I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

フリードリッヒ・ニーチェ―近代における最後の道化役者

Posted by Shota Maehara : 9月 13, 2011

“ニーチェは世界に絶望していたのではない。ただ自分自身に絶望していたのだ。そして、罪とは絶望のことである”

ポストモダンの予言者・ニーチェは、近代をこう規定している。すなわち、キリスト教や民主主義によって代表される大衆という弱者のルサンチマン、あるいは奴隷道徳が支配力をもつ過程であったと。そして、ニーチェは「神は死んだ」と宣告することによって、大いなるニヒリズムの時代が到来することを予言した。

確かに、ニーチェの指摘の正しさは、今日のポストモダンの「最後の人間」を連想させる刹那的なライフスタイルによって裏書きされているように見える。すなわち、アレクサンドル・コジェーブ流にいうところの、「実質を抜き取られた形式」と定式化できるような現象である。

例えば、資本主義の商品を眺めれば枚挙にいとまがない。伝えるべき内容をもたず、技巧的に洗練された小説群(村上春樹、よしもとばなな)。さらに、コーク抜きのコーラ、ノンアルコールのビールなど。そしてこのことは労働力商品である人間にも当てはまる。生きる目的をもたずただ美しく健康に生きることだけを願うわがポストモダニストたちにおいて。

しかし、自身が著作のなかで認めている以上に、ニーチェ自身こそこうしたニヒリストの哀しむべき例ではないのだろうか。彼の著作は、哲学ではなく、文学であり、今までの病者の思想に対して健康者の思想を提唱する一方で、彼は従軍した後、細菌に感染しベッドの上で介護されて過ごした。そして、精神にも異常をきたし最後は発狂して死んだのだから。彼こそが弱者であったと言えなくもないだろう。

セーレン・キルケゴールは『死にいたる病』の中でこう述べている。絶望している人間は、世界に対して絶望しているのではなく、本当は自分自身に絶望しているのであると。まさにこのことがニーチェにも当てはまるのではないか。ニーチェは弱者の道徳に絶望していたのではなく、弱者としての自分自身にこそ絶望していたのだと言えるのではないか。

もちろん、ニーチェは絶望にとどまってはいなかった。そこから、永遠回帰や超人の思想を生み出す強靱な精神力をもっていた。そこに彼の魅力や影響力があることは認めなければならない。しかし、その思想がナチズムと親和的であったことを考え合わせると、人生を真に肯定的に生きる思想とは言えないのではないか。

我々の時代には、根本的な治療が必要である。そして、それは、人を愛し、生かすものでなければならず、アイロニカルな文学的な比喩(メタファー)ではなく、きちんとした理論や認識としてとして示されなくてはならない。絶望している人間に、世の中を治療することはできない。ニーチェはその意味では、近代の墓標である。我々はその墓標につまずかないように注意しなければならないのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中