会でKGKキリスト者学生会主事の大嶋重徳さんがしてくれたスピーチであった。大切な内容であるので分かち合うために私がここに要約してまとめることにする。

話に先立って大嶋主事は、今の時代がすべてが相対的な価値しか持たない「ポストモダン社会」であるという点を強調された。その上で、まず聖書に見る若者の特徴、長所として「きよさ、力強さ、将来性、希望」を挙げ、また短所として「葛藤、混乱、未完成性、途上性」を挙げられた。そして、青年期特有の課題と若者を取り巻く現状を次のように分析する。

1.<青年期特有の課題>
①本当の自分とは何かというアイデンティティの問題
②愛するとはどういうことかという問題
③どこに進むべきか、何をやるべきかという進路の問題

2.<若者を取り巻く現状>
①家庭の複雑さ
②性的な倫理観の変化(特に女性)
③優しすぎる学生(KYなど)
④判断基準がフィーリング(心が合えばO.K.)

これらのどれもが若者と日々接していて頷けるものばかりだが、最近の若者の傾向としては、その多くが心に安らぎを求めて教会に来るが、神様を感じたいという理屈抜きのスピリチュアルな人が多く、信仰もまた相対化で押し付けられるのを嫌い、だんだん聖書を読まなくなっているという。

多くの教会の大人の信徒たちはこうした若者に対して、奉仕の失敗を責めたり、自分たちの立派な信仰を語ろうとしてしまう。そして、最後は若者の成長のなさに失望してしまうかもしれない。

しかし、教会に求められるのは次のようなものであると大嶋主事は語る。すなわち若者に届く説教、聖書の学び、特に「失敗に付き合う大人達」である。言い換えれば聖霊が教会に寄り添うように「若者のそばにいて励ます大人の存在」だ。その際には立派な信仰や成功談よりも、失敗や挫折の共有が大切であると語る。

次に、教会と若者の関係について重要だと思う指摘を以下に引用する。

3.<教会と若者の関係>

①「キリストのからだなる教会は、成長し続ける有機体であり、地上では終末の完成を夢見る存在。決して完成しない「途上性」と「未完成性」を持った存在」

②「教会は、歴史の中で絶えずその傍らで教会の成長を忍耐とうめきを持って執り成してこられた聖霊なる神の存在によって成長してきた。」

③「若者の側で執り成し、祈り、失敗に付き合い、諦めずに祈り続ける存在は、キリストのリアリティーを差し出すことのできる教会へと成長させる。」

④「教会は、自らと同じく未完成で途上にある若者と共に生きることによって、健全な自己認識をなし、聖霊論的な教会形成をなすことができる。」

⑤「若者宣教は、教会が伝統と呼んでいたものの本質を問い、我々の受け継いできた信仰の告白を再点検される営み。」

⑥「教会が若者と生きることは、自らが真の教会として生きる出来事である。」

では、そのような教会の役割に目覚めた大人達は、具体的に若者に対してどう接していったらいいのだろうか。それは、何よりも若者に寄り添って「忍耐を持って祈る」ことだと大嶋主事は言う。さらにこの点もまとめておこう。

4.<忍耐を持って祈る>
①時間をかける。
②一般的な若者などどこにもいない、目の前にいる若者こそ、若者伝道の出発点。
③同労者としての尊敬を持って、人格的に交わる。

最後にKGKの大嶋主事のメッセージとして私が強く心に残った言葉をここに書き記しておきたい。それは若者と長く向き合ってきたからこそ言える本当に彼らの心を知っている人の言葉だ。すなわち、「きちんと悩もう。そこに主は寄り添ってくれるのだ。」

Posted in エッセイ, コラム | Leave a Comment »

日々雑感ー山室軍平と新島八重について

Posted by Shota Maehara : 1月 26, 2013

山室軍平1ここ数ヶ月日本の優れたキリスト教徒の著作や説教を読んでいます。その中で、山室軍平という方がおります。日本救世軍の創設者の一人で、キリスト教社会事業家として知られている方です。

日本救世軍の創設者の一人で、キリスト教社会事業家として知られている方です。また新島襄の同志社大学の出身で、「平民の福音」という優れた本を残しています。

その繋がりで新島襄の妻、新島八重の葬儀の際には彼女の遺言により説教を行いました。

明治から昭和にかけて、日本には優れた信仰者であり、知識人でもある方が日本に大きな影響を与えていたのだと思わされる日々です。その中には私と同じ大学出身賀川豊彦という方もあり、自分のことを省みています。

Posted in エッセイ, コラム | Leave a Comment »

「聖なるもの」としての信仰者ーレビ記19章2節から

Posted by Shota Maehara : 1月 26, 2013

060209_dismas_thumb「あなたがたの神、主であるわたしが聖であるから、あなたがたも聖なる者とならなければならない。」ーレビ記19:2

この聖句から、私たちは神によって「聖なのもの」とされるが、同時に聖なるものとなることを求められてもいるというメッセージが読み取れる。

しかし、それは決して義務ではない。もし義務感で人間が礼拝を捧げても神は喜ぶだろうか。そこに人間の自由意思の余地が神によって残されている理由がある。

すなわち、先に神の愛による救いがあり、自らの行いによらず、存在の喜びに立って私たちは生きることができる。そして、もしその喜びと感謝が大きければ、自ずと神の愛に応答して積極的に生きたいという気持ちが生まれる。このことを神は人間に望んでいらっしゃるのではないだろうか。

Posted in エッセイ, コラム | Leave a Comment »

教会の社会的役割についての雑感

Posted by Shota Maehara : 1月 26, 2013

1246611939教会の中だけで福音について語ることではなく、教会の外へも福音を語ることは、私が召しを受けて以来たえず私がしなければならないと痛切に感じている役目です。

また、教会が地域で絶海の孤島のように存在しているだけでなく、ある役割を持って社会と関わっていかなければならないということ感じています。

それにはそれぞれのキリスト教会が自分たちしかできない「社会的役割」とは何なのかを見出さねければならないと思います。

例えば、それは挨拶をすることでしょうか、ゴミ拾いをすることでしょうか、炊き出しをすることでしょうか、あるいはクリスマス会を開くことでしょうか。

もちろん、それらはどれも大切なことです。しかし、もっとその土台となる重要な役目があるのではないでしょうか。

では、一体それは何なのか。現代のような閉塞感に満ちた社会において、私たち教会だけが果たすことのできる役割とは何なのでしょうか。

私は、それは原点に返ること、すなわち、「福音」をいかに外へ宣べ伝えるか、どう社会で実践してくか、そして福音を通して地域共同体の交わりのハブになっていけるか、この点にヒントが隠されているような気がします。

Posted in エッセイ, コラム | Leave a Comment »

信仰のリバイバルのための哲学入門

Posted by Shota Maehara : 1月 24, 2013

9.11人間の価値とは、他の人との関係性の中に埋め込まれていますが、それゆえ各々が自分の価値を相手に認めてもらうために承認をめぐる闘争が起こります。例えば、職場では、同僚が能力を誇示し合っているために、ギスギスしているなど光景がよく見られます。

ここから分かるのは人間の関係は根本的に暴力を孕んでいるということです。さらに、20世紀に入り、フロイトは今まで理性を持った合理的な存在だと思われていた人間の根底に「無意識」という領域を発見し、その領域には「生の欲動」に加えて、「死の欲動」という人間の攻撃性が横たわっていることを主張したのです。

日本の哲学者の柄谷行人氏は、『倫理21』の中で、神戸の須磨区の少年による連続殺人事件などを深く掘り下げながら、人間の攻撃性はどんなに平和的な教育をしても完全になくならないと主張しています。

もちろん哲学は理性によって、その対立や暴力を緩和するために歴史的に国家を作り、あるいは貨幣を作りました。また国連を創設するなどこうした国家と国家の暴力性を抑止するための方法を考えてきました。

しかし、そのどれも今日のグローバルな規模での格差や民族主義あるいはイスラム教徒などの宗教対立の前に無力となってきています。そして人間の暴力性を抑制するために文明が考え出した「教育」というシステムも日本において崩壊しつつあります。

では、この危機の時代に、キリスト教の聖書や神学を学んでいる私たちはどう応答して言ったらいいのでしょうか?福音は、主イエス・キリストこそがこのような人間の罪による無限の対立に終止符を打つべく地上に来て、救いの道を備えてくださったのだと私たちに示しておられるように思います。その上で、各自がなすべきことを実践していくことが今、求められているのではないでしょうか。

Posted in エッセイ, コラム | Leave a Comment »

ふたたび和解と希望について―脱原発デモの終焉

Posted by Shota Maehara : 1月 21, 2013

反原発デモ首相官邸などの脱原発デモ関係者の間では無力感が広がっているそうです。自分たちの考えとは逆の方向に日本が進んでしまったことからくる挫折感のようです。もしこれを悪しき前例としてデモのない国に戻るとしたら問題です。大切なのは経験であってデモだけでは不十分であるということを学ぶことです。

またキリスト者は粛々と社会に倫理的な議論ができる土台作りを続けていくべきであると思います。人間の基準はかならず時とともに変化しますが、神の基準は変わることがありません。聖書に示された神の義に照らして、私はこの原発の問題に反対をし続けていくつもりでおります。

しかし、脱原発デモが終焉した今、私が左翼の理論家やキリスト教関係者に愛をもって問いかけたいのは、人間や社会を一足飛びに理想主義的に描かないで欲しいということです。例えば、即全原発廃炉、世界平和などは一度でも社会に出て働いた経験があれば無理だと容易に分かるでしょう。

だから、左翼は現実主義を共に持ち合わせ、キリスト者は人間の攻撃性や原罪の根深さをも直視すべきだと思うのです。その長い過程を経て、理想や福音を語ることができるならばその教えは「力」を持ち、人々の心に強い影響を与えることができるでしょう。

レ・ミゼラブル1例えば、「レ・ミゼラブル」が文学作品として、ローマ書7章の惨めな罪の意識で苦しみ、辛うじて光が差してくるところで終わって、8章以降の福音の圧倒的な喜びが語られていないことは欠点ではなく、むしろ優れた文学作品であることの証しです。

なぜなら、そこにいつの時代も大半の人々が陥っている救われない現実があるからです。その逆境の中で、キリスト者がいかに福音の力を現代に蘇らせることができるのかが問われているのだと思います。

主よ、福音は心の貧しきものに宣べ伝えられると教えてくださいました。それは奇跡にも思われました。しかし、確かに私たちは救われここに立っております。どうかキリストに召し出された者として、世の光として、この世界に生きる私たちを御光によって輝かせてください。アーメン。

Posted in 『原発と神の義』, エッセイ, コラム | Leave a Comment »

ローマ人への手紙講解説教ー「先行する神の愛」(クリスチャンの土台)

Posted by Shota Maehara : 12月 30, 2012

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERAローマ人への手紙の講解説教を締めくくるにふさわしい胸に迫る説教をありがとうございました。主が野町先生を祝福し、メッセージをお与えくださったことに心から感謝したいと思います。

クリスチャン生活の信仰の土台をどこに置くべきか、それは自分自身の行為による成果ではなくて、それに先立って私たち罪人を慈しみ、憐れみ、そして死をもって救い出してくださった「先行する神の愛」(十字架の愛)に他ならない。

私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。―ローマ人への手紙5:8

しかし、自分自身の存在価値を目に見える成果を出すことによって守ろうとする誘惑は生涯続く。その時、クリスチャンは絶えず「主の祈り」をもってこの自己の傲慢さと格闘すべきである。なぜなら、神があなたという存在の固有の価値を認め、愛し、必要なものとしてそこに置いてくださっているという確信に立って生きるためである。

そして、私たちはただ神の選びの器として、神に用いられた者として、感謝し、喜びを持って、すべての栄光を神に帰することができるように。アーメン。

(杉戸キリスト教会、野町真理牧師、ローマ人への手紙講解説教2012年12月30日)

Posted in コラム, 神学 | Leave a Comment »

ヨナ書論―あらゆる被造物の滅びと希望

Posted by Shota Maehara : 12月 17, 2012

Dore_jonah_whale改めて旧約聖書の中の小預言書に区分されている「ヨナ書」を読む機会がありました。この小預言書は様々な訳で何度読んだかわからないほどですが毎回大切なことに気づかされます。

今回私に強い印象を与えたのは、悔い改めた二ネべの都を見て、この街を滅ぼすという預言が撤回されたことに不服を感じた預言者ヨナに神が御心を語りかける場面です。

すると、主はこう言われた。「お前は、自分で労することも育てることもなく、一夜にして生じ、一夜にして滅びたこのとうごまの木さえ惜しんでいる。それならば、どうしてわたしが、この大いなる都ニネベを惜しまずにいられるだろうか。そこには、十二万人以上の右も左もわきまえぬ人間と、無数の家畜がいるのだから。」(4:10-11、新共同訳)

Then the LORD said, You had compassion on the plant for which you did not work, and which you did not cause to grow, which came up overnight and perished overnight. And should I not have compassion on Nineveh, the great city in which there are more than 120,000 persons who do not know the difference between their right and left hand, as well as many animals?(4:10-11, NASB)

ユダヤ人であり愛国者であるヨナにとっては敵国である二ネべの都が神の怒りによって滅びた方が望ましいことでした。だからこそ、神が悔い改めた二ネべの街を見て思い直されたことにヨナは二重の意味で不服でした。つまり、預言者として、あるいは愛国者としてです。それに対して、神は二ネべの街に憐れみをかけられました。そのことによって、神がユダヤ人だけの神ではなく全世界の神であることを示されたのです。

しかし、注目すべきは神が憐れみをあたえる根拠として、彷徨える人間だけではなく、無数の「家畜」を惜しむからと仰っている点です。私たちは自己中心の視点から、また人間中心の視点から聖書を読んでしまいがちですが、神はあらゆる被造物全体に心を配っていらっしゃることを知らなければならないのではないでしょうか。

かつて創世記でエデンの園の管理を任されたアダムとエヴァが蛇によって誘惑されて、禁断の善悪の木の実を食べて堕落して以来、人間だけでなく自然界全体が滅びに向っているのです。私はここでローマ書8章18節から22節を思い返さないわけにはいきません。

現在の苦しみは、将来わたしたちに現されるはずの栄光に比べると、取るに足りないとわたしは思います。被造物は、神の子たちの現れるのを切に待ち望んでいます。被造物は虚無に服していますが、それは、自分の意志によるものではなく、服従させた方の意志によるものであり、同時に希望も持っています。つまり、被造物も、いつか滅びへの隷属から解放されて、神の子供たちの栄光に輝く自由にあずかれるからです。被造物がすべて今日まで、共にうめき、共に産みの苦しみを味わっていることを、わたしたちは知っています。(新共同訳)

For I consider that the sufferings of this present time are not worthy to be compared with the glory that is to be revealed to us.For the anxious longing of the creation waits eagerly for the revealing of the sons of God.For the creation was subjected to futility, not of its own will, but because of Him who subjected it, in hope that the creation itself also will be set free from its slavery to corruption into the freedom of the glory of the children of God. For we know that the whole creation groans and suffers the pains of childbirth together until now.(NASB)

被造物全体は人間が罪から救われて、自分達をも滅びから救ってくれることを願っているのです。ここから、私たちは聖書を通して、神はあらゆる被造物の神であるということを改めて確認しなければなりません。そして本来、エデンの園=自然界を管理することを任された人間が堕落したために、今や人間の欲望によって自然が回復不可能な程に傷つけられていることを悟らなけれなばりません。

今日の私たちの経済活動によって環境問題や原発事故による放射能汚染が広がり、自然界の生態系が壊され、異常気象が表れていることを思うときこの解決はもはや先延ばしにしていいこととは思われません。

Posted in エッセイ, コラム | Leave a Comment »