I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

近代哲学について(スラヴォイ・ジジェクのノート)

Posted by Shota Maehara : 5月 24, 2011

「次に、多文化主義を語るうえでの、ヨーロッパの宗教的・イデオロギー的遺産に含まれる貴重な側面があります。私にとって守り抜く甲斐のあるヨーロッパ的価値とは何か?近代哲学の初期段階においてはすでに…デカルトの『方法序説』を読めば、彼が思想の追究を始めたきっかけが書いてあります。他の文化が滑稽に映る様子と同じように、もし自身の文化を異邦人の視点から捉えたらどうか?それで、どれほど滑稽かが認識できる。自らの文化がいかに偶然かを実感するわけです。生れついた文化が自然だと思わせる生来のルーツから、離脱することができるわけです。間違っているかもしれませんが、私はこの体験こそがヨーロッパがもたらしたものだと考えています。そのような意味で、ヨーロッパは真の普遍性を導入した。ヨーロッパの遺産において肯定できる側面です。」―スラヴォイ・ジジェク 『人権と国家』(岡崎玲子訳、集英社新書、二〇〇六年、9頁)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中