I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

ローマ書に見る「救い」の原則を正確に定義する

Posted by Shota Maehara : 1月 16, 2013

2008_10ローマ書の中で語られる「救い」(義認、聖化、栄化)の原則を正確な日本語で表現すると次のようになる―「一方的な神の恵みにより、信仰を通して人は救われる。」したがって救いは根本的に罪深い人間に神から無償で与えられる賜物であり、しかもそれは救いの完成の時まで続く。それは人間が自らを誇ることのないためである。

※【恩寵】(おんちょう)/gratia ラテン・grace イギリス―キリスト教神学で、神の恵み。罪深い人間に神から与えられる無償の賜物。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中