I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

教会における若い信徒へー「きちんと悩もう。そこに主は寄り添ってくれるのだ。」

Posted by Shota Maehara : 1月 26, 2013

asking_for_help_from_christ教会における若い求道者や受洗者が霊的に成長していくために、周囲の大人がどう向き合っていったらよいかを祈り考えていたところ、その祈りに対して主が答えを示されたように感じた。私がふいに思い出したのは、昨年行われた日本同盟基督教団の宣教121周年記念大会でKGKキリスト者学生会主事の大嶋重徳さんがしてくれたスピーチであった。大切な内容であるので分かち合うために私がここに要約してまとめることにする。

話に先立って大嶋主事は、今の時代がすべてが相対的な価値しか持たない「ポストモダン社会」であるという点を強調された。その上で、まず聖書に見る若者の特徴、長所として「きよさ、力強さ、将来性、希望」を挙げ、また短所として「葛藤、混乱、未完成性、途上性」を挙げられた。そして、青年期特有の課題と若者を取り巻く現状を次のように分析する。

1.<青年期特有の課題>
①本当の自分とは何かというアイデンティティの問題
②愛するとはどういうことかという問題
③どこに進むべきか、何をやるべきかという進路の問題

2.<若者を取り巻く現状>
①家庭の複雑さ
②性的な倫理観の変化(特に女性)
③優しすぎる学生(KYなど)
④判断基準がフィーリング(心が合えばO.K.)

これらのどれもが若者と日々接していて頷けるものばかりだが、最近の若者の傾向としては、その多くが心に安らぎを求めて教会に来るが、神様を感じたいという理屈抜きのスピリチュアルな人が多く、信仰もまた相対化で押し付けられるのを嫌い、だんだん聖書を読まなくなっているという。

多くの教会の大人の信徒たちはこうした若者に対して、奉仕の失敗を責めたり、自分たちの立派な信仰を語ろうとしてしまう。そして、最後は若者の成長のなさに失望してしまうかもしれない。

しかし、教会に求められるのは次のようなものであると大嶋主事は語る。すなわち若者に届く説教、聖書の学び、特に「失敗に付き合う大人達」である。言い換えれば聖霊が教会に寄り添うように「若者のそばにいて励ます大人の存在」だ。その際には立派な信仰や成功談よりも、失敗や挫折の共有が大切であると語る。

次に、教会と若者の関係について重要だと思う指摘を以下に引用する。

3.<教会と若者の関係>

①「キリストのからだなる教会は、成長し続ける有機体であり、地上では終末の完成を夢見る存在。決して完成しない「途上性」と「未完成性」を持った存在」

②「教会は、歴史の中で絶えずその傍らで教会の成長を忍耐とうめきを持って執り成してこられた聖霊なる神の存在によって成長してきた。」

③「若者の側で執り成し、祈り、失敗に付き合い、諦めずに祈り続ける存在は、キリストのリアリティーを差し出すことのできる教会へと成長させる。」

④「教会は、自らと同じく未完成で途上にある若者と共に生きることによって、健全な自己認識をなし、聖霊論的な教会形成をなすことができる。」

⑤「若者宣教は、教会が伝統と呼んでいたものの本質を問い、我々の受け継いできた信仰の告白を再点検される営み。」

⑥「教会が若者と生きることは、自らが真の教会として生きる出来事である。」

では、そのような教会の役割に目覚めた大人達は、具体的に若者に対してどう接していったらいいのだろうか。それは、何よりも若者に寄り添って「忍耐を持って祈る」ことだと大嶋主事は言う。さらにこの点もまとめておこう。

4.<忍耐を持って祈る>
①時間をかける。
②一般的な若者などどこにもいない、目の前にいる若者こそ、若者伝道の出発点。
③同労者としての尊敬を持って、人格的に交わる。

最後にKGKの大嶋主事のメッセージとして私が強く心に残った言葉をここに書き記しておきたい。それは若者と長く向き合ってきたからこそ言える本当に彼らの心を知っている人の言葉だ。すなわち、「きちんと悩もう。そこに主は寄り添ってくれるのだ。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中