I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

原発と神の義 最終講話―日ごとの糧をお与えください

Posted by Shota Maehara : 5月 5, 2012

先の第六講話で、私たちは人間の180度的な転換を図り、謙遜さを取り戻し、他者の声に耳を傾けるべきこと、そうして健全な対話をもった民主政治を日本社会に根付かせることによって、成熟した文化的な国家として新たなスタートを切るべきではないかということについて触れた。こうして、かつての謙遜さを取り戻すこと以外には、原発なき社会の構想を練ること自体無意味になる可能性があるように思われてならない。

今回の最終講話は、主の祈りの一節である、「日ごとの糧をお与えください」という主題をとりあげる。これは一見すると、最初の講話で、「人はパンのみで生きるにあらず、神のことばによって生きるのである」をとりあげ、「人は生きるためにパンを必要とはしない」と述べたことと矛盾するような印象を与えるかもしれない。

だが、そこでともに考えたかったのは、人は神がパンを備えてくださることのみを強調しすぎるあまり、いつしかキリスト者でさえ神のことばを何よりも優先し、そのためにはときにパンを捨てる覚悟すら持たねはならないという真理が見失われてしまうという危険性であった。したがって、神のことばについて語ってきた後に、はじめて「私たちの日ごとの糧をお与えください」と祈ることは正しい優先順位であるといえるだろう。

奇しくもこの2012年5月5日、北海道電力泊原発3号機(北海道泊村)が定期検査のため運転を停止し、国内の原発50基全てが止まることとなった。全基停止は、商業用原発が2基しかなかった70年以来42年ぶりのことだという。もちろんこの「原発稼働ゼロ」がいつまで続くのかは予断を許さない。そして、製造業界が夏に向けての電力供給の対応に苦慮しているとも聞く。だが同時に、地熱発電などの環境負荷の低い再生可能エネルギーへのパラダイム・シフトがおこるきっかけとなってくれることにも希望を持っている。

この3・11の福島第一原子力発電所の事故をめぐる、原子力政策の問題は現代日本のあらゆる問題の縮図であると私は考えている。ここには原発事故で命を亡くされた方々をはじめ、その親族、企業関係者、作業員、周辺住民の方々、日本の市民、メディア、そして政策担当者や有識者の方々など様々な人々の願いや思惑や利害がかかわり錯綜している。そのどれもが彼らの生活を支えていくために尊いものだ。したがって、私は自分自身を努めて、責任の及ばない彼岸にいるのではなく、ともに罪を犯した人間として、いや最大の罪人として見なしてきたつもりである。なぜなら、私は今回の事故が起こるまで、自分たちが享受している文明がいかなる代償を払って手に入れられたものかということに無自覚に過ごしてきたからである。

しかし、日々聖書を読むなかで、次のような声が聴こえたかのような気がしたのだ。すなわち、神の義に照らして、原発は人の義であり、いかなる人間的理屈を用いたとしても、決して肯定されるものではないと。かつて、1960年安保闘争で学生運動が起り、それが1970年代に過激化し、最終的に内ゲバという形で終息して以来、日本にデモによる異議申し立て運動と呼べるものはほとんど存在しなかった。その日本で今回、インターネットなどを介して、これだけデモが市民の中から巻き起こったという事実自体が、神の義の在り処を証し立てている。

では、神の義は私たち人間にいかなる道を進めと教えているのであろうか。その手がかりは聖書の中にある。それは、何千年も人びとを導いてきた「主の祈り」である。イエス・キリストは、弟子たちに、祈るときに、言葉を多く重ねることをたしなめられ、父なる神は、すでにあなたがたに何が必要かを知っておられるとおっしゃられる。そして、次のように祈りなさいと弟子たちに告げる。

天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。
御国が来ますように。
みこころが天で行なわれるように地でも行なわれますように。
私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。
私たちの負いめをお赦しください。
私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。
私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。
国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。(マタイの福音書、第6章第9~13節)

ドイツの神学者ティーリケは、これを「世界を包む祈り」と呼んでいる。これは誕生や死の床だけでなく、毎日の食卓などおよそありとあらゆる場面で唱えることができる。その意味で、とてつもない広がりをもった祈りなのである。その中で、主イエスは、神を、私ではなく、私たちの父よと共に呼びかけ、祈り終わった後に、こう嘆願する―「私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください」。

ここでも「私たちの」という表現によって、あらゆる時代を超えて地上のすべての人びとを家族の一員として含められている。そして、日ごと(今日一日分)の糧(食べ物)をお与えくださいと祈られるのだ。それにしても、なぜ一生分ではないのか。それは、誘惑を避け、人間が一日一日を誠実に謙遜に生きるためである。自らの限界を自覚し、謙って、神の御ことばに耳を澄まして生きる人間には、多様な才能を与えられた隣人との助けあいの中で、必ずや日々の糧が与えられるのである。

(参照/「希望と和解―3・11と福島原発をめぐって」

広告

コメント / トラックバック2件 to “原発と神の義 最終講話―日ごとの糧をお与えください”

  1. Miliy said

    最終講話を拝読、ありがとうございました。私はクリスチャンではありませんが、貴兄の言われるように日本人が今こそ謙虚さ(弱さ)に目をさまし、か弱き日本人であることに気づきたい。同時に、世界に誇れる日本人の優れた文化的国家としての歩みを強くしたいものです。今が、全原発を停止した今こそ、原発排除の最重要決断の時だと思います。国家的・経済的に大きな打撃になろうが、今決断を逃してはならないと感じます。パンは、空腹を満たせるほどでいい。食べ残して捨てるようなことはやめたい。足るを知る日本人の素晴らしさを取り戻しましょう。ありがとうございました。

    • Shota Maehara said

      こちらこそ、読んでいただいてありがとうございます。ともに日本のこの重大な問題をかんがえるきっかけとなればと思います。これは決して終わりではなく、始まりです。人間の基準はかならず時とともに変化しますが、神の基準は変わることがありません。聖書に示された神の義に照らして、私はこの原発の問題に反対をし続けていくつもりでおります。どうかあなたの上に神の祝福がありますように。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中