I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

Archive for 2011年5月

イデオロギーは終わらない、ゆえに我々は自由ではありえない

Posted by Shota Maehara : 5月 30, 2011

私の大学時代のゼミのことをお話ししよう。これは私の哲学の出発点とも重なるテーマだ。あるマスコミ志望の学生が次のように発言した。「中国や北朝鮮のような全体主義国家は、統制によって人民をある一定の方向に強制することによって自由を奪っている。それに対して、アメリカや日本のような資本主義国家において人々は自由に考え、選択の自由を享受していて幸せだ」と。彼は卒業後に新聞社に内定した。

これに対して私はすぐさま反論した。「いや、それは違う。確かに一見すると、資本主義社会で暮らす我々の方が様々な選択肢を与えられ、より自由を享受しているように見えるかもしれない。しかし、人々がそうした選択肢のうちいずれが最良の選択かを判断するためには情報が必要だ。そして、その情報はいくつかの支配的メディアによって独占されている。だから、人々は完全に自由ではないし、またありえない。結局は二つの政治経済体制でなされていることはより強引な形か、巧妙に仕組まれているかの違いでしかないのではないか」と。

このゼミでは後にこうした考えを踏まえて、「共産主義ユートピアにおける《自由》」というレポートを提出するにいたったが、もしかするとこれが私の思想的な出発点と言ってもよいかもしれない。この当時私の疑念は、一見自由な選択や行動とみえるものも、実はそうではない。実は、無意識に我々の行動を規定している構造的な力があるのだ。それを解明することこそが哲学の仕事なのではないかということだった。

例えば、パリの精神分析家・ラカンは、「欲望とは他者の欲望だ」と述べた。つまり、ある人がシャネルのバックを買いたいと思っても、実は他人がそれを欲しいと思うからなのだ。また、ドイツの哲学者カール・マルクスはそれをイデオロギーと呼んで分析した。作家の佐藤優氏は、ある対談で、この「イデオロギー」(=思想)について興味深い発言をしている。

「いま、コーヒーを飲んでいますよね、先ほど200円を払った。この、コイン二枚でコーヒーが買えることに疑念をもたないことが、「思想」なんです。そんなもの思想だなんて考えてもいない、当り前だと思っていることこそ「思想」で、ふだん私たちが思想、思想と口にしているのは「対抗思想」です。護憲運動や反戦運動にしても、それらは全部「対抗思想」なんです。」(『ナショナリズムという迷宮』)

そのうえで、彼は漫画『クレヨンしんちゃん』の面白さを語る。実は『クレヨンしんちゃん』は「思想」書なのだという。しんちゃんは鏡であり、私たちの日常に潜む、無意識的な歪みを、キャラクターに託された誇張やユーモアによって見せてくれる。もし一万円あったら何を買おうかな、一流大学に入って、一流企業に就職して…。この集団催眠にかけられて、あたかも空気のようになってしまっていること、これは何なのか。これこそが「思想」である。そして彼はここにマルクスの天才的な洞察力を見る。

もちろん、マルクスはそれを「思想」ではなく、「イデオロギー」と呼んだことは周知であろう。いずれにしても、今日「イデオロギーの終焉」が叫ばれて久しいが、それ自体が今の支配的なイデオロギーであるとしたらどうか。我々は震災や原発事故を通して、いますぐボランティアやデモに積極的に参加することが求められている。それこそが現在の資本主義システムのイデオロギーだと主張したくなるほどだ。ただし、そこで忘れ去られているのは、今我々がいかなる時代に生きているのかということにかんする認知地図(フレドリック・ジェイムソン)である。我々の無意識の行動を規定するイデオロギーを概念的に把握することが哲学者の存在意義(レーゾン・デートル)なのである。

Posted in コラム | Leave a Comment »

現代社会は認知地図を必要としている

Posted by Shota Maehara : 5月 24, 2011

現代は行動の時代である。あらゆる局面で我々はどう行動するかを余儀なくされている。今回の東日本大震災においても、義捐金やボランティア活動などなんらかの形で現状にコミットしない者は非国民だと後ろ指をさされかねない状況だ。非常時にみんなが一丸となって応援するのは日本人として当然だ。

しかし、いや、待て、果たして本当にそうなのだろうか。冷静に考えてみてほしい。例えば今回の福島の原発事故においても多くの国民が東電の隠ぺい体質などを糾弾する。ただやはり、国家全体の問題としてなぜ原発推進だったのかを考えた場合、原子爆弾のための良質なプルトニウムを核実験をすることなく確保するためだという見方ができる。その方が、果たして電力は不足は存在するのか、なぜ、国がそこまで東電の賠償を肩代わりしなくてはならないのかという素朴な疑問に答えてくれるように思う。

我々はもしかすると航海図をもたずに大海原へ旅立とうとしているのではないか。だからというべきか私は近年ますます現状変革の行動にコミットする気が起きないでいる。もちろんそれは私がキリスト教神学と取り組んでいるせいもあるだろうが、それだけではない。むしろそれ以上に我々が一体どんな段階に足を踏み入れようとしているのかを注視しているからである。

私にとって信仰とは、心を尽くして、思いを尽くして、知性を尽くして、力を尽くして神を愛せよとある通りである。したがって、聖書と祈り、また政治哲学や経済理論、精神分析、そしてビジネスの現場での経験を含むと同時に結局それらは一つのものである。現代は自らの認知地図を欠いている。そして、何より、「他者」の外部性が欠けている。これを取り戻す方法は、もう一度哲学を神学をはじめとした、諸科学の中に埋め込み、パラダイムを組み替えるしかない。

かつて、フランスの哲学者ルイ・アルチュセールは、こういった。「科学者は最悪の哲学を選びがちである」と。数理的に精緻な、しかし思想的にナイーブな現代社会に対して哲学者が取り組める仕事は、たんに行動することではなく、考えることである。つまり、現状を把握し、未来への展望を開くことである。実践の契機とは、そうした理論の裂け目にこそ存するのである。

Posted in コラム | Leave a Comment »

近代哲学について(スラヴォイ・ジジェクのノート)

Posted by Shota Maehara : 5月 24, 2011

「次に、多文化主義を語るうえでの、ヨーロッパの宗教的・イデオロギー的遺産に含まれる貴重な側面があります。私にとって守り抜く甲斐のあるヨーロッパ的価値とは何か?近代哲学の初期段階においてはすでに…デカルトの『方法序説』を読めば、彼が思想の追究を始めたきっかけが書いてあります。他の文化が滑稽に映る様子と同じように、もし自身の文化を異邦人の視点から捉えたらどうか?それで、どれほど滑稽かが認識できる。自らの文化がいかに偶然かを実感するわけです。生れついた文化が自然だと思わせる生来のルーツから、離脱することができるわけです。間違っているかもしれませんが、私はこの体験こそがヨーロッパがもたらしたものだと考えています。そのような意味で、ヨーロッパは真の普遍性を導入した。ヨーロッパの遺産において肯定できる側面です。」―スラヴォイ・ジジェク 『人権と国家』(岡崎玲子訳、集英社新書、二〇〇六年、9頁)

Posted in 草稿, 哲学 | Leave a Comment »

The parallax view: Karatani’s ‘Transcritique. On Kant and Marx’ – Slavoj Žižek

Posted by Shota Maehara : 5月 17, 2011

The philosophical basis for social action, as recast in Kojin Karatani’s striking Transcritique. On Kant and Marx. Slavoj Žižek investigates the irreducible antinomies of production and circulation — or economics and politics — as envisioned from the gap in between.

SLAVOJ ŽIŽEK: THE PARALLAX VIEW
In today’s English, ‘pig’ refers to the animals with which farmers deal, while ‘pork’ is the meat we consume. The class dimension is clear here: ‘pig’ is the old Saxon word, since Saxons were the underprivileged farmers, while ‘pork’ comes from the French porque, used by the privileged Norman conquerors who mostly consumed the pigs raised by farmers. This duality, signalling the gap that separates production from consumption, is a case of what, in his formidable Transcritique. On Kant and Marx, Kojin Karatani refers to as the ‘parallax’ dimension. [1] Best known as the most striking Japanese literary critic of his generation—his Origins of Japanese Literature presented to the English-speaking world by Fredric Jameson—Karatani has moved from subsequent reflections on Architecture as Metaphor to one of the most original attempts to recast the philosophical and political bases of opposition to the empire of capital of the current period. [2] In its heterodox theoretical ambition and concern with alternative revolutionary traditions—here principally anarchist—Transcritique might be compared with Roberto Unger’s trilogy Politics, a work out of Brazil. But Karatani’s thought-world is closer to that of Marx, and behind him to the heritage of classical German philosophy.

Karatani starts with the question: what is the appropriate response when we are confronted with an antinomy in the precise Kantian sense of the term? His answer is that we should renounce all attempts to reduce one aspect of it to the other (or, even more, to enact a kind of ‘dialectical synthesis’ of the opposites). One should, on the contrary, assert antinomy as irreducible, and conceive the point of radical critique not as a determinate position as opposed to another position, but as the irreducible gap between the positions—the purely structural interstice between them. Kant’s stance is thus to see things ‘neither from his own viewpoint, nor from the viewpoint of others, but to face the reality that is exposed through difference (parallax)’. [3] Karatani reads the Kantian notion of the Ding an sich (the Thing-in-itself, beyond phenomena) not so much as a transcendental entity beyond our grasp, but as what is discernible only via the irreducibly antinomic character of our experience of reality.

Theories of value
According to Karatani, when Marx was faced with the opposition between classical political economy (Ricardo and his labour theory of value—the counterpart to philosophical rationalism) and the neo-classical reduction of value to a purely relational entity without substance (Bailey—the counterpart to philosophical empiricism), his ‘critique of political economy’ accomplished exactly the same breakthrough towards the parallax view. Marx treated this opposition as a Kantian antinomy—that is, value has to originate both outside circulation, in production, and within circulation. ‘Marxism’ after Marx—in both its Social Democratic and Communist versions—lost this parallax perspective and regressed to a unilateral elevation of production as the site of truth, as against the ‘illusory’ spheres of exchange and consumption. As Karatani emphasizes, even the most sophisticated theory of reification—that of commodity fetishism—falls into this trap, from the young Lukács through Adorno up to Jameson. The way these thinkers accounted for the lack of a revolutionary movement was to argue that the consciousness of workers was obfuscated by the seductions of consumerist society and/or manipulation by the ideological forces of cultural hegemony. Hence the shift in the focus of their critical work to cultural criticism (the so-called ‘cultural turn’)—in others, the disclosure of the ideological (or libidinal: here lies the key role of psychoanalysis in Western Marxism) mechanisms that keep workers under the spell of bourgeois ideology. In a close reading of Marx’s analysis of the commodity-form, Karatani grounds the insurmountable persistence of the parallax gap in the salto mortale that a product has to accomplish in order to assert itself as a commodity:

The price [of iron expressed in gold], while on the one hand indicating the amount of labour-time contained in the iron, namely its value, at the same time signifies the pious wish to convert the iron into gold, that is to give the labour-time contained in the iron the form of universal social labour-time. If this transformation fails to take place, then the ton of iron ceases to be not only a commodity but also a product; since it is a commodity only because it is not a use-value for its owner, that is to say his labour is only really labour if it is useful labour for others, and it is useful for him only if it is abstract general labour. It is therefore the task of the iron or of its owner to find that location in the world of commodities where iron attracts gold. But if the sale actually takes place, as we assume in this analysis of simple circulation, then this difficulty, the salto mortale of the commodity, is surmounted. As a result of this alienation—that is its transfer from the person for whom it is a non-use-value to the person for whom it is a use-value—the ton of iron proves to be in fact a use-value and its price is simultaneously realized, and merely imaginary gold is converted into real gold. [4]
This jump by means of which a commodity is sold and thus effectively constituted as a commodity is not the result of an immanent self-development of (the concept of) Value, but a salto mortale comparable to a Kierkegaardian leap of faith, a temporary and fragile ‘synthesis’ between use-value and exchange-value comparable to the Kantian synthesis between sensibility and understanding: in both cases, two levels irreducibly external to each other are brought together. For this precise reason, Marx abandoned his original project (discernible in the Grundrisse manuscripts) of ‘deducing’ in a Hegelian way the split between exchange-value and use-value from the very concept of Value. In Capital, the split of these two dimensions, the ‘dual character of a merchandise’, is the starting point. The synthesis has to rely on an irreducibly external element, as in Kant where being is not a predicate (i.e., cannot be reduced to a conceptual predicate of an entity), or as in Saul Kripke’s Naming and Necessity, in which the reference of a name to an object cannot be grounded in the content of this name, in the properties it designates.

The very tension between the processes of production and circulation is thus once again that of a parallax. Yes, value is created in the production process; however, it is created there as it were only potentially, since it is only actualized as value when the produced commodity is sold and the circle m-c-m is thus completed. The temporal gap between the production of value and its realization is crucial here: even if value is created in production, without the successful completion of the process of circulation, there stricto sensu is no value—the temporality is here that of the futur antérieur, i.e., value ‘is’ not immediately, it only ‘will have been’. It is retroactively actualized, performatively enacted. In production, value is generated ‘in itself’, while only through the completed circulation process does it become ‘for itself’. This is how Karatani resolves the Kantian antinomy of value which is and is not generated in the process of production. It is because of this gap between in- and for-itself that capitalism needs formal democracy and equality:

What precisely distinguishes capital from the master–slave relation is that the worker confronts him as consumer and possessor of exchange values, and that in the form of the possessor of money, in the form of money he becomes a simple centre of circulation—one of its infinitely many centres, in which his specificity as worker is extinguished. [5]
What this means is that, in order to complete the circle of its reproduction, capital has to pass through this critical point at which roles are inverted: ‘surplus value is realized in principle only by workers in totality buying back what they produce’. [6] This point is crucial for Karatani: it provides the essential leverage from which to oppose the rule of capital today. Is it not natural that proletarians should focus their attack on that unique point at which they approach capital from the position of a buyer, and, consequently, at which it is capital that is forced to court them? ‘If workers can become subjects at all, it is only as consumers.’ [7] It is perhaps the ultimate case of the parallax situation: the position of worker-producer and that of consumer should be sustained as irreducible in their divergence, without privileging one as the ‘deeper truth’ of the other. (Did not the planned economy of state socialism pay a terrible price for the privilege it accorded production over consumption, and hence its failure to provide consumers with goods they needed, instead of products nobody wanted?)

This is one of Karatani’s key motifs: his rejection of the—if anything, proto-fascist—opposition between financial speculation and the ‘real’ economy of capitalists engaged in productive activity. For in capitalism, the production process is only a detour in the speculative process of money engendering more money. The logic of ‘profiteering’ is ultimately also what sustains the incessant drive to revolutionize and expand production:

The majority of economists warn today that the speculation of global financial capital is detached from the ‘substantial’ economy. What they overlook, however, is that the substantial economy as such is also driven by illusion, and that such is the nature of the capitalist economy. [8]
There are, consequently, four basic positions à propos money: (1) the mercantilist belief—a naïvely direct fetishism—that money is a ‘special thing’; (2) the ‘classical bourgeois political economy’ represented by Ricardo, which dismissed such fetishism as a mere illusion and perceived money as no more than a sign of the quantity of socially useful labour—conceiving value as inherent to a commodity; (3) the ‘neoclassical’ school which rejected not only the labour theory of value, but any ‘substantial’ notion of value—the price of a commodity becoming simply the result of the interplay between the supply and demand for it, or the utility of a commodity for other commodities. Karatani is right to emphasize how, paradoxically, Marx broke out of the confines of the ‘classical’ Ricardian labour theory of value through his reading of Bailey, the first ‘vulgar’ economist who emphasized the purely relational status of value—its expression of the way this commodity relates to all other commodities. It was Bailey who thus opened up the path towards the formal approach of Marx, which insists on the gap between an object and the structural place it occupies: in the same way that a king is a king not because of his inherent properties, but because people treat him as one (Marx’s own example), a commodity is money because it occupies the formal place of the general equivalent of all commodities, not because say, gold, is ‘naturally’ money.

But it is crucial to take note of how both mercantilists and their Ricardian critics remained ‘substantialist’. Ricardo was, of course, aware that the object which serves as money is not ‘naturally’ money, and laughed at the naïve superstition of money, dismissing mercantilists as primitive believers in magic properties. However, by reducing money to a secondary external sign of the value inherent in a commodity, he nonetheless again naturalized value, conceiving it as a direct ‘substantial’ property of a commodity. It was this illusion that generated the ingenuous early-Socialist and Proudhonian proposals to overcome money fetishism by introducing a direct ‘labour money’ which would just designate the amount each individual contributed to social labour. Which is why, although Marx’s Darstellung of the self-deployment of capital is full of Hegelian references, the self-movement of capital is far from the circular self-movement of the Hegelian Notion (or Spirit). [9] The point of Marx is that this movement never catches up with itself, that it never recovers its credit, for its resolution is postponed forever, and crisis is its innermost constituent (the sign that the Whole of Capital is the non-True, as Adorno would have put it). In other words, its movement is a ‘bad infinity’, forever reproducing itself:

Notwithstanding the Hegelian descriptive style . . . Capital distinguishes itself from Hegel’s philosophy in its motivation. The end of Capital is never the ‘absolute Spirit’. Capital reveals the fact that capital, though organizing the world, can never go beyond its own limit. It is a Kantian critique of the ill-contained drive of capital/reason to self-realize beyond its limit. [10]
It is interesting to note that it was already Adorno, who in Three Studies on Hegel, critically characterized Hegel’s system in the same ‘financial’ terms as a system which lives on credit that it can never pay off. The same ‘financial’ metaphor is often used for language itself. Brian Rotman, among others, has defined meaning as that which is always ‘borrowed from the future’, relying on its forever-postponed fulfilment-to-come. [11] For how do shared meanings emerge? Through what Alfred Schuetz called ‘mutual idealization’: the subject cuts the impasse of an endless probing into the question ‘do we all mean the same thing by the term “bird”?’ by simply presupposing and acting as if we do mean the same thing. There is no language without this ‘leap of faith’. This presupposition, this ‘leap of faith’, should not be conceived in Habermasian vein as a normativity built into the functioning of language, the ideal all speakers (should) strive for. On the contrary, so far from being an ideal, it is a fiction that has to be undermined again and again if knowledge is to progress. So, if anything, this presupposed ‘as if’ is profoundly anti-normative. A Habermasian would, of course, reply that the ideal, the norm inscribed into language, is nonetheless the state in which this fiction would no longer be a fiction, but smooth communication in which subjects would reach a frictionless agreement. But such a defence misses the point, which is not only and simply that such a state is inaccessible (and also undesirable), but that the ‘leap of faith’ not only has no normative content, but can even block further elaboration—why strive for something that we allegedly already have? In other words, what the reading of this ‘as if’ as normativity fails to grasp is that the ‘leap of faith’ is necessary and productive (enabling communication) precisely insofar as it is a counterfactual fiction. Its ‘truth effect’, its positive role of enabling communication, hinges precisely on the fact that it is not true, that it jumps ahead into fiction—its status is not normative because it cuts the debilitating deadlock of language, its ultimate lack of guarantee, by way of presenting what we should strive for as already accomplished.

The same logic of living on credit borrowed from the future also goes for Stalinism. The standard evolutionary version is that, while Stalinist socialism did play a certain role in enabling the rapid industrialization of Russia, by the mid-60s the system had exhausted its potential. However, what this judgement fails to take into account is that the entire epoch of Soviet Communism from 1917—or more precisely from Stalin’s proclamation of the goal of ‘building socialism in one country’ in 1924 onwards—lived on borrowed time, was ‘indebted to its own future’, so that the final failure retroactively disqualified the earlier epochs themselves.

Economy and politics
Is, however, the ultimate Marxian parallax not that between economy and politics—between the ‘critique of political economy’ with its logic of commodities, and the political struggle with its logic of class antagonisms? Both logics are ‘transcendental’, not merely ontico-empirical; and each is irreducible to the other. Of course they point towards each other—class struggle is inscribed into the very heart of economy, yet it has to remain absent, non-thematized (recall how the manuscript of Capital iii abruptly breaks off with classes). But this very mutual implication is twisted so that it prevents any direct contact between them. Any direct translation of political struggle into a mere mirroring of economic ‘interests’ is doomed to fail, just as is any reduction of the economic sphere into a secondary ‘reified’ sedimentation of an underlying founding political process.

In this sense, the ‘pure politics’ of Badiou, Rancière or Balibar, more Jacobin than Marxist, shares with its great opponent, Anglo-Saxon Cultural Studies, a degradation of the sphere of economy. That is to say, what all the new French (or French-oriented) theories of the Political, from Balibar through Rancière and Badiou to Laclau and Mouffe, aim at is—to put it in the traditional philosophical terms—the reduction of the sphere of economy (of material production) to an ‘ontic’ sphere deprived of ‘ontological’ dignity. Within this horizon, there is simply no place for the Marxian ‘critique of political economy’: the structure of the universe of commodities and capital in Marx’s Capital is not just that of a limited empirical sphere, but a kind of socio-transcendental a priori, the matrix which generates the totality of social and political relations. The relationship between economy and politics is ultimately that of the well-known visual paradox of the ‘two faces or a vase’: one either sees the two faces or a vase, never both of them—one has to make a choice. In the same way, we can either focus on the political, reducing the domain of the economy to the empirical ‘servicing of goods’, or on the economic, reducing politics to a theatre of appearances, a passing phenomenon that will vanish with the arrival of a developed communist (or technocratic) society, in which, as Saint-Simon and Engels put it, the ‘administration of people’ gives way to the ‘administration of things’.

The ‘political’ critique of Marxism—the claim that, when one reduces politics to a ‘formal’ expression of some underlying ‘objective’ socio-economic process, one loses the openness and contingency constitutive of the political field proper—should thus be supplemented by its obverse: the field of economy is in its very form irreducible to politics. It is this reality, of the economic as the determining form of the social, that French ‘political post-Marxists’ miss when they reduce the economy to one of the positive social spheres.

The basic idea of the parallax view is thus that bracketing itself produces its object. ‘Democracy’ as a form emerges only when one brackets the texture of economic relations as well as the inherent logic of the political state apparatus—both have to be abstracted, for people who are effectively embedded in economic processes and subjected to state apparatuses to be reduced to individual electoral agents. The same goes also for the ‘logic of domination’, of the way people are controlled or manipulated by the apparatuses of subjection: in order to discern these mechanisms of power, one has to abstract not only from the democratic imaginary (as Foucault does in his analyses of the micro-physics of power, and Lacan in his analysis of power in ‘Seminar xviii’), but also from the process of economic (re)production. Finally, the sphere of economic (re)production, too, only emerges if one methodologically brackets the concrete existence of state and political ideology; it is no surprise that so many critics of Marx have complained that his ‘critique of political economy’ lacks a theory of power and the state. The trap to be avoided here, of course, is the naïve idea that one should keep in view the social totality, of which democratic ideology, the exercise of power and the process of economic (re)production are merely parts. If one tries to keep all these in view simultaneously, one ends up seeing nothing—their contours disappear. This bracketing is not a mere epistemological procedure, it answers to what Marx called ‘real abstraction’—an abstraction from power and economic relations that is inscribed into the very actuality of the democratic process, and so on.

Philosophy and homelessness
More radically still, should we not assert the parallax status of philosophy as such? From its very beginning with the Ionian Presocratics, philosophy emerged in the interstices of substantial social communities, as the thought of those who were caught in a ‘parallax’ position, unable fully to identify with any positive social identities. This is what is missing in Heidegger’s account: how, from his beloved Presocratics onwards, philosophizing has involved an ‘impossible’ position of displacement from any communal identity, be it in the ‘economy’, as the organization of the household, or the polis. Like exchange according to Marx, philosophy emerges in the interstices between different communities, in a fragile space of circulation which lacks any positive identity. Is this not especially clear in the case of Descartes? The grounding experience of his manifesto of universal doubt is precisely the ‘multicultural’ revelation that one’s own tradition is no better than what appear to us the ‘eccentric’ traditions of others:

I had been taught, even in my College days, that there is nothing imaginable so strange or so little credible that it has not been maintained by one philosopher or other, and I further recognized in the course of my travels that all those whose sentiments are very contrary to ours are yet not necessarily barbarians or savages, but may be possessed of reason in as great or even a greater degree than ourselves. I also considered how very different the self-same man, identical in mind and spirit, may become, according as he is brought up from childhood amongst the French or Germans, or has passed his whole life amongst Chinese or cannibals. I likewise noticed how even in the fashions of one’s clothing the same thing that pleased us ten years ago, and which will perhaps please us once again before ten years are passed, seems at the present time extravagant and ridiculous. I thus concluded that it is much more custom and example that persuade us than any certain knowledge, and yet in spite of this the voice of the majority does not afford a proof of any value in truths a little difficult to discover, because such truths are much more likely to have been discovered by one man than by a nation. I could not, however, put my finger on a single person whose opinions seemed preferable to those of others, and I found that I was, so to speak, constrained myself to undertake the direction of my procedure. [12]
Karatani is thus justified in emphasizing the insubstantial character of the cogito: ‘It cannot be spoken of positively; no sooner than it is, its function is lost’. [13] The cogito is not a substantial entity, but a pure structural function, an empty place (Lacan: $)—which as such can only emerge in the interstices of substantial communal systems. There is thus an intrinsic link between the emergence of the cogito and the disintegration and loss of substantive communal identities, which holds even more for Spinoza than for Descartes. Although Spinoza criticized the Cartesian cogito as a positive ontological entity, he implicitly endorsed it as the ‘position of the enunciated’, of a radical self-doubt, since even more than Descartes, Spinoza spoke from an interstitial social space, as neither a Jew nor a Christian.

It would be easy to reply that this Cartesian multiculturalist opening and relativizing of one’s own position is just a first step, the abandoning of inherited opinions, on the road to arrival at absolutely certain philosophic knowledge—the abandoning of the false shaky home in order to reach our true home. Did not Hegel himself compare Descartes’s discovery of the cogito to a sailor who, after long drifting on the sea, finally catches sight of firm ground? Is Cartesian homelessness thus not just a deceptive tactical move—a precursive ‘negation of negation’, the Aufhebung of the false traditional home in the finally discovered conceptual true home? Was in this sense Heidegger not justified in his approving quotation of Novalis’s definition of philosophy as a longing for the true lost home? We may be allowed to doubt it. After all, Kant himself stands as contrary witness: in his transcendental philosophy, homelessness remains irreducible—we remain forever split, condemned to a fragile position between the two dimensions and to a ‘leap of faith’ without any guarantee. Even with Hegel, are matters really so clear? Is it not that, for Hegel, this new ‘home’ is in a way homelessness itself, the very open movement of negativity?

Along these lines of the constitutive ‘homelessness’ of philosophy, Karatani asserts—against Hegel—Kant’s idea of a cosmopolitan ‘world-civil-society’ [Weltburgergesellschaft], which would not be a simple expansion of citizenship within a nation-state to citizenship of a global transnational state. For Karatani it involves a shift from identification with one’s ‘organic’ ethnic substance, actualized in a particular cultural tradition, to a radically different principle of identification—he refers to Deleuze’s notion of a ‘universal singularity’ as opposed to the triad of individuality–particularity–generality. This opposition is the contrast between Kant and Hegel. For Hegel, ‘world-civil-society’ is an abstract notion without substantial content, lacking the mediation of the particular and thus the force of full actuality. For the only way an individual can participate effectively in universal humanity is via full identification with a particular nation-state—I am ‘human’ only as a German, an Englishman, a Frenchman, and so on.

For Kant, on the contrary, ‘world-civil-society’ designates the paradox of a universal singularity—that is, of a singular subject who, in a kind of short-circuit, bypasses the mediation of the particular to participate directly in the universal. This identification with the universal is not an identification with an encompassing global substance (‘humanity’), but with a universal ethico-political principle—a universal religious collective, a scientific collective, a global revolutionary organization, all of which are in principle accessible to everyone. Just this, as Karatani points out, is what Kant meant, in a famous passage of ‘What is Enlightenment?’, by ‘public’ as opposed to ‘private’. For him what was ‘private’ was not the individual as opposed to the community, but the very communal–institutional order of one’s particular identification, while what was ‘public’ was the transnational universality of the exercise of one’s reason. The paradox is thus that one participates in the universal dimension of the ‘public’ sphere precisely as a singular individual, extracted from or even opposed to one’s substantive communal identification—one is truly universal only as radically singular, in the interstices of communal identities.

This, however, brings us to our first critical remark. Does Karatani really ‘give Hegel a chance’, or does he transform Hegel into a convenient straw man (as is often the case with critics of Hegel)? A negative proof of this insufficiency is a feature of Karatani’s book which cannot but strike the eye: the conspicuous absence of any reference to Alfred Sohn-Rethel, who also directly deployed the parallel between Kant’s transcendental critique and Marx’s critique of political economy, but in the opposite critical direction (the structure of the commodity universe is that of the Kantian transcendental space). [14] Karatani can only rely uncritically on Kant if he ignores the demonstration that Kant’s logic itself is already ‘contaminated’ by the structure of commodity fetishism, and that it is only Hegel’s dialectic which provides the tools to break out of the antinomies of the universe of commodities.

Lotteries of power
Furthermore, some of the details of Karatani’s reading of Kant are questionable. When Karatani proposes his ‘transcendental’ solution to the antinomy of money—we need an x which will be money and not-money—and then reapplies this solution to power—we need some centralized power, but not fetishized into a substance which is ‘in itself’ power—he explicitly evokes a structural homology with Duchamp, where an object becomes art not because of its inherent properties, but simply by occupying a certain place in the aesthetic system. But does not all this exactly fit Claude Lefort’s theorization of democracy as a political order in which the place of power is originally empty, and is only temporarily filled in by elected representatives? Along these lines, even Karatani’s apparently eccentric notion of combining elections with lotteries in the procedure of determining who will rule us is more traditional than it may appear. He himself mentions examples from Ancient Greece, but his proposal paradoxically fulfils the same task as Hegel’s theory of monarchy.

At this juncture Karatani takes the heroic risk of a crazy-sounding definition of the difference between the dictatorship of the bourgeoisie and the dictatorship of the proletariat: ‘If universal suffrage by secret ballot, namely, parliamentary democracy, is the dictatorship of the bourgeoisie, the introduction of a lottery should be deemed the dictatorship of the proletariat’. [15] In this way, ‘the centre exists and does not exist at the same time’ [16]: it exists as an empty place, a transcendental x, and it does not exist as a substantial positive entity. But would this really be enough to undermine the ‘fetishism of power’? A contingent individual is allowed to occupy the place of power temporarily, and the charisma of power briefly bestowed on him, following the well-known logic of fetishist disavowal: ‘I know very well that this is an ordinary person like me, but nonetheless . . . (while in power, he becomes an instrument of a transcendent force, power speaks and acts through him)’. Consequently, would not the true task be precisely to get rid of the very mystique of the place of power, in keeping with the general matrix of Kant’s solutions, where metaphysical propositions (God, immortality of the soul, etc) are asserted ‘under erasure’, as postulates?

Lastly, Karatani’s account of Marx’s notions of surplus-value and of exploitation has a strange lacuna: it completely ignores the key element in his critique of the standard labour theory of value. For Marx, workers are not exploited by being denied the full value of their work—their wages are in principle ‘just’, they are paid the entire value of the commodity they are selling, their labour power. Rather they are exploited because the use-value of this commodity is unique—for it produces new value greater than its own value, and it is this surplus that is appropriated by the capitalists. Karatani, on the contrary, reduces exploitation to just another case of a difference in price between value systems: because of incessant technological innovation, capitalists can earn from selling the products of labour more than they have to pay their workers. Here capitalist exploitation is posited as structurally similar to the activity of merchants who buy and sell at different locations, exploiting the fact that the same product is cheaper here (where they buy it) than there (where they sell it):

Only where there is a difference in price between value systems: a (when they sell their labour power) and b (when they buy the commodities), is surplus value realized. This is so-called relative surplus value. And this is attained only by incessant technological innovation. Hence one finds that industrial capital too earns surplus value from the interstice between two different systems. [17]
Karatani ends by recommending the experiment of lets (a Local Exchange Trading System based on a non-marketed currency) as an economic model of ‘counteraction’ to capital. But it is difficult to see how this avoids the very trap to which Karatani otherwise points—the trap of a medium of exchange that would no longer be a fetish, but would serve just as a ‘labour-money’, a transparent instrument designating each individual’s contribution to the social product. Yet, however weak it may seem at these joints, Karatani’s book is a must for everyone who wants to break the deadlock of ‘cultural’ resistance to capitalism, and reassert the actuality of Marx’s critique of political economy. The objective irony of Karatani’s theory is that it can also be read as an allegory of the parallax split that has determined his own subjective position: he is geographically split between Osaka and the world of the East Coast us academia where he is now employed; his writing is split between literary-cultural analyses and engaged socio-political work; this work itself is yet again split between a ‘deconstructionist’ reading of Marxian political economy and a practical engagement in the New Associationist Movement in Japan. Far from signalling a critical failure, this parallax position of Karatani serves as the index of truth: in today’s globalized universe, marked by irreconcilable gaps between different levels of our life, such a fidelity to parallax views, to unresolved antagonisms, is the only way to approach the totality of our experience.

——————————————————————————–
[1] See Kojin Karatani, Transcritique. On Kant and Marx, Cambridge, ma 2003. Henceforth tkm.
[2] Origins of Modern Japanese Literature, Durham, nc 1993; Architecture as Metaphor: Language, Number, Money, Cambridge, ma 1995. For Karatani’s position within the Japanese critical field, see Asada Akira, ‘A Left within the Place of Nothingness’, nlr 5, September–October 2000, pp. 24, 35–36.
[3] tkm, p. 3.
[4] Karl Marx, ‘A Contribution to the Critique of Political Economy’, in Collected Works, vol. 29, New York 1976, p. 390.
[5] Karl Marx, Grundrisse, Harmondsworth 1993, pp. 420–1.
[6] tkm, p. 20.
[7] tkm, p. 290.
[8] tkm, p. 241.
[9] See, among others, Helmut Reichelt, Zur logischen Struktur des Kapitalbegriffs, Frankfurt 1969.
[10] tkm, p. 9.
[11] See Brian Rotman, Signifying Nothing: the Semiotics of Zero, London 1975.
[12] Discourse on Method, Notre Dame, in 1994, p. 33.
[13] tkm, p. 134.
[14] Alfred Sohn-Rethel, Intellectual and Manual Labour: a Critique of Epistemology, London 1978.
[15] tkm, p. 183. Karatani invokes the practice of sortition in Athenian democracy. But is not the combination of balloting and drawing by lots that he advocates close to the oligarchic procedure for electing the Doge in Venice, established in 1268, after an incumbent tried to obtain hereditary monarchic powers? There was first a vote for 30 members of a council, then another to select 9 of them. These 9 then nominated 40 provisional electors who in turn chose 12 by lot who then elected 25. These were reduced to 9, who then each nominated 5. The 45 so nominated were reduced by casting lots to 11; 9 of the 11 votes were needed to choose the final 41 who, meeting in conclave, would elect the Doge. The aim of this labyrinthine procedure was, of course, to prevent any group or family from exercising undue influence on the outcome. Furthermore, in order to prevent the Doge himself from getting too much power, there was a list of duties he could not undertake (his sons or daughters could not marry outside the Republic, he was only allowed to open official letters in the presence of others, etc.).
[16] tkm, p. 183.
[17] tkm, p. 239.

Posted in アーカイブ, 書評 | The parallax view: Karatani’s ‘Transcritique. On Kant and Marx’ – Slavoj Žižek はコメントを受け付けていません。

3.11以後の世界について考える

Posted by Shota Maehara : 5月 5, 2011

今回の東日本大震災及び津波、そして原発による被害は、二つの角度からアプローチすべきだと感じます。

一つは、技術的な観点から、原発の是非を問うという道です。ただしこれには非常に高度で専門的な知識が必要になります。第二に、神学的に捉えるという道です。誤解を恐れずに言えば、思想的に捉えると言ってもいいでしょう。この出来事は、現代に生きる私たちにとって、どういう意味をもつのかを洞察することです。これは専門家でなくとも、すべての人が参加することができる作業です。

こうした作業にとって極めて大事なことは、曇りなき眼で、感情論に流されず、原発推進派と反対派の両方の意見を斟酌したうえで、自分なりの判断を下すことでしょう。日本人は歴史的に極端な一辺倒志向に走る傾向が強い。それだけに、知性をもった人間が今は冷静に物事を見ていく必要があるように思われます。

Posted in コラム | Leave a Comment »

ラルフ・ネーダー:日本の事故で「原発ルネサンス」は終わった

Posted by Shota Maehara : 5月 5, 2011

放送日: 

2011/3/18(金)

気候変動対策に前向きなオバマ政権が切り札の一つとして進めてきたのが、クリーンなエネルギーとしての原子力発電の再評価です。1979年のスリーマイル島の事故以来、米国では新規の原発の建設はほとんどありませんでしたが、オバマ政権のもとで「原発ルネサンス」と呼ばれる建設ラッシュが始まりました。日本の事故は、この「原発ルネサンス」も吹き飛ばしたようですが、米国の消費者運動の旗手ラルフ・ネーダーに言わせれば、ここからが私たちのがんばりどころです。原発利権はそう簡単には退散しません。確実に息の根をとめるように、黙ってみているのではなく行動せよと、ネイダーは呼びかけます。

事故を起こした福島の原子炉の設計元で、同型の原子炉が30基近く稼動しているという米国。設計上の耐用年数40年が過ぎたのに延命している老朽化したゾンビ原発が住民を危険にさらし、リスクが高すぎて民間投資が集まらず政府が保証して初めて建設できる親方日の丸・・・じゃなかった「親方星条旗」事業です。監視役のはずの原子力規制委員会が原発応援団と化しているため、住民には本当のリスクもコストも知らされない。どこの国も、この業界はよく似ています。

日本のNGO原子力資料調査室から出演のフィリップ・ホワイトは、ウエスチングハウス社を破格の値段で買収した東芝が、東京電力と共に米国テキサス州の原発建設事業に乗り出したことを語っています。今回の事故で米国側のパートナーは撤退を表明したようですし、東電は海外投資どころではありませんが、東芝はまだまだやる気のようです。(中野)

Posted in ビデオ | Leave a Comment »

新約聖書アーカイブ

Posted by Shota Maehara : 5月 4, 2011

新約聖書

マタイによる福音書
マルコによる福音書
ルカによる福音書
ヨハネによる福音書
使徒行伝
ローマ人への手紙
コリント人への第一の手紙
コリント人への第二の手紙
ガラテヤ人への手紙
エペソ人への手紙
ピリピ人への手紙
コロサイ人への手紙
テサロニケ人への第一の手紙
テサロニケ人への第二の手紙
テモテへの第一の手紙
テモテへの第二の手紙
テトスへの手紙
ピレモンへの手紙
ヘブル人への手紙
ヤコブの手紙
ペテロ第一の手紙
ペテロ第二の手紙
ヨハネ第一の手紙
ヨハネ第二の手紙
ヨハネ第三の手紙
ユダの手紙
ヨハネの黙示録

Posted in 新約聖書 | Leave a Comment »

マタイによる福音書

Posted by Shota Maehara : 5月 3, 2011

マタイによる福音書

 第一章
01:01> アブラハムの子であるダビデの子、イエス・キリストの系図。
01:02> アブラハムはイサクの父であり、イサクはヤコブの父、ヤコブはユダとその兄弟たちとの父、
01:03> ユダはタマルによるパレスとザラとの父、パレスはエスロンの父、エスロンはアラムの父、
01:04> アラムはアミナダブの父、アミナダブはナアソンの父、ナアソンはサルモンの父、
01:05> サルモンはラハブによるボアズの父、ボアズはルツによるオベデの父、オベデはエッサイの父、
01:06> エッサイはダビデ王の父であった。ダビデはウリヤの妻によるソロモンの父であり、
01:07> ソロモンはレハベアムの父、レハベアムはアビヤの父、アビヤはアサの父、
01:08> アサはヨサパテの父、ヨサパテはヨラムの父、ヨラムはウジヤの父、
01:09> ウジヤはヨタムの父、ヨタムはアハズの父、アハズはヒゼキヤの父、
01:10> ヒゼキヤはマナセの父、マナセはアモンの父、アモンはヨシヤの父、
01:11> ヨシヤはバビロンへ移されたころ、エコニヤとその兄弟たちとの父となった。
01:12> バビロンへ移されたのち、エコニヤはサラテルの父となった。サラテルはゾロバベルの父、
01:13> ゾロバベルはアビウデの父、アビウデはエリヤキムの父、エリヤキムはアゾルの父、
01:14> アゾルはサドクの父、サドクはアキムの父、アキムはエリウデの父、
01:15> エリウデはエレアザルの父、エレアザルはマタンの父、マタンはヤコブの父、
01:16> ヤコブはマリヤの夫ヨセフの父であった。このマリヤからキリストといわれるイエスがお生れになった。
01:17> だから、アブラハムからダビデまでの代は合わせて十四代、ダビデからバビロンへ移されるまでは十四代、そして、バビロンへ移されてからキリストまでは十四代である。
01:18> イエス・キリストの誕生の次第はこうであった。母マリヤはヨセフと婚約していたが、まだ一緒にならない前に、聖霊によって身重になった。
01:19> 夫ヨセフは正しい人であったので、彼女のことが公けになることを好まず、ひそかに離縁しようと決心した。
01:20> 彼がこのことを思いめぐらしていたとき、主の使が夢に現れて言った、「ダビデの子ヨセフよ、心配しないでマリヤを妻として迎えるがよい。その胎内に宿っているものは聖霊によるのである。
01:21> 彼女は男の子を産むであろう。その名をイエスと名づけなさい。彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである」。
01:22> すべてこれらのことが起ったのは、主が預言者によって言われたことの成就するためである。すなわち、
01:23> 「見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。その名はインマヌエルと呼ばれるであろう」。これは、「神われらと共にいます」という意味である。
01:24> ヨセフは眠りからさめた後に、主の使が命じたとおりに、マリヤを妻に迎えた。
01:25> しかし、子が生れるまでは、彼女を知ることはなかった。そして、その子をイエスと名づけた。
 第二章
02:01> イエスがヘロデ王の代に、ユダヤのベツレヘムでお生れになったとき、見よ、東からきた博士たちがエルサレムに着いて言った、
02:02> 「ユダヤ人の王としてお生れになったかたは、どこにおられますか。わたしたちは東の方でその星を見たので、そのかたを拝みにきました」。
02:03> ヘロデ王はこのことを聞いて不安を感じた。エルサレムの人々もみな、同様であった。
02:04> そこで王は祭司長たちと民の律法学者たちとを全部集めて、キリストはどこに生れるのかと、彼らに問いただした。
02:05> 彼らは王に言った、「それはユダヤのベツレヘムです。預言者がこうしるしています、
02:06> 『ユダの地、ベツレヘムよ、おまえはユダの君たちの中で、決して最も小さいものではない。おまえの中からひとりの君が出て、わが民イスラエルの牧者となるであろう』」。
02:07> そこで、ヘロデはひそかに博士たちを呼んで、星の現れた時について詳しく聞き、
02:08> 彼らをベツレヘムにつかわして言った、「行って、その幼な子のことを詳しく調べ、見つかったらわたしに知らせてくれ。わたしも拝みに行くから」。
02:09> 彼らは王の言うことを聞いて出かけると、見よ、彼らが東方で見た星が、彼らより先に進んで、幼な子のいる所まで行き、その上にとどまった。
02:10> 彼らはその星を見て、非常な喜びにあふれた。
02:11> そして、家にはいって、母マリヤのそばにいる幼な子に会い、ひれ伏して拝み、また、宝の箱をあけて、黄金・乳香・没薬などの贈り物をささげた。
02:12> そして、夢でヘロデのところに帰るなとのみ告げを受けたので、他の道をとおって自分の国へ帰って行った。
02:13> 彼らが帰って行ったのち、見よ、主の使が夢でヨセフに現れて言った、「立って、幼な子とその母を連れて、エジプトに逃げなさい。そして、あなたに知らせるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが幼な子を捜し出して、殺そうとしている」。
02:14> そこで、ヨセフは立って、夜の間に幼な子とその母とを連れてエジプトへ行き、
02:15> ヘロデが死ぬまでそこにとどまっていた。それは、主が預言者によって「エジプトからわが子を呼び出した」と言われたことが、成就するためである。
02:16> さて、ヘロデは博士たちにだまされたと知って、非常に立腹した。そして人々をつかわし、博士たちから確かめた時に基いて、ベツレヘムとその附近の地方とにいる二歳以下の男の子を、ことごとく殺した。
02:17> こうして、預言者エレミヤによって言われたことが、成就したのである。
02:18> 「叫び泣く大いなる悲しみの声が/ラマで聞えた。ラケルはその子らのためになげいた。子らがもはやいないので、慰められることさえ願わなかった」。
02:19> さて、ヘロデが死んだのち、見よ、主の使がエジプトにいるヨセフに夢で現れて言った、
02:20> 「立って、幼な子とその母を連れて、イスラエルの地に行け。幼な子の命をねらっていた人々は、死んでしまった」。
02:21> そこでヨセフは立って、幼な子とその母とを連れて、イスラエルの地に帰った。
02:22> しかし、アケラオがその父ヘロデに代ってユダヤを治めていると聞いたので、そこへ行くことを恐れた。そして夢でみ告げを受けたので、ガリラヤの地方に退き、
02:23> ナザレという町に行って住んだ。これは預言者たちによって、「彼はナザレ人と呼ばれるであろう」と言われたことが、成就するためである。
 第三章
03:01> そのころ、バプテスマのヨハネが現れ、ユダヤの荒野で教を宣べて言った、
03:02> 「悔い改めよ、天国は近づいた」。
03:03> 預言者イザヤによって、「荒野で呼ばわる者の声がする、『主の道を備えよ、その道筋をまっすぐにせよ』」と言われたのは、この人のことである。
03:04> このヨハネは、らくだの毛ごろもを着物にし、腰に皮の帯をしめ、いなごと野蜜とを食物としていた。
03:05> すると、エルサレムとユダヤ全土とヨルダン附近一帯の人々が、ぞくぞくとヨハネのところに出てきて、
03:06> 自分の罪を告白し、ヨルダン川でヨハネからバプテスマを受けた。
03:07> ヨハネは、パリサイ人やサドカイ人が大ぜいバプテスマを受けようとしてきたのを見て、彼らに言った、「まむしの子らよ、迫ってきている神の怒りから、おまえたちはのがれられると、だれが教えたのか。
03:08> だから、悔改めにふさわしい実を結べ。
03:09> 自分たちの父にはアブラハムがあるなどと、心の中で思ってもみるな。おまえたちに言っておく、神はこれらの石ころからでも、アブラハムの子を起すことができるのだ。
03:10> 斧がすでに木の根もとに置かれている。だから、良い実を結ばない木はことごとく切られて、火の中に投げ込まれるのだ。
03:11> わたしは悔改めのために、水でおまえたちにバプテスマを授けている。しかし、わたしのあとから来る人はわたしよりも力のあるかたで、わたしはそのくつをぬがせてあげる値うちもない。このかたは、聖霊と火とによっておまえたちにバプテスマをお授けになるであろう。
03:12> また、箕を手に持って、打ち場の麦をふるい分け、麦は倉に納め、からは消えない火で焼き捨てるであろう」。
03:13> そのときイエスは、ガリラヤを出てヨルダン川に現れ、ヨハネのところにきて、バプテスマを受けようとされた。
03:14> ところがヨハネは、それを思いとどまらせようとして言った、「わたしこそあなたからバプテスマを受けるはずですのに、あなたがわたしのところにおいでになるのですか」。
03:15> しかし、イエスは答えて言われた、「今は受けさせてもらいたい。このように、すべての正しいことを成就するのは、われわれにふさわしいことである」。そこでヨハネはイエスの言われるとおりにした。
03:16> イエスはバプテスマを受けるとすぐ、水から上がられた。すると、見よ、天が開け、神の御霊がはとのように自分の上に下ってくるのを、ごらんになった。
03:17> また天から声があって言った、「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」。
 第四章
04:01> さて、イエスは御霊によって荒野に導かれた。悪魔に試みられるためである。
04:02> そして、四十日四十夜、断食をし、そののち空腹になられた。
04:03> すると試みる者がきて言った、「もしあなたが神の子であるなら、これらの石がパンになるように命じてごらんなさい」。
04:04> イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。
04:05> それから悪魔は、イエスを聖なる都に連れて行き、宮の頂上に立たせて
04:06> 言った、「もしあなたが神の子であるなら、下へ飛びおりてごらんなさい。『神はあなたのために御使たちにお命じになると、あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らはあなたを手でささえるであろう』と書いてありますから」。
04:07> イエスは彼に言われた、「『主なるあなたの神を試みてはならない』とまた書いてある」。
04:08> 次に悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華とを見せて
04:09> 言った、「もしあなたが、ひれ伏してわたしを拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」。
04:10> するとイエスは彼に言われた、「サタンよ、退け。『主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」。
04:11> そこで、悪魔はイエスを離れ去り、そして、御使たちがみもとにきて仕えた。
04:12> さて、イエスはヨハネが捕えられたと聞いて、ガリラヤへ退かれた。
04:13> そしてナザレを去り、ゼブルンとナフタリとの地方にある海べの町カペナウムに行って住まわれた。
04:14> これは預言者イザヤによって言われた言が、成就するためである。
04:15> 「ゼブルンの地、ナフタリの地、海に沿う地方、ヨルダンの向こうの地、異邦人のガリラヤ、
04:16> 暗黒の中に住んでいる民は大いなる光を見、死の地、死の陰に住んでいる人々に、光がのぼった」。
04:17> この時からイエスは教を宣べはじめて言われた、「悔い改めよ、天国は近づいた」。
04:18> さて、イエスがガリラヤの海べを歩いておられると、ふたりの兄弟、すなわち、ペテロと呼ばれたシモンとその兄弟アンデレとが、海に網を打っているのをごらんになった。彼らは漁師であった。
04:19> イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。
04:20> すると、彼らはすぐに網を捨てて、イエスに従った。
04:21> そこから進んで行かれると、ほかのふたりの兄弟、すなわち、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネとが、父ゼベダイと一緒に、舟の中で網を繕っているのをごらんになった。そこで彼らをお招きになると、
04:22> すぐ舟と父とをおいて、イエスに従って行った。
04:23> イエスはガリラヤの全地を巡り歩いて、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、民の中のあらゆる病気、あらゆるわずらいをおいやしになった。
04:24> そこで、その評判はシリヤ全地にひろまり、人々があらゆる病にかかっている者、すなわち、いろいろの病気と苦しみとに悩んでいる者、悪霊につかれている者、てんかん、中風の者などをイエスのところに連れてきたので、これらの人々をおいやしになった。
04:25> こうして、ガリラヤ、デカポリス、エルサレム、ユダヤ及びヨルダンの向こうから、おびただしい群衆がきてイエスに従った。
 第五章
05:01> イエスはこの群衆を見て、山に登り、座につかれると、弟子たちがみもとに近寄ってきた。
05:02> そこで、イエスは口を開き、彼らに教えて言われた。
05:03> 「こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。
05:04> 悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう。
05:05> 柔和な人たちは、さいわいである、彼らは地を受けつぐであろう。
05:06> 義に飢えかわいている人たちは、さいわいである、彼らは飽き足りるようになるであろう。
05:07> あわれみ深い人たちは、さいわいである、彼らはあわれみを受けるであろう。
05:08> 心の清い人たちは、さいわいである、彼らは神を見るであろう。
05:09> 平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう。
05:10> 義のために迫害されてきた人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。
05:11> わたしのために人々があなたがたをののしり、また迫害し、あなたがたに対し偽って様々の悪口を言う時には、あなたがたは、さいわいである。
05:12> 喜び、よろこべ、天においてあなたがたの受ける報いは大きい。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。
05:13> あなたがたは、地の塩である。もし塩のききめがなくなったら、何によってその味が取りもどされようか。もはや、なんの役にも立たず、ただ外に捨てられて、人々にふみつけられるだけである。
05:14> あなたがたは、世の光である。山の上にある町は隠れることができない。
05:15> また、あかりをつけて、それを枡の下におく者はいない。むしろ燭台の上において、家の中のすべてのものを照させるのである。
05:16> そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。
05:17> わたしが律法や預言者を廃するためにきた、と思ってはならない。廃するためではなく、成就するためにきたのである。
05:18> よく言っておく。天地が滅び行くまでは、律法の一点、一画もすたることはなく、ことごとく全うされるのである。
05:19> それだから、これらの最も小さいいましめの一つでも破り、またそうするように人に教えたりする者は、天国で最も小さい者と呼ばれるであろう。しかし、これをおこないまたそう教える者は、天国で大いなる者と呼ばれるであろう。
05:20> わたしは言っておく。あなたがたの義が律法学者やパリサイ人の義にまさっていなければ、決して天国に、はいることはできない。
05:21> 昔の人々に『殺すな。殺す者は裁判を受けねばならない』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。
05:22> しかし、わたしはあなたがたに言う。兄弟に対して怒る者は、だれでも裁判を受けねばならない。兄弟にむかって愚か者と言う者は、議会に引きわたされるであろう。また、ばか者と言う者は、地獄の火に投げ込まれるであろう。
05:23> だから、祭壇に供え物をささげようとする場合、兄弟が自分に対して何かうらみをいだいていることを、そこで思い出したなら、
05:24> その供え物を祭壇の前に残しておき、まず行ってその兄弟と和解し、それから帰ってきて、供え物をささげることにしなさい。
05:25> あなたを訴える者と一緒に道を行く時には、その途中で早く仲直りをしなさい。そうしないと、その訴える者はあなたを裁判官にわたし、裁判官は下役にわたし、そして、あなたは獄に入れられるであろう。
05:26> よくあなたに言っておく。最後の一コドラントを支払ってしまうまでは、決してそこから出てくることはできない。
05:27> 『姦淫するな』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。
05:28> しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。
05:29> もしあなたの右の目が罪を犯させるなら、それを抜き出して捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に投げ入れられない方が、あなたにとって益である。
05:30> もしあなたの右の手が罪を犯させるなら、それを切って捨てなさい。五体の一部を失っても、全身が地獄に落ち込まない方が、あなたにとって益である。
05:31> また『妻を出す者は離縁状を渡せ』と言われている。
05:32> しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、不品行以外の理由で自分の妻を出す者は、姦淫を行わせるのである。また出された女をめとる者も、姦淫を行うのである。
05:33> また昔の人々に『いつわり誓うな、誓ったことは、すべて主に対して果せ』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。
05:34> しかし、わたしはあなたがたに言う。いっさい誓ってはならない。天をさして誓うな。そこは神の御座であるから。
05:35> また地をさして誓うな。そこは神の足台であるから。またエルサレムをさして誓うな。それは『大王の都』であるから。
05:36> また、自分の頭をさして誓うな。あなたは髪の毛一すじさえ、白くも黒くもすることができない。
05:37> あなたがたの言葉は、ただ、しかり、しかり、否、否、であるべきだ。それ以上に出ることは、悪から来るのである。
05:38> 『目には目を、歯には歯を』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。
05:39> しかし、わたしはあなたがたに言う。悪人に手向かうな。もし、だれかがあなたの右の頬を打つなら、ほかの頬をも向けてやりなさい。
05:40> あなたを訴えて、下着を取ろうとする者には、上着をも与えなさい。
05:41> もし、だれかが、あなたをしいて一マイル行かせようとするなら、その人と共に二マイル行きなさい。
05:42> 求める者には与え、借りようとする者を断るな。
05:43> 『隣り人を愛し、敵を憎め』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。
05:44> しかし、わたしはあなたがたに言う。敵を愛し、迫害する者のために祈れ。
05:45> こうして、天にいますあなたがたの父の子となるためである。天の父は、悪い者の上にも良い者の上にも、太陽をのぼらせ、正しい者にも正しくない者にも、雨を降らして下さるからである。
05:46> あなたがたが自分を愛する者を愛したからとて、なんの報いがあろうか。そのようなことは取税人でもするではないか。
05:47> 兄弟だけにあいさつをしたからとて、なんのすぐれた事をしているだろうか。そのようなことは異邦人でもしているではないか。
05:48> それだから、あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。
 第六章
06:01> 自分の義を、見られるために人の前で行わないように、注意しなさい。もし、そうしないと、天にいますあなたがたの父から報いを受けることがないであろう。
06:02> だから、施しをする時には、偽善者たちが人にほめられるため会堂や町の中でするように、自分の前でラッパを吹きならすな。よく言っておくが、彼らはその報いを受けてしまっている。
06:03> あなたは施しをする場合、右の手のしていることを左の手に知らせるな。
06:04> それは、あなたのする施しが隠れているためである。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう。
06:05> また祈る時には、偽善者たちのようにするな。彼らは人に見せようとして、会堂や大通りのつじに立って祈ることを好む。よく言っておくが、彼らはその報いを受けてしまっている。
06:06> あなたは祈る時、自分のへやにはいり、戸を閉じて、隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう。
06:07> また、祈る場合、異邦人のように、くどくどと祈るな。彼らは言葉かずが多ければ、聞きいれられるものと思っている。
06:08> だから、彼らのまねをするな。あなたがたの父なる神は、求めない先から、あなたがたに必要なものはご存じなのである。
06:09> だから、あなたがたはこう祈りなさい、天にいますわれらの父よ、御名があがめられますように。
06:10> 御国がきますように。みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように。
06:11> わたしたちの日ごとの食物を、きょうもお与えください。
06:12> わたしたちに負債のある者をゆるしましたように、わたしたちの負債をもおゆるしください。
06:13> わたしたちを試みに会わせないで、悪しき者からお救いください。
06:14> もしも、あなたがたが、人々のあやまちをゆるすならば、あなたがたの天の父も、あなたがたをゆるして下さるであろう。
06:15> もし人をゆるさないならば、あなたがたの父も、あなたがたのあやまちをゆるして下さらないであろう。
06:16> また断食をする時には、偽善者がするように、陰気な顔つきをするな。彼らは断食をしていることを人に見せようとして、自分の顔を見苦しくするのである。よく言っておくが、彼らはその報いを受けてしまっている。
06:17> あなたがたは断食をする時には、自分の頭に油を塗り、顔を洗いなさい。
06:18> それは断食をしていることが人に知れないで、隠れた所においでになるあなたの父に知られるためである。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いて下さるであろう。
06:19> あなたがたは自分のために、虫が食い、さびがつき、また、盗人らが押し入って盗み出すような地上に、宝をたくわえてはならない。
06:20> むしろ自分のため、虫も食わず、さびもつかず、また、盗人らが押し入って盗み出すこともない天に、宝をたくわえなさい。
06:21> あなたの宝のある所には、心もあるからである。
06:22> 目はからだのあかりである。だから、あなたの目が澄んでおれば、全身も明るいだろう。
06:23> しかし、あなたの目が悪ければ、全身も暗いだろう。だから、もしあなたの内なる光が暗ければ、その暗さは、どんなであろう。
06:24> だれも、ふたりの主人に兼ね仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛し、あるいは、一方に親しんで他方をうとんじるからである。あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない。
06:25> それだから、あなたがたに言っておく。何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことで思いわずらうな。命は食物にまさり、からだは着物にまさるではないか。
06:26> 空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。
06:27> あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。
06:28> また、なぜ、着物のことで思いわずらうのか。野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。働きもせず、紡ぎもしない。
06:29> しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。
06:30> きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。ああ、信仰の薄い者たちよ。
06:31> だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。
06:32> これらのものはみな、異邦人が切に求めているものである。あなたがたの天の父は、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要であることをご存じである。
06:33> まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。
06:34> だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。
 第七章
07:01> 人をさばくな。自分がさばかれないためである。
07:02> あなたがたがさばくそのさばきで、自分もさばかれ、あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量り与えられるであろう。
07:03> なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目にある梁を認めないのか。
07:04> 自分の目には梁があるのに、どうして兄弟にむかって、あなたの目からちりを取らせてください、と言えようか。
07:05> 偽善者よ、まず自分の目から梁を取りのけるがよい。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう。
07:06> 聖なるものを犬にやるな。また真珠を豚に投げてやるな。恐らく彼らはそれらを足で踏みつけ、向きなおってあなたがたにかみついてくるであろう。
07:07> 求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。
07:08> すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。
07:09> あなたがたのうちで、自分の子がパンを求めるのに、石を与える者があろうか。
07:10> 魚を求めるのに、へびを与える者があろうか。
07:11> このように、あなたがたは悪い者であっても、自分の子供には、良い贈り物をすることを知っているとすれば、天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者に良いものを下さらないことがあろうか。
07:12> だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。これが律法であり預言者である。
07:13> 狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そして、そこからはいって行く者が多い。
07:14> 命にいたる門は狭く、その道は細い。そして、それを見いだす者が少ない。
07:15> にせ預言者を警戒せよ。彼らは、羊の衣を着てあなたがたのところに来るが、その内側は強欲なおおかみである。
07:16> あなたがたは、その実によって彼らを見わけるであろう。茨からぶどうを、あざみからいちじくを集める者があろうか。
07:17> そのように、すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。
07:18> 良い木が悪い実をならせることはないし、悪い木が良い実をならせることはできない。
07:19> 良い実を結ばない木はことごとく切られて、火の中に投げ込まれる。
07:20> このように、あなたがたはその実によって彼らを見わけるのである。
07:21> わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。
07:22> その日には、多くの者が、わたしにむかって『主よ、主よ、わたしたちはあなたの名によって預言したではありませんか。また、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって多くの力あるわざを行ったではありませんか』と言うであろう。
07:23> そのとき、わたしは彼らにはっきり、こう言おう、『あなたがたを全く知らない。不法を働く者どもよ、行ってしまえ』。
07:24> それで、わたしのこれらの言葉を聞いて行うものを、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができよう。
07:25> 雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけても、倒れることはない。岩を土台としているからである。
07:26> また、わたしのこれらの言葉を聞いても行わない者を、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができよう。
07:27> 雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまう。そしてその倒れ方はひどいのである」。
07:28> イエスがこれらの言を語り終えられると、群衆はその教にひどく驚いた。
07:29> それは律法学者たちのようにではなく、権威ある者のように、教えられたからである。
 第八章
08:01> イエスが山をお降りになると、おびただしい群衆がついてきた。
08:02> すると、そのとき、ひとりのらい病人がイエスのところにきて、ひれ伏して言った、「主よ、みこころでしたら、きよめていただけるのですが」。
08:03> イエスは手を伸ばして、彼にさわり、「そうしてあげよう、きよくなれ」と言われた。すると、らい病は直ちにきよめられた。
08:04> イエスは彼に言われた、「だれにも話さないように、注意しなさい。ただ行って、自分のからだを祭司に見せ、それから、モーセが命じた供え物をささげて、人々に証明しなさい」。
08:05> さて、イエスがカペナウムに帰ってこられたとき、ある百卒長がみもとにきて訴えて言った、
08:06> 「主よ、わたしの僕が中風でひどく苦しんで、家に寝ています」。
08:07> イエスは彼に、「わたしが行ってなおしてあげよう」と言われた。
08:08> そこで百卒長は答えて言った、「主よ、わたしの屋根の下にあなたをお入れする資格は、わたしにはございません。ただ、お言葉を下さい。そうすれば僕はなおります。
08:09> わたしも権威の下にある者ですが、わたしの下にも兵卒がいまして、ひとりの者に『行け』と言えば行き、ほかの者に『こい』と言えばきますし、また、僕に『これをせよ』と言えば、してくれるのです」。
08:10> イエスはこれを聞いて非常に感心され、ついてきた人々に言われた、「よく聞きなさい。イスラエル人の中にも、これほどの信仰を見たことがない。
08:11> なお、あなたがたに言うが、多くの人が東から西からきて、天国で、アブラハム、イサク、ヤコブと共に宴会の席につくが、
08:12> この国の子らは外のやみに追い出され、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう」。
08:13> それからイエスは百卒長に「行け、あなたの信じたとおりになるように」と言われた。すると、ちょうどその時に、僕はいやされた。
08:14> それから、イエスはペテロの家にはいって行かれ、そのしゅうとめが熱病で、床についているのをごらんになった。
08:15> そこで、その手にさわられると、熱が引いた。そして女は起きあがってイエスをもてなした。
08:16> 夕暮になると、人々は悪霊につかれた者を大ぜい、みもとに連れてきたので、イエスはみ言葉をもって霊どもを追い出し、病人をことごとくおいやしになった。
08:17> これは、預言者イザヤによって「彼は、わたしたちのわずらいを身に受け、わたしたちの病を負うた」と言われた言葉が成就するためである。
08:18> イエスは、群衆が自分のまわりに群がっているのを見て、向こう岸に行くようにと弟子たちにお命じになった。
08:19> するとひとりの律法学者が近づいてきて言った、「先生、あなたがおいでになる所なら、どこへでも従ってまいります」。
08:20> イエスはその人に言われた、「きつねには穴があり、空の鳥には巣がある。しかし、人の子にはまくらする所がない」。
08:21> また弟子のひとりが言った、「主よ、まず、父を葬りに行かせて下さい」。
08:22> イエスは彼に言われた、「わたしに従ってきなさい。そして、その死人を葬ることは、死人に任せておくがよい」。
08:23> それから、イエスが舟に乗り込まれると、弟子たちも従った。
08:24> すると突然、海上に激しい暴風が起って、舟は波にのまれそうになった。ところが、イエスは眠っておられた。
08:25> そこで弟子たちはみそばに寄ってきてイエスを起し、「主よ、お助けください、わたしたちは死にそうです」と言った。
08:26> するとイエスは彼らに言われた、「なぜこわがるのか、信仰の薄い者たちよ」。それから起きあがって、風と海とをおしかりになると、大なぎになった。
08:27> 彼らは驚いて言った、「このかたはどういう人なのだろう。風も海も従わせるとは」。
08:28> それから、向こう岸、ガダラ人の地に着かれると、悪霊につかれたふたりの者が、墓場から出てきてイエスに出会った。彼らは手に負えない乱暴者で、だれもその辺の道を通ることができないほどであった。
08:29> すると突然、彼らは叫んで言った、「神の子よ、あなたはわたしどもとなんの係わりがあるのです。まだその時ではないのに、ここにきて、わたしどもを苦しめるのですか」。
08:30> さて、そこからはるか離れた所に、おびただしい豚の群れが飼ってあった。
08:31> 悪霊どもはイエスに願って言った、「もしわたしどもを追い出されるのなら、あの豚の群れの中につかわして下さい」。
08:32> そこで、イエスが「行け」と言われると、彼らは出て行って、豚の中へはいり込んだ。すると、その群れ全体が、がけから海へなだれを打って駆け下り、水の中で死んでしまった。
08:33> 飼う者たちは逃げて町に行き、悪霊につかれた者たちのことなど、いっさいを知らせた。
08:34> すると、町中の者がイエスに会いに出てきた。そして、イエスに会うと、この地方から去ってくださるようにと頼んだ。
 第九章
09:01> さて、イエスは舟に乗って海を渡り、自分の町に帰られた。
09:02> すると、人々が中風の者を床の上に寝かせたままでみもとに運んできた。イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、「子よ、しっかりしなさい。あなたの罪はゆるされたのだ」と言われた。
09:03> すると、ある律法学者たちが心の中で言った、「この人は神を汚している」。
09:04> イエスは彼らの考えを見抜いて、「なぜ、あなたがたは心の中で悪いことを考えているのか。
09:05> あなたの罪はゆるされた、と言うのと、起きて歩け、と言うのと、どちらがたやすいか。
09:06> しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と言い、中風の者にむかって、「起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と言われた。
09:07> すると彼は起きあがり、家に帰って行った。
09:08> 群衆はそれを見て恐れ、こんな大きな権威を人にお与えになった神をあがめた。
09:09> さてイエスはそこから進んで行かれ、マタイという人が収税所にすわっているのを見て、「わたしに従ってきなさい」と言われた。すると彼は立ちあがって、イエスに従った。
09:10> それから、イエスが家で食事の席についておられた時のことである。多くの取税人や罪人たちがきて、イエスや弟子たちと共にその席に着いていた。
09:11> パリサイ人たちはこれを見て、弟子たちに言った、「なぜ、あなたがたの先生は、取税人や罪人などと食事を共にするのか」。
09:12> イエスはこれを聞いて言われた、「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である。
09:13> 『わたしが好むのは、あわれみであって、いけにえではない』とはどういう意味か、学んできなさい。わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである」。
09:14> そのとき、ヨハネの弟子たちがイエスのところにきて言った、「わたしたちとパリサイ人たちとが断食をしているのに、あなたの弟子たちは、なぜ断食をしないのですか」。
09:15> するとイエスは言われた、「婚礼の客は、花婿が一緒にいる間は、悲しんでおられようか。しかし、花婿が奪い去られる日が来る。その時には断食をするであろう。
09:16> だれも、真新しい布ぎれで、古い着物につぎを当てはしない。そのつぎきれは着物を引き破り、そして、破れがもっとひどくなるから。
09:17> だれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。もしそんなことをしたら、その皮袋は張り裂け、酒は流れ出るし、皮袋もむだになる。だから、新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである。そうすれば両方とも長もちがするであろう」。
09:18> これらのことを彼らに話しておられると、そこにひとりの会堂司がきて、イエスを拝して言った、「わたしの娘がただ今死にました。しかしおいでになって手をその上においてやって下さい。そうしたら、娘は生き返るでしょう」。
09:19> そこで、イエスが立って彼について行かれると、弟子たちも一緒に行った。
09:20> するとそのとき、十二年間も長血をわずらっている女が近寄ってきて、イエスのうしろからみ衣のふさにさわった。
09:21> み衣にさわりさえすれば、なおしていただけるだろう、と心の中で思っていたからである。
09:22> イエスは振り向いて、この女を見て言われた、「娘よ、しっかりしなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです」。するとこの女はその時に、いやされた。
09:23> それからイエスは司の家に着き、笛吹きどもや騒いでいる群衆を見て言われた。
09:24> 「あちらへ行っていなさい。少女は死んだのではない。眠っているだけである」。すると人々はイエスをあざ笑った。
09:25> しかし、群衆を外へ出したのち、イエスは内へはいって、少女の手をお取りになると、少女は起きあがった。
09:26> そして、そのうわさがこの地方全体にひろまった。
09:27> そこから進んで行かれると、ふたりの盲人が、「ダビデの子よ、わたしたちをあわれんで下さい」と叫びながら、イエスについてきた。
09:28> そしてイエスが家にはいられると、盲人たちがみもとにきたので、彼らに「わたしにそれができると信じるか」と言われた。彼らは言った、「主よ、信じます」。
09:29> そこで、イエスは彼らの目にさわって言われた、「あなたがたの信仰どおり、あなたがたの身になるように」。
09:30> すると彼らの目が開かれた。イエスは彼らをきびしく戒めて言われた、「だれにも知れないように気をつけなさい」。
09:31> しかし、彼らは出て行って、その地方全体にイエスのことを言いひろめた。
09:32> 彼らが出て行くと、人々は悪霊につかれて口のきけない人をイエスのところに連れてきた。
09:33> すると、悪霊は追い出されて、口のきけない人が物を言うようになった。群衆は驚いて、「このようなことがイスラエルの中で見られたことは、これまで一度もなかった」と言った。
09:34> しかし、パリサイ人たちは言った、「彼は、悪霊どものかしらによって悪霊どもを追い出しているのだ」。
09:35> イエスは、すべての町々村々を巡り歩いて、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいをおいやしになった。
09:36> また群衆が飼う者のない羊のように弱り果てて、倒れているのをごらんになって、彼らを深くあわれまれた。
09:37> そして弟子たちに言われた、「収穫は多いが、働き人が少ない。
09:38> だから、収穫の主に願って、その収穫のために働き人を送り出すようにしてもらいなさい」。
 第十章
10:01> そこで、イエスは十二弟子を呼び寄せて、汚れた霊を追い出し、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやす権威をお授けになった。
10:02> 十二使徒の名は、次のとおりである。まずペテロと呼ばれたシモンとその兄弟アンデレ、それからゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ、
10:03> ピリポとバルトロマイ、トマスと取税人マタイ、アルパヨの子ヤコブとタダイ、
10:04> 熱心党のシモンとイスカリオテのユダ。このユダはイエスを裏切った者である。
10:05> イエスはこの十二人をつかわすに当り、彼らに命じて言われた、「異邦人の道に行くな。またサマリヤ人の町にはいるな。
10:06> むしろ、イスラエルの家の失われた羊のところに行け。
10:07> 行って、『天国が近づいた』と宣べ伝えよ。
10:08> 病人をいやし、死人をよみがえらせ、らい病人をきよめ、悪霊を追い出せ。ただで受けたのだから、ただで与えるがよい。
10:09> 財布の中に金、銀または銭を入れて行くな。
10:10> 旅行のための袋も、二枚の下着も、くつも、つえも持って行くな。働き人がその食物を得るのは当然である。
10:11> どの町、どの村にはいっても、その中でだれがふさわしい人か、たずね出して、立ち去るまではその人のところにとどまっておれ。
10:12> その家にはいったなら、平安を祈ってあげなさい。
10:13> もし平安を受けるにふさわしい家であれば、あなたがたの祈る平安はその家に来るであろう。もしふさわしくなければ、その平安はあなたがたに帰って来るであろう。
10:14> もしあなたがたを迎えもせず、またあなたがたの言葉を聞きもしない人があれば、その家や町を立ち去る時に、足のちりを払い落しなさい。
10:15> あなたがたによく言っておく。さばきの日には、ソドム、ゴモラの地の方が、その町よりは耐えやすいであろう。
10:16> わたしがあなたがたをつかわすのは、羊をおおかみの中に送るようなものである。だから、へびのように賢く、はとのように素直であれ。
10:17> 人々に注意しなさい。彼らはあなたがたを衆議所に引き渡し、会堂でむち打つであろう。
10:18> またあなたがたは、わたしのために長官たちや王たちの前に引き出されるであろう。それは、彼らと異邦人とに対してあかしをするためである。
10:19> 彼らがあなたがたを引き渡したとき、何をどう言おうかと心配しないがよい。言うべきことは、その時に授けられるからである。
10:20> 語る者は、あなたがたではなく、あなたがたの中にあって語る父の霊である。
10:21> 兄弟は兄弟を、父は子を殺すために渡し、また子は親に逆らって立ち、彼らを殺させるであろう。
10:22> またあなたがたは、わたしの名のゆえにすべての人に憎まれるであろう。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。
10:23> 一つの町で迫害されたなら、他の町へ逃げなさい。よく言っておく。あなたがたがイスラエルの町々を回り終らないうちに、人の子は来るであろう。
10:24> 弟子はその師以上のものではなく、僕はその主人以上の者ではない。
10:25> 弟子がその師のようであり、僕がその主人のようであれば、それで十分である。もし家の主人がベルゼブルと言われるならば、その家の者どもはなおさら、どんなにか悪く言われることであろう。
10:26> だから彼らを恐れるな。おおわれたもので、現れてこないものはなく、隠れているもので、知られてこないものはない。
10:27> わたしが暗やみであなたがたに話すことを、明るみで言え。耳にささやかれたことを、屋根の上で言いひろめよ。
10:28> また、からだを殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、からだも魂も地獄で滅ぼす力のあるかたを恐れなさい。
10:29> 二羽のすずめは一アサリオンで売られているではないか。しかもあなたがたの父の許しがなければ、その一羽も地に落ちることはない。
10:30> またあなたがたの頭の毛までも、みな数えられている。
10:31> それだから、恐れることはない。あなたがたは多くのすずめよりも、まさった者である。
10:32> だから人の前でわたしを受けいれる者を、わたしもまた、天にいますわたしの父の前で受けいれるであろう。
10:33> しかし、人の前でわたしを拒む者を、わたしも天にいますわたしの父の前で拒むであろう。
10:34> 地上に平和をもたらすために、わたしがきたと思うな。平和ではなく、つるぎを投げ込むためにきたのである。
10:35> わたしがきたのは、人をその父と、娘をその母と、嫁をそのしゅうとめと仲たがいさせるためである。
10:36> そして家の者が、その人の敵となるであろう。
10:37> わたしよりも父または母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりもむすこや娘を愛する者は、わたしにふさわしくない。
10:38> また自分の十字架をとってわたしに従ってこない者はわたしにふさわしくない。
10:39> 自分の命を得ている者はそれを失い、わたしのために自分の命を失っている者は、それを得るであろう。
10:40> あなたがたを受けいれる者は、わたしを受けいれるのである。わたしを受けいれる者は、わたしをおつかわしになったかたを受けいれるのである。
10:41> 預言者の名のゆえに預言者を受けいれる者は、預言者の報いを受け、義人の名のゆえに義人を受けいれる者は、義人の報いを受けるであろう。
10:42> わたしの弟子であるという名のゆえに、この小さい者のひとりに冷たい水一杯でも飲ませてくれる者は、よく言っておくが、決してその報いからもれることはない」。
 第十一章
11:01> イエスは十二弟子にこのように命じ終えてから、町々で教えまた宣べ伝えるために、そこを立ち去られた。
11:02> さて、ヨハネは獄中でキリストのみわざについて伝え聞き、自分の弟子たちをつかわして、
11:03> イエスに言わせた、「『きたるべきかた』はあなたなのですか。それとも、ほかにだれかを待つべきでしょうか」。
11:04> イエスは答えて言われた、「行って、あなたがたが見聞きしていることをヨハネに報告しなさい。
11:05> 盲人は見え、足なえは歩き、らい病人はきよまり、耳しいは聞え、死人は生きかえり、貧しい人々は福音を聞かされている。
11:06> わたしにつまずかない者は、さいわいである」。
11:07> 彼らが帰ってしまうと、イエスはヨハネのことを群衆に語りはじめられた、「あなたがたは、何を見に荒野に出てきたのか。風に揺らぐ葦であるか。
11:08> では、何を見に出てきたのか。柔らかい着物をまとった人か。柔らかい着物をまとった人々なら、王の家にいる。
11:09> では、なんのために出てきたのか。預言者を見るためか。そうだ、あなたがたに言うが、預言者以上の者である。
11:10> 『見よ、わたしは使をあなたの先につかわし、あなたの前に、道を整えさせるであろう』と書いてあるのは、この人のことである。
11:11> あなたがたによく言っておく。女の産んだ者の中で、バプテスマのヨハネより大きい人物は起らなかった。しかし、天国で最も小さい者も、彼よりは大きい。
11:12> バプテスマのヨハネの時から今に至るまで、天国は激しく襲われている。そして激しく襲う者たちがそれを奪い取っている。
11:13> すべての預言者と律法とが預言したのは、ヨハネの時までである。
11:14> そして、もしあなたがたが受けいれることを望めば、この人こそは、きたるべきエリヤなのである。
11:15> 耳のある者は聞くがよい。
11:16> 今の時代を何に比べようか。それは子供たちが広場にすわって、ほかの子供たちに呼びかけ、
11:17> 『わたしたちが笛を吹いたのに、あなたたちは踊ってくれなかった。弔いの歌を歌ったのに、胸を打ってくれなかった』と言うのに似ている。
11:18> なぜなら、ヨハネがきて、食べることも、飲むこともしないと、あれは悪霊につかれているのだ、と言い、
11:19> また人の子がきて、食べたり飲んだりしていると、見よ、あれは食をむさぼる者、大酒を飲む者、また取税人、罪人の仲間だ、と言う。しかし、知恵の正しいことは、その働きが証明する」。
11:20> それからイエスは、数々の力あるわざがなされたのに、悔い改めることをしなかった町々を、責めはじめられた。
11:21> 「わざわいだ、コラジンよ。わざわいだ、ベツサイダよ。おまえたちのうちでなされた力あるわざが、もしツロとシドンでなされたなら、彼らはとうの昔に、荒布をまとい灰をかぶって、悔い改めたであろう。
11:22> しかし、おまえたちに言っておく。さばきの日には、ツロとシドンの方がおまえたちよりも、耐えやすいであろう。
11:23> ああ、カペナウムよ、おまえは天にまで上げられようとでもいうのか。黄泉にまで落されるであろう。おまえの中でなされた力あるわざが、もしソドムでなされたなら、その町は今日までも残っていたであろう。
11:24> しかし、あなたがたに言う。さばきの日には、ソドムの地の方がおまえよりは耐えやすいであろう」。
11:25> そのときイエスは声をあげて言われた、「天地の主なる父よ。あなたをほめたたえます。これらの事を知恵のある者や賢い者に隠して、幼な子にあらわしてくださいました。
11:26> 父よ、これはまことにみこころにかなった事でした。
11:27> すべての事は父からわたしに任せられています。そして、子を知る者は父のほかにはなく、父を知る者は、子と、父をあらわそうとして子が選んだ者とのほかに、だれもありません。
11:28> すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。
11:29> わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。
11:30> わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである」。
 第十二章
12:01> そのころ、ある安息日に、イエスは麦畑の中を通られた。すると弟子たちは、空腹であったので、穂を摘んで食べはじめた。
12:02> パリサイ人たちがこれを見て、イエスに言った、「ごらんなさい、あなたの弟子たちが、安息日にしてはならないことをしています」。
12:03> そこでイエスは彼らに言われた、「あなたがたは、ダビデとその供の者たちとが飢えたとき、ダビデが何をしたか読んだことがないのか。
12:04> すなわち、神の家にはいって、祭司たちのほか、自分も供の者たちも食べてはならぬ供えのパンを食べたのである。
12:05> また、安息日に宮仕えをしている祭司たちは安息日を破っても罪にはならないことを、律法で読んだことがないのか。
12:06> あなたがたに言っておく。宮よりも大いなる者がここにいる。
12:07> 『わたしが好むのは、あわれみであって、いけにえではない』とはどういう意味か知っていたなら、あなたがたは罪のない者をとがめなかったであろう。
12:08> 人の子は安息日の主である」。
12:09> イエスはそこを去って、彼らの会堂にはいられた。
12:10> すると、そのとき、片手のなえた人がいた。人々はイエスを訴えようと思って、「安息日に人をいやしても、さしつかえないか」と尋ねた。
12:11> イエスは彼らに言われた、「あなたがたのうちに、一匹の羊を持っている人があるとして、もしそれが安息日に穴に落ちこんだなら、手をかけて引き上げてやらないだろうか。
12:12> 人は羊よりも、はるかにすぐれているではないか。だから、安息日に良いことをするのは、正しいことである」。
12:13> そしてイエスはその人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。そこで手を伸ばすと、ほかの手のように良くなった。
12:14> パリサイ人たちは出て行って、なんとかしてイエスを殺そうと相談した。
12:15> イエスはこれを知って、そこを去って行かれた。ところが多くの人々がついてきたので、彼らを皆いやし、
12:16> そして自分のことを人々にあらわさないようにと、彼らを戒められた。
12:17> これは預言者イザヤの言った言葉が、成就するためである、
12:18> 「見よ、わたしが選んだ僕、わたしの心にかなう、愛する者。わたしは彼にわたしの霊を授け、そして彼は正義を異邦人に宣べ伝えるであろう。
12:19> 彼は争わず、叫ばず、またその声を大路で聞く者はない。
12:20> 彼が正義に勝ちを得させる時まで、いためられた葦を折ることがなく、煙っている燈心を消すこともない。
12:21> 異邦人は彼の名に望みを置くであろう」。
12:22> そのとき、人々が悪霊につかれた盲人で口のきけない人を連れてきたので、イエスは彼をいやして、物を言い、また目が見えるようにされた。
12:23> すると群衆はみな驚いて言った、「この人が、あるいはダビデの子ではあるまいか」。
12:24> しかし、パリサイ人たちは、これを聞いて言った、「この人が悪霊を追い出しているのは、まったく悪霊のかしらベルゼブルによるのだ」。
12:25> イエスは彼らの思いを見抜いて言われた、「おおよそ、内部で分れ争う国は自滅し、内わで分れ争う町や家は立ち行かない。
12:26> もしサタンがサタンを追い出すならば、それは内わで分れ争うことになる。それでは、その国はどうして立ち行けよう。
12:27> もしわたしがベルゼブルによって悪霊を追い出すとすれば、あなたがたの仲間はだれによって追い出すのであろうか。だから、彼らがあなたがたをさばく者となるであろう。
12:28> しかし、わたしが神の霊によって悪霊を追い出しているのなら、神の国はすでにあなたがたのところにきたのである。
12:29> まただれでも、まず強い人を縛りあげなければ、どうして、その人の家に押し入って家財を奪い取ることができようか。縛ってから、はじめてその家を掠奪することができる。
12:30> わたしの味方でない者は、わたしに反対するものであり、わたしと共に集めない者は、散らすものである。
12:31> だから、あなたがたに言っておく。人には、その犯すすべての罪も神を汚す言葉も、ゆるされる。しかし、聖霊を汚す言葉は、ゆるされることはない。
12:32> また人の子に対して言い逆らう者は、ゆるされるであろう。しかし、聖霊に対して言い逆らう者は、この世でも、きたるべき世でも、ゆるされることはない。
12:33> 木が良ければ、その実も良いとし、木が悪ければ、その実も悪いとせよ。木はその実でわかるからである。
12:34> まむしの子らよ。あなたがたは悪い者であるのに、どうして良いことを語ることができようか。おおよそ、心からあふれることを、口が語るものである。
12:35> 善人はよい倉から良い物を取り出し、悪人は悪い倉から悪い物を取り出す。
12:36> あなたがたに言うが、審判の日には、人はその語る無益な言葉に対して、言い開きをしなければならないであろう。
12:37> あなたは、自分の言葉によって正しいとされ、また自分の言葉によって罪ありとされるからである」。
12:38> そのとき、律法学者、パリサイ人のうちのある人々がイエスにむかって言った、「先生、わたしたちはあなたから、しるしを見せていただきとうございます」。
12:39> すると、彼らに答えて言われた、「邪悪で不義な時代は、しるしを求める。しかし、預言者ヨナのしるしのほかには、なんのしるしも与えられないであろう。
12:40> すなわち、ヨナが三日三晩、大魚の腹の中にいたように、人の子も三日三晩、地の中にいるであろう。
12:41> ニネベの人々が、今の時代の人々と共にさばきの場に立って、彼らを罪に定めるであろう。なぜなら、ニネベの人々はヨナの宣教によって悔い改めたからである。しかし見よ、ヨナにまさる者がここにいる。
12:42> 南の女王が、今の時代の人々と共にさばきの場に立って、彼らを罪に定めるであろう。なぜなら、彼女はソロモンの知恵を聞くために地の果から、はるばるきたからである。しかし見よ、ソロモンにまさる者がここにいる。
12:43> 汚れた霊が人から出ると、休み場を求めて水の無い所を歩きまわるが、見つからない。
12:44> そこで、出てきた元の家に帰ろうと言って帰って見ると、その家はあいていて、そうじがしてある上、飾りつけがしてあった。
12:45> そこでまた出て行って、自分以上に悪い他の七つの霊を一緒に引き連れてきて中にはいり、そこに住み込む。そうすると、その人ののちの状態は初めよりももっと悪くなるのである。よこしまな今の時代も、このようになるであろう」。
12:46> イエスがまだ群衆に話しておられるとき、その母と兄弟たちとが、イエスに話そうと思って外に立っていた。
12:47> それで、ある人がイエスに言った、「ごらんなさい。あなたの母上と兄弟がたが、あなたに話そうと思って、外に立っておられます」。
12:48> イエスは知らせてくれた者に答えて言われた、「わたしの母とは、だれのことか。わたしの兄弟とは、だれのことか」。
12:49> そして、弟子たちの方に手をさし伸べて言われた、「ごらんなさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。
12:50> 天にいますわたしの父のみこころを行う者はだれでも、わたしの兄弟、また姉妹、また母なのである」。
 第十三章
13:01> その日、イエスは家を出て、海べにすわっておられた。
13:02> ところが、大ぜいの群衆がみもとに集まったので、イエスは舟に乗ってすわられ、群衆はみな岸に立っていた。
13:03> イエスは譬で多くの事を語り、こう言われた、「見よ、種まきが種をまきに出て行った。
13:04> まいているうちに、道ばたに落ちた種があった。すると、鳥がきて食べてしまった。
13:05> ほかの種は土の薄い石地に落ちた。そこは土が深くないので、すぐ芽を出したが、
13:06> 日が上ると焼けて、根がないために枯れてしまった。
13:07> ほかの種はいばらの地に落ちた。すると、いばらが伸びて、ふさいでしまった。
13:08> ほかの種は良い地に落ちて実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。
13:09> 耳のある者は聞くがよい」。
13:10> それから、弟子たちがイエスに近寄ってきて言った、「なぜ、彼らに譬でお話しになるのですか」。
13:11> そこでイエスは答えて言われた、「あなたがたには、天国の奥義を知ることが許されているが、彼らには許されていない。
13:12> おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう。
13:13> だから、彼らには譬で語るのである。それは彼らが、見ても見ず、聞いても聞かず、また悟らないからである。
13:14> こうしてイザヤの言った預言が、彼らの上に成就したのである。『あなたがたは聞くには聞くが、決して悟らない。見るには見るが、決して認めない。
13:15> この民の心は鈍くなり、その耳は聞えにくく、その目は閉じている。それは、彼らが目で見ず、耳で聞かず、心で悟らず、悔い改めていやされることがないためである』。
13:16> しかし、あなたがたの目は見ており、耳は聞いているから、さいわいである。
13:17> あなたがたによく言っておく。多くの預言者や義人は、あなたがたの見ていることを見ようと熱心に願ったが、見ることができず、またあなたがたの聞いていることを聞こうとしたが、聞けなかったのである。
13:18> そこで、種まきの譬を聞きなさい。
13:19> だれでも御国の言を聞いて悟らないならば、悪い者がきて、その人の心にまかれたものを奪いとって行く。道ばたにまかれたものというのは、そういう人のことである。
13:20> 石地にまかれたものというのは、御言を聞くと、すぐに喜んで受ける人のことである。
13:21> その中に根がないので、しばらく続くだけであって、御言のために困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしまう。
13:22> また、いばらの中にまかれたものとは、御言を聞くが、世の心づかいと富の惑わしとが御言をふさぐので、実を結ばなくなる人のことである。
13:23> また、良い地にまかれたものとは、御言を聞いて悟る人のことであって、そういう人が実を結び、百倍、あるいは六十倍、あるいは三十倍にもなるのである」。
13:24> また、ほかの譬を彼らに示して言われた、「天国は、良い種を自分の畑にまいておいた人のようなものである。
13:25> 人々が眠っている間に敵がきて、麦の中に毒麦をまいて立ち去った。
13:26> 芽がはえ出て実を結ぶと、同時に毒麦もあらわれてきた。
13:27> 僕たちがきて、家の主人に言った、『ご主人様、畑におまきになったのは、良い種ではありませんでしたか。どうして毒麦がはえてきたのですか』。
13:28> 主人は言った、『それは敵のしわざだ』。すると僕たちが言った『では行って、それを抜き集めましょうか』。
13:29> 彼は言った、『いや、毒麦を集めようとして、麦も一緒に抜くかも知れない。
13:30> 収穫まで、両方とも育つままにしておけ。収穫の時になったら、刈る者に、まず毒麦を集めて束にして焼き、麦の方は集めて倉に入れてくれ、と言いつけよう』」。
13:31> また、ほかの譬を彼らに示して言われた、「天国は、一粒のからし種のようなものである。ある人がそれをとって畑にまくと、
13:32> それはどんな種よりも小さいが、成長すると、野菜の中でいちばん大きくなり、空の鳥がきて、その枝に宿るほどの木になる」。
13:33> またほかの譬を彼らに語られた、「天国は、パン種のようなものである。女がそれを取って三斗の粉の中に混ぜると、全体がふくらんでくる」。
13:34> イエスはこれらのことをすべて、譬で群衆に語られた。譬によらないでは何事も彼らに語られなかった。
13:35> これは預言者によって言われたことが、成就するためである、「わたしは口を開いて譬を語り、世の初めから隠されていることを語り出そう」。
13:36> それからイエスは、群衆をあとに残して家にはいられた。すると弟子たちは、みもとにきて言った、「畑の毒麦の譬を説明してください」。
13:37> イエスは答えて言われた、「良い種をまく者は、人の子である。
13:38> 畑は世界である。良い種と言うのは御国の子たちで、毒麦は悪い者の子たちである。
13:39> それをまいた敵は悪魔である。収穫とは世の終りのことで、刈る者は御使たちである。
13:40> だから、毒麦が集められて火で焼かれるように、世の終りにもそのとおりになるであろう。
13:41> 人の子はその使たちをつかわし、つまずきとなるものと不法を行う者とを、ことごとく御国からとり集めて、
13:42> 炉の火に投げ入れさせるであろう。そこでは泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。
13:43> そのとき、義人たちは彼らの父の御国で、太陽のように輝きわたるであろう。耳のある者は聞くがよい。
13:44> 天国は、畑に隠してある宝のようなものである。人がそれを見つけると隠しておき、喜びのあまり、行って持ち物をみな売りはらい、そしてその畑を買うのである。
13:45> また天国は、良い真珠を捜している商人のようなものである。
13:46> 高価な真珠一個を見いだすと、行って持ち物をみな売りはらい、そしてこれを買うのである。
13:47> また天国は、海におろして、あらゆる種類の魚を囲みいれる網のようなものである。
13:48> それがいっぱいになると岸に引き上げ、そしてすわって、良いのを器に入れ、悪いのを外へ捨てるのである。
13:49> 世の終りにも、そのとおりになるであろう。すなわち、御使たちがきて、義人のうちから悪人をえり分け、
13:50> そして炉の火に投げこむであろう。そこでは泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。
13:51> あなたがたは、これらのことが皆わかったか」。彼らは「わかりました」と答えた。
13:52> そこで、イエスは彼らに言われた、「それだから、天国のことを学んだ学者は、新しいものと古いものとを、その倉から取り出す一家の主人のようなものである」。
13:53> イエスはこれらの譬を語り終えてから、そこを立ち去られた。
13:54> そして郷里に行き、会堂で人々を教えられたところ、彼らは驚いて言った、「この人は、この知恵とこれらの力あるわざとを、どこで習ってきたのか。
13:55> この人は大工の子ではないか。母はマリヤといい、兄弟たちは、ヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダではないか。
13:56> またその姉妹たちもみな、わたしたちと一緒にいるではないか。こんな数々のことを、いったい、どこで習ってきたのか」。
13:57> こうして人々はイエスにつまずいた。しかし、イエスは言われた、「預言者は、自分の郷里や自分の家以外では、どこででも敬われないことはない」。
13:58> そして彼らの不信仰のゆえに、そこでは力あるわざを、あまりなさらなかった。
 第十四章
14:01> そのころ、領主ヘロデはイエスのうわさを聞いて、
14:02> 家来に言った、「あれはバプテスマのヨハネだ。死人の中からよみがえったのだ。それで、あのような力が彼のうちに働いているのだ」。
14:03> というのは、ヘロデは先に、自分の兄弟ピリポの妻ヘロデヤのことで、ヨハネを捕えて縛り、獄に入れていた。
14:04> すなわち、ヨハネはヘロデに、「その女をめとるのは、よろしくない」と言ったからである。
14:05> そこでヘロデはヨハネを殺そうと思ったが、群衆を恐れた。彼らがヨハネを預言者と認めていたからである。
14:06> さてヘロデの誕生日の祝に、ヘロデヤの娘がその席上で舞をまい、ヘロデを喜ばせたので、
14:07> 彼女の願うものは、なんでも与えようと、彼は誓って約束までした。
14:08> すると彼女は母にそそのかされて、「バプテスマのヨハネの首を盆に載せて、ここに持ってきていただきとうございます」と言った。
14:09> 王は困ったが、いったん誓ったのと、また列座の人たちの手前、それを与えるように命じ、
14:10> 人をつかわして、獄中でヨハネの首を切らせた。
14:11> その首は盆に載せて運ばれ、少女にわたされ、少女はそれを母のところに持って行った。
14:12> それから、ヨハネの弟子たちがきて、死体を引き取って葬った。そして、イエスのところに行って報告した。
14:13> イエスはこのことを聞くと、舟に乗ってそこを去り、自分ひとりで寂しい所へ行かれた。しかし、群衆はそれと聞いて、町々から徒歩であとを追ってきた。
14:14> イエスは舟から上がって、大ぜいの群衆をごらんになり、彼らを深くあわれんで、そのうちの病人たちをおいやしになった。
14:15> 夕方になったので、弟子たちがイエスのもとにきて言った、「ここは寂しい所でもあり、もう時もおそくなりました。群衆を解散させ、めいめいで食物を買いに、村々へ行かせてください」。
14:16> するとイエスは言われた、「彼らが出かけて行くには及ばない。あなたがたの手で食物をやりなさい」。
14:17> 弟子たちは言った、「わたしたちはここに、パン五つと魚二ひきしか持っていません」。
14:18> イエスは言われた、「それをここに持ってきなさい」。
14:19> そして群衆に命じて、草の上にすわらせ、五つのパンと二ひきの魚とを手に取り、天を仰いでそれを祝福し、パンをさいて弟子たちに渡された。弟子たちはそれを群衆に与えた。
14:20> みんなの者は食べて満腹した。パンくずの残りを集めると、十二のかごにいっぱいになった。
14:21> 食べた者は、女と子供とを除いて、おおよそ五千人であった。
14:22> それからすぐ、イエスは群衆を解散させておられる間に、しいて弟子たちを舟に乗り込ませ、向こう岸へ先におやりになった。
14:23> そして群衆を解散させてから、祈るためひそかに山へ登られた。夕方になっても、ただひとりそこにおられた。
14:24> ところが舟は、もうすでに陸から数丁も離れており、逆風が吹いていたために、波に悩まされていた。
14:25> イエスは夜明けの四時ごろ、海の上を歩いて彼らの方へ行かれた。
14:26> 弟子たちは、イエスが海の上を歩いておられるのを見て、幽霊だと言っておじ惑い、恐怖のあまり叫び声をあげた。
14:27> しかし、イエスはすぐに彼らに声をかけて、「しっかりするのだ、わたしである。恐れることはない」と言われた。
14:28> するとペテロが答えて言った、「主よ、あなたでしたか。では、わたしに命じて、水の上を渡ってみもとに行かせてください」。
14:29> イエスは、「おいでなさい」と言われたので、ペテロは舟からおり、水の上を歩いてイエスのところへ行った。
14:30> しかし、風を見て恐ろしくなり、そしておぼれかけたので、彼は叫んで、「主よ、お助けください」と言った。
14:31> イエスはすぐに手を伸ばし、彼をつかまえて言われた、「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」。
14:32> ふたりが舟に乗り込むと、風はやんでしまった。
14:33> 舟の中にいた者たちはイエスを拝して、「ほんとうに、あなたは神の子です」と言った。
14:34> それから、彼らは海を渡ってゲネサレの地に着いた。
14:35> するとその土地の人々はイエスと知って、その附近全体に人をつかわし、イエスのところに病人をみな連れてこさせた。
14:36> そして彼らにイエスの上着のふさにでも、さわらせてやっていただきたいとお願いした。そしてさわった者は皆いやされた。
 第十五章
15:01> ときに、パリサイ人と律法学者たちとが、エルサレムからイエスのもとにきて言った、
15:02> 「あなたの弟子たちは、なぜ昔の人々の言伝えを破るのですか。彼らは食事の時に手を洗っていません」。
15:03> イエスは答えて言われた、「なぜ、あなたがたも自分たちの言伝えによって、神のいましめを破っているのか。
15:04> 神は言われた、『父と母とを敬え』、また『父または母をののしる者は、必ず死に定められる』と。
15:05> それだのに、あなたがたは『だれでも父または母にむかって、あなたにさしあげるはずのこのものは供え物です、と言えば、
15:06> 父または母を敬わなくてもよろしい』と言っている。こうしてあなたがたは自分たちの言伝えによって、神の言を無にしている。
15:07> 偽善者たちよ、イザヤがあなたがたについて、こういう適切な預言をしている、
15:08> 『この民は、口さきではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている。
15:09> 人間のいましめを教として教え、無意味にわたしを拝んでいる』」。
15:10> それからイエスは群衆を呼び寄せて言われた、「聞いて悟るがよい。
15:11> 口にはいるものは人を汚すことはない。かえって、口から出るものが人を汚すのである」。
15:12> そのとき、弟子たちが近寄ってきてイエスに言った、「パリサイ人たちが御言を聞いてつまずいたことを、ご存じですか」。
15:13> イエスは答えて言われた、「わたしの天の父がお植えにならなかったものは、みな抜き取られるであろう。
15:14> 彼らをそのままにしておけ。彼らは盲人を手引きする盲人である。もし盲人が盲人を手引きするなら、ふたりとも穴に落ち込むであろう」。
15:15> ペテロが答えて言った、「その譬を説明してください」。
15:16> イエスは言われた、「あなたがたも、まだわからないのか。
15:17> 口にはいってくるものは、みな腹の中にはいり、そして、外に出て行くことを知らないのか。
15:18> しかし、口から出て行くものは、心の中から出てくるのであって、それが人を汚すのである。
15:19> というのは、悪い思い、すなわち、殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、誹りは、心の中から出てくるのであって、
15:20> これらのものが人を汚すのである。しかし、洗わない手で食事することは、人を汚すのではない」。
15:21> さて、イエスはそこを出て、ツロとシドンとの地方へ行かれた。
15:22> すると、そこへ、その地方出のカナンの女が出てきて、「主よ、ダビデの子よ、わたしをあわれんでください。娘が悪霊にとりつかれて苦しんでいます」と言って叫びつづけた。
15:23> しかし、イエスはひと言もお答えにならなかった。そこで弟子たちがみもとにきて願って言った、「この女を追い払ってください。叫びながらついてきていますから」。
15:24> するとイエスは答えて言われた、「わたしは、イスラエルの家の失われた羊以外の者には、つかわされていない」。
15:25> しかし、女は近寄りイエスを拝して言った、「主よ、わたしをお助けください」。
15:26> イエスは答えて言われた、「子供たちのパンを取って小犬に投げてやるのは、よろしくない」。
15:27> すると女は言った、「主よ、お言葉どおりです。でも、小犬もその主人の食卓から落ちるパンくずは、いただきます」。
15:28> そこでイエスは答えて言われた、「女よ、あなたの信仰は見あげたものである。あなたの願いどおりになるように」。その時に、娘はいやされた。
15:29> イエスはそこを去って、ガリラヤの海べに行き、それから山に登ってそこにすわられた。
15:30> すると大ぜいの群衆が、足、手、目や口などが不自由な人々、そのほか多くの人々を連れてきて、イエスの足もとに置いたので、彼らをおいやしになった。
15:31> 群衆は、口のきけなかった人が物を言い、手や足が不自由だった人がいやされ、盲人が見えるようになったのを見て驚き、そしてイスラエルの神をほめたたえた。
15:32> イエスは弟子たちを呼び寄せて言われた、「この群衆がかわいそうである。もう三日間もわたしと一緒にいるのに、何も食べるものがない。しかし、彼らを空腹のままで帰らせたくはない。恐らく途中で弱り切ってしまうであろう」。
15:33> 弟子たちは言った、「荒野の中で、こんなに大ぜいの群衆にじゅうぶん食べさせるほどたくさんのパンを、どこで手に入れましょうか」。
15:34> イエスは弟子たちに「パンはいくつあるか」と尋ねられると、「七つあります。また小さい魚が少しあります」と答えた。
15:35> そこでイエスは群衆に、地にすわるようにと命じ、
15:36> 七つのパンと魚とを取り、感謝してこれをさき、弟子たちにわたされ、弟子たちはこれを群衆にわけた。
15:37> 一同の者は食べて満腹した。そして残ったパンくずを集めると、七つのかごにいっぱいになった。
15:38> 食べた者は、女と子供とを除いて四千人であった。
15:39> そこでイエスは群衆を解散させ、舟に乗ってマガダンの地方へ行かれた。
 第十六章
16:01> パリサイ人とサドカイ人とが近寄ってきて、イエスを試み、天からのしるしを見せてもらいたいと言った。
16:02> イエスは彼らに言われた、「あなたがたは夕方になると、『空がまっかだから、晴だ』と言い、
16:03> また明け方には『空が曇ってまっかだから、きょうは荒れだ』と言う。あなたがたは空の模様を見分けることを知りながら、時のしるしを見分けることができないのか。
16:04> 邪悪で不義な時代は、しるしを求める。しかし、ヨナのしるしのほかには、なんのしるしも与えられないであろう」。そして、イエスは彼らをあとに残して立ち去られた。
16:05> 弟子たちは向こう岸に行ったが、パンを持って来るのを忘れていた。
16:06> そこでイエスは言われた、「パリサイ人とサドカイ人とのパン種を、よくよく警戒せよ」。
16:07> 弟子たちは、これは自分たちがパンを持ってこなかったためであろうと言って、互に論じ合った。
16:08> イエスはそれと知って言われた、「信仰の薄い者たちよ、なぜパンがないからだと互に論じ合っているのか。
16:09> まだわからないのか。覚えていないのか。五つのパンを五千人に分けたとき、幾かご拾ったか。
16:10> また、七つのパンを四千人に分けたとき、幾かご拾ったか。
16:11> わたしが言ったのは、パンについてではないことを、どうして悟らないのか。ただ、パリサイ人とサドカイ人とのパン種を警戒しなさい」。
16:12> そのとき彼らは、イエスが警戒せよと言われたのは、パン種のことではなく、パリサイ人とサドカイ人との教のことであると悟った。
16:13> イエスがピリポ・カイザリヤの地方に行かれたとき、弟子たちに尋ねて言われた、「人々は人の子をだれと言っているか」。
16:14> 彼らは言った、「ある人々はバプテスマのヨハネだと言っています。しかし、ほかの人たちは、エリヤだと言い、また、エレミヤあるいは預言者のひとりだ、と言っている者もあります」。
16:15> そこでイエスは彼らに言われた、「それでは、あなたがたはわたしをだれと言うか」。
16:16> シモン・ペテロが答えて言った、「あなたこそ、生ける神の子キリストです」。
16:17> すると、イエスは彼にむかって言われた、「バルヨナ・シモン、あなたはさいわいである。あなたにこの事をあらわしたのは、血肉ではなく、天にいますわたしの父である。
16:18> そこで、わたしもあなたに言う。あなたはペテロである。そして、わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てよう。黄泉の力もそれに打ち勝つことはない。
16:19> わたしは、あなたに天国のかぎを授けよう。そして、あなたが地上でつなぐことは、天でもつながれ、あなたが地上で解くことは天でも解かれるであろう」。
16:20> そのとき、イエスは、自分がキリストであることをだれにも言ってはいけないと、弟子たちを戒められた。
16:21> この時から、イエス・キリストは、自分が必ずエルサレムに行き、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受け、殺され、そして三日目によみがえるべきことを、弟子たちに示しはじめられた。
16:22> すると、ペテロはイエスをわきへ引き寄せて、いさめはじめ、「主よ、とんでもないことです。そんなことがあるはずはございません」と言った。
16:23> イエスは振り向いて、ペテロに言われた、「サタンよ、引きさがれ。わたしの邪魔をする者だ。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている」。
16:24> それからイエスは弟子たちに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。
16:25> 自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを見いだすであろう。
16:26> たとい人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。また、人はどんな代価を払って、その命を買いもどすことができようか。
16:27> 人の子は父の栄光のうちに、御使たちを従えて来るが、その時には、実際のおこないに応じて、それぞれに報いるであろう。
16:28> よく聞いておくがよい、人の子が御国の力をもって来るのを見るまでは、死を味わわない者が、ここに立っている者の中にいる」。
 第十七章
17:01> 六日ののち、イエスはペテロ、ヤコブ、ヤコブの兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。
17:02> ところが、彼らの目の前でイエスの姿が変り、その顔は日のように輝き、その衣は光のように白くなった。
17:03> すると、見よ、モーセとエリヤが彼らに現れて、イエスと語り合っていた。
17:04> ペテロはイエスにむかって言った、「主よ、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。もし、おさしつかえなければ、わたしはここに小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのために、一つはモーセのために、一つはエリヤのために」。
17:05> 彼がまだ話し終えないうちに、たちまち、輝く雲が彼らをおおい、そして雲の中から声がした、「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である。これに聞け」。
17:06> 弟子たちはこれを聞いて非常に恐れ、顔を地に伏せた。
17:07> イエスは近づいてきて、手を彼らにおいて言われた、「起きなさい、恐れることはない」。
17:08> 彼らが目をあげると、イエスのほかには、だれも見えなかった。
17:09> 一同が山を下って来るとき、イエスは「人の子が死人の中からよみがえるまでは、いま見たことをだれにも話してはならない」と、彼らに命じられた。
17:10> 弟子たちはイエスにお尋ねして言った、「いったい、律法学者たちは、なぜ、エリヤが先に来るはずだと言っているのですか」。
17:11> 答えて言われた、「確かに、エリヤがきて、万事を元どおりに改めるであろう。
17:12> しかし、あなたがたに言っておく。エリヤはすでにきたのだ。しかし人々は彼を認めず、自分かってに彼をあしらった。人の子もまた、そのように彼らから苦しみを受けることになろう」。
17:13> そのとき、弟子たちは、イエスがバプテスマのヨハネのことを言われたのだと悟った。
17:14> さて彼らが群衆のところに帰ると、ひとりの人がイエスに近寄ってきて、ひざまずいて、言った、
17:15> 「主よ、わたしの子をあわれんでください。てんかんで苦しんでおります。何度も何度も火の中や水の中に倒れるのです。
17:16> それで、その子をお弟子たちのところに連れてきましたが、なおしていただけませんでした」。
17:17> イエスは答えて言われた、「ああ、なんという不信仰な、曲った時代であろう。いつまで、わたしはあなたがたと一緒におられようか。いつまであなたがたに我慢ができようか。その子をここに、わたしのところに連れてきなさい」。
17:18> イエスがおしかりになると、悪霊はその子から出て行った。そして子はその時いやされた。
17:19> それから、弟子たちがひそかにイエスのもとにきて言った、「わたしたちは、どうして霊を追い出せなかったのですか」。
17:20> するとイエスは言われた、「あなたがたの信仰が足りないからである。よく言い聞かせておくが、もし、からし種一粒ほどの信仰があるなら、この山にむかって『ここからあそこに移れ』と言えば、移るであろう。このように、あなたがたにできない事は、何もないであろう。
17:21> 〔しかし、このたぐいは、祈と断食とによらなければ、追い出すことはできない〕」。
17:22> 彼らがガリラヤで集まっていた時、イエスは言われた、「人の子は人々の手にわたされ、
17:23> 彼らに殺され、そして三日目によみがえるであろう」。弟子たちは非常に心をいためた。
17:24> 彼らがカペナウムにきたとき、宮の納入金を集める人たちがペテロのところにきて言った、「あなたがたの先生は宮の納入金を納めないのか」。
17:25> ペテロは「納めておられます」と言った。そして彼が家にはいると、イエスから先に話しかけて言われた、「シモン、あなたはどう思うか。この世の王たちは税や貢をだれから取るのか。自分の子からか、それとも、ほかの人たちからか」。
17:26> ペテロが「ほかの人たちからです」と答えると、イエスは言われた、「それでは、子は納めなくてもよいわけである。
17:27> しかし、彼らをつまずかせないために、海に行って、つり針をたれなさい。そして最初につれた魚をとって、その口をあけると、銀貨一枚が見つかるであろう。それをとり出して、わたしとあなたのために納めなさい」。
 第十八章
18:01> そのとき、弟子たちがイエスのもとにきて言った、「いったい、天国ではだれがいちばん偉いのですか」。
18:02> すると、イエスは幼な子を呼び寄せ、彼らのまん中に立たせて言われた、
18:03> 「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようにならなければ、天国にはいることはできないであろう。
18:04> この幼な子のように自分を低くする者が、天国でいちばん偉いのである。
18:05> また、だれでも、このようなひとりの幼な子を、わたしの名のゆえに受けいれる者は、わたしを受けいれるのである。
18:06> しかし、わたしを信ずるこれらの小さい者のひとりをつまずかせる者は、大きなひきうすを首にかけられて海の深みに沈められる方が、その人の益になる。
18:07> この世は、罪の誘惑があるから、わざわいである。罪の誘惑は必ず来る。しかし、それをきたらせる人は、わざわいである。
18:08> もしあなたの片手または片足が、罪を犯させるなら、それを切って捨てなさい。両手、両足がそろったままで、永遠の火に投げ込まれるよりは、片手、片足になって命に入る方がよい。
18:09> もしあなたの片目が罪を犯させるなら、それを抜き出して捨てなさい。両眼がそろったままで地獄の火に投げ入れられるよりは、片目になって命に入る方がよい。
18:10> あなたがたは、これらの小さい者のひとりをも軽んじないように、気をつけなさい。あなたがたに言うが、彼らの御使たちは天にあって、天にいますわたしの父のみ顔をいつも仰いでいるのである。
18:11> 〔人の子は、滅びる者を救うためにきたのである。〕
18:12> あなたがたはどう思うか。ある人に百匹の羊があり、その中の一匹が迷い出たとすれば、九十九匹を山に残しておいて、その迷い出ている羊を捜しに出かけないであろうか。
18:13> もしそれを見つけたなら、よく聞きなさい、迷わないでいる九十九匹のためよりも、むしろその一匹のために喜ぶであろう。
18:14> そのように、これらの小さい者のひとりが滅びることは、天にいますあなたがたの父のみこころではない。
18:15> もしあなたの兄弟が罪を犯すなら、行って、彼とふたりだけの所で忠告しなさい。もし聞いてくれたら、あなたの兄弟を得たことになる。
18:16> もし聞いてくれないなら、ほかにひとりふたりを、一緒に連れて行きなさい。それは、ふたりまたは三人の証人の口によって、すべてのことがらが確かめられるためである。
18:17> もし彼らの言うことを聞かないなら、教会に申し出なさい。もし教会の言うことも聞かないなら、その人を異邦人または取税人同様に扱いなさい。
18:18> よく言っておく。あなたがたが地上でつなぐことは、天でも皆つながれ、あなたがたが地上で解くことは、天でもみな解かれるであろう。
18:19> また、よく言っておく。もしあなたがたのうちのふたりが、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、天にいますわたしの父はそれをかなえて下さるであろう。
18:20> ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである」。
18:21> そのとき、ペテロがイエスのもとにきて言った、「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯した場合、幾たびゆるさねばなりませんか。七たびまでですか」。
18:22> イエスは彼に言われた、「わたしは七たびまでとは言わない。七たびを七十倍するまでにしなさい。
18:23> それだから、天国は王が僕たちと決算をするようなものだ。
18:24> 決算が始まると、一万タラントの負債のある者が、王のところに連れられてきた。
18:25> しかし、返せなかったので、主人は、その人自身とその妻子と持ち物全部とを売って返すように命じた。
18:26> そこで、この僕はひれ伏して哀願した、『どうぞお待ちください。全部お返しいたしますから』。
18:27> 僕の主人はあわれに思って、彼をゆるし、その負債を免じてやった。
18:28> その僕が出て行くと、百デナリを貸しているひとりの仲間に出会い、彼をつかまえ、首をしめて『借金を返せ』と言った。
18:29> そこでこの仲間はひれ伏し、『どうか待ってくれ。返すから』と言って頼んだ。
18:30> しかし承知せずに、その人をひっぱって行って、借金を返すまで獄に入れた。
18:31> その人の仲間たちは、この様子を見て、非常に心をいため、行ってそのことをのこらず主人に話した。
18:32> そこでこの主人は彼を呼びつけて言った、『悪い僕、わたしに願ったからこそ、あの負債を全部ゆるしてやったのだ。
18:33> わたしがあわれんでやったように、あの仲間をあわれんでやるべきではなかったか』。
18:34> そして主人は立腹して、負債全部を返してしまうまで、彼を獄吏に引きわたした。
18:35> あなたがためいめいも、もし心から兄弟をゆるさないならば、わたしの天の父もまたあなたがたに対して、そのようになさるであろう」。
 第十九章
19:01> イエスはこれらのことを語り終えられてから、ガリラヤを去ってヨルダンの向こうのユダヤの地方へ行かれた。
19:02> すると大ぜいの群衆がついてきたので、彼らをそこでおいやしになった。
19:03> さてパリサイ人たちが近づいてきて、イエスを試みようとして言った、「何かの理由で、夫がその妻を出すのは、さしつかえないでしょうか」。
19:04> イエスは答えて言われた、「あなたがたはまだ読んだことがないのか。『創造者は初めから人を男と女とに造られ、
19:05> そして言われた、それゆえに、人は父母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりの者は一体となるべきである』。
19:06> 彼らはもはや、ふたりではなく一体である。だから、神が合わせられたものを、人は離してはならない」。
19:07> 彼らはイエスに言った、「それでは、なぜモーセは、妻を出す場合には離縁状を渡せ、と定めたのですか」。
19:08> イエスが言われた、「モーセはあなたがたの心が、かたくななので、妻を出すことを許したのだが、初めからそうではなかった。
19:09> そこでわたしはあなたがたに言う。不品行のゆえでなくて、自分の妻を出して他の女をめとる者は、姦淫を行うのである」。
19:10> 弟子たちは言った、「もし妻に対する夫の立場がそうだとすれば、結婚しない方がましです」。
19:11> するとイエスは彼らに言われた、「その言葉を受けいれることができるのはすべての人ではなく、ただそれを授けられている人々だけである。
19:12> というのは、母の胎内から独身者に生れついているものがあり、また他から独身者にされたものもあり、また天国のために、みずから進んで独身者となったものもある。この言葉を受けられる者は、受けいれるがよい」。
19:13> そのとき、イエスに手をおいて祈っていただくために、人々が幼な子らをみもとに連れてきた。ところが、弟子たちは彼らをたしなめた。
19:14> するとイエスは言われた、「幼な子らをそのままにしておきなさい。わたしのところに来るのをとめてはならない。天国はこのような者の国である」。
19:15> そして手を彼らの上においてから、そこを去って行かれた。
19:16> すると、ひとりの人がイエスに近寄ってきて言った、「先生、永遠の生命を得るためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」。
19:17> イエスは言われた、「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとりだけである。もし命に入りたいと思うなら、いましめを守りなさい」。
19:18> 彼は言った、「どのいましめですか」。イエスは言われた、「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。
19:19> 父と母とを敬え』。また『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』」。
19:20> この青年はイエスに言った、「それはみな守ってきました。ほかに何が足りないのでしょう」。
19:21> イエスは彼に言われた、「もしあなたが完全になりたいと思うなら、帰ってあなたの持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい」。
19:22> この言葉を聞いて、青年は悲しみながら立ち去った。たくさんの資産を持っていたからである。
19:23> それからイエスは弟子たちに言われた、「よく聞きなさい。富んでいる者が天国にはいるのは、むずかしいものである。
19:24> また、あなたがたに言うが、富んでいる者が神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通る方が、もっとやさしい」。
19:25> 弟子たちはこれを聞いて非常に驚いて言った、「では、だれが救われることができるのだろう」。
19:26> イエスは彼らを見つめて言われた、「人にはそれはできないが、神にはなんでもできない事はない」。
19:27> そのとき、ペテロがイエスに答えて言った、「ごらんなさい、わたしたちはいっさいを捨てて、あなたに従いました。ついては、何がいただけるでしょうか」。
19:28> イエスは彼らに言われた、「よく聞いておくがよい。世が改まって、人の子がその栄光の座につく時には、わたしに従ってきたあなたがたもまた、十二の位に座してイスラエルの十二の部族をさばくであろう。
19:29> おおよそ、わたしの名のために、家、兄弟、姉妹、父、母、子、もしくは畑を捨てた者は、その幾倍もを受け、また永遠の生命を受けつぐであろう。
19:30> しかし、多くの先の者はあとになり、あとの者は先になるであろう。
 第二十章
20:01> 天国は、ある家の主人が、自分のぶどう園に労働者を雇うために、夜が明けると同時に、出かけて行くようなものである。
20:02> 彼は労働者たちと、一日一デナリの約束をして、彼らをぶどう園に送った。
20:03> それから九時ごろに出て行って、他の人々が市場で何もせずに立っているのを見た。
20:04> そして、その人たちに言った、『あなたがたも、ぶどう園に行きなさい。相当な賃銀を払うから』。
20:05> そこで、彼らは出かけて行った。主人はまた、十二時ごろと三時ごろとに出て行って、同じようにした。
20:06> 五時ごろまた出て行くと、まだ立っている人々を見たので、彼らに言った、『なぜ、何もしないで、一日中ここに立っていたのか』。
20:07> 彼らが『だれもわたしたちを雇ってくれませんから』と答えたので、その人々に言った、『あなたがたも、ぶどう園に行きなさい』。
20:08> さて、夕方になって、ぶどう園の主人は管理人に言った、『労働者たちを呼びなさい。そして、最後にきた人々からはじめて順々に最初にきた人々にわたるように、賃銀を払ってやりなさい』。
20:09> そこで、五時ごろに雇われた人々がきて、それぞれ一デナリずつもらった。
20:10> ところが、最初の人々がきて、もっと多くもらえるだろうと思っていたのに、彼らも一デナリずつもらっただけであった。
20:11> もらったとき、家の主人にむかって不平をもらして
20:12> 言った、『この最後の者たちは一時間しか働かなかったのに、あなたは一日じゅう、労苦と暑さを辛抱したわたしたちと同じ扱いをなさいました』。
20:13> そこで彼はそのひとりに答えて言った、『友よ、わたしはあなたに対して不正をしてはいない。あなたはわたしと一デナリの約束をしたではないか。
20:14> 自分の賃銀をもらって行きなさい。わたしは、この最後の者にもあなたと同様に払ってやりたいのだ。
20:15> 自分の物を自分がしたいようにするのは、当りまえではないか。それともわたしが気前よくしているので、ねたましく思うのか』。
20:16> このように、あとの者は先になり、先の者はあとになるであろう」。
20:17> さて、イエスはエルサレムへ上るとき、十二弟子をひそかに呼びよせ、その途中で彼らに言われた、
20:18> 「見よ、わたしたちはエルサレムへ上って行くが、人の子は祭司長、律法学者たちの手に渡されるであろう。彼らは彼に死刑を宣告し、
20:19> そして彼をあざけり、むち打ち、十字架につけさせるために、異邦人に引きわたすであろう。そして彼は三日目によみがえるであろう」。
20:20> そのとき、ゼベダイの子らの母が、その子らと一緒にイエスのもとにきてひざまずき、何事かをお願いした。
20:21> そこでイエスは彼女に言われた、「何をしてほしいのか」。彼女は言った、「わたしのこのふたりのむすこが、あなたの御国で、ひとりはあなたの右に、ひとりは左にすわれるように、お言葉をください」。
20:22> イエスは答えて言われた、「あなたがたは、自分が何を求めているのか、わかっていない。わたしの飲もうとしている杯を飲むことができるか」。彼らは「できます」と答えた。
20:23> イエスは彼らに言われた、「確かに、あなたがたはわたしの杯を飲むことになろう。しかし、わたしの右、左にすわらせることは、わたしのすることではなく、わたしの父によって備えられている人々だけに許されることである」。
20:24> 十人の者はこれを聞いて、このふたりの兄弟たちのことで憤慨した。
20:25> そこで、イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者たちはその民を治め、また偉い人たちは、その民の上に権力をふるっている。
20:26> あなたがたの間ではそうであってはならない。かえって、あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、仕える人となり、
20:27> あなたがたの間でかしらになりたいと思う者は、僕とならねばならない。
20:28> それは、人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためであるのと、ちょうど同じである」。
20:29> それから、彼らがエリコを出て行ったとき、大ぜいの群衆がイエスに従ってきた。
20:30> すると、ふたりの盲人が道ばたにすわっていたが、イエスがとおって行かれると聞いて、叫んで言った、「主よ、ダビデの子よ、わたしたちをあわれんで下さい」。
20:31> 群衆は彼らをしかって黙らせようとしたが、彼らはますます叫びつづけて言った、「主よ、ダビデの子よ、わたしたちをあわれんで下さい」。
20:32> イエスは立ちどまり、彼らを呼んで言われた、「わたしに何をしてほしいのか」。
20:33> 彼らは言った、「主よ、目をあけていただくことです」。
20:34> イエスは深くあわれんで、彼らの目にさわられた。すると彼らは、たちまち見えるようになり、イエスに従って行った。
 第二十一章
21:01> さて、彼らがエルサレムに近づき、オリブ山沿いのベテパゲに着いたとき、イエスはふたりの弟子をつかわして言われた、
21:02> 「向こうの村へ行きなさい。するとすぐ、ろばがつながれていて、子ろばがそばにいるのを見るであろう。それを解いてわたしのところに引いてきなさい。
21:03> もしだれかが、あなたがたに何か言ったなら、主がお入り用なのです、と言いなさい。そう言えば、すぐ渡してくれるであろう」。
21:04> こうしたのは、預言者によって言われたことが、成就するためである。
21:05> すなわち、「シオンの娘に告げよ、見よ、あなたの王がおいでになる、柔和なおかたで、ろばに乗って、くびきを負うろばの子に乗って」。
21:06> 弟子たちは出て行って、イエスがお命じになったとおりにし、
21:07> ろばと子ろばとを引いてきた。そしてその上に自分たちの上着をかけると、イエスはそれにお乗りになった。
21:08> 群衆のうち多くの者は自分たちの上着を道に敷き、また、ほかの者たちは木の枝を切ってきて道に敷いた。
21:09> そして群衆は、前に行く者も、あとに従う者も、共に叫びつづけた、「ダビデの子に、ホサナ。主の御名によってきたる者に、祝福あれ。いと高き所に、ホサナ」。
21:10> イエスがエルサレムにはいって行かれたとき、町中がこぞって騒ぎ立ち、「これは、いったい、どなただろう」と言った。
21:11> そこで群衆は、「この人はガリラヤのナザレから出た預言者イエスである」と言った。
21:12> それから、イエスは宮にはいられた。そして、宮の庭で売り買いしていた人々をみな追い出し、また両替人の台や、はとを売る者の腰掛をくつがえされた。
21:13> そして彼らに言われた、「『わたしの家は、祈の家ととなえらるべきである』と書いてある。それだのに、あなたがたはそれを強盗の巣にしている」。
21:14> そのとき宮の庭で、盲人や足なえがみもとにきたので、彼らをおいやしになった。
21:15> しかし、祭司長、律法学者たちは、イエスがなされた不思議なわざを見、また宮の庭で「ダビデの子に、ホサナ」と叫んでいる子供たちを見て立腹し、
21:16> イエスに言った、「あの子たちが何を言っているのか、お聞きですか」。イエスは彼らに言われた、「そうだ、聞いている。あなたがたは『幼な子、乳のみ子たちの口にさんびを備えられた』とあるのを読んだことがないのか」。
21:17> それから、イエスは彼らをあとに残し、都を出てベタニヤに行き、そこで夜を過ごされた。
21:18> 朝はやく都に帰るとき、イエスは空腹をおぼえられた。
21:19> そして、道のかたわらに一本のいちじくの木があるのを見て、そこに行かれたが、ただ葉のほかは何も見当らなかった。そこでその木にむかって、「今から後いつまでも、おまえには実がならないように」と言われた。すると、いちじくの木はたちまち枯れた。
21:20> 弟子たちはこれを見て、驚いて言った、「いちじくがどうして、こうすぐに枯れたのでしょう」。
21:21> イエスは答えて言われた、「よく聞いておくがよい。もしあなたがたが信じて疑わないならば、このいちじくにあったようなことが、できるばかりでなく、この山にむかって、動き出して海の中にはいれと言っても、そのとおりになるであろう。
21:22> また、祈のとき、信じて求めるものは、みな与えられるであろう」。
21:23> イエスが宮にはいられたとき、祭司長たちや民の長老たちが、その教えておられる所にきて言った、「何の権威によって、これらの事をするのですか。だれが、そうする権威を授けたのですか」。
21:24> そこでイエスは彼らに言われた、「わたしも一つだけ尋ねよう。あなたがたがそれに答えてくれたなら、わたしも、何の権威によってこれらの事をするのか、あなたがたに言おう。
21:25> ヨハネのバプテスマはどこからきたのであったか。天からであったか、人からであったか」。すると、彼らは互に論じて言った、「もし天からだと言えば、では、なぜ彼を信じなかったのか、とイエスは言うだろう。
21:26> しかし、もし人からだと言えば、群衆が恐ろしい。人々がみなヨハネを預言者と思っているのだから」。
21:27> そこで彼らは、「わたしたちにはわかりません」と答えた。すると、イエスが言われた、「わたしも何の権威によってこれらの事をするのか、あなたがたに言うまい。
21:28> あなたがたはどう思うか。ある人にふたりの子があったが、兄のところに行って言った、『子よ、きょう、ぶどう園へ行って働いてくれ』。
21:29> すると彼は『おとうさん、参ります』と答えたが、行かなかった。
21:30> また弟のところにきて同じように言った。彼は『いやです』と答えたが、あとから心を変えて、出かけた。
21:31> このふたりのうち、どちらが父の望みどおりにしたのか」。彼らは言った、「あとの者です」。イエスは言われた、「よく聞きなさい。取税人や遊女は、あなたがたより先に神の国にはいる。
21:32> というのは、ヨハネがあなたがたのところにきて、義の道を説いたのに、あなたがたは彼を信じなかった。ところが、取税人や遊女は彼を信じた。あなたがたはそれを見たのに、あとになっても、心をいれ変えて彼を信じようとしなかった。
21:33> もう一つの譬を聞きなさい。ある所に、ひとりの家の主人がいたが、ぶどう園を造り、かきをめぐらし、その中に酒ぶねの穴を掘り、やぐらを立て、それを農夫たちに貸して、旅に出かけた。
21:34> 収穫の季節がきたので、その分け前を受け取ろうとして、僕たちを農夫のところへ送った。
21:35> すると、農夫たちは、その僕たちをつかまえて、ひとりを袋だたきにし、ひとりを殺し、もうひとりを石で打ち殺した。
21:36> また別に、前よりも多くの僕たちを送ったが、彼らをも同じようにあしらった。
21:37> しかし、最後に、わたしの子は敬ってくれるだろうと思って、主人はその子を彼らの所につかわした。
21:38> すると農夫たちは、その子を見て互に言った、『あれはあと取りだ。さあ、これを殺して、その財産を手に入れよう』。
21:39> そして彼をつかまえて、ぶどう園の外に引き出して殺した。
21:40> このぶどう園の主人が帰ってきたら、この農夫たちをどうするだろうか」。
21:41> 彼らはイエスに言った、「悪人どもを、皆殺しにして、季節ごとに収穫を納めるほかの農夫たちに、そのぶどう園を貸し与えるでしょう」。
21:42> イエスは彼らに言われた、「あなたがたは、聖書でまだ読んだことがないのか、『家造りらの捨てた石が/隅のかしら石になった。これは主がなされたことで、わたしたちの目には不思議に見える』。
21:43> それだから、あなたがたに言うが、神の国はあなたがたから取り上げられて、御国にふさわしい実を結ぶような異邦人に与えられるであろう。
21:44> またその石の上に落ちる者は打ち砕かれ、それがだれかの上に落ちかかるなら、その人はこなみじんにされるであろう」。
21:45> 祭司長たちやパリサイ人たちがこの譬を聞いたとき、自分たちのことをさして言っておられることを悟ったので、
21:46> イエスを捕えようとしたが、群衆を恐れた。群衆はイエスを預言者だと思っていたからである。
 第二十二章
22:01> イエスはまた、譬で彼らに語って言われた、
22:02> 「天国は、ひとりの王がその王子のために、婚宴を催すようなものである。
22:03> 王はその僕たちをつかわして、この婚宴に招かれていた人たちを呼ばせたが、その人たちはこようとはしなかった。
22:04> そこでまた、ほかの僕たちをつかわして言った、『招かれた人たちに言いなさい。食事の用意ができました。牛も肥えた獣もほふられて、すべての用意ができました。さあ、婚宴においでください』。
22:05> しかし、彼らは知らぬ顔をして、ひとりは自分の畑に、ひとりは自分の商売に出て行き、
22:06> またほかの人々は、この僕たちをつかまえて侮辱を加えた上、殺してしまった。
22:07> そこで王は立腹し、軍隊を送ってそれらの人殺しどもを滅ぼし、その町を焼き払った。
22:08> それから僕たちに言った、『婚宴の用意はできているが、招かれていたのは、ふさわしくない人々であった。
22:09> だから、町の大通りに出て行って、出会った人はだれでも婚宴に連れてきなさい』。
22:10> そこで、僕たちは道に出て行って、出会う人は、悪人でも善人でもみな集めてきたので、婚宴の席は客でいっぱいになった。
22:11> 王は客を迎えようとしてはいってきたが、そこに礼服をつけていないひとりの人を見て、
22:12> 彼に言った、『友よ、どうしてあなたは礼服をつけないで、ここにはいってきたのですか』。しかし、彼は黙っていた。
22:13> そこで、王はそばの者たちに言った、『この者の手足をしばって、外の暗やみにほうり出せ。そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう』。
22:14> 招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない」。
22:15> そのときパリサイ人たちがきて、どうかしてイエスを言葉のわなにかけようと、相談をした。
22:16> そして、彼らの弟子を、ヘロデ党の者たちと共に、イエスのもとにつかわして言わせた、「先生、わたしたちはあなたが真実なかたであって、真理に基いて神の道を教え、また、人に分け隔てをしないで、だれをもはばかられないことを知っています。
22:17> それで、あなたはどう思われますか、答えてください。カイザルに税金を納めてよいでしょうか、いけないでしょうか」。
22:18> イエスは彼らの悪意を知って言われた、「偽善者たちよ、なぜわたしをためそうとするのか。
22:19> 税に納める貨幣を見せなさい」。彼らはデナリ一つを持ってきた。
22:20> そこでイエスは言われた、「これは、だれの肖像、だれの記号か」。
22:21> 彼らは「カイザルのです」と答えた。するとイエスは言われた、「それでは、カイザルのものはカイザルに、神のものは神に返しなさい」。
22:22> 彼らはこれを聞いて驚嘆し、イエスを残して立ち去った。
22:23> 復活ということはないと主張していたサドカイ人たちが、その日、イエスのもとにきて質問した、
22:24> 「先生、モーセはこう言っています、『もし、ある人が子がなくて死んだなら、その弟は兄の妻をめとって、兄のために子をもうけねばならない』。
22:25> さて、わたしたちのところに七人の兄弟がありました。長男は妻をめとったが死んでしまい、そして子がなかったので、その妻を弟に残しました。
22:26> 次男も三男も、ついに七人とも同じことになりました。
22:27> 最後に、その女も死にました。
22:28> すると復活の時には、この女は、七人のうちだれの妻なのでしょうか。みんながこの女を妻にしたのですが」。
22:29> イエスは答えて言われた、「あなたがたは聖書も神の力も知らないから、思い違いをしている。
22:30> 復活の時には、彼らはめとったり、とついだりすることはない。彼らは天にいる御使のようなものである。
22:31> また、死人の復活については、神があなたがたに言われた言葉を読んだことがないのか。
22:32> 『わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である』と書いてある。神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である」。
22:33> 群衆はこれを聞いて、イエスの教に驚いた。
22:34> さて、パリサイ人たちは、イエスがサドカイ人たちを言いこめられたと聞いて、一緒に集まった。
22:35> そして彼らの中のひとりの律法学者が、イエスをためそうとして質問した、
22:36> 「先生、律法の中で、どのいましめがいちばん大切なのですか」。
22:37> イエスは言われた、「『心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。
22:38> これがいちばん大切な、第一のいましめである。
22:39> 第二もこれと同様である、『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』。
22:40> これらの二つのいましめに、律法全体と預言者とが、かかっている」。
22:41> パリサイ人たちが集まっていたとき、イエスは彼らにお尋ねになった、
22:42> 「あなたがたはキリストをどう思うか。だれの子なのか」。彼らは「ダビデの子です」と答えた。
22:43> イエスは言われた、「それではどうして、ダビデが御霊に感じてキリストを主と呼んでいるのか。
22:44> すなわち『主はわが主に仰せになった、あなたの敵をあなたの足もとに置くときまでは、わたしの右に座していなさい』。
22:45> このように、ダビデ自身がキリストを主と呼んでいるなら、キリストはどうしてダビデの子であろうか」。
22:46> イエスにひと言でも答えうる者は、なかったし、その日からもはや、進んでイエスに質問する者も、いなくなった。
 第二十三章
23:01> そのときイエスは、群衆と弟子たちとに語って言われた、
23:02> 「律法学者とパリサイ人とは、モーセの座にすわっている。
23:03> だから、彼らがあなたがたに言うことは、みな守って実行しなさい。しかし、彼らのすることには、ならうな。彼らは言うだけで、実行しないから。
23:04> また、重い荷物をくくって人々の肩にのせるが、それを動かすために、自分では指一本も貸そうとはしない。
23:05> そのすることは、すべて人に見せるためである。すなわち、彼らは経札を幅広くつくり、その衣のふさを大きくし、
23:06> また、宴会の上座、会堂の上席を好み、
23:07> 広場であいさつされることや、人々から先生と呼ばれることを好んでいる。
23:08> しかし、あなたがたは先生と呼ばれてはならない。あなたがたの先生は、ただひとりであって、あなたがたはみな兄弟なのだから。
23:09> また、地上のだれをも、父と呼んではならない。あなたがたの父はただひとり、すなわち、天にいます父である。
23:10> また、あなたがたは教師と呼ばれてはならない。あなたがたの教師はただひとり、すなわち、キリストである。
23:11> そこで、あなたがたのうちでいちばん偉い者は、仕える人でなければならない。
23:12> だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるであろう。
23:13> 偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは、天国を閉ざして人々をはいらせない。自分もはいらないし、はいろうとする人をはいらせもしない。
23:14> 〔偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは、やもめたちの家を食い倒し、見えのために長い祈をする。だから、もっときびしいさばきを受けるに違いない。〕
23:15> 偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたはひとりの改宗者をつくるために、海と陸とを巡り歩く。そして、つくったなら、彼を自分より倍もひどい地獄の子にする。
23:16> 盲目な案内者たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは言う、『神殿をさして誓うなら、そのままでよいが、神殿の黄金をさして誓うなら、果す責任がある』と。
23:17> 愚かな盲目な人たちよ。黄金と、黄金を神聖にする神殿と、どちらが大事なのか。
23:18> また、あなたがたは言う、『祭壇をさして誓うなら、そのままでよいが、その上の供え物をさして誓うなら、果す責任がある』と。
23:19> 盲目な人たちよ。供え物と供え物を神聖にする祭壇とどちらが大事なのか。
23:20> 祭壇をさして誓う者は、祭壇と、その上にあるすべての物とをさして誓うのである。
23:21> 神殿をさして誓う者は、神殿とその中に住んでおられるかたとをさして誓うのである。
23:22> また、天をさして誓う者は、神の御座とその上にすわっておられるかたとをさして誓うのである。
23:23> 偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。はっか、いのんど、クミンなどの薬味の十分の一を宮に納めておりながら、律法の中でもっと重要な、公平とあわれみと忠実とを見のがしている。それもしなければならないが、これも見のがしてはならない。
23:24> 盲目な案内者たちよ。あなたがたは、ぶよはこしているが、らくだはのみこんでいる。
23:25> 偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。杯と皿との外側はきよめるが、内側は貪欲と放縦とで満ちている。
23:26> 盲目なパリサイ人よ。まず、杯の内側をきよめるがよい。そうすれば、外側も清くなるであろう。
23:27> 偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは白く塗った墓に似ている。外側は美しく見えるが、内側は死人の骨や、あらゆる不潔なものでいっぱいである。
23:28> このようにあなたがたも、外側は人に正しく見えるが、内側は偽善と不法とでいっぱいである。
23:29> 偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは預言者の墓を建て、義人の碑を飾り立てて、こう言っている、
23:30> 『もしわたしたちが先祖の時代に生きていたなら、預言者の血を流すことに加わってはいなかっただろう』と。
23:31> このようにして、あなたがたは預言者を殺した者の子孫であることを、自分で証明している。
23:32> あなたがたもまた先祖たちがした悪の枡目を満たすがよい。
23:33> へびよ、まむしの子らよ、どうして地獄の刑罰をのがれることができようか。
23:34> それだから、わたしは、預言者、知者、律法学者たちをあなたがたにつかわすが、そのうちのある者を殺し、また十字架につけ、そのある者を会堂でむち打ち、また町から町へと迫害して行くであろう。
23:35> こうして義人アベルの血から、聖所と祭壇との間であなたがたが殺したバラキヤの子ザカリヤの血に至るまで、地上に流された義人の血の報いが、ことごとくあなたがたに及ぶであろう。
23:36> よく言っておく。これらのことの報いは、みな今の時代に及ぶであろう。
23:37> ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえにつかわされた人たちを石で打ち殺す者よ。ちょうど、めんどりが翼の下にそのひなを集めるように、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。
23:38> 見よ、おまえたちの家は見捨てられてしまう。
23:39> わたしは言っておく、『主の御名によってきたる者に、祝福あれ』とおまえたちが言う時までは、今後ふたたび、わたしに会うことはないであろう」。
 第二十四章
24:01> イエスが宮から出て行こうとしておられると、弟子たちは近寄ってきて、宮の建物にイエスの注意を促した。
24:02> そこでイエスは彼らにむかって言われた、「あなたがたは、これらすべてのものを見ないか。よく言っておく。その石一つでもくずされずに、そこに他の石の上に残ることもなくなるであろう」。
24:03> またオリブ山ですわっておられると、弟子たちが、ひそかにみもとにきて言った、「どうぞお話しください。いつ、そんなことが起るのでしょうか。あなたがまたおいでになる時や、世の終りには、どんな前兆がありますか」。
24:04> そこでイエスは答えて言われた、「人に惑わされないように気をつけなさい。
24:05> 多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がキリストだと言って、多くの人を惑わすであろう。
24:06> また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない。それは起らねばならないが、まだ終りではない。
24:07> 民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。
24:08> しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初めである。
24:09> そのとき人々は、あなたがたを苦しみにあわせ、また殺すであろう。またあなたがたは、わたしの名のゆえにすべての民に憎まれるであろう。
24:10> そのとき、多くの人がつまずき、また互に裏切り、憎み合うであろう。
24:11> また多くのにせ預言者が起って、多くの人を惑わすであろう。
24:12> また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。
24:13> しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。
24:14> そしてこの御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、全世界に宣べ伝えられるであろう。そしてそれから最後が来るのである。
24:15> 預言者ダニエルによって言われた荒らす憎むべき者が、聖なる場所に立つのを見たならば(読者よ、悟れ)、
24:16> そのとき、ユダヤにいる人々は山へ逃げよ。
24:17> 屋上にいる者は、家からものを取り出そうとして下におりるな。
24:18> 畑にいる者は、上着を取りにあとへもどるな。
24:19> その日には、身重の女と乳飲み子をもつ女とは、不幸である。
24:20> あなたがたの逃げるのが、冬または安息日にならないように祈れ。
24:21> その時には、世の初めから現在に至るまで、かつてなく今後もないような大きな患難が起るからである。
24:22> もしその期間が縮められないなら、救われる者はひとりもないであろう。しかし、選民のためには、その期間が縮められるであろう。
24:23> そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『あそこにいる』と言っても、それを信じるな。
24:24> にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう。
24:25> 見よ、あなたがたに前もって言っておく。
24:26> だから、人々が『見よ、彼は荒野にいる』と言っても、出て行くな。また『見よ、へやの中にいる』と言っても、信じるな。
24:27> ちょうど、いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう。
24:28> 死体のあるところには、はげたかが集まるものである。
24:29> しかし、その時に起る患難の後、たちまち日は暗くなり、月はその光を放つことをやめ、星は空から落ち、天体は揺り動かされるであろう。
24:30> そのとき、人の子のしるしが天に現れるであろう。またそのとき、地のすべての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とをもって、人の子が天の雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。
24:31> また、彼は大いなるラッパの音と共に御使たちをつかわして、天のはてからはてに至るまで、四方からその選民を呼び集めるであろう。
24:32> いちじくの木からこの譬を学びなさい。その枝が柔らかになり、葉が出るようになると、夏の近いことがわかる。
24:33> そのように、すべてこれらのことを見たならば、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。
24:34> よく聞いておきなさい。これらの事が、ことごとく起るまでは、この時代は滅びることがない。
24:35> 天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びることがない。
24:36> その日、その時は、だれも知らない。天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。
24:37> 人の子の現れるのも、ちょうどノアの時のようであろう。
24:38> すなわち、洪水の出る前、ノアが箱舟にはいる日まで、人々は食い、飲み、めとり、とつぎなどしていた。
24:39> そして洪水が襲ってきて、いっさいのものをさらって行くまで、彼らは気がつかなかった。人の子の現れるのも、そのようであろう。
24:40> そのとき、ふたりの者が畑にいると、ひとりは取り去られ、ひとりは取り残されるであろう。
24:41> ふたりの女がうすをひいていると、ひとりは取り去られ、ひとりは残されるであろう。
24:42> だから、目をさましていなさい。いつの日にあなたがたの主がこられるのか、あなたがたには、わからないからである。
24:43> このことをわきまえているがよい。家の主人は、盗賊がいつごろ来るかわかっているなら、目をさましていて、自分の家に押し入ることを許さないであろう。
24:44> だから、あなたがたも用意をしていなさい。思いがけない時に人の子が来るからである。
24:45> 主人がその家の僕たちの上に立てて、時に応じて食物をそなえさせる忠実な思慮深い僕は、いったい、だれであろう。
24:46> 主人が帰ってきたとき、そのようにつとめているのを見られる僕は、さいわいである。
24:47> よく言っておくが、主人は彼を立てて自分の全財産を管理させるであろう。
24:48> もしそれが悪い僕であって、自分の主人は帰りがおそいと心の中で思い、
24:49> その僕仲間をたたきはじめ、また酒飲み仲間と一緒に食べたり飲んだりしているなら、
24:50> その僕の主人は思いがけない日、気がつかない時に帰ってきて、
24:51> 彼を厳罰に処し、偽善者たちと同じ目にあわせるであろう。彼はそこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。
 第二十五章
25:01> そこで天国は、十人のおとめがそれぞれあかりを手にして、花婿を迎えに出て行くのに似ている。
25:02> その中の五人は思慮が浅く、五人は思慮深い者であった。
25:03> 思慮の浅い者たちは、あかりは持っていたが、油を用意していなかった。
25:04> しかし、思慮深い者たちは、自分たちのあかりと一緒に、入れものの中に油を用意していた。
25:05> 花婿の来るのがおくれたので、彼らはみな居眠りをして、寝てしまった。
25:06> 夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と叫ぶ声がした。
25:07> そのとき、おとめたちはみな起きて、それぞれあかりを整えた。
25:08> ところが、思慮の浅い女たちが、思慮深い女たちに言った、『あなたがたの油をわたしたちにわけてください。わたしたちのあかりが消えかかっていますから』。
25:09> すると、思慮深い女たちは答えて言った、『わたしたちとあなたがたとに足りるだけは、多分ないでしょう。店に行って、あなたがたの分をお買いになる方がよいでしょう』。
25:10> 彼らが買いに出ているうちに、花婿が着いた。そこで、用意のできていた女たちは、花婿と一緒に婚宴のへやにはいり、そして戸がしめられた。
25:11> そのあとで、ほかのおとめたちもきて、『ご主人様、ご主人様、どうぞ、あけてください』と言った。
25:12> しかし彼は答えて、『はっきり言うが、わたしはあなたがたを知らない』と言った。
25:13> だから、目をさましていなさい。その日その時が、あなたがたにはわからないからである。
25:14> また天国は、ある人が旅に出るとき、その僕どもを呼んで、自分の財産を預けるようなものである。
25:15> すなわち、それぞれの能力に応じて、ある者には五タラント、ある者には二タラント、ある者には一タラントを与えて、旅に出た。
25:16> 五タラントを渡された者は、すぐに行って、それで商売をして、ほかに五タラントをもうけた。
25:17> 二タラントの者も同様にして、ほかに二タラントをもうけた。
25:18> しかし、一タラントを渡された者は、行って地を掘り、主人の金を隠しておいた。
25:19> だいぶ時がたってから、これらの僕の主人が帰ってきて、彼らと計算をしはじめた。
25:20> すると五タラントを渡された者が進み出て、ほかの五タラントをさし出して言った、『ご主人様、あなたはわたしに五タラントをお預けになりましたが、ごらんのとおり、ほかに五タラントをもうけました』。
25:21> 主人は彼に言った、『良い忠実な僕よ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ』。
25:22> 二タラントの者も進み出て言った、『ご主人様、あなたはわたしに二タラントをお預けになりましたが、ごらんのとおり、ほかに二タラントをもうけました』。
25:23> 主人は彼に言った、『良い忠実な僕よ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ』。
25:24> 一タラントを渡された者も進み出て言った、『ご主人様、わたしはあなたが、まかない所から刈り、散らさない所から集める酷な人であることを承知していました。
25:25> そこで恐ろしさのあまり、行って、あなたのタラントを地の中に隠しておきました。ごらんください。ここにあなたのお金がございます』。
25:26> すると、主人は彼に答えて言った、『悪い怠惰な僕よ、あなたはわたしが、まかない所から刈り、散らさない所から集めることを知っているのか。
25:27> それなら、わたしの金を銀行に預けておくべきであった。そうしたら、わたしは帰ってきて、利子と一緒にわたしの金を返してもらえたであろうに。
25:28> さあ、そのタラントをこの者から取りあげて、十タラントを持っている者にやりなさい。
25:29> おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう。
25:30> この役に立たない僕を外の暗い所に追い出すがよい。彼は、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう』。
25:31> 人の子が栄光の中にすべての御使たちを従えて来るとき、彼はその栄光の座につくであろう。
25:32> そして、すべての国民をその前に集めて、羊飼が羊とやぎとを分けるように、彼らをより分け、
25:33> 羊を右に、やぎを左におくであろう。
25:34> そのとき、王は右にいる人々に言うであろう、『わたしの父に祝福された人たちよ、さあ、世の初めからあなたがたのために用意されている御国を受けつぎなさい。
25:35> あなたがたは、わたしが空腹のときに食べさせ、かわいていたときに飲ませ、旅人であったときに宿を貸し、
25:36> 裸であったときに着せ、病気のときに見舞い、獄にいたときに尋ねてくれたからである』。
25:37> そのとき、正しい者たちは答えて言うであろう、『主よ、いつ、わたしたちは、あなたが空腹であるのを見て食物をめぐみ、かわいているのを見て飲ませましたか。
25:38> いつあなたが旅人であるのを見て宿を貸し、裸なのを見て着せましたか。
25:39> また、いつあなたが病気をし、獄にいるのを見て、あなたの所に参りましたか』。
25:40> すると、王は答えて言うであろう、『あなたがたによく言っておく。わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである』。
25:41> それから、左にいる人々にも言うであろう、『のろわれた者どもよ、わたしを離れて、悪魔とその使たちとのために用意されている永遠の火にはいってしまえ。
25:42> あなたがたは、わたしが空腹のときに食べさせず、かわいていたときに飲ませず、
25:43> 旅人であったときに宿を貸さず、裸であったときに着せず、また病気のときや、獄にいたときに、わたしを尋ねてくれなかったからである』。
25:44> そのとき、彼らもまた答えて言うであろう、『主よ、いつ、あなたが空腹であり、かわいておられ、旅人であり、裸であり、病気であり、獄におられたのを見て、わたしたちはお世話をしませんでしたか』。
25:45> そのとき、彼は答えて言うであろう、『あなたがたによく言っておく。これらの最も小さい者のひとりにしなかったのは、すなわち、わたしにしなかったのである』。
25:46> そして彼らは永遠の刑罰を受け、正しい者は永遠の生命に入るであろう」。
 第二十六章
26:01> イエスはこれらの言葉をすべて語り終えてから、弟子たちに言われた。
26:02> 「あなたがたが知っているとおり、ふつかの後には過越の祭になるが、人の子は十字架につけられるために引き渡される」。
26:03> そのとき、祭司長たちや民の長老たちが、カヤパという大祭司の中庭に集まり、
26:04> 策略をもってイエスを捕えて殺そうと相談した。
26:05> しかし彼らは言った、「祭の間はいけない。民衆の中に騒ぎが起るかも知れない」。
26:06> さて、イエスがベタニヤで、らい病人シモンの家におられたとき、
26:07> ひとりの女が、高価な香油が入れてある石膏のつぼを持ってきて、イエスに近寄り、食事の席についておられたイエスの頭に香油を注ぎかけた。
26:08> すると、弟子たちはこれを見て憤って言った、「なんのためにこんなむだ使をするのか。
26:09> それを高く売って、貧しい人たちに施すことができたのに」。
26:10> イエスはそれを聞いて彼らに言われた、「なぜ、女を困らせるのか。わたしによい事をしてくれたのだ。
26:11> 貧しい人たちはいつもあなたがたと一緒にいるが、わたしはいつも一緒にいるわけではない。
26:12> この女がわたしのからだにこの香油を注いだのは、わたしの葬りの用意をするためである。
26:13> よく聞きなさい。全世界のどこででも、この福音が宣べ伝えられる所では、この女のした事も記念として語られるであろう」。
26:14> 時に、十二弟子のひとりイスカリオテのユダという者が、祭司長たちのところに行って
26:15> 言った、「彼をあなたがたに引き渡せば、いくらくださいますか」。すると、彼らは銀貨三十枚を彼に支払った。
26:16> その時から、ユダはイエスを引きわたそうと、機会をねらっていた。
26:17> さて、除酵祭の第一日に、弟子たちはイエスのもとにきて言った、「過越の食事をなさるために、わたしたちはどこに用意をしたらよいでしょうか」。
26:18> イエスは言われた、「市内にはいり、かねて話してある人の所に行って言いなさい、『先生が、わたしの時が近づいた、あなたの家で弟子たちと一緒に過越を守ろうと、言っておられます』」。
26:19> 弟子たちはイエスが命じられたとおりにして、過越の用意をした。
26:20> 夕方になって、イエスは十二弟子と一緒に食事の席につかれた。
26:21> そして、一同が食事をしているとき言われた、「特にあなたがたに言っておくが、あなたがたのうちのひとりが、わたしを裏切ろうとしている」。
26:22> 弟子たちは非常に心配して、つぎつぎに「主よ、まさか、わたしではないでしょう」と言い出した。
26:23> イエスは答えて言われた、「わたしと一緒に同じ鉢に手を入れている者が、わたしを裏切ろうとしている。
26:24> たしかに人の子は、自分について書いてあるとおりに去って行く。しかし、人の子を裏切るその人は、わざわいである。その人は生れなかった方が、彼のためによかったであろう」。
26:25> イエスを裏切ったユダが答えて言った、「先生、まさか、わたしではないでしょう」。イエスは言われた、「いや、あなただ」。
26:26> 一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、祝福してこれをさき、弟子たちに与えて言われた、「取って食べよ、これはわたしのからだである」。
26:27> また杯を取り、感謝して彼らに与えて言われた、「みな、この杯から飲め。
26:28> これは、罪のゆるしを得させるようにと、多くの人のために流すわたしの契約の血である。
26:29> あなたがたに言っておく。わたしの父の国であなたがたと共に、新しく飲むその日までは、わたしは今後決して、ぶどうの実から造ったものを飲むことをしない」。
26:30> 彼らは、さんびを歌った後、オリブ山へ出かけて行った。
26:31> そのとき、イエスは弟子たちに言われた、「今夜、あなたがたは皆わたしにつまずくであろう。『わたしは羊飼を打つ。そして、羊の群れは散らされるであろう』と、書いてあるからである。
26:32> しかしわたしは、よみがえってから、あなたがたより先にガリラヤへ行くであろう」。
26:33> するとペテロはイエスに答えて言った、「たとい、みんなの者があなたにつまずいても、わたしは決してつまずきません」。
26:34> イエスは言われた、「よくあなたに言っておく。今夜、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないというだろう」。
26:35> ペテロは言った、「たといあなたと一緒に死なねばならなくなっても、あなたを知らないなどとは、決して申しません」。弟子たちもみな同じように言った。
26:36> それから、イエスは彼らと一緒に、ゲツセマネという所へ行かれた。そして弟子たちに言われた、「わたしが向こうへ行って祈っている間、ここにすわっていなさい」。
26:37> そしてペテロとゼベダイの子ふたりとを連れて行かれたが、悲しみを催しまた悩みはじめられた。
26:38> そのとき、彼らに言われた、「わたしは悲しみのあまり死ぬほどである。ここに待っていて、わたしと一緒に目をさましていなさい」。
26:39> そして少し進んで行き、うつぶしになり、祈って言われた、「わが父よ、もしできることでしたらどうか、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの思いのままにではなく、みこころのままになさって下さい」。
26:40> それから、弟子たちの所にきてごらんになると、彼らが眠っていたので、ペテロに言われた、「あなたがたはそんなに、ひと時もわたしと一緒に目をさましていることが、できなかったのか。
26:41> 誘惑に陥らないように、目をさまして祈っていなさい。心は熱しているが、肉体が弱いのである」。
26:42> また二度目に行って、祈って言われた、「わが父よ、この杯を飲むほかに道がないのでしたら、どうか、みこころが行われますように」。
26:43> またきてごらんになると、彼らはまた眠っていた。その目が重くなっていたのである。
26:44> それで彼らをそのままにして、また行って、三度目に同じ言葉で祈られた。
26:45> それから弟子たちの所に帰ってきて、言われた、「まだ眠っているのか、休んでいるのか。見よ、時が迫った。人の子は罪人らの手に渡されるのだ。
26:46> 立て、さあ行こう。見よ、わたしを裏切る者が近づいてきた」。
26:47> そして、イエスがまだ話しておられるうちに、そこに、十二弟子のひとりのユダがきた。また祭司長、民の長老たちから送られた大ぜいの群衆も、剣と棒とを持って彼についてきた。
26:48> イエスを裏切った者が、あらかじめ彼らに、「わたしの接吻する者が、その人だ。その人をつかまえろ」と合図をしておいた。
26:49> 彼はすぐイエスに近寄り、「先生、いかがですか」と言って、イエスに接吻した。
26:50> しかし、イエスは彼に言われた、「友よ、なんのためにきたのか」。このとき、人々は進み寄って、イエスに手をかけてつかまえた。
26:51> すると、イエスと一緒にいた者のひとりが、手を伸ばして剣を抜き、そして大祭司の僕に切りかかって、その片耳を切り落した。
26:52> そこで、イエスは彼に言われた、「あなたの剣をもとの所におさめなさい。剣をとる者はみな、剣で滅びる。
26:53> それとも、わたしが父に願って、天の使たちを十二軍団以上も、今つかわしていただくことができないと、あなたは思うのか。
26:54> しかし、それでは、こうならねばならないと書いてある聖書の言葉は、どうして成就されようか」。
26:55> そのとき、イエスは群衆に言われた、「あなたがたは強盗にむかうように、剣や棒を持ってわたしを捕えにきたのか。わたしは毎日、宮ですわって教えていたのに、わたしをつかまえはしなかった。
26:56> しかし、すべてこうなったのは、預言者たちの書いたことが、成就するためである」。そのとき、弟子たちは皆イエスを見捨てて逃げ去った。
26:57> さて、イエスをつかまえた人たちは、大祭司カヤパのところにイエスを連れて行った。そこには律法学者、長老たちが集まっていた。
26:58> ペテロは遠くからイエスについて、大祭司の中庭まで行き、そのなりゆきを見とどけるために、中にはいって下役どもと一緒にすわっていた。
26:59> さて、祭司長たちと全議会とは、イエスを死刑にするため、イエスに不利な偽証を求めようとしていた。
26:60> そこで多くの偽証者が出てきたが、証拠があがらなかった。しかし、最後にふたりの者が出てきて、
26:61> 言った、「この人は、わたしは神の宮を打ちこわし、三日の後に建てることができる、と言いました」。
26:62> すると、大祭司が立ち上がってイエスに言った、「何も答えないのか。これらの人々があなたに対して不利な証言を申し立てているが、どうなのか」。
26:63> しかし、イエスは黙っておられた。そこで大祭司は言った、「あなたは神の子キリストなのかどうか、生ける神に誓ってわれわれに答えよ」。
26:64> イエスは彼に言われた、「あなたの言うとおりである。しかし、わたしは言っておく。あなたがたは、間もなく、人の子が力ある者の右に座し、天の雲に乗って来るのを見るであろう」。
26:65> すると、大祭司はその衣を引き裂いて言った、「彼は神を汚した。どうしてこれ以上、証人の必要があろう。あなたがたは今このけがし言を聞いた。
26:66> あなたがたの意見はどうか」。すると、彼らは答えて言った、「彼は死に当るものだ」。
26:67> それから、彼らはイエスの顔につばきをかけて、こぶしで打ち、またある人は手のひらでたたいて言った、
26:68> 「キリストよ、言いあててみよ、打ったのはだれか」。
26:69> ペテロは外で中庭にすわっていた。するとひとりの女中が彼のところにきて、「あなたもあのガリラヤ人イエスと一緒だった」と言った。
26:70> するとペテロは、みんなの前でそれを打ち消して言った、「あなたが何を言っているのか、わからない」。
26:71> そう言って入口の方に出て行くと、ほかの女中が彼を見て、そこにいる人々にむかって、「この人はナザレ人イエスと一緒だった」と言った。
26:72> そこで彼は再びそれを打ち消して、「そんな人は知らない」と誓って言った。
26:73> しばらくして、そこに立っていた人々が近寄ってきて、ペテロに言った、「確かにあなたも彼らの仲間だ。言葉づかいであなたのことがわかる」。
26:74> 彼は「その人のことは何も知らない」と言って、激しく誓いはじめた。するとすぐ鶏が鳴いた。
26:75> ペテロは「鶏が鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われたイエスの言葉を思い出し、外に出て激しく泣いた。
 第二十七章
27:01> 夜が明けると、祭司長たち、民の長老たち一同は、イエスを殺そうとして協議をこらした上、
27:02> イエスを縛って引き出し、総督ピラトに渡した。
27:03> そのとき、イエスを裏切ったユダは、イエスが罪に定められたのを見て後悔し、銀貨三十枚を祭司長、長老たちに返して
27:04> 言った、「わたしは罪のない人の血を売るようなことをして、罪を犯しました」。しかし彼らは言った、「それは、われわれの知ったことか。自分で始末するがよい」。
27:05> そこで、彼は銀貨を聖所に投げ込んで出て行き、首をつって死んだ。
27:06> 祭司長たちは、その銀貨を拾いあげて言った、「これは血の代価だから、宮の金庫に入れるのはよくのない」。
27:07> そこで彼らは協議の上、外国人の墓地にするために、その金で陶器師の畑を買った。
27:08> そのために、この畑は今日まで血の畑と呼ばれている。
27:09> こうして預言者エレミヤによって言われた言葉が、成就したのである。すなわち、「彼らは、値をつけられたもの、すなわち、イスラエルの子らが値をつけたものの代価、銀貨三十を取って、
27:10> 主がお命じになったように、陶器師の畑の代価として、その金を与えた」。
27:11> さて、イエスは総督の前に立たれた。すると総督はイエスに尋ねて言った、「あなたがユダヤ人の王であるか」。イエスは「そのとおりである」と言われた。
27:12> しかし、祭司長、長老たちが訴えている間、イエスはひと言もお答えにならなかった。
27:13> するとピラトは言った、「あんなにまで次々に、あなたに不利な証言を立てているのが、あなたには聞えないのか」。
27:14> しかし、総督が非常に不思議に思ったほどに、イエスは何を言われても、ひと言もお答えにならなかった。
27:15> さて、祭のたびごとに、総督は群衆が願い出る囚人ひとりを、ゆるしてやる慣例になっていた。
27:16> ときに、バラバという評判の囚人がいた。
27:17> それで、彼らが集まったとき、ピラトは言った、「おまえたちは、だれをゆるしてほしいのか。バラバか、それとも、キリストといわれるイエスか」。
27:18> 彼らがイエスを引きわたしたのは、ねたみのためであることが、ピラトにはよくわかっていたからである。
27:19> また、ピラトが裁判の席についていたとき、その妻が人を彼のもとにつかわして、「あの義人には関係しないでください。わたしはきょう夢で、あの人のためにさんざん苦しみましたから」と言わせた。
27:20> しかし、祭司長、長老たちは、バラバをゆるして、イエスを殺してもらうようにと、群衆を説き伏せた。
27:21> 総督は彼らにむかって言った、「ふたりのうち、どちらをゆるしてほしいのか」。彼らは「バラバの方を」と言った。
27:22> ピラトは言った、「それではキリストといわれるイエスは、どうしたらよいか」。彼らはいっせいに「十字架につけよ」と言った。
27:23> しかし、ピラトは言った、「あの人は、いったい、どんな悪事をしたのか」。すると彼らはいっそう激しく叫んで、「十字架につけよ」と言った。
27:24> ピラトは手のつけようがなく、かえって暴動になりそうなのを見て、水を取り、群衆の前で手を洗って言った、「この人の血について、わたしには責任がない。おまえたちが自分で始末をするがよい」。
27:25> すると、民衆全体が答えて言った、「その血の責任は、われわれとわれわれの子孫の上にかかってもよい」。
27:26> そこで、ピラトはバラバをゆるしてやり、イエスをむち打ったのち、十字架につけるために引きわたした。
27:27> それから総督の兵士たちは、イエスを官邸に連れて行って、全部隊をイエスのまわりに集めた。
27:28> そしてその上着をぬがせて、赤い外套を着せ、
27:29> また、いばらで冠を編んでその頭にかぶらせ、右の手には葦の棒を持たせ、それからその前にひざまずき、嘲弄して、「ユダヤ人の王、ばんざい」と言った。
27:30> また、イエスにつばきをかけ、葦の棒を取りあげてその頭をたたいた。
27:31> こうしてイエスを嘲弄したあげく、外套をはぎ取って元の上着を着せ、それから十字架につけるために引き出した。
27:32> 彼らが出て行くと、シモンという名のクレネ人に出会ったので、イエスの十字架を無理に負わせた。
27:33> そして、ゴルゴダ、すなわち、されこうべの場、という所にきたとき、
27:34> 彼らはにがみをまぜたぶどう酒を飲ませようとしたが、イエスはそれをなめただけで、飲もうとされなかった。
27:35> 彼らはイエスを十字架につけてから、くじを引いて、その着物を分け、
27:36> そこにすわってイエスの番をしていた。
27:37> そしてその頭の上の方に、「これはユダヤ人の王イエス」と書いた罪状書きをかかげた。
27:38> 同時に、ふたりの強盗がイエスと一緒に、ひとりは右に、ひとりは左に、十字架につけられた。
27:39> そこを通りかかった者たちは、頭を振りながら、イエスをののしって
27:40> 言った、「神殿を打ちこわして三日のうちに建てる者よ。もし神の子なら、自分を救え。そして十字架からおりてこい」。
27:41> 祭司長たちも同じように、律法学者、長老たちと一緒になって、嘲弄して言った、
27:42> 「他人を救ったが、自分自身を救うことができない。あれがイスラエルの王なのだ。いま十字架からおりてみよ。そうしたら信じよう。
27:43> 彼は神にたよっているが、神のおぼしめしがあれば、今、救ってもらうがよい。自分は神の子だと言っていたのだから」。
27:44> 一緒に十字架につけられた強盗どもまでも、同じようにイエスをののしった。
27:45> さて、昼の十二時から地上の全面が暗くなって、三時に及んだ。
27:46> そして三時ごろに、イエスは大声で叫んで、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と言われた。それは「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。
27:47> すると、そこに立っていたある人々が、これを聞いて言った、「あれはエリヤを呼んでいるのだ」。
27:48> するとすぐ、彼らのうちのひとりが走り寄って、海綿を取り、それに酢いぶどう酒を含ませて葦の棒につけ、イエスに飲ませようとした。
27:49> ほかの人々は言った、「待て、エリヤが彼を救いに来るかどうか、見ていよう」。
27:50> イエスはもう一度大声で叫んで、ついに息をひきとられた。
27:51> すると見よ、神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた。また地震があり、岩が裂け、
27:52> また墓が開け、眠っている多くの聖徒たちの死体が生き返った。
27:53> そしてイエスの復活ののち、墓から出てきて、聖なる都にはいり、多くの人に現れた。
27:54> 百卒長、および彼と一緒にイエスの番をしていた人々は、地震や、いろいろのできごとを見て非常に恐れ、「まことに、この人は神の子であった」と言った。
27:55> また、そこには遠くの方から見ている女たちも多くいた。彼らはイエスに仕えて、ガリラヤから従ってきた人たちであった。
27:56> その中には、マグダラのマリヤ、ヤコブとヨセフとの母マリヤ、またゼベダイの子たちの母がいた。
27:57> 夕方になってから、アリマタヤの金持で、ヨセフという名の人がきた。彼もまたイエスの弟子であった。
27:58> この人がピラトの所へ行って、イエスのからだの引取りかたを願った。そこで、ピラトはそれを渡すように命じた。
27:59> ヨセフは死体を受け取って、きれいな亜麻布に包み、
27:60> 岩を掘って造った彼の新しい墓に納め、そして墓の入口に大きい石をころがしておいて、帰った。
27:61> マグダラのマリヤとほかのマリヤとが、墓にむかってそこにすわっていた。
27:62> あくる日は準備の日の翌日であったが、その日に、祭司長、パリサイ人たちは、ピラトのもとに集まって言った、
27:63> 「長官、あの偽り者がまだ生きていたとき、『三日の後に自分はよみがえる』と言ったのを、思い出しました。
27:64> ですから、三日目まで墓の番をするように、さしずをして下さい。そうしないと、弟子たちがきて彼を盗み出し、『イエスは死人の中から、よみがえった』と、民衆に言いふらすかも知れません。そうなると、みんなが前よりも、もっとひどくだまされることになりましょう」。
27:65> ピラトは彼らに言った、「番人がいるから、行ってできる限り、番をさせるがよい」。
27:66> そこで、彼らは行って石に封印をし、番人を置いて墓の番をさせた。
 第二十八章
28:01> さて、安息日が終って、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリヤとほかのマリヤとが、墓を見にきた。
28:02> すると、大きな地震が起った。それは主の使が天から下って、そこにきて石をわきへころがし、その上にすわったからである。
28:03> その姿はいなずまのように輝き、その衣は雪のように真白であった。
28:04> 見張りをしていた人たちは、恐ろしさの余り震えあがって、死人のようになった。
28:05> この御使は女たちにむかって言った、「恐れることはない。あなたがたが十字架におかかりになったイエスを捜していることは、わたしにわかっているが、
28:06> もうここにはおられない。かねて言われたとおりに、よみがえられたのである。さあ、イエスが納められていた場所をごらんなさい。
28:07> そして、急いで行って、弟子たちにこう伝えなさい、『イエスは死人の中からよみがえられた。見よ、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。そこでお会いできるであろう』。あなたがたに、これだけ言っておく」。
28:08> そこで女たちは恐れながらも大喜びで、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。
28:09> すると、イエスは彼らに出会って、「平安あれ」と言われたので、彼らは近寄りイエスのみ足をいだいて拝した。
28:10> そのとき、イエスは彼らに言われた、「恐れることはない。行って兄弟たちに、ガリラヤに行け、そこでわたしに会えるであろう、と告げなさい」。
28:11> 女たちが行っている間に、番人のうちのある人々が都に帰って、いっさいの出来事を祭司長たちに話した。
28:12> 祭司長たちは長老たちと集まって協議をこらし、兵卒たちにたくさんの金を与えて言った、
28:13> 「『弟子たちが夜中にきて、われわれの寝ている間に彼を盗んだ』と言え。
28:14> 万一このことが総督の耳にはいっても、われわれが総督に説いて、あなたがたに迷惑が掛からないようにしよう」。
28:15> そこで、彼らは金を受け取って、教えられたとおりにした。そしてこの話は、今日に至るまでユダヤ人の間にひろまっている。
28:16> さて、十一人の弟子たちはガリラヤに行って、イエスが彼らに行くように命じられた山に登った。
28:17> そして、イエスに会って拝した。しかし、疑う者もいた。
28:18> イエスは彼らに近づいてきて言われた、「わたしは、天においても地においても、いっさいの権威を授けられた。
28:19> それゆえに、あなたがたは行って、すべての国民を弟子として、父と子と聖霊との名によって、彼らにバプテスマを施し、
28:20> あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」。

Posted in 新約聖書 | 1 Comment »

マルコによる福音書

Posted by Shota Maehara : 5月 3, 2011

マルコによる福音書

第一章
01:01> 神の子イエス・キリストの福音のはじめ。
01:02> 預言者イザヤの書に、「見よ、わたしは使をあなたの先につかわし、あなたの道を整えさせるであろう。
01:03> 荒野で呼ばわる者の声がする、『主の道を備えよ、その道筋をまっすぐにせよ』」と書いてあるように、
01:04> バプテスマのヨハネが荒野に現れて、罪のゆるしを得させる悔改めのバプテスマを宣べ伝えていた。
01:05> そこで、ユダヤ全土とエルサレムの全住民とが、彼のもとにぞくぞくと出て行って、自分の罪を告白し、ヨルダン川でヨハネからバプテスマを受けた。
01:06> このヨハネは、らくだの毛ごろもを身にまとい、腰に皮の帯をしめ、いなごと野蜜とを食物としていた。
01:07> 彼は宣べ伝えて言った、「わたしよりも力のあるかたが、あとからおいでになる。わたしはかがんで、そのくつのひもを解く値うちもない。
01:08> わたしは水でバプテスマを授けたが、このかたは、聖霊によってバプテスマをお授けになるであろう」。
01:09> そのころ、イエスはガリラヤのナザレから出てきて、ヨルダン川で、ヨハネからバプテスマをお受けになった。
01:10> そして、水の中から上がられるとすぐ、天が裂けて、聖霊がはとのように自分に下って来るのを、ごらんになった。
01:11> すると天から声があった、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」。
01:12> それからすぐに、御霊がイエスを荒野に追いやった。
01:13> イエスは四十日のあいだ荒野にいて、サタンの試みにあわれた。そして獣もそこにいたが、御使たちはイエスに仕えていた。
01:14> ヨハネが捕えられた後、イエスはガリラヤに行き、神の福音を宣べ伝えて言われた、
01:15> 「時は満ちた、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ」。
01:16> さて、イエスはガリラヤの海べを歩いて行かれ、シモンとシモンの兄弟アンデレとが、海で網を打っているのをごらんになった。彼らは漁師であった。
01:17> イエスは彼らに言われた、「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」。
01:18> すると、彼らはすぐに網を捨てて、イエスに従った。
01:19> また少し進んで行かれると、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネとが、舟の中で網を繕っているのをごらんになった。
01:20> そこで、すぐ彼らをお招きになると、父ゼベダイを雇人たちと一緒に舟において、イエスのあとについて行った。
01:21> それから、彼らはカペナウムに行った。そして安息日にすぐ、イエスは会堂にはいって教えられた。
01:22> 人々は、その教に驚いた。律法学者たちのようにではなく、権威ある者のように、教えられたからである。
01:23> ちょうどその時、けがれた霊につかれた者が会堂にいて、叫んで言った、
01:24> 「ナザレのイエスよ、あなたはわたしたちとなんの係わりがあるのです。わたしたちを滅ぼしにこられたのですか。あなたがどなたであるか、わかっています。神の聖者です」。
01:25> イエスはこれをしかって、「黙れ、この人から出て行け」と言われた。
01:26> すると、けがれた霊は彼をひきつけさせ、大声をあげて、その人から出て行った。
01:27> 人々はみな驚きのあまり、互に論じて言った、「これは、いったい何事か。権威ある新しい教だ。けがれた霊にさえ命じられると、彼らは従うのだ」。
01:28> こうしてイエスのうわさは、たちまちガリラヤの全地方、いたる所にひろまった。
01:29> それから会堂を出るとすぐ、ヤコブとヨハネとを連れて、シモンとアンデレとの家にはいって行かれた。
01:30> ところが、シモンのしゅうとめが熱病で床についていたので、人々はさっそく、そのことをイエスに知らせた。
01:31> イエスは近寄り、その手をとって起されると、熱が引き、女は彼らをもてなした。
01:32> 夕暮になり日が沈むと、人々は病人や悪霊につかれた者をみな、イエスのところに連れてきた。
01:33> こうして、町中の者が戸口に集まった。
01:34> イエスは、さまざまの病をわずらっている多くの人々をいやし、また多くの悪霊を追い出された。また、悪霊どもに、物言うことをお許しにならなかった。彼らがイエスを知っていたからである。
01:35> 朝はやく、夜の明けるよほど前に、イエスは起きて寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。
01:36> すると、シモンとその仲間とが、あとを追ってきた。
01:37> そしてイエスを見つけて、「みんなが、あなたを捜しています」と言った。
01:38> イエスは彼らに言われた、「ほかの、附近の町々にみんなで行って、そこでも教を宣べ伝えよう。わたしはこのために出てきたのだから」。
01:39> そして、ガリラヤ全地を巡りあるいて、諸会堂で教えを宣べ伝え、また悪霊を追い出された。
01:40> ひとりのらい病人が、イエスのところに願いにきて、ひざまずいて言った、「みこころでしたら、きよめていただけるのですが」。
01:41> イエスは深くあわれみ、手を伸ばして彼にさわり、「そうしてあげよう、きよくなれ」と言われた。
01:42> すると、らい病が直ちに去って、その人はきよくなった。
01:43> イエスは彼をきびしく戒めて、すぐにそこを去らせ、こう言い聞かせられた、
01:44> 「何も人に話さないように、注意しなさい。ただ行って、自分のからだを祭司に見せ、それから、モーセが命じた物をあなたのきよめのためにささげて、人々に証明しなさい」。
01:45> しかし、彼は出て行って、自分の身に起ったことを盛んに語り、また言いひろめはじめたので、イエスはもはや表立っては町に、はいることができなくなり、外の寂しい所にとどまっておられた。しかし、人々は方々から、イエスのところにぞくぞくと集まってきた。

第二章

02:01> 幾日かたって、イエスがまたカペナウムにお帰りになったとき、家におられるといううわさが立ったので、
02:02> 多くの人々が集まってきて、もはや戸口のあたりまでも、すきまが無いほどになった。そして、イエスは御言を彼らに語っておられた。
02:03> すると、人々がひとりの中風の者を四人の人に運ばせて、イエスのところに連れてきた。
02:04> ところが、群衆のために近寄ることができないので、イエスのおられるあたりの屋根をはぎ、穴をあけて、中風の者を寝かせたまま、床をつりおろした。
02:05> イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、「子よ、あなたの罪はゆるされた」と言われた。
02:06> ところが、そこに幾人かの律法学者がすわっていて、心の中で論じた、
02:07> 「この人は、なぜあんなことを言うのか。それは神をけがすことだ。神ひとりのほかに、だれが罪をゆるすことができるか」。
02:08> イエスは、彼らが内心このように論じているのを、自分の心ですぐ見ぬいて、「なぜ、あなたがたは心の中でそんなことを論じているのか。
02:09> 中風の者に、あなたの罪はゆるされた、と言うのと、起きよ、床を取りあげて歩け、と言うのと、どちらがたやすいか。
02:10> しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と彼らに言い、中風の者にむかって、
02:11> 「あなたに命じる。起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と言われた。
02:12> すると彼は起きあがり、すぐに床を取りあげて、みんなの前を出て行ったので、一同は大いに驚き、神をあがめて、「こんな事は、まだ一度も見たことがない」と言った。
02:13> イエスはまた海べに出て行かれると、多くの人々がみもとに集まってきたので、彼らを教えられた。
02:14> また途中で、アルパヨの子レビが収税所にすわっているのをごらんになって、「わたしに従ってきなさい」と言われた。すると彼は立ちあがって、イエスに従った。
02:15> それから彼の家で、食事の席についておられたときのことである。多くの取税人や罪人たちも、イエスや弟子たちと共にその席に着いていた。こんな人たちが大ぜいいて、イエスに従ってきたのである。
02:16> パリサイ派の律法学者たちは、イエスが罪人や取税人たちと食事を共にしておられるのを見て、弟子たちに言った、「なぜ、彼は取税人や罪人などと食事を共にするのか」。
02:17> イエスはこれを聞いて言われた、「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である。わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである」。
02:18> ヨハネの弟子とパリサイ人とは、断食をしていた。そこで人々がきて、イエスに言った、「ヨハネの弟子たちとパリサイ人の弟子たちとが断食をしているのに、あなたの弟子たちは、なぜ断食をしないのですか」。
02:19> するとイエスは言われた、「婚礼の客は、花婿が一緒にいるのに、断食ができるであろうか。花婿と一緒にいる間は、断食はできない。
02:20> しかし、花婿が奪い去られる日が来る。その日には断食をするであろう。
02:21> だれも、真新しい布ぎれを、古い着物に縫いつけはしない。もしそうすれば、新しいつぎは古い着物を引き破り、そして、破れがもっとひどくなる。
02:22> まただれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。もしそうすれば、ぶどう酒は皮袋をはり裂き、そして、ぶどう酒も皮袋もむだになってしまう。〔だから、新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである〕」。
02:23> ある安息日に、イエスは麦畑の中をとおって行かれた。そのとき弟子たちが、歩きながら穂をつみはじめた。
02:24> すると、パリサイ人たちがイエスに言った、「いったい、彼らはなぜ、安息日にしてはならぬことをするのですか」。
02:25> そこで彼らに言われた、「あなたがたは、ダビデとその供の者たちとが食物がなくて飢えたとき、ダビデが何をしたか、また読んだことがないのか。
02:26> すなわち、大祭司アビアタルの時、神の家にはいって、祭司たちのほか食べてはならぬ供えのパンを、自分も食べ、また供の者たちにも与えたではないか」。
02:27> また彼らに言われた、「安息日は人のためにあるもので、人が安息日のためにあるのではない。
02:28> それだから、人の子は、安息日にもまた主なのである」。

第三章

03:01> イエスがまた会堂にはいられると、そこに片手のなえた人がいた。
03:02> 人々はイエスを訴えようと思って、安息日にその人をいやされるかどうかをうかがっていた。
03:03> すると、イエスは片手のなえたその人に、「立って、中へ出てきなさい」と言い、
03:04> 人々にむかって、「安息日に善を行うのと悪を行うのと、命を救うのと殺すのと、どちらがよいか」と言われた。彼らは黙っていた。
03:05> イエスは怒りを含んで彼らを見まわし、その心のかたくななのを嘆いて、その人に「手を伸ばしなさい」と言われた。そこで手を伸ばすと、その手は元どおりになった。
03:06> パリサイ人たちは出て行って、すぐにヘロデ党の者たちと、なんとかしてイエスを殺そうと相談しはじめた。
03:07> それから、イエスは弟子たちと共に海べに退かれたが、ガリラヤからきたおびただしい群衆がついて行った。またユダヤから、
03:08> エルサレムから、イドマヤから、更にヨルダンの向こうから、ツロ、シドンのあたりからも、おびただしい群衆が、そのなさっていることを聞いて、みもとにきた。
03:09> イエスは群衆が自分に押し迫るのを避けるために、小舟を用意しておけと、弟子たちに命じられた。
03:10> それは、多くの人をいやされたので、病苦に悩む者は皆イエスにさわろうとして、押し寄せてきたからである。
03:11> また、けがれた霊どもはイエスを見るごとに、みまえにひれ伏し、叫んで、「あなたこそ神の子です」と言った。
03:12> イエスは御自身のことを人にあらわさないようにと、彼らをきびしく戒められた。
03:13> さてイエスは山に登り、みこころにかなった者たちを呼び寄せられたので、彼らはみもとにきた。
03:14> そこで十二人をお立てになった。彼らを自分のそばに置くためであり、さらに宣教につかわし、
03:15> また悪霊を追い出す権威を持たせるためであった。
03:16> こうして、この十二人をお立てになった。そしてシモンにペテロという名をつけ、
03:17> またゼベダイの子ヤコブと、ヤコブの兄弟ヨハネ、彼らにはボアネルゲ、すなわち、雷の子という名をつけられた。
03:18> つぎにアンデレ、ピリポ、バルトロマイ、マタイ、トマス、アルパヨの子ヤコブ、タダイ、熱心党のシモン、
03:19> それからイスカリオテのユダ。このユダがイエスを裏切ったのである。イエスが家にはいられると、
03:20> 群衆がまた集まってきたので、一同は食事をする暇もないほどであった。
03:21> 身内の者たちはこの事を聞いて、イエスを取押えに出てきた。気が狂ったと思ったからである。
03:22> また、エルサレムから下ってきた律法学者たちも、「彼はベルゼブルにとりつかれている」と言い、「悪霊どものかしらによって、悪霊どもを追い出しているのだ」とも言った。
03:23> そこでイエスは彼らを呼び寄せ、譬をもって言われた、「どうして、サタンがサタンを追い出すことができようか。
03:24> もし国が内部で分れ争うなら、その国は立ち行かない。
03:25> また、もし家が内わで分れ争うなら、その家は立ち行かないであろう。
03:26> もしサタンが内部で対立し分争するなら、彼は立ち行けず、滅んでしまう。
03:27> だれでも、まず強い人を縛りあげなければ、その人の家に押し入って家財を奪い取ることはできない。縛ってからはじめて、その家を略奪することができる。
03:28> よく言い聞かせておくが、人の子らには、その犯すすべての罪も神をけがす言葉も、ゆるされる。
03:29> しかし、聖霊をけがす者は、いつまでもゆるされず、永遠の罪に定められる」。
03:30> そう言われたのは、彼らが「イエスはけがれた霊につかれている」と言っていたからである。
03:31> さて、イエスの母と兄弟たちとがきて、外に立ち、人をやってイエスを呼ばせた。
03:32> ときに、群衆はイエスを囲んですわっていたが、「ごらんなさい。あなたの母上と兄弟、姉妹たちが、外であなたを尋ねておられます」と言った。
03:33> すると、イエスは彼らに答えて言われた、「わたしの母、わたしの兄弟とは、だれのことか」。
03:34> そして、自分をとりかこんで、すわっている人々を見まわして、言われた、「ごらんなさい、ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。
03:35> 神のみこころを行う者はだれでも、わたしの兄弟、また姉妹、また母なのである」。

第四章

04:01> イエスはまたも、海べで教えはじめられた。おびただしい群衆がみもとに集まったので、イエスは舟に乗ってすわったまま、海上におられ、群衆はみな海に沿って陸地にいた。
04:02> イエスは譬で多くの事を教えられたが、その教の中で彼らにこう言われた、
04:03> 「聞きなさい、種まきが種をまきに出て行った。
04:04> まいているうちに、道ばたに落ちた種があった。すると、鳥がきて食べてしまった。
04:05> ほかの種は土の薄い石地に落ちた。そこは土が深くないので、すぐ芽を出したが、
04:06> 日が上ると焼けて、根がないために枯れてしまった。
04:07> ほかの種はいばらの中に落ちた。すると、いばらが伸びて、ふさいでしまったので、実を結ばなかった。
04:08> ほかの種は良い地に落ちた。そしてはえて、育って、ますます実を結び、三十倍、六十倍、百倍にもなった」。
04:09> そして言われた、「聞く耳のある者は聞くがよい」。
04:10> イエスがひとりになられた時、そばにいた者たちが、十二弟子と共に、これらの譬について尋ねた。
04:11> そこでイエスは言われた、「あなたがたには神の国の奥義が授けられているが、ほかの者たちには、すべてが譬で語られる。
04:12> それは『彼らは見るには見るが、認めず、聞くには聞くが、悟らず、悔い改めてゆるされることがない』ためである」。
04:13> また彼らに言われた、「あなたがたはこの譬がわからないのか。それでは、どうしてすべての譬がわかるだろうか。
04:14> 種まきは御言をまくのである。
04:15> 道ばたに御言がまかれたとは、こういう人たちのことである。すなわち、御言を聞くと、すぐにサタンがきて、彼らの中にまかれた御言を、奪って行くのである。
04:16> 同じように、石地にまかれたものとは、こういう人たちのことである。御言を聞くと、すぐに喜んで受けるが、
04:17> 自分の中に根がないので、しばらく続くだけである。そののち、御言のために困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしまう。
04:18> また、いばらの中にまかれたものとは、こういう人たちのことである。御言を聞くが、
04:19> 世の心づかいと、富の惑わしと、その他いろいろな欲とがはいってきて、御言をふさぐので、実を結ばなくなる。
04:20> また、良い地にまかれたものとは、こういう人たちのことである。御言を聞いて受けいれ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶのである」。
04:21> また彼らに言われた、「ますの下や寝台の下に置くために、あかりを持ってくることがあろうか。燭台の上に置くためではないか。
04:22> なんでも、隠されているもので、現れないものはなく、秘密にされているもので、明るみに出ないものはない。
04:23> 聞く耳のある者は聞くがよい」。
04:24> また彼らに言われた、「聞くことがらに注意しなさい。あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量り与えられ、その上になお増し加えられるであろう。
04:25> だれでも、持っている人は更に与えられ、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう」。
04:26> また言われた、「神の国は、ある人が地に種をまくようなものである。
04:27> 夜昼、寝起きしている間に、種は芽を出して育って行くが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。
04:28> 地はおのずから実を結ばせるもので、初めに芽、つぎに穂、つぎに穂の中に豊かな実ができる。
04:29> 実がいると、すぐにかまを入れる。刈入れ時がきたからである」。
04:30> また言われた、「神の国を何に比べようか。また、どんな譬で言いあらわそうか。
04:31> それは一粒のからし種のようなものである。地にまかれる時には、地上のどんな種よりも小さいが、
04:32> まかれると、成長してどんな野菜よりも大きくなり、大きな枝を張り、その陰に空の鳥が宿るほどになる」。
04:33> イエスはこのような多くの譬で、人々の聞く力にしたがって、御言を語られた。
04:34> 譬によらないでは語られなかったが、自分の弟子たちには、ひそかにすべてのことを解き明かされた。
04:35> さてその日、夕方になると、イエスは弟子たちに、「向こう岸へ渡ろう」と言われた。
04:36> そこで、彼らは群衆をあとに残し、イエスが舟に乗っておられるまま、乗り出した。ほかの舟も一緒に行った。
04:37> すると、激しい突風が起り、波が舟の中に打ち込んできて、舟に満ちそうになった。
04:38> ところが、イエス自身は、舳の方でまくらをして、眠っておられた。そこで、弟子たちはイエスをおこして、「先生、わたしどもがおぼれ死んでも、おかまいにならないのですか」と言った。
04:39> イエスは起きあがって風をしかり、海にむかって、「静まれ、黙れ」と言われると、風はやんで、大なぎになった。
04:40> イエスは彼らに言われた、「なぜ、そんなにこわがるのか。どうして信仰がないのか」。
04:41> 彼らは恐れおののいて、互に言った、「いったい、この方はだれだろう。風も海も従わせるとは」。

第五章

05:01> こうして彼らは海の向こう岸、ゲラサ人の地に着いた。
05:02> それから、イエスが舟からあがられるとすぐに、けがれた霊につかれた人が墓場から出てきて、イエスに出会った。
05:03> この人は墓場をすみかとしており、もはやだれも、鎖でさえも彼をつなぎとめて置けなかった。
05:04> 彼はたびたび足かせや鎖でつながれたが、鎖を引きちぎり、足かせを砕くので、だれも彼を押えつけることができなかったからである。
05:05> そして、夜昼たえまなく墓場や山で叫びつづけて、石で自分のからだを傷つけていた。
05:06> ところが、この人がイエスを遠くから見て、走り寄って拝し、
05:07> 大声で叫んで言った、「いと高き神の子イエスよ、あなたはわたしとなんの係わりがあるのです。神に誓ってお願いします。どうぞ、わたしを苦しめないでください」。
05:08> それは、イエスが、「けがれた霊よ、この人から出て行け」と言われたからである。
05:09> また彼に、「なんという名前か」と尋ねられると、「レギオンと言います。大ぜいなのですから」と答えた。
05:10> そして、自分たちをこの土地から追い出さないようにと、しきりに願いつづけた。
05:11> さて、そこの山の中腹に、豚の大群が飼ってあった。
05:12> 霊はイエスに願って言った、「わたしどもを、豚にはいらせてください。その中へ送ってください」。
05:13> イエスがお許しになったので、けがれた霊どもは出て行って、豚の中へはいり込んだ。すると、その群れは二千匹ばかりであったが、がけから海へなだれを打って駆け下り、海の中でおぼれ死んでしまった。
05:14> 豚を飼う者たちが逃げ出して、町や村にふれまわったので、人々は何事が起ったのかと見にきた。
05:15> そして、イエスのところにきて、悪霊につかれた人が着物を着て、正気になってすわっており、それがレギオンを宿していた者であるのを見て、恐れた。
05:16> また、それを見た人たちは、悪霊につかれた人の身に起った事と豚のこととを、彼らに話して聞かせた。
05:17> そこで、人々はイエスに、この地方から出て行っていただきたいと、頼みはじめた。
05:18> イエスが舟に乗ろうとされると、悪霊につかれていた人がお供をしたいと願い出た。
05:19> しかし、イエスはお許しにならないで、彼に言われた、「あなたの家族のもとに帰って、主がどんなに大きなことをしてくださったか、またどんなにあわれんでくださったか、それを知らせなさい」。
05:20> そこで、彼は立ち去り、そして自分にイエスがしてくださったことを、ことごとくデカポリスの地方に言いひろめ出したので、人々はみな驚き怪しんだ。
05:21> イエスがまた舟で向こう岸へ渡られると、大ぜいの群衆がみもとに集まってきた。イエスは海べにおられた。
05:22> そこへ、会堂司のひとりであるヤイロという者がきて、イエスを見かけるとその足もとにひれ伏し、
05:23> しきりに願って言った、「わたしの幼い娘が死にかかっています。どうぞ、その子がなおって助かりますように、おいでになって、手をおいてやってください」。
05:24> そこで、イエスは彼と一緒に出かけられた。大ぜいの群衆もイエスに押し迫りながら、ついて行った。
05:25> さてここに、十二年間も長血をわずらっている女がいた。
05:26> 多くの医者にかかって、さんざん苦しめられ、その持ち物をみな費してしまったが、なんのかいもないばかりか、かえってますます悪くなる一方であった。
05:27> この女がイエスのことを聞いて、群衆の中にまぎれ込み、うしろから、み衣にさわった。
05:28> それは、せめて、み衣にでもさわれば、なおしていただけるだろうと、思っていたからである。
05:29> すると、血の元がすぐにかわき、女は病気がなおったことを、その身に感じた。
05:30> イエスはすぐ、自分の内から力が出て行ったことに気づかれて、群衆の中で振り向き、「わたしの着物にさわったのはだれか」と言われた。
05:31> そこで弟子たちが言った、「ごらんのとおり、群衆があなたに押し迫っていますのに、だれがさわったかと、おっしゃるのですか」。
05:32> しかし、イエスはさわった者を見つけようとして、見まわしておられた。
05:33> その女は自分の身に起ったことを知って、恐れおののきながら進み出て、みまえにひれ伏して、すべてありのままを申し上げた。
05:34> イエスはその女に言われた、「娘よ、あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい。すっかりなおって、達者でいなさい」。
05:35> イエスが、まだ話しておられるうちに、会堂司の家から人々がきて言った、「あなたの娘はなくなりました。このうえ、先生を煩わすには及びますまい」。
05:36> イエスはその話している言葉を聞き流して、会堂司に言われた、「恐れることはない。ただ信じなさい」。
05:37> そしてペテロ、ヤコブ、ヤコブの兄弟ヨハネのほかは、ついて来ることを、だれにもお許しにならなかった。
05:38> 彼らが会堂司の家に着くと、イエスは人々が大声で泣いたり、叫んだりして、騒いでいるのをごらんになり、
05:39> 内にはいって、彼らに言われた、「なぜ泣き騒いでいるのか。子供は死んだのではない。眠っているだけである」。
05:40> 人々はイエスをあざ笑った。しかし、イエスはみんなの者を外に出し、子供の父母と供の者たちだけを連れて、子供のいる所にはいって行かれた。
05:41> そして子供の手を取って、「タリタ、クミ」と言われた。それは、「少女よ、さあ、起きなさい」という意味である。
05:42> すると、少女はすぐに起き上がって、歩き出した。十二歳にもなっていたからである。彼らはたちまち非常な驚きに打たれた。
05:43> イエスは、だれにもこの事を知らすなと、きびしく彼らに命じ、また、少女に食物を与えるようにと言われた。

第六章

06:01> イエスはそこを去って、郷里に行かれたが、弟子たちも従って行った。
06:02> そして、安息日になったので、会堂で教えはじめられた。それを聞いた多くの人々は、驚いて言った、「この人は、これらのことをどこで習ってきたのか。また、この人の授かった知恵はどうだろう。このような力あるわざがその手で行われているのは、どうしてか。
06:03> この人は大工ではないか。マリヤのむすこで、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではないか。またその姉妹たちも、ここにわたしたちと一緒にいるではないか」。こうして彼らはイエスにつまずいた。
06:04> イエスは言われた、「預言者は、自分の郷里、親族、家以外では、どこででも敬われないことはない」。
06:05> そして、そこでは力あるわざを一つもすることができず、ただ少数の病人に手をおいていやされただけであった。
06:06> そして、彼らの不信仰を驚き怪しまれた。それからイエスは、附近の村々を巡りあるいて教えられた。
06:07> また十二弟子を呼び寄せ、ふたりずつつかわすことにして、彼らにけがれた霊を制する権威を与え、
06:08> また旅のために、つえ一本のほかには何も持たないように、パンも、袋も、帯の中に銭も持たず、
06:09> ただわらじをはくだけで、下着も二枚は着ないように命じられた。
06:10> そして彼らに言われた、「どこへ行っても、家にはいったなら、その土地を去るまでは、そこにとどまっていなさい。
06:11> また、あなたがたを迎えず、あなたがたの話を聞きもしない所があったなら、そこから出て行くとき、彼らに対する抗議のしるしに、足の裏のちりを払い落しなさい」。
06:12> そこで、彼らは出て行って、悔改めを宣べ伝え、
06:13> 多くの悪霊を追い出し、大ぜいの病人に油をぬっていやした。
06:14> さて、イエスの名が知れわたって、ヘロデ王の耳にはいった。ある人々は「バプテスマのヨハネが、死人の中からよみがえってきたのだ。それで、あのような力が彼のうちに働いているのだ」と言い、
06:15> 他の人々は「彼はエリヤだ」と言い、また他の人々は「昔の預言者のような預言者だ」と言った。
06:16> ところが、ヘロデはこれを聞いて、「わたしが首を切ったあのヨハネがよみがえったのだ」と言った。
06:17> このヘロデは、自分の兄弟ピリポの妻ヘロデヤをめとったが、そのことで、人をつかわし、ヨハネを捕えて獄につないだ。
06:18> それは、ヨハネがヘロデに、「兄弟の妻をめとるのは、よろしくない」と言ったからである。
06:19> そこで、ヘロデヤはヨハネを恨み、彼を殺そうと思っていたが、できないでいた。
06:20> それはヘロデが、ヨハネは正しくて聖なる人であることを知って、彼を恐れ、彼に保護を加え、またその教を聞いて非常に悩みながらも、なお喜んで聞いていたからである。
06:21> ところが、よい機会がきた。ヘロデは自分の誕生日の祝に、高官や将校やガリラヤの重立った人たちを招いて宴会を催したが、
06:22> そこへ、このヘロデヤの娘がはいってきて舞をまい、ヘロデをはじめ列座の人たちを喜ばせた。そこで王はこの少女に「ほしいものはなんでも言いなさい。あなたにあげるから」と言い、
06:23> さらに「ほしければ、この国の半分でもあげよう」と誓って言った。
06:24> そこで少女は座をはずして、母に「何をお願いしましょうか」と尋ねると、母は「バプテスマのヨハネの首を」と答えた。
06:25> するとすぐ、少女は急いで王のところに行って願った、「今すぐに、バプテスマのヨハネの首を盆にのせて、それをいただきとうございます」。
06:26> 王は非常に困ったが、いったん誓ったのと、また列座の人たちの手前、少女の願いを退けることを好まなかった。
06:27> そこで、王はすぐに衛兵をつかわし、ヨハネの首を持って来るように命じた。衛兵は出て行き、獄中でヨハネの首を切り、
06:28> 盆にのせて持ってきて少女に与え、少女はそれを母にわたした。
06:29> ヨハネの弟子たちはこのことを聞き、その死体を引き取りにきて、墓に納めた。
06:30> さて、使徒たちはイエスのもとに集まってきて、自分たちがしたことや教えたことを、みな報告した。
06:31> するとイエスは彼らに言われた、「さあ、あなたがたは、人を避けて寂しい所へ行って、しばらく休むがよい」。それは、出入りする人が多くて、食事をする暇もなかったからである。
06:32> そこで彼らは人を避け、舟に乗って寂しい所へ行った。
06:33> ところが、多くの人々は彼らが出かけて行くのを見、それと気づいて、方々の町々からそこへ、一せいに駆けつけ、彼らより先に着いた。
06:34> イエスは舟から上がって大ぜいの群衆をごらんになり、飼う者のない羊のようなその有様を深くあわれんで、いろいろと教えはじめられた。
06:35> ところが、はや時もおそくなったので、弟子たちはイエスのもとにきて言った、「ここは寂しい所でもあり、もう時もおそくなりました。
06:36> みんなを解散させ、めいめいで何か食べる物を買いに、まわりの部落や村々へ行かせてください」。
06:37> イエスは答えて言われた、「あなたがたの手で食物をやりなさい」。弟子たちは言った、「わたしたちが二百デナリものパンを買ってきて、みんなに食べさせるのですか」。
06:38> するとイエスは言われた。「パンは幾つあるか。見てきなさい」。彼らは確かめてきて、「五つあります。それに魚が二ひき」と言った。
06:39> そこでイエスは、みんなを組々に分けて、青草の上にすわらせるように命じられた。
06:40> 人々は、あるいは百人ずつ、あるいは五十人ずつ、列をつくってすわった。
06:41> それから、イエスは五つのパンと二ひきの魚とを手に取り、天を仰いでそれを祝福し、パンをさき、弟子たちにわたして配らせ、また、二ひきの魚もみんなにお分けになった。
06:42> みんなの者は食べて満腹した。
06:43> そこで、パンくずや魚の残りを集めると、十二のかごにいっぱいになった。
06:44> パンを食べた者は男五千人であった。
06:45> それからすぐ、イエスは自分で群衆を解散させておられる間に、しいて弟子たちを舟に乗り込ませ、向こう岸のベツサイダへ先におやりになった。
06:46> そして群衆に別れてから、祈るために山へ退かれた。
06:47> 夕方になったとき、舟は海のまん中に出ており、イエスだけが陸地におられた。
06:48> ところが逆風が吹いていたために、弟子たちがこぎ悩んでいるのをごらんになって、夜明けの四時ごろ、海の上を歩いて彼らに近づき、そのそばを通り過ぎようとされた。
06:49> 彼らはイエスが海の上を歩いておられるのを見て、幽霊だと思い、大声で叫んだ。
06:50> みんなの者がそれを見て、おじ恐れたからである。しかし、イエスはすぐ彼らに声をかけ、「しっかりするのだ。わたしである。恐れることはない」と言われた。
06:51> そして、彼らの舟に乗り込まれると、風はやんだ。彼らは心の中で、非常に驚いた。
06:52> 先のパンのことを悟らず、その心が鈍くなっていたからである。
06:53> 彼らは海を渡り、ゲネサレの地に着いて舟をつないだ。
06:54> そして舟からあがると、人々はすぐイエスと知って、
06:55> その地方をあまねく駆けめぐり、イエスがおられると聞けば、どこへでも病人を床にのせて運びはじめた。
06:56> そして、村でも町でも部落でも、イエスがはいって行かれる所では、病人たちをその広場におき、せめてその上着のふさにでも、さわらせてやっていただきたいと、お願いした。そしてさわった者は皆いやされた。

第七章

07:01> さて、パリサイ人と、ある律法学者たちとが、エルサレムからきて、イエスのもとに集まった。
07:02> そして弟子たちのうちに、不浄な手、すなわち洗わない手で、パンを食べている者があるのを見た。
07:03> もともと、パリサイ人をはじめユダヤ人はみな、昔の人の言伝えをかたく守って、念入りに手を洗ってからでないと、食事をしない。
07:04> また市場から帰ったときには、身を清めてからでないと、食事をせず、なおそのほかにも、杯、鉢、銅器を洗うことなど、昔から受けついでかたく守っている事が、たくさんあった。
07:05> そこで、パリサイ人と律法学者たちとは、イエスに尋ねた、「なぜ、あなたの弟子たちは、昔の人の言伝えに従って歩まないで、不浄な手でパンを食べるのですか」。
07:06> イエスは言われた、「イザヤは、あなたがた偽善者について、こう書いているが、それは適切な預言である、『この民は、口さきではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている。
07:07> 人間のいましめを教として教え、無意味にわたしを拝んでいる』。
07:08> あなたがたは、神のいましめをさしおいて、人間の言伝えを固執している」。
07:09> また、言われた、「あなたがたは、自分たちの言伝えを守るために、よくも神のいましめを捨てたものだ。
07:10> モーセは言ったではないか、『父と母とを敬え』、また『父または母をののしる者は、必ず死に定められる』と。
07:11> それだのに、あなたがたは、もし人が父または母にむかって、あなたに差上げるはずのこのものはコルバン、すなわち、供え物ですと言えば、それでよいとして、
07:12> その人は父母に対して、もう何もしないで済むのだと言っている。
07:13> こうしてあなたがたは、自分たちが受けついだ言伝えによって、神の言を無にしている。また、このような事をしばしばおこなっている」。
07:14> それから、イエスは再び群衆を呼び寄せて言われた、「あなたがたはみんな、わたしの言うことを聞いて悟るがよい。
07:15> すべて外から人の中にはいって、人をけがしうるものはない。かえって、人の中から出てくるものが、人をけがすのである。
07:16> 〔聞く耳のある者は聞くがよい〕」。
07:17> イエスが群衆を離れて家にはいられると、弟子たちはこの譬について尋ねた。
07:18> すると、言われた、「あなたがたも、そんなに鈍いのか。すべて、外から人の中にはいって来るものは、人を汚し得ないことが、わからないのか。
07:19> それは人の心の中にはいるのではなく、腹の中にはいり、そして、外に出て行くだけである」。イエスはこのように、どんな食物でもきよいものとされた。
07:20> さらに言われた、「人から出て来るもの、それが人をけがすのである。
07:21> すなわち内部から、人の心の中から、悪い思いが出て来る。不品行、盗み、殺人、
07:22> 姦淫、貪欲、邪悪、欺き、好色、妬み、誹り、高慢、愚痴。
07:23> これらの悪はすべて内部から出てきて、人をけがすのである」。
07:24> さて、イエスは、そこを立ち去って、ツロの地方に行かれた。そして、だれにも知れないように、家の中にはいられたが、隠れていることができなかった。
07:25> そして、けがれた霊につかれた幼い娘をもつ女が、イエスのことをすぐ聞きつけてきて、その足もとにひれ伏した。
07:26> この女はギリシヤ人で、スロ・フェニキヤの生れであった。そして、娘から悪霊を追い出してくださいとお願いした。
07:27> イエスは女に言われた、「まず子供たちに十分食べさすべきである。子供たちのパンを取って小犬に投げてやるのは、よろしくない」。
07:28> すると女は答えて言った、「主よ、お言葉どおりです。でも、食卓の下にいる小犬も、子供たちのパンくずは、いただきます」。
07:29> そこでイエスは言われた、「その言葉で、じゅうぶんである。お帰りなさい。悪霊は娘から出てしまった」。
07:30> そこで、女が家に帰ってみると、その子は床の上に寝ており、悪霊は出てしまっていた。
07:31> それから、イエスはまたツロの地方を去り、シドンを経てデカポリス地方を通りぬけ、ガリラヤの海べにこられた。
07:32> すると人々は、耳が聞えず口のきけない人を、みもとに連れてきて、手を置いてやっていただきたいとお願いした。
07:33> そこで、イエスは彼ひとりを群衆の中から連れ出し、その両耳に指をさし入れ、それから、つばきでその舌を潤し、
07:34> 天を仰いでため息をつき、その人に「エパタ」と言われた。これは「開けよ」という意味である。
07:35> すると彼の耳が開け、その舌のもつれもすぐ解けて、はっきりと話すようになった。
07:36> イエスは、この事をだれにも言ってはならぬと、人々に口止めをされたが、口止めをすればするほど、かえって、ますます言いひろめた。
07:37> 彼らは、ひとかたならず驚いて言った、「このかたのなさった事は、何もかも、すばらしい。耳の聞えない者を聞えるようにしてやり、口のきけない者をきけるようにしておやりになった」。

第八章

08:01> そのころ、また大ぜいの群衆が集まっていたが、何も食べるものがなかったので、イエスは弟子たちを呼び寄せて言われた、
08:02> 「この群衆がかわいそうである。もう三日間もわたしと一緒にいるのに、何も食べるものがない。
08:03> もし、彼らを空腹のまま家に帰らせるなら、途中で弱り切ってしまうであろう。それに、なかには遠くからきている者もある」。
08:04> 弟子たちは答えた、「こんな荒野で、どこからパンを手に入れて、これらの人々にじゅうぶん食べさせることができましょうか」。
08:05> イエスが弟子たちに、「パンはいくつあるか」と尋ねられると、「七つあります」と答えた。
08:06> そこでイエスは群衆に地にすわるように命じられた。そして七つのパンを取り、感謝してこれをさき、人々に配るように弟子たちに渡されると、弟子たちはそれを群衆に配った。
08:07> また小さい魚が少しばかりあったので、祝福して、それをも人々に配るようにと言われた。
08:08> 彼らは食べて満腹した。そして残ったパンくずを集めると、七かごになった。
08:09> 人々の数はおよそ四千人であった。それからイエスは彼らを解散させ、
08:10> すぐ弟子たちと共に舟に乗って、ダルマヌタの地方へ行かれた。
08:11> パリサイ人たちが出てきて、イエスを試みようとして議論をしかけ、天からのしるしを求めた。
08:12> イエスは、心の中で深く嘆息して言われた、「なぜ、今の時代はしるしを求めるのだろう。よく言い聞かせておくが、しるしは今の時代には決して与えられない」。
08:13> そして、イエスは彼らをあとに残し、また舟に乗って向こう岸へ行かれた。
08:14> 弟子たちはパンを持って来るのを忘れていたので、舟の中にはパン一つしか持ち合わせがなかった。
08:15> そのとき、イエスは彼らを戒めて、「パリサイ人のパン種とヘロデのパン種とを、よくよく警戒せよ」と言われた。
08:16> 弟子たちは、これを自分たちがパンを持っていないためであろうと、互に論じ合った。
08:17> イエスはそれと知って、彼らに言われた、「なぜ、パンがないからだと論じ合っているのか。まだわからないのか、悟らないのか。あなたがたの心は鈍くなっているのか。
08:18> 目があっても見えないのか。耳があっても聞えないのか。まだ思い出さないのか。
08:19> 五つのパンをさいて五千人に分けたとき、拾い集めたパンくずは、幾つのかごになったか」。弟子たちは答えた、「十二かごです」。
08:20> 「七つのパンを四千人に分けたときには、パンくずを幾つのかごに拾い集めたか」。「七かごです」と答えた。
08:21> そこでイエスは彼らに言われた、「まだ悟らないのか」。
08:22> そのうちに、彼らはベツサイダに着いた。すると人々が、ひとりの盲人を連れてきて、さわってやっていただきたいとお願いした。
08:23> イエスはこの盲人の手をとって、村の外に連れ出し、その両方の目につばきをつけ、両手を彼に当てて、「何か見えるか」と尋ねられた。
08:24> すると彼は顔を上げて言った、「人が見えます。木のように見えます。歩いているようです」。
08:25> それから、イエスが再び目の上に両手を当てられると、盲人は見つめているうちに、なおってきて、すべてのものがはっきりと見えだした。
08:26> そこでイエスは、「村にはいってはいけない」と言って、彼を家に帰された。
08:27> さて、イエスは弟子たちとピリポ・カイザリヤの村々へ出かけられたが、その途中で、弟子たちに尋ねて言われた、「人々は、わたしをだれと言っているか」。
08:28> 彼らは答えて言った、「バプテスマのヨハネだと、言っています。また、エリヤだと言い、また、預言者のひとりだと言っている者もあります」。
08:29> そこでイエスは彼らに尋ねられた、「それでは、あなたがたはわたしをだれと言うか」。ペテロが答えて言った、「あなたこそキリストです」。
08:30> するとイエスは、自分のことをだれにも言ってはいけないと、彼らを戒められた。
08:31> それから、人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちに捨てられ、また殺され、そして三日の後によみがえるべきことを、彼らに教えはじめ、
08:32> しかもあからさまに、この事を話された。すると、ペテロはイエスをわきへ引き寄せて、いさめはじめたので、
08:33> イエスは振り返って、弟子たちを見ながら、ペテロをしかって言われた、「サタンよ、引きさがれ。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている」。
08:34> それから群衆を弟子たちと一緒に呼び寄せて、彼らに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。
08:35> 自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのため、また福音のために、自分の命を失う者は、それを救うであろう。
08:36> 人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。
08:37> また、人はどんな代価を払って、その命を買いもどすことができようか。
08:38> 邪悪で罪深いこの時代にあって、わたしとわたしの言葉とを恥じる者に対しては、人の子もまた、父の栄光のうちに聖なる御使たちと共に来るときに、その者を恥じるであろう」。

第九章

09:01> また、彼らに言われた、「よく聞いておくがよい。神の国が力をもって来るのを見るまでは、決して死を味わわない者が、ここに立っている者の中にいる」。
09:02> 六日の後、イエスは、ただペテロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。ところが、彼らの目の前でイエスの姿が変り、
09:03> その衣は真白く輝き、どんな布さらしでも、それほどに白くすることはできないくらいになった。
09:04> すると、エリヤがモーセと共に彼らに現れて、イエスと語り合っていた。
09:05> ペテロはイエスにむかって言った、「先生、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。それで、わたしたちは小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのために、一つはモーセのために、一つはエリヤのために」。
09:06> そう言ったのは、みんなの者が非常に恐れていたので、ペテロは何を言ってよいか、わからなかったからである。
09:07> すると、雲がわき起って彼らをおおった。そして、その雲の中から声があった、「これはわたしの愛する子である。これに聞け」。
09:08> 彼らは急いで見まわしたが、もはやだれも見えず、ただイエスだけが、自分たちと一緒におられた。
09:09> 一同が山を下って来るとき、イエスは「人の子が死人の中からよみがえるまでは、いま見たことをだれにも話してはならない」と、彼らに命じられた。
09:10> 彼らはこの言葉を心にとめ、死人の中からよみがえるとはどういうことかと、互に論じ合った。
09:11> そしてイエスに尋ねた、「なぜ、律法学者たちは、エリヤが先に来るはずだと言っているのですか」。
09:12> イエスは言われた、「確かに、エリヤが先にきて、万事を元どおりに改める。しかし、人の子について、彼が多くの苦しみを受け、かつ恥ずかしめられると、書いてあるのはなぜか。
09:13> しかしあなたがたに言っておく、エリヤはすでにきたのだ。そして彼について書いてあるように、人々は自分かってに彼をあしらった」。
09:14> さて、彼らがほかの弟子たちの所にきて見ると、大ぜいの群衆が弟子たちを取り囲み、そして律法学者たちが彼らと論じ合っていた。
09:15> 群衆はみな、すぐイエスを見つけて、非常に驚き、駆け寄ってきて、あいさつをした。
09:16> イエスが彼らに、「あなたがたは彼らと何を論じているのか」と尋ねられると、
09:17> 群衆のひとりが答えた、「先生、口をきけなくする霊につかれているわたしのむすこを、こちらに連れて参りました。
09:18> 霊がこのむすこにとりつきますと、どこででも彼を引き倒し、それから彼はあわを吹き、歯をくいしばり、からだをこわばらせてしまいます。それでお弟子たちに、この霊を追い出してくださるように願いましたが、できませんでした」。
09:19> イエスは答えて言われた、「ああ、なんという不信仰な時代であろう。いつまで、わたしはあなたがたと一緒におられようか。いつまで、あなたがたに我慢ができようか。その子をわたしの所に連れてきなさい」。
09:20> そこで人々は、その子をみもとに連れてきた。霊がイエスを見るや否や、その子をひきつけさせたので、子は地に倒れ、あわを吹きながらころげまわった。
09:21> そこで、イエスが父親に「いつごろから、こんなになったのか」と尋ねられると、父親は答えた、「幼い時からです。
09:22> 霊はたびたび、この子を火の中、水の中に投げ入れて、殺そうとしました。しかしできますれば、わたしどもをあわれんでお助けください」。
09:23> イエスは彼に言われた、「もしできれば、と言うのか。信ずる者には、どんな事でもできる」。
09:24> その子の父親はすぐ叫んで言った、「信じます。不信仰なわたしを、お助けください」。
09:25> イエスは群衆が駆け寄って来るのをごらんになって、けがれた霊をしかって言われた、「言うことも聞くこともさせない霊よ、わたしがおまえに命じる。この子から出て行け。二度と、はいって来るな」。
09:26> すると霊は叫び声をあげ、激しく引きつけさせて出て行った。その子は死人のようになったので、多くの人は、死んだのだと言った。
09:27> しかし、イエスが手を取って起されると、その子は立ち上がった。
09:28> 家にはいられたとき、弟子たちはひそかにお尋ねした、「わたしたちは、どうして霊を追い出せなかったのですか」。
09:29> すると、イエスは言われた、「このたぐいは、祈によらなければ、どうしても追い出すことはできない」。
09:30> それから彼らはそこを立ち去り、ガリラヤをとおって行ったが、イエスは人に気づかれるのを好まれなかった。
09:31> それは、イエスが弟子たちに教えて、「人の子は人々の手にわたされ、彼らに殺され、殺されてから三日の後によみがえるであろう」と言っておられたからである。
09:32> しかし、彼らはイエスの言われたことを悟らず、また尋ねるのを恐れていた。
09:33> それから彼らはカペナウムにきた。そして家におられるとき、イエスは弟子たちに尋ねられた、「あなたがたは途中で何を論じていたのか」。
09:34> 彼らは黙っていた。それは途中で、だれが一ばん偉いかと、互に論じ合っていたからである。
09:35> そこで、イエスはすわって十二弟子を呼び、そして言われた、「だれでも一ばん先になろうと思うならば、一ばんあとになり、みんなに仕える者とならねばならない」。
09:36> そして、ひとりの幼な子をとりあげて、彼らのまん中に立たせ、それを抱いて言われた。
09:37> 「だれでも、このような幼な子のひとりを、わたしの名のゆえに受けいれる者は、わたしを受けいれるのである。そして、わたしを受けいれる者は、わたしを受けいれるのではなく、わたしをおつかわしになったかたを受けいれるのである」。
09:38> ヨハネがイエスに言った、「先生、わたしたちについてこない者が、あなたの名を使って悪霊を追い出しているのを見ましたが、その人はわたしたちについてこなかったので、やめさせました」。
09:39> イエスは言われた、「やめさせないがよい。だれでもわたしの名で力あるわざを行いながら、すぐそのあとで、わたしをそしることはできない。
09:40> わたしたちに反対しない者は、わたしたちの味方である。
09:41> だれでも、キリストについている者だというので、あなたがたに水一杯でも飲ませてくれるものは、よく言っておくが、決してその報いからもれることはないであろう。
09:42> また、わたしを信じるこれらの小さい者のひとりをつまずかせる者は、大きなひきうすを首にかけられて海に投げ込まれた方が、はるかによい。
09:43> もし、あなたの片手が罪を犯させるなら、それを切り捨てなさい。両手がそろったままで地獄の消えない火の中に落ち込むよりは、片手になって命に入る方がよい。
09:44> 〔地獄では、うじがつきず、火も消えることがない。〕
09:45> もし、あなたの片足が罪を犯させるなら、それを切り捨てなさい。両足がそろったままで地獄に投げ入れられるよりは、片足で命に入る方がよい。
09:46> 〔地獄では、うじがつきず、火も消えることがない。〕
09:47> もし、あなたの片目が罪を犯させるなら、それを抜き出しなさい。両眼がそろったままで地獄に投げ入れられるよりは、片目になって神の国に入る方がよい。
09:48> 地獄では、うじがつきず、火も消えることがない。
09:49> 人はすべて火で塩づけられねばならない。
09:50> 塩はよいものである。しかし、もしその塩の味がぬけたら、何によってその味が取りもどされようか。あなたがた自身の内に塩を持ちなさい。そして、互に和らぎなさい」。

第十章

10:01> それから、イエスはそこを去って、ユダヤの地方とヨルダンの向こう側へ行かれたが、群衆がまた寄り集まったので、いつものように、また教えておられた。
10:02> そのとき、パリサイ人たちが近づいてきて、イエスを試みようとして質問した、「夫はその妻を出しても差しつかえないでしょうか」。
10:03> イエスは答えて言われた、「モーセはあなたがたになんと命じたか」。
10:04> 彼らは言った、「モーセは、離縁状を書いて妻を出すことを許しました」。
10:05> そこでイエスは言われた、「モーセはあなたがたの心が、かたくななので、あなたがたのためにこの定めを書いたのである。
10:06> しかし、天地創造の初めから、『神は人を男と女とに造られた。
10:07> それゆえに、人はその父母を離れ、
10:08> ふたりの者は一体となるべきである』。彼らはもはや、ふたりではなく一体である。
10:09> だから、神が合わせられたものを、人は離してはならない」。
10:10> 家にはいってから、弟子たちはまたこのことについて尋ねた。
10:11> そこで、イエスは言われた、「だれでも、自分の妻を出して他の女をめとる者は、その妻に対して姦淫を行うのである。
10:12> また妻が、その夫と別れて他の男にとつぐならば、姦淫を行うのである」。
10:13> イエスにさわっていただくために、人々が幼な子らをみもとに連れてきた。ところが、弟子たちは彼らをたしなめた。
10:14> それを見てイエスは憤り、彼らに言われた、「幼な子らをわたしの所に来るままにしておきなさい。止めてはならない。神の国はこのような者の国である。
10:15> よく聞いておくがよい。だれでも幼な子のように神の国を受けいれる者でなければ、そこにはいることは決してできない」。
10:16> そして彼らを抱き、手をその上において祝福された。
10:17> イエスが道に出て行かれると、ひとりの人が走り寄り、みまえにひざまずいて尋ねた、「よき師よ、永遠の生命を受けるために、何をしたらよいでしょうか」。
10:18> イエスは言われた、「なぜわたしをよき者と言うのか。神ひとりのほかによい者はいない。
10:19> いましめはあなたの知っているとおりである。『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証を立てるな。欺き取るな。父と母とを敬え』」。
10:20> すると、彼は言った、「先生、それらの事はみな、小さい時から守っております」。
10:21> イエスは彼に目をとめ、いつくしんで言われた、「あなたに足りないことが一つある。帰って、持っているものをみな売り払って、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい」。
10:22> すると、彼はこの言葉を聞いて、顔を曇らせ、悲しみながら立ち去った。たくさんの資産を持っていたからである。
10:23> それから、イエスは見まわして、弟子たちに言われた、「財産のある者が神の国にはいるのは、なんとむずかしいことであろう」。
10:24> 弟子たちはこの言葉に驚き怪しんだ。イエスは更に言われた、「子たちよ、神の国にはいるのは、なんとむずかしいことであろう。
10:25> 富んでいる者が神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通る方が、もっとやさしい」。
10:26> すると彼らはますます驚いて、互に言った、「それでは、だれが救われることができるのだろう」。
10:27> イエスは彼らを見つめて言われた、「人にはできないが、神にはできる。神はなんでもできるからである」。
10:28> ペテロがイエスに言い出した、「ごらんなさい、わたしたちはいっさいを捨てて、あなたに従って参りました」。
10:29> イエスは言われた、「よく聞いておくがよい。だれでもわたしのために、また福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子、もしくは畑を捨てた者は、
10:30> 必ずその百倍を受ける。すなわち、今この時代では家、兄弟、姉妹、母、子および畑を迫害と共に受け、また、きたるべき世では永遠の生命を受ける。
10:31> しかし、多くの先の者はあとになり、あとの者は先になるであろう」。
10:32> さて、一同はエルサレムへ上る途上にあったが、イエスが先頭に立って行かれたので、彼らは驚き怪しみ、従う者たちは恐れた。するとイエスはまた十二弟子を呼び寄せて、自分の身に起ろうとすることについて語りはじめられた、
10:33> 「見よ、わたしたちはエルサレムへ上って行くが、人の子は祭司長、律法学者たちの手に引きわたされる。そして彼らは死刑を宣告した上、彼を異邦人に引きわたすであろう。
10:34> また彼をあざけり、つばきをかけ、むち打ち、ついに殺してしまう。そして彼は三日の後によみがえるであろう」。
10:35> さて、ゼベダイの子ヤコブとヨハネとがイエスのもとにきて言った、「先生、わたしたちがお頼みすることは、なんでもかなえてくださるようにお願いします」。
10:36> イエスは彼らに「何をしてほしいと、願うのか」と言われた。
10:37> すると彼らは言った、「栄光をお受けになるとき、ひとりをあなたの右に、ひとりを左にすわるようにしてください」。
10:38> イエスは言われた、「あなたがたは自分が何を求めているのか、わかっていない。あなたがたは、わたしが飲む杯を飲み、わたしが受けるバプテスマを受けることができるか」。
10:39> 彼らは「できます」と答えた。するとイエスは言われた、「あなたがたは、わたしが飲む杯を飲み、わたしが受けるバプテスマを受けるであろう。
10:40> しかし、わたしの右、左にすわらせることは、わたしのすることではなく、ただ備えられている人々だけに許されることである」。
10:41> 十人の者はこれを聞いて、ヤコブとヨハネとのことで憤慨し出した。
10:42> そこで、イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたの知っているとおり、異邦人の支配者と見られている人々は、その民を治め、また偉い人たちは、その民の上に権力をふるっている。
10:43> しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。かえって、あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、仕える人となり、
10:44> あなたがたの間でかしらになりたいと思う者は、すべての人の僕とならねばならない。
10:45> 人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、また多くの人のあがないとして、自分の命を与えるためである」。
10:46> それから、彼らはエリコにきた。そしてイエスが弟子たちや大ぜいの群衆と共にエリコから出かけられたとき、テマイの子、バルテマイという盲人のこじきが、道ばたにすわっていた。
10:47> ところが、ナザレのイエスだと聞いて、彼は「ダビデの子イエスよ、わたしをあわれんでください」と叫び出した。
10:48> 多くの人々は彼をしかって黙らせようとしたが、彼はますます激しく叫びつづけた、「ダビデの子イエスよ、わたしをあわれんでください」。
10:49> イエスは立ちどまって、「彼を呼べ」と命じられた。そこで、人々はその盲人を呼んで言った、「喜べ、立て、おまえを呼んでおられる」。
10:50> そこで彼は上着を脱ぎ捨て、踊りあがってイエスのもとにきた。
10:51> イエスは彼にむかって言われた、「わたしに何をしてほしいのか」。その盲人は言った、「先生、見えるようになることです」。
10:52> そこでイエスは言われた、「行け、あなたの信仰があなたを救った」。すると彼は、たちまち見えるようになり、イエスに従って行った。

第十一章

11:01> さて、彼らがエルサレムに近づき、オリブの山に沿ったベテパゲ、ベタニヤの附近にきた時、イエスはふたりの弟子をつかわして言われた、
11:02> 「むこうの村へ行きなさい。そこにはいるとすぐ、まだだれも乗ったことのないろばの子が、つないであるのを見るであろう。それを解いて引いてきなさい。
11:03> もし、だれかがあなたがたに、なぜそんな事をするのかと言ったなら、主がお入り用なのです。またすぐ、ここへ返してくださいますと、言いなさい」。
11:04> そこで、彼らは出かけて行き、そして表通りの戸口に、ろばの子がつないであるのを見たので、それを解いた。
11:05> すると、そこに立っていた人々が言った、「そのろばの子を解いて、どうするのか」。
11:06> 弟子たちは、イエスが言われたとおり彼らに話したので、ゆるしてくれた。
11:07> そこで、弟子たちは、そのろばの子をイエスのところに引いてきて、自分たちの上着をそれに投げかけると、イエスはその上にお乗りになった。
11:08> すると多くの人々は自分たちの上着を道に敷き、また他の人々は葉のついた枝を野原から切ってきて敷いた。
11:09> そして、前に行く者も、あとに従う者も共に叫びつづけた、「ホサナ、主の御名によってきたる者に、祝福あれ。
11:10> 今きたる、われらの父ダビデの国に、祝福あれ。いと高き所に、ホサナ」。
11:11> こうしてイエスはエルサレムに着き、宮にはいられた。そして、すべてのものを見まわった後、もはや時もおそくなっていたので、十二弟子と共にベタニヤに出て行かれた。
11:12> 翌日、彼らがベタニヤから出かけてきたとき、イエスは空腹をおぼえられた。
11:13> そして、葉の茂ったいちじくの木を遠くからごらんになって、その木に何かありはしないかと近寄られたが、葉のほかは何も見当らなかった。いちじくの季節でなかったからである。
11:14> そこで、イエスはその木にむかって、「今から後いつまでも、おまえの実を食べる者がないように」と言われた。弟子たちはこれを聞いていた。
11:15> それから、彼らはエルサレムにきた。イエスは宮に入り、宮の庭で売り買いしていた人々を追い出しはじめ、両替人の台や、はとを売る者の腰掛をくつがえし、
11:16> また器ものを持って宮の庭を通り抜けるのをお許しにならなかった。
11:17> そして、彼らに教えて言われた、「『わたしの家は、すべての国民の祈の家ととなえらるべきである』と書いてあるではないか。それだのに、あなたがたはそれを強盗の巣にしてしまった」。
11:18> 祭司長、律法学者たちはこれを聞いて、どうかしてイエスを殺そうと計った。彼らは、群衆がみなその教に感動していたので、イエスを恐れていたからである。
11:19> 夕方になると、イエスと弟子たちとは、いつものように都の外に出て行った。
11:20> 朝はやく道をとおっていると、彼らは先のいちじくが根元から枯れているのを見た。
11:21> そこで、ペテロは思い出してイエスに言った、「先生、ごらんなさい。あなたがのろわれたいちじくが、枯れています」。
11:22> イエスは答えて言われた、「神を信じなさい。
11:23> よく聞いておくがよい。だれでもこの山に、動き出して、海の中にはいれと言い、その言ったことは必ず成ると、心に疑わないで信じるなら、そのとおりに成るであろう。
11:24> そこで、あなたがたに言うが、なんでも祈り求めることは、すでにかなえられたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになるであろう。
11:25> また立って祈るとき、だれかに対して、何か恨み事があるならば、ゆるしてやりなさい。そうすれば、天にいますあなたがたの父も、あなたがたのあやまちを、ゆるしてくださるであろう。
11:26> 〔もしゆるさないならば、天にいますあなたがたの父も、あなたがたのあやまちを、ゆるしてくださらないであろう〕」。
11:27> 彼らはまたエルサレムにきた。そして、イエスが宮の内を歩いておられると、祭司長、律法学者、長老たちが、みもとにきて言った、
11:28> 「何の権威によってこれらの事をするのですか。だれが、そうする権威を授けたのですか」。
11:29> そこで、イエスは彼らに言われた、「一つだけ尋ねよう。それに答えてほしい。そうしたら、何の権威によって、わたしがこれらの事をするのか、あなたがたに言おう。
11:30> ヨハネのバプテスマは天からであったか、人からであったか、答えなさい」。
11:31> すると、彼らは互に論じて言った、「もし天からだと言えば、では、なぜ彼を信じなかったのか、とイエスは言うだろう。
11:32> しかし、人からだと言えば……」。彼らは群衆を恐れていた。人々が皆、ヨハネを預言者だとほんとうに思っていたからである。
11:33> それで彼らは「わたしたちにはわかりません」と答えた。するとイエスは言われた、「わたしも何の権威によってこれらの事をするのか、あなたがたに言うまい」。

第十二章

12:01> そこでイエスは譬で彼らに語り出された、「ある人がぶどう園を造り、垣をめぐらし、また酒ぶねの穴を掘り、やぐらを立て、それを農夫たちに貸して、旅に出かけた。
12:02> 季節になったので、農夫たちのところへ、ひとりの僕を送って、ぶどう園の収穫の分け前を取り立てさせようとした。
12:03> すると、彼らはその僕をつかまえて、袋だだきにし、から手で帰らせた。
12:04> また他の僕を送ったが、その頭をなぐって侮辱した。
12:05> そこでまた他の者を送ったが、今度はそれを殺してしまった。そのほか、なお大ぜいの者を送ったが、彼らを打ったり、殺したりした。
12:06> ここに、もうひとりの者がいた。それは彼の愛子であった。自分の子は敬ってくれるだろうと思って、最後に彼をつかわした。
12:07> すると、農夫たちは『あれはあと取りだ。さあ、これを殺してしまおう。そうしたら、その財産はわれわれのものになるのだ』と話し合い、
12:08> 彼をつかまえて殺し、ぶどう園の外に投げ捨てた。
12:09> このぶどう園の主人は、どうするだろうか。彼は出てきて、農夫たちを殺し、ぶどう園を他の人々に与えるであろう。
12:10> あなたがたは、この聖書の句を読んだことがないのか。『家造りらの捨てた石が隅のかしら石になった。
12:11> これは主がなされたことで、わたしたちの目には不思議に見える』」。
12:12> 彼らはいまの譬が、自分たちに当てて語られたことを悟ったので、イエスを捕えようとしたが、群衆を恐れた。そしてイエスをそこに残して立ち去った。
12:13> さて、人々はパリサイ人やヘロデ党の者を数人、イエスのもとにつかわして、その言葉じりを捕えようとした。
12:14> 彼らはきてイエスに言った、「先生、わたしたちはあなたが真実なかたで、だれをも、はばかられないことを知っています。あなたは人に分け隔てをなさらないで、真理に基いて神の道を教えてくださいます。ところで、カイザルに税金を納めてよいでしょうか、いけないでしょうか。納めるべきでしょうか、納めてはならないのでしょうか」。
12:15> イエスは彼らの偽善を見抜いて言われた、「なぜわたしをためそうとするのか。デナリを持ってきて見せなさい」。
12:16> 彼らはそれを持ってきた。そこでイエスは言われた、「これは、だれの肖像、だれの記号か」。彼らは「カイザルのです」と答えた。
12:17> するとイエスは言われた、「カイザルのものはカイザルに、神のものは神に返しなさい」。彼らはイエスに驚嘆した。
12:18> 復活ということはないと主張していたサドカイ人たちが、イエスのもとにきて質問した、
12:19> 「先生、モーセは、わたしたちのためにこう書いています、『もし、ある人の兄が死んで、その残された妻に、子がない場合には、弟はこの女をめとって、兄のために子をもうけねばならない』。
12:20> ここに、七人の兄弟がいました。長男は妻をめとりましたが、子がなくて死に、
12:21> 次男がその女をめとって、また子をもうけずに死に、三男も同様でした。
12:22> こうして、七人ともみな子孫を残しませんでした。最後にその女も死にました。
12:23> 復活のとき、彼らが皆よみがえった場合、この女はだれの妻なのでしょうか。七人とも彼女を妻にしたのですが」。
12:24> イエスは言われた、「あなたがたがそんな思い違いをしているのは、聖書も神の力も知らないからではないか。
12:25> 彼らが死人の中からよみがえるときには、めとったり、とついだりすることはない。彼らは天にいる御使のようなものである。
12:26> 死人がよみがえることについては、モーセの書の柴の篇で、神がモーセに仰せられた言葉を読んだことがないのか。『わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である』とあるではないか。
12:27> 神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である。あなたがたは非常な思い違いをしている」。
12:28> ひとりの律法学者がきて、彼らが互に論じ合っているのを聞き、またイエスが巧みに答えられたのを認めて、イエスに質問した、「すべてのいましめの中で、どれが第一のものですか」。
12:29> イエスは答えられた、「第一のいましめはこれである、『イスラエルよ、聞け。主なるわたしたちの神は、ただひとりの主である。
12:30> 心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。
12:31> 第二はこれである、『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』。これより大事ないましめは、ほかにない」。
12:32> そこで、この律法学者はイエスに言った、「先生、仰せのとおりです、『神はひとりであって、そのほかに神はない』と言われたのは、ほんとうです。
12:33> また『心をつくし、知恵をつくし、力をつくして神を愛し、また自分を愛するように隣り人を愛する』ということは、すべての燔祭や犠牲よりも、はるかに大事なことです」。
12:34> イエスは、彼が適切な答をしたのを見て言われた、「あなたは神の国から遠くない」。それから後は、イエスにあえて問う者はなかった。
12:35> イエスが宮で教えておられたとき、こう言われた、「律法学者たちは、どうしてキリストをダビデの子だと言うのか。
12:36> ダビデ自身が聖霊に感じて言った、『主はわが主に仰せになった、あなたの敵をあなたの足もとに置くときまでは、わたしの右に座していなさい』。
12:37> このように、ダビデ自身がキリストを主と呼んでいる。それなら、どうしてキリストはダビデの子であろうか」。大ぜいの群衆は、喜んでイエスに耳を傾けていた。
12:38> イエスはその教の中で言われた、「律法学者に気をつけなさい。彼らは長い衣を着て歩くことや、広場であいさつされることや、
12:39> また会堂の上席、宴会の上座を好んでいる。
12:40> また、やもめたちの家を食い倒し、見えのために長い祈をする。彼らはもっときびしいさばきを受けるであろう」。
12:41> イエスは、さいせん箱にむかってすわり、群衆がその箱に金を投げ入れる様子を見ておられた。多くの金持は、たくさんの金を投げ入れていた。
12:42> ところが、ひとりの貧しいやもめがきて、レプタ二つを入れた。それは一コドラントに当る。
12:43> そこで、イエスは弟子たちを呼び寄せて言われた、「よく聞きなさい。あの貧しいやもめは、さいせん箱に投げ入れている人たちの中で、だれよりもたくさん入れたのだ。
12:44> みんなの者はありあまる中から投げ入れたが、あの婦人はその乏しい中から、あらゆる持ち物、その生活費全部を入れたからである」。

第十三章

13:01> イエスが宮から出て行かれるとき、弟子のひとりが言った、「先生、ごらんなさい。なんという見事な石、なんという立派な建物でしょう」。
13:02> イエスは言われた、「あなたは、これらの大きな建物をながめているのか。その石一つでもくずされないままで、他の石の上に残ることもなくなるであろう」。
13:03> またオリブ山で、宮にむかってすわっておられると、ペテロ、ヤコブ、ヨハネ、アンデレが、ひそかにお尋ねした。
13:04> 「わたしたちにお話しください。いつ、そんなことが起るのでしょうか。またそんなことがことごとく成就するような場合には、どんな前兆がありますか」。
13:05> そこで、イエスは話しはじめられた、「人に惑わされないように気をつけなさい。
13:06> 多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がそれだと言って、多くの人を惑わすであろう。
13:07> また、戦争と戦争のうわさとを聞くときにも、あわてるな。それは起らねばならないが、まだ終りではない。
13:08> 民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに地震があり、またききんが起るであろう。これらは産みの苦しみの初めである。
13:09> あなたがたは自分で気をつけていなさい。あなたがたは、わたしのために、衆議所に引きわたされ、会堂で打たれ、長官たちや王たちの前に立たされ、彼らに対してあかしをさせられるであろう。
13:10> こうして、福音はまずすべての民に宣べ伝えられねばならない。
13:11> そして、人々があなたがたを連れて行って引きわたすとき、何を言おうかと、前もって心配するな。その場合、自分に示されることを語るがよい。語る者はあなたがた自身ではなくて、聖霊である。
13:12> また兄弟は兄弟を、父は子を殺すために渡し、子は両親に逆らって立ち、彼らを殺させるであろう。
13:13> また、あなたがたはわたしの名のゆえに、すべての人に憎まれるであろう。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。
13:14> 荒らす憎むべきものが、立ってはならぬ所に立つのを見たならば(読者よ、悟れ)、そのとき、ユダヤにいる人々は山へ逃げよ。
13:15> 屋上にいる者は、下におりるな。また家から物を取り出そうとして内にはいるな。
13:16> 畑にいる者は、上着を取りにあとへもどるな。
13:17> その日には、身重の女と乳飲み子をもつ女とは、不幸である。
13:18> この事が冬おこらぬように祈れ。
13:19> その日には、神が万物を造られた創造の初めから現在に至るまで、かつてなく今後もないような患難が起るからである。
13:20> もし主がその期間を縮めてくださらないなら、救われる者はひとりもないであろう。しかし、選ばれた選民のために、その期間を縮めてくださったのである。
13:21> そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、『見よ、あそこにいる』と言っても、それを信じるな。
13:22> にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、しるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう。
13:23> だから、気をつけていなさい。いっさいの事を、あなたがたに前もって言っておく。
13:24> その日には、この患難の後、日は暗くなり、月はその光を放つことをやめ、
13:25> 星は空から落ち、天体は揺り動かされるであろう。
13:26> そのとき、大いなる力と栄光とをもって、人の子が雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。
13:27> そのとき、彼は御使たちをつかわして、地のはてから天のはてまで、四方からその選民を呼び集めるであろう。
13:28> いちじくの木からこの譬を学びなさい。その枝が柔らかになり、葉が出るようになると、夏の近いことがわかる。
13:29> そのように、これらの事が起るのを見たならば、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。
13:30> よく聞いておきなさい。これらの事が、ことごとく起るまでは、この時代は滅びることがない。
13:31> 天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びることがない。
13:32> その日、その時は、だれも知らない。天にいる御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。
13:33> 気をつけて、目をさましていなさい。その時がいつであるか、あなたがたにはわからないからである。
13:34> それはちょうど、旅に立つ人が家を出るに当り、その僕たちに、それぞれ仕事を割り当てて責任をもたせ、門番には目をさましておれと、命じるようなものである。
13:35> だから、目をさましていなさい。いつ、家の主人が帰って来るのか、夕方か、夜中か、にわとりの鳴くころか、明け方か、わからないからである。
13:36> あるいは急に帰ってきて、あなたがたの眠っているところを見つけるかも知れない。
13:37> 目をさましていなさい。わたしがあなたがたに言うこの言葉は、すべての人々に言うのである」。

第十四章

14:01> さて、過越と除酵との祭の二日前になった。祭司長たちや律法学者たちは、策略をもってイエスを捕えたうえ、なんとかして殺そうと計っていた。
14:02> 彼らは、「祭の間はいけない。民衆が騒ぎを起すかも知れない」と言っていた。
14:03> イエスがベタニヤで、らい病人シモンの家にいて、食卓についておられたとき、ひとりの女が、非常に高価で純粋なナルドの香油が入れてある石膏のつぼを持ってきて、それをこわし、香油をイエスの頭に注ぎかけた。
14:04> すると、ある人々が憤って互に言った、「なんのために香油をこんなにむだにするのか。
14:05> この香油を三百デナリ以上にでも売って、貧しい人たちに施すことができたのに」。そして女をきびしくとがめた。
14:06> するとイエスは言われた、「するままにさせておきなさい。なぜ女を困らせるのか。わたしによい事をしてくれたのだ。
14:07> 貧しい人たちはいつもあなたがたと一緒にいるから、したいときにはいつでも、よい事をしてやれる。しかし、わたしはあなたがたといつも一緒にいるわけではない。
14:08> この女はできる限りの事をしたのだ。すなわち、わたしのからだに油を注いで、あらかじめ葬りの用意をしてくれたのである。
14:09> よく聞きなさい。全世界のどこででも、福音が宣べ伝えられる所では、この女のした事も記念として語られるであろう」。
14:10> ときに、十二弟子のひとりイスカリオテのユダは、イエスを祭司長たちに引きわたそうとして、彼らの所へ行った。
14:11> 彼らはこれを聞いて喜び、金を与えることを約束した。そこでユダは、どうかしてイエスを引きわたそうと、機会をねらっていた。
14:12> 除酵祭の第一日、すなわち過越の小羊をほふる日に、弟子たちがイエスに尋ねた、「わたしたちは、過越の食事をなさる用意を、どこへ行ってしたらよいでしょうか」。
14:13> そこで、イエスはふたりの弟子を使いに出して言われた、「市内に行くと、水がめを持っている男に出会うであろう。その人について行きなさい。
14:14> そして、その人がはいって行く家の主人に言いなさい、『弟子たちと一緒に過越の食事をする座敷はどこか、と先生が言っておられます』。
14:15> するとその主人は、席を整えて用意された二階の広間を見せてくれるから、そこにわたしたちのために用意をしなさい」。
14:16> 弟子たちは出かけて市内に行って見ると、イエスが言われたとおりであったので、過越の食事の用意をした。
14:17> 夕方になって、イエスは十二弟子と一緒にそこに行かれた。
14:18> そして、一同が席について食事をしているとき言われた、「特にあなたがたに言っておくが、あなたがたの中のひとりで、わたしと一緒に食事をしている者が、わたしを裏切ろうとしている」。
14:19> 弟子たちは心配して、ひとりびとり「まさか、わたしではないでしょう」と言い出した。
14:20> イエスは言われた、「十二人の中のひとりで、わたしと一緒に同じ鉢にパンをひたしている者が、それである。
14:21> たしかに人の子は、自分について書いてあるとおりに去って行く。しかし、人の子を裏切るその人は、わざわいである。その人は生れなかった方が、彼のためによかったであろう」。
14:22> 一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、祝福してこれをさき、弟子たちに与えて言われた、「取れ、これはわたしのからだである」。
14:23> また杯を取り、感謝して彼らに与えられると、一同はその杯から飲んだ。
14:24> イエスはまた言われた、「これは、多くの人のために流すわたしの契約の血である。
14:25> あなたがたによく言っておく。神の国で新しく飲むその日までは、わたしは決して二度と、ぶどうの実から造ったものを飲むことをしない」。
14:26> 彼らは、さんびを歌った後、オリブ山へ出かけて行った。
14:27> そのとき、イエスは弟子たちに言われた、「あなたがたは皆、わたしにつまずくであろう。『わたしは羊飼を打つ。そして、羊は散らされるであろう』と書いてあるからである。
14:28> しかしわたしは、よみがえってから、あなたがたより先にガリラヤへ行くであろう」。
14:29> するとペテロはイエスに言った、「たとい、みんなの者がつまずいても、わたしはつまずきません」。
14:30> イエスは言われた、「あなたによく言っておく。きょう、今夜、にわとりが二度鳴く前に、そう言うあなたが、三度わたしを知らないと言うだろう」。
14:31> ペテロは力をこめて言った、「たといあなたと一緒に死なねばならなくなっても、あなたを知らないなどとは、決して申しません」。みんなの者もまた、同じようなことを言った。
14:32> さて、一同はゲツセマネという所にきた。そしてイエスは弟子たちに言われた、「わたしが祈っている間、ここにすわっていなさい」。
14:33> そしてペテロ、ヤコブ、ヨハネを一緒に連れて行かれたが、恐れおののき、また悩みはじめて、彼らに言われた、
14:34> 「わたしは悲しみのあまり死ぬほどである。ここに待っていて、目をさましていなさい」。
14:35> そして少し進んで行き、地にひれ伏し、もしできることなら、この時を過ぎ去らせてくださるようにと祈りつづけ、そして言われた、
14:36> 「アバ、父よ、あなたには、できないことはありません。どうか、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの思いではなく、みこころのままになさってください」。
14:37> それから、きてごらんになると、弟子たちが眠っていたので、ペテロに言われた、「シモンよ、眠っているのか、ひと時も目をさましていることができなかったのか。
14:38> 誘惑に陥らないように、目をさまして祈っていなさい。心は熱しているが、肉体が弱いのである」。
14:39> また離れて行って同じ言葉で祈られた。
14:40> またきてごらんになると、彼らはまだ眠っていた。その目が重くなっていたのである。そして、彼らはどうお答えしてよいか、わからなかった。
14:41> 三度目にきて言われた、「まだ眠っているのか、休んでいるのか。もうそれでよかろう。時がきた。見よ、人の子は罪人らの手に渡されるのだ。
14:42> 立て、さあ行こう。見よ。わたしを裏切る者が近づいてきた」。
14:43> そしてすぐ、イエスがまだ話しておられるうちに、十二弟子のひとりのユダが進みよってきた。また祭司長、律法学者、長老たちから送られた群衆も、剣と棒とを持って彼についてきた。
14:44> イエスを裏切る者は、あらかじめ彼らに合図をしておいた、「わたしの接吻する者が、その人だ。その人をつかまえて、まちがいなく引っぱって行け」。
14:45> 彼は来るとすぐ、イエスに近寄り、「先生」と言って接吻した。
14:46> 人々はイエスに手をかけてつかまえた。
14:47> すると、イエスのそばに立っていた者のひとりが、剣を抜いて大祭司の僕に切りかかり、その片耳を切り落した。
14:48> イエスは彼らにむかって言われた、「あなたがたは強盗にむかうように、剣や棒を持ってわたしを捕えにきたのか。
14:49> わたしは毎日あなたがたと一緒に宮にいて教えていたのに、わたしをつかまえはしなかった。しかし聖書の言葉は成就されねばならない」。
14:50> 弟子たちは皆イエスを見捨てて逃げ去った。
14:51> ときに、ある若者が身に亜麻布をまとって、イエスのあとについて行ったが、人々が彼をつかまえようとしたので、
14:52> その亜麻布を捨てて、裸で逃げて行った。
14:53> それから、イエスを大祭司のところに連れて行くと、祭司長、長老、律法学者たちがみな集まってきた。
14:54> ペテロは遠くからイエスについて行って、大祭司の中庭まではいり込み、その下役どもにまじってすわり、火にあたっていた。
14:55> さて、祭司長たちと全議会とは、イエスを死刑にするために、イエスに不利な証拠を見つけようとしたが、得られなかった。
14:56> 多くの者がイエスに対して偽証を立てたが、その証言が合わなかったからである。
14:57> ついに、ある人々が立ちあがり、イエスに対して偽証を立てて言った、
14:58> 「わたしたちはこの人が『わたしは手で造ったこの神殿を打ちこわし、三日の後に手で造られない別の神殿を建てるのだ』と言うのを聞きました」。
14:59> しかし、このような証言も互に合わなかった。
14:60> そこで大祭司が立ちあがって、まん中に進み、イエスに聞きただして言った、「何も答えないのか。これらの人々があなたに対して不利な証言を申し立てているが、どうなのか」。
14:61> しかし、イエスは黙っていて、何もお答えにならなかった。大祭司は再び聞きただして言った、「あなたは、ほむべき者の子、キリストであるか」。
14:62> イエスは言われた、「わたしがそれである。あなたがたは人の子が力ある者の右に座し、天の雲に乗って来るのを見るであろう」。
14:63> すると、大祭司はその衣を引き裂いて言った、「どうして、これ以上、証人の必要があろう。
14:64> あなたがたはこのけがし言を聞いた。あなたがたの意見はどうか」。すると、彼らは皆、イエスを死に当るものと断定した。
14:65> そして、ある者はイエスにつばきをかけ、目隠しをし、こぶしでたたいて、「言いあててみよ」と言いはじめた。また下役どもはイエスを引きとって、手のひらでたたいた。
14:66> ペテロは下で中庭にいたが、大祭司の女中のひとりがきて、
14:67> ペテロが火にあたっているのを見ると、彼を見つめて、「あなたもあのナザレ人イエスと一緒だった」と言った。
14:68> するとペテロはそれを打ち消して、「わたしは知らない。あなたの言うことがなんの事か、わからない」と言って、庭口の方に出て行った。
14:69> ところが、先の女中が彼を見て、そばに立っていた人々に、またもや「この人はあの仲間のひとりです」と言いだした。
14:70> ペテロは再びそれを打ち消した。しばらくして、そばに立っていた人たちがまたペテロに言った、「確かにあなたは彼らの仲間だ。あなたもガリラヤ人だから」。
14:71> しかし、彼は、「あなたがたの話しているその人のことは何も知らない」と言い張って、激しく誓いはじめた。
14:72> するとすぐ、にわとりが二度目に鳴いた。ペテロは、「にわとりが二度鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われたイエスの言葉を思い出し、そして思いかえして泣きつづけた。

第十五章

15:01> 夜が明けるとすぐ、祭司長たちは長老、律法学者たち、および全議会と協議をこらした末、イエスを縛って引き出し、ピラトに渡した。
15:02> ピラトはイエスに尋ねた、「あなたがユダヤ人の王であるか」。イエスは、「そのとおりである」とお答えになった。
15:03> そこで祭司長たちは、イエスのことをいろいろと訴えた。
15:04> ピラトはもう一度イエスに尋ねた、「何も答えないのか。見よ、あなたに対してあんなにまで次々に訴えているではないか」。
15:05> しかし、イエスはピラトが不思議に思うほどに、もう何もお答えにならなかった。
15:06> さて、祭のたびごとに、ピラトは人々が願い出る囚人ひとりを、ゆるしてやることにしていた。
15:07> ここに、暴動を起し人殺しをしてつながれていた暴徒の中に、バラバという者がいた。
15:08> 群衆が押しかけてきて、いつものとおりにしてほしいと要求しはじめたので、
15:09> ピラトは彼らにむかって、「おまえたちはユダヤ人の王をゆるしてもらいたいのか」と言った。
15:10> それは、祭司長たちがイエスを引きわたしたのは、ねたみのためであることが、ピラトにわかっていたからである。
15:11> しかし祭司長たちは、バラバの方をゆるしてもらうように、群衆を煽動した。
15:12> そこでピラトはまた彼らに言った、「それでは、おまえたちがユダヤ人の王と呼んでいるあの人は、どうしたらよいか」。
15:13> 彼らは、また叫んだ、「十字架につけよ」。
15:14> ピラトは言った、「あの人は、いったい、どんな悪事をしたのか」。すると、彼らは一そう激しく叫んで、「十字架につけよ」と言った。
15:15> それで、ピラトは群衆を満足させようと思って、バラバをゆるしてやり、イエスをむち打ったのち、十字架につけるために引きわたした。
15:16> 兵士たちはイエスを、邸宅、すなわち総督官邸の内に連れて行き、全部隊を呼び集めた。
15:17> そしてイエスに紫の衣を着せ、いばらの冠を編んでかぶらせ、
15:18> 「ユダヤ人の王、ばんざい」と言って敬礼をしはじめた。
15:19> また、葦の棒でその頭をたたき、つばきをかけ、ひざまずいて拝んだりした。
15:20> こうして、イエスを嘲弄したあげく、紫の衣をはぎとり、元の上着を着せた。それから、彼らはイエスを十字架につけるために引き出した。
15:21> そこへ、アレキサンデルとルポスとの父シモンというクレネ人が、郊外からきて通りかかったので、人々はイエスの十字架を無理に負わせた。
15:22> そしてイエスをゴルゴダ、その意味は、されこうべ、という所に連れて行った。
15:23> そしてイエスに、没薬をまぜたぶどう酒をさし出したが、お受けにならなかった。
15:24> それから、イエスを十字架につけた。そしてくじを引いて、だれが何を取るかを定めたうえ、イエスの着物を分けた。
15:25> イエスを十字架につけたのは、朝の九時ごろであった。
15:26> イエスの罪状書きには「ユダヤ人の王」と、しるしてあった。
15:27> また、イエスと共にふたりの強盗を、ひとりを右に、ひとりを左に、十字架につけた。
15:28> 〔こうして「彼は罪人たちのひとりに数えられた」と書いてある言葉が成就したのである。〕
15:29> そこを通りかかった者たちは、頭を振りながら、イエスをののしって言った、「ああ、神殿を打ちこわして三日のうちに建てる者よ、
15:30> 十字架からおりてきて自分を救え」。
15:31> 祭司長たちも同じように、律法学者たちと一緒になって、かわるがわる嘲弄して言った、「他人を救ったが、自分自身を救うことができない。
15:32> イスラエルの王キリスト、いま十字架からおりてみるがよい。それを見たら信じよう」。また、一緒に十字架につけられた者たちも、イエスをののしった。
15:33> 昼の十二時になると、全地は暗くなって、三時に及んだ。
15:34> そして三時に、イエスは大声で、「エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ」と叫ばれた。それは「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。
15:35> すると、そばに立っていたある人々が、これを聞いて言った、「そら、エリヤを呼んでいる」。
15:36> ひとりの人が走って行き、海綿に酢いぶどう酒を含ませて葦の棒につけ、イエスに飲ませようとして言った、「待て、エリヤが彼をおろしに来るかどうか、見ていよう」。
15:37> イエスは声高く叫んで、ついに息をひきとられた。
15:38> そのとき、神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた。
15:39> イエスにむかって立っていた百卒長は、このようにして息をひきとられたのを見て言った、「まことに、この人は神の子であった」。
15:40> また、遠くの方から見ている女たちもいた。その中には、マグダラのマリヤ、小ヤコブとヨセとの母マリヤ、またサロメがいた。
15:41> 彼らはイエスがガリラヤにおられたとき、そのあとに従って仕えた女たちであった。なおそのほか、イエスと共にエルサレムに上ってきた多くの女たちもいた。
15:42> さて、すでに夕がたになったが、その日は準備の日、すなわち安息日の前日であったので、
15:43> アリマタヤのヨセフが大胆にもピラトの所へ行き、イエスのからだの引取りかたを願った。彼は地位の高い議員であって、彼自身、神の国を待ち望んでいる人であった。
15:44> ピラトは、イエスがもはや死んでしまったのかと不審に思い、百卒長を呼んで、もう死んだのかと尋ねた。
15:45> そして、百卒長から確かめた上、死体をヨセフに渡した。
15:46> そこで、ヨセフは亜麻布を買い求め、イエスをとりおろして、その亜麻布に包み、岩を掘って造った墓に納め、墓の入口に石をころがしておいた。
15:47> マグダラのマリヤとヨセの母マリヤとは、イエスが納められた場所を見とどけた。

第十六章

16:01> さて、安息日が終ったので、マグダラのマリヤとヤコブの母マリヤとサロメとが、行ってイエスに塗るために、香料を買い求めた。
16:02> そして週の初めの日に、早朝、日の出のころ墓に行った。
16:03> そして、彼らは「だれが、わたしたちのために、墓の入口から石をころがしてくれるのでしょうか」と話し合っていた。
16:04> ところが、目をあげて見ると、石はすでにころがしてあった。この石は非常に大きかった。
16:05> 墓の中にはいると、右手に真白な長い衣を着た若者がすわっているのを見て、非常に驚いた。
16:06> するとこの若者は言った、「驚くことはない。あなたがたは十字架につけられたナザレ人イエスを捜しているのであろうが、イエスはよみがえって、ここにはおられない。ごらんなさい、ここがお納めした場所である。
16:07> 今から弟子たちとペテロとの所へ行って、こう伝えなさい。イエスはあなたがたより先にガリラヤへ行かれる。かねて、あなたがたに言われたとおり、そこでお会いできるであろう、と」。
16:08> 女たちはおののき恐れながら、墓から出て逃げ去った。そして、人には何も言わなかった。恐ろしかったからである。
16:09> 〔週の初めの日の朝早く、イエスはよみがえって、まずマグダラのマリヤに御自身をあらわされた。イエスは以前に、この女から七つの悪霊を追い出されたことがある。
16:10> マリヤは、イエスと一緒にいた人々が泣き悲しんでいる所に行って、それを知らせた。
16:11> 彼らは、イエスが生きておられる事と、彼女に御自身をあらわされた事とを聞いたが、信じなかった。
16:12> この後、そのうちのふたりが、いなかの方へ歩いていると、イエスはちがった姿で御自身をあらわされた。
16:13> このふたりも、ほかの人々の所に行って話したが、彼らはその話を信じなかった。
16:14> その後、イエスは十一弟子が食卓についているところに現れ、彼らの不信仰と、心のかたくななことをお責めになった。彼らは、よみがえられたイエスを見た人々の言うことを、信じなかったからである。
16:15> そして彼らに言われた、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ。
16:16> 信じてバプテスマを受ける者は救われる。しかし、不信仰の者は罪に定められる。
16:17> 信じる者には、このようなしるしが伴う。すなわち、彼らはわたしの名で悪霊を追い出し、新しい言葉を語り、
16:18> へびをつかむであろう。また、毒を飲んでも、決して害を受けない。病人に手をおけば、いやされる」。
16:19> 主イエスは彼らに語り終ってから、天にあげられ、神の右にすわられた。
16:20> 弟子たちは出て行って、至る所で福音を宣べ伝えた。主も彼らと共に働き、御言に伴うしるしをもって、その確かなことをお示しになった。〕

Posted in 新約聖書 | 1 Comment »

ルカによる福音書

Posted by Shota Maehara : 5月 3, 2011

ルカによる福音書

第 一 章
01:01> わたしたちの間に成就された出来事を、最初から親しく見た人々であって、
01:02> 御言に仕えた人々が伝えたとおり物語に書き連ねようと、多くの人が手を着けましたが、
01:03> テオピロ閣下よ、わたしもすべての事を初めから詳しく調べていますので、ここに、それを順序正しく書きつづって、閣下に献じることにしました。
01:04> すでにお聞きになっている事が確実であることを、これによって十分に知っていただきたいためであります。
01:05> ユダヤの王ヘロデの世に、アビヤの組の祭司で名をザカリヤという者がいた。その妻はアロン家の娘のひとりで、名をエリサベツと言った。
01:06> ふたりとも神のみまえに正しい人であって、主の戒めと定めとを、みな落度なく行っていた。
01:07> ところが、エリサベツは不妊の女であったため、彼らには子がなく、そしてふたりともすでに年老いていた。
01:08> さてザカリヤは、その組が当番になり神のみ前に祭司の努めをしていたとき、
01:09> 祭司職の慣例に従ってくじを引いたところ、主の聖所にはいって香をたくことになった。
01:10> 香をたいている間、多くの民衆はみな外で祈っていた。
01:11> すると主の御使が現れて、香壇の右に立った。
01:12> ザカリヤはこれを見て、おじ惑い、恐怖の念に襲われた。
01:13> そこで御使が彼に言った、「恐れるな、ザカリヤよ、あなたの祈りが聞きいれられたのだ。あなたの妻エリサベツは男の子を産むであろう。その子をヨハネと名づけなさい。
01:14> 彼はあなたに喜びと楽しみとをもたらし、多くの人々もその誕生を喜ぶであろう。
01:15> 彼は主のみまえに大いなる者となり、ぶどう酒や強い酒をいっさい飲まず、母の胎内にいる時からすでに聖霊に満たされており、
01:16> そして、イスラエルの多くの子らを、主なる彼らの神に立ち帰らせるであろう。
01:17> 彼はエリヤの霊と力とをもって、みまえに先立って行き、父の心を子に向けさせ、逆らう者に義人の思いを持たせて、整えられた民を主に備えるであろう」。
01:18> するとザカリヤは御使に言った、「どうしてそんな事が、わたしにわかるでしょうか。わたしは老人ですし、妻も年をとっています」。
01:19> 御使が答えて言った、「わたしは神のみまえに立つガブリエルであって、この喜ばしい知らせをあなたに語り伝えるために、つかわされたものである。
01:20> 時が来れば成就するわたしの言葉を信じなかったら、あなたは口がきけなくなり、この事の起こる日まで、ものが言えなくなる」。
01:21> 民衆はザカリヤを待っていたので、彼が聖所内で暇どっているのを不思議に思っていた。
01:22> ついに彼が出てきたが、物が言えなかったので、人々は彼が聖所内でまぼろしを見たのだと悟った。彼は彼らに合図するだけで、引きつづき、口がきけないままでいた。
01:23> それから努めの期日が終わったので、家に帰った。
01:24> そののち、妻エリサベツはみごもり、五か月のあいだ引きこもっていたが、
01:25> 「主は、今わたしを心にかけてくださって、人々の間からわたしの恥を取り除くために、こうしてくださいました」と言った。
01:26> 六か月目に、御使ガブリエルが、神からつかわされて、ナザレというガリラヤの町の一処女のもとにきた。
01:27> この処女はダビデ家の出であるヨセフという人のいいなづけになっていて、名をマリヤといった。
01:28> 御使がマリヤのところにきて言った、「恵まれた女よ、おめでとう、主があなたと共におられます」。
01:29> この言葉にマリヤはひどく胸騒ぎがして、このあいさつはなんの事であろかと、思いをめぐらしていた。
01:30> すると御使が言った、「恐れるな、マリヤよ、おなたは神から恵みをいただいているのです。
01:31> 見よ、あなたはみごもって男の子を産むでしょう。その子をイエスと名づけなさい。
01:32> 彼は大いなる者となり、いと高き者の子と、となえられるでしょう。そして、主なる神は彼に父ダビデの王座をお与えになり、
01:33> 彼はとこしえにヤコブの家を支配し、その支配は限りなく続くでしょう」。
01:34> そこでマリヤは御使に言った、「どうして、そんな事があり得ましょうか。わたしにはまだ夫がありませんのに」。
01:35> 御使が答えて言った、「聖霊があなたに臨み、いと高き者の力があなたをおおうでしょう。それゆえに、生まれ出る子は聖なるものであり、神の子と、となえられるでしょう。
01:36> あなたの親族エリサベツも老年ながら子を宿しています。不妊の女といわれていたのに、はや六か月になっています。
01:37> 神には、なんでもできないことはありません」。
01:38> そこでマリヤが言った、「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように」。そして御使は彼女から離れて行った。
01:39> そのころ、マリヤは立って、大急ぎで山里へむかいユダの町に行き、
01:40> ザカリヤの家にはいってエリサベツにあいさつした。
01:41> エリサベツがマリヤのあいさつを聞いたとき、その子が胎内でおどった。エリサベツは聖霊に満たされ、
01:42> 声高く叫んで言った、「あなたは女の中で祝福されたかた、あなたの胎の実も祝福されています。
01:43> 主の母上がわたしのところにきてくださるとは、なんという光栄でしょう。
01:44> ごらんなさい。あなたのあいさつの声がわたしの耳にはいったとき、子供が胎内で喜びおどりました。
01:45> 主のお語りになったことが必ず成就すると信じた女は、なんとさいわいなことでしょう」。
01:46> するとマリヤは言った、「わたしの魂は主をあがめ、
01:47> わたしの霊は救主なる主をたたえます。
01:48> この卑しい女さえ、心にかけてくださいました。今からのち代々の人々は、わたしをさいわいな女と言うでしょう、
01:49> 力あるかたが、わたしに大きな事をしてくださったからです。そのみ名はきよく、
01:50> そのあわれみは、代々限りなく主をかしこみ恐れる者に及びます。
01:51> 主はみ胸をもって力をふるい、心の思いのおごり高ぶる者を追い散らし、
01:52> 権力のある者を王座から引きおろし、卑しい者を引き上げ、
01:53> 飢えている者を良いもので飽かせ、富んでいる者を空腹のまま帰らせなさいます。
01:54> 主は、あわれみをお忘れにならず、その僕イスラエルを助けてくださいました、
01:55> わたしたちの祖父アブラハムとその子孫とをとこしえにあわれむと約束なさったとおりに」。
01:56> マリヤは、エリサベツのところに三か月ほど滞在してから、家に帰った。
01:57> さてエリサベツは月が満ちて、男の子を産んだ。
01:58> 近所の人々や親族は、主が大きなあわれみを彼女におかけになったことを聞いて、共どもに喜んだ。
01:59> 八日目になったので、幼な子に割礼をするために人々がきて、父の名にちなんでザカリヤという名にしょうとした。
01:60> ところが、母親は、「いいえ、ヨハネという名にしなくてはいけません」と言った。
01:61> 人々は、「あなたの親族の中には、そういう名のついた者は、ひとりもいません」と彼女に言った。
01:62> そして父親に、「どんな名にしたいのですかと、合図で尋ねた。
01:63> ザカリヤは書板を持ってこさせて、それに「その名はヨハネ」と書いたので、みんなの者は不思議に思った。
01:64> すると、立ちどころにザカリヤの口が開けて舌がゆるみ、語り出して神をほめたたえた。
01:65> 近所の人々はみな恐れをいだき、またユダヤの山里の至るところに、これらの事がことごとく語り伝えられたので、
01:66> 聞く者たちは皆それを心に留めて、「この子は、いったい、どんな者になるのだろう」と語り合った。主のみ手が彼と共にあった。
01:67> 父ザカリヤは聖霊に満たされ、予言して言った、
01:68> 「主なるイスラエルの神は、ほむべきんな。神はその民を顧みてこれをあがない、
01:69> わたしたちのために救いの角を僕ダビデの家にお立てになった。
01:70> 古くから、聖なる預言者たちの口によってお語りになったように、
01:71> わたしたちを敵から、またすべてわたしたちを憎む者の手から、救い出すためである。
01:72> こうして、神はわたしたちの祖父たちにあわれみをかけ、その聖なる契約、
01:73> すなわち、祖父アブラハムにお立てになった誓いをおぼえて、
01:74> わたしたちを敵の手から救い出し、
01:75> 生きている限り、きよく正しく、みまえに恐れなく仕えさせてくださるのである。
01:76> 幼な子よ、あなたは、いと高き者の預言者と呼ばれるであろう。主のみまえに先立って行き、その道を備え、
01:77> 罪のゆるしによる救いをその民に知らせるのであるから。
01:78> これはわたしたちの神のあわれみ深いみこころによる。また、そのあわれみによって、日の光が上からわたしたちに臨み、
01:79> 暗黒と死の陰とに住む者を照らし、わたしたちの足を平和の道へ導くであろう」。
01:80> 幼な子は成長し、その霊も強くなり、そしてイスラエルに現れる日まで、荒野にいた。
第二章

02:01> そのころ、全世界の人口調査をせよとの勅令が、皇帝アウグストから出た。
02:02> これは、クレニオがシリヤの総督であった時に行われた最初の人口調査であった。
02:03> 人々はみな登録をするために、それぞれ自分の町へ帰って行った。
02:04> ヨセフもダビデの家系であり、またその血統であったので、ガラリヤの町ナザレを出て、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。
02:05> それは、すでに身重になっていたいいなづけの妻マリヤと共に、登録をするためであった。
02:06> ところが、彼らがベツレヘムに滞在している間に、マリヤは月が満ちて、
02:07> 初子を産み、布にくるんで、飼葉おけの中に寝かせた。客間には彼らのいる余地がなかったからである。
02:08> さて、この地方で羊飼たちが夜、野宿しながら羊の群れの番をしていた。
02:09> すると主の御使が現れ、主の栄光が彼らをめぐり照らしたので、彼らは非常に恐れた。
02:10> 御使は言った、「恐れるな、見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。
02:11> きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生まれになった。このかたこそ主なるキリストである。
02:12> あなたがたは、幼な子が布にくるまって飼葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。それが、あなたがたに与えられるしるしである」。
02:13> するとたちまち、おびただしい天の軍勢が現れ、御使と一緒になって神をさんびして言った、
02:14> 「いと高きところでは、神に栄光があるように、地の上では、み心にかなう人々に平和があるように」。
02:15> 御使たちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼たちは「さあ、ベツレヘムへ行って、主がお知らせ下さったその出来事を見てこようではないか」と、互いに語り合った。
02:16> そして急いで行って、マリヤとヨセフ、また飼葉おけに寝かしてある幼な子を捜しあてた。
02:17> 彼らに合った上で、この子について自分たちに告げ知らされた事を、人々に伝えた。
02:18> 人々はみな、羊飼たちが話してくれたことを聞いて、不思議に思った。
02:19> しかし、マリヤはこれらの事をことごとく心に留めて、思いめぐらしていた。
02:20> 羊飼たちは、見聞きしたことが何もかも自分たちに語られたとおりであったので、神をあがめ、またさんびしながら帰って行った。
02:21> 八日が過ぎ、割礼をほどこす時になったので、受胎のまえに御使が告げたとおり、幼な子をイエスと名づけた。
02:22> それから、モーセの律法による彼らのきよめの期間が過ぎたとき、両親は幼な子を連れてエルサレムへ上った。
02:23> それは主の律法に「母の胎を初めて開く男の子はみな、主に聖別された者と、となえられねばならない」と書いてあるとおり、幼な子を主にささげるためであり、
02:24> また同じ主の律法に、「山ばと一つがい、または、家ばとのひな二羽」と定めてあるのに従って、犠牲をささげるためであった。
02:25> その時、エルサレムにシメオンという名の人がいた。この人は正しい信仰深い人で、イウラエルの慰められるのを待ち望んでいた。また聖霊が彼に宿っていた。
02:26> そして主のつかわす救主に会うまでは死ぬことはないと、聖霊の示しを受けていた。
02:27> この人が御霊に感じて宮にはいった。すると律法に定めてあることを行うため、両親もその子イエスを連れてはいってきたので、
02:28> シメオンは幼な子を腕に抱き、神をほめたたえて言った、
02:29> 「主よ、今こそ、あなたはみ言葉のとおりにこの僕を安らかに去らせてくださいます、
02:30> わたしの目が今あなたの救いを見たのですから。
02:31> この救はあなたが万民のまえにお備えになったもので
02:32> 異邦人を照す啓示の光、み民イスラエルの栄光であります」。
02:33> 父と母は幼な子についてこのように語られたことを、不思議に思った。
02:34> するとシメオンは彼らを祝し、そし母マリヤに言った、「ごらんなさい、この幼な子は、イスラエルの多くの人を倒れさせたり立ちあがらせたりするために、また反対を受けるしるしとして、定められています。ー 
02:35> そして、あなた自身もつるぎで胸を刺し貫かれるでしょう。ー それは多くの人の心にある思いが、現れるようになるためです」。
02:36> また、アセル族のバヌエルのり娘で、アンナという女預言者がいた。彼女は非常に年をとっていた。むすめの時代にとついで、七年間だけ夫と共に住み、
02:37> その後やもめぐらしをし、八十四歳になっていた。そして宮を離れずに夜も昼も断食と祈りとをもって神に仕えていた。
02:38> この老女も、ちょうどそのとき近寄ってきて、神に感謝をささげ、そしてこの幼な子のことを、エルサレムの救いを待ち望んでいるすべての人々に語りはじめた。
02:39> 両親は主の律法どおりすべての事をすませたので、ガリラヤへむかい、自分の町ナザレに帰った。
02:40> 幼な子は、ますます成長して強くなり、知恵に満ち、そして神の恵みがその上にあった。
02:41> さて、イエスの両親は、過越の祭には毎年エルサレムへ上っていった。
02:42> イエスが十二歳になった時も、慣例に従って祭のために上京した。
02:43> ところが、祭が終わって帰るとき、少年イエスはエルサレムに居残っておられたが、両親はそれに気づかなかった。
02:44> そして道連れの中にいることと思いこんで、一日路を行ってしまい、それから、親族や知人の中を捜しはじめたが、
02:45> 見つからなにので、捜しまわりながらエルサレムへ引返した。
02:46> そして三日の後に、イエスが宮の中で教師たちのまん中にすわって、彼らの話を聞いたり質問したりしておられるのを見つけた。
02:47> 聞く人々はみな、イエスの賢さやその答に驚嘆していた。
02:48> 両親はこれを見て驚き、そして母が彼に言った、「どうしてこんな事をしてくれたのです。ごらんなさい、おとう様もわたしも心配して、あなたを捜していたのです」。
02:49> するとイエスは言われた、「どうしてお捜しになったのですか。わたしが自分の父の家にいるはずのことを、ご存知なかったのですか」。
02:50> しかし、両親はその語られた言葉を悟ることができなかった。
02:51> それからイエスは両親と一緒にナザレに下って行き、彼らにお仕えになった。母はこれらの事をみな心に留めていた。
02:52> イエスはますます知恵が加わり、背たけも伸び、そして神と人から愛された。
第三章

03:01> 皇帝テベリオ在位の第十五年、ポンティオ・ピラトがユダヤの総督、ヘロデがガリラヤの領主、その兄弟ピリポがイツリヤ・テラコニテ地方の領主、ルサニヤがアビレネの領主、
03:02> アンナスとカヤバとが大祭司であったとき、神の言が荒野でザカリヤの子ヨハネに臨んだ。
03:03> 彼はヨルダンのほとりの全地方に行って、罪のゆるしを得させる悔改めのバプテスマを宣べ伝えた。
03:04> それは、預言者イザヤの言葉の書に書いてあるとおりである。すなわち「荒野で呼ばわる者の声がする、『主の道を備えよ、その道筋をまっすぐにせよ』。
03:05> すべての谷は埋められ、すべての山と丘とは、平らにされ、曲がったところはまっすぐに、わるい道はならされ、
03:06> 人はみな神の救を見るであろう」。
03:07> さて、ヨハネは、彼からバプテスマを受けようとして出てきた群衆に向かって言った、「まむしの子らよ、迫ってきている神の怒りから、のがれられると、おまえたちにだれが教えたのか。
03:08> だから、悔改めにふさわしい実を結べ。自分たちの父にはアブラハムがあるなどと、心の中で思ってもみるな。おまえたちに言っておく。神はこれらの石ころからでも、アブラハムの子を起こすことができるのだ。
03:09> 斧がすでに木の根元に置かれている。だから、良い実を結ばない木はことごとく切られて、火の中に投げ込まれるのだ」。
03:10> そこで群衆が彼に、「それては、わたしたちは何をすればよいのですか」と尋ねた。
03:11> 彼は答えて言った、「下着二枚を持っている者は、持たない者に分けてやりなさい。食物を持っている者も同様にしなさい」。
03:12> 取税人もバプテスマを受けにきて、彼に言った、「先生、わたしたちは何をすればよいのですか」。
03:13> 彼らに言った、「きまっているもの以上に取り立ててはいけない」。
03:14> 兵卒たちもたずねて言った、「では、わたしたちは何をすればよいのですか」。彼は言った、「人をおどかしたり、だまし取ったりしてはいけない。自分の給与で満足しなさい」。
03:15> 民衆は救主を待ち望んでいたので、みな心の中でヨハネのことを、もしかしたらこの人がそれではなかろうかと考えていた。
03:16> そこでヨハネはみんなの者にむかって言われた、「わたしは水でおまえたちにバプテスマを授けるが、わたしよりも力のあるかたが、おいでになる。わたしには、そのくつひもを解く値うちもない。このかたは、聖霊と火とによっておまえたちにバプテスマをお授けになるであろう。
03:17> また、箕を手に持って、打ち場の麦をふるい分け、麦は倉に納め、からは消えない火で焼き捨てるであろう」。
03:18> こうしてヨハネはほかにもなお、さまざまの勧めをして、民衆を教え説いた。
03:19> ところが領主ヘロデは、兄弟の妻ヘロデヤのことで、また自分がしたあらゆる悪事について、ヨハネから非難されたので、
03:20> 彼を獄に閉じ込めて、いろいろな悪事の上に、もう一つ悪事を重ねた。
03:21> さて、民衆がみなバプテスマを受けたとき、イエスもバプテスマを受けて祈っておられると、天が開けて、
03:22> 聖霊がはとのような姿をとってイエスの上に下り、そして天から声がした、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」。
03:23> イエスが宣教をはじめられたのは、年およそ三十歳の時であって、人々の考えによれば、ヨセフの子であった。ヨセフはヘリの子、
03:24> それから、さかのぼって、マタテ、レビ、メルキ、ヤンナイ、ヨセフ、
03:25> マタテヤ、アモス、ナホム、エスリ、ナンガイ、
03:26> マハテ、マタテヤ、シメイ、ヨセク、ヨダ、
03:27> ヨハナン、レサ、ゾロバベル、サラテル、ネリ、
03:28> メルキ、アデイ、コサム、エルマダム、エル、
03:29> ヨシュア、エリエゼル、ヨリム、マタテ、レビ、
03:30> シメオン、ユダ、ヨセフ、ヨナム、エリヤキム、
03:31> メレヤ、メナ、マタタ、ナタン、ダビデ、
03:32> エッサイ、オベデ、ボアズ、サラ、ナアソン、
03:33> アミナダブ、アデミン、アルニ、エスロン、パレス、ユダ、
03:34> ヤコブ、イサク、アブラハム、テラ、ナホル、
03:35> セレグ、レウ、ペレグ、エベル、サラ、
03:36> カイナン、アルバクサデ、セム、ノア、ラメク、
03:37> メトセラ、エノク、ヤレデ、マハラレル、カイナン、
03:38> エノス、セツ、アダム、そして神にいたる。
第四章

04:01> さて、イエスは聖霊に満ちてヨルダン川から帰り、
04:02> 荒野を四十日のあいだ御霊にひままわされて、悪魔の試みにあわれた。そのあいだ何も食べず、その日数がつきると、空腹になられた。
04:03> そこで悪魔が言った、「もしあなたが神の子であるなら、この石に、パンになれと命じてごらんなさい」。
04:04> イエスは答えられて言われた、「『人はパンだけで生きるものてせはない』と書いてある」。
04:05> それから、悪魔はイエスを高い所へ連れて行き、またたくまに世界のすべての国々をみせて
04:06> 言った、「これらの国々の権威と栄華とをみんな、あなたにあげましょう。それらはわたしに任せられていて、だれでも好きな人にあげてよいのですから。
04:07> それで、もしあなたがわたしの前にひざまずくなら、これを全部あなたのものにしてあげましょう」。
04:08> イエスは答えて言われた、「『主なるあなたの神を拝し、ただ神のみに仕えよ』と書いてある」。
04:09> それから悪魔はイエスをエルサレムに連れて行き、宮の頂上に立たせて言った、「もしあなたが神の子であるなら、ここから下へ飛びおりてごらんなさい。
04:10> 『神はあなたのために、御使たちに命じてあなたを守らせるであろう』とあり、
04:11> また、『あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らは手でささえるであろう』とも書いてあります」。
04:12> イエスは答えて言われた、「『主なるあなたの神を試みてはならない』と言われている」。
04:13> 悪魔はあらゆる試みをしつくして、一時イエスを離れた。
04:14> それからイエスは御霊の力に満ちあふれてガリラヤへ帰られると、そのうわさがその地方全体にひろまった。
04:15> イエスは諸会堂で教え、みんなの者から尊敬をお受けになった。
04:16> それからお育ちになったナザレに行き、安息日にいつものように会堂にはいり、聖書を朗読しようとして立たれた。
04:17> すると預言者イザヤの書が手渡されたので、その書を開いて、こう書いてある所を出された、
04:18> 「主の御霊がわたしに宿っている。貧しい人々に福音を宣べ伝えさせるために、わたしを聖別してくださったからである。主はわたしをつかわして、囚人が解放され、盲人の目が開かれることを告げ知らせ、打ちひしがれている者に自由を得させ、
04:19> 主のめぐみの年を告げ知らせるのである」。
04:20> イエスは聖書を巻いて、係り者に返し、席に着かれると、会堂にいるみんなの者の目がイエスに注がれた。
04:21> そこでイエスは、「この聖句は、あなたがたが耳にしたこの日に成就した」と説きはじめられた。
04:22> すると、彼らはみなイエスをほめ、またその口から出て来るめぐみの言葉に感嘆して言った、「この人はヨセフの子ではないか」。
04:23> そこで彼らに言われた、「あなたがたは、きっと『医者よ、自分自身をいやせ』ということわざを引いて、カペナウムで行われたと聞いていた事を、あなたの郷里のこの地でもしてくれ、と言うであろう」。
04:24> それから言われた、「よく言っておく。預言者は、自分の郷里では歓迎されないものである。
04:25> よく聞いておきなさい。エリヤの時代に、三年六か月にわたって天が閉じ、イスラエル全土に大ききんがあった際、そこには多くのやもめがいたのに、
04:26> エリヤはそのうちのだれにもつかわされないで、ただシドンのサレプタにいるひとりのやもめにだけつかわされた。
04:27> また預言者エリシャの時代に、イスラエルには多くのらい病人がいたのに、そのうちのひとりもきよめられないで、ただシリヤのナアマンだけがきよめられた」。
04:28> 会堂にいた者たちはこれを聞いて、みな憤りに満ち、
04:29> 立ち上がってイエスを町の外へ追い出し、その町が建っている丘のがけまでひっぱって行って、突き落とそうとした。
04:30> しかし、イエスは彼らのまんなかを通り抜けて、去って行かれた。
04:31> それから、イエスはガリラヤの町カペナウムに下って行かれた。そして安息日になると、人々をお教えになったが、
04:32> その言葉に権威があったので、彼らはその教えに驚いた。
04:33> すると、汚れた悪霊につかれた人が会堂にいて、大声で叫びだした。
04:34> 「ああ、ナザレのイエスよ、あなたわたしたちとなにの係わりがあるのです。わたしたちを滅ぼしにこられたのですか。あなたがどなたであるか、わかっています。神の聖者です」。
04:35> イエスはこれをしかって、「黙れ、この人から出て行け」と言われた。すると悪霊は彼を人のなかに投げ倒し、傷を負わせずに、その人から出て行った。
04:36> みんなの者は驚いて、互いに語り合って言った、「これは、いったい、ないという言葉だろう。権威と力とをもって汚れた霊に命じられると、彼らは出て行くのだ」。
04:37> こうしてイエスの評判が、その地方のいたる所にひろまっていった。
04:38> イエスは会堂を出てシモンの家におはいりになった。ところがシモンのしゅうとめが高い熱を病んでいたので、人々は彼女のためにイエスにお願いした。
04:39> そこで、イエスはそのまくらもとに立って、熱が引くように命じられると、熱は引き、女はすぐに起き上がって、彼らをもてなした。
04:40> 日が暮れると、いろいろな病気になやむ者をかかえている人々が、皆それをイエスのところに連れてきたのでそのひとりひとりに手を置いて、おいやしになった。
04:41> 悪霊も「あなたこそ神の子です」と叫びながら多くの人々から出て行った。しかし、イエスは彼らを戒めて、物を言うことをお許しにならなかった。彼らがイエスはキリストだと知っていたからである。
04:42> 夜が明けると、イエスは寂しい所へ出て行かれたが、群衆が捜しまわって、みもとに集まり、自分たちから離れて行かないようにと、引き止めた。
04:43> しかしイエスは、「わたしは、ほかの町々にも神の国の福音を宣べ伝えねばならない。自分はそのためにつかわされたのである」と言われた。
04:44> そして、ユダヤの諸会堂で教え説かれた。
第五章

05:01> さて、群衆が神の言葉を聞こうとして押し寄せてきたとき、イエスはゲネサレ湖畔に立っておられたが、
05:02> そこに二そうの小舟が寄せてあるのをごらんになった。漁師たちは、船からおりて網を洗っていた。
05:03> その一そうはシモンの船であったが、イエスはそれに乗り込み、シモンに頼んで岸から少しこぎ出させ、そしてすわって、船の中から群衆にお教えになった。
05:04> 話がすむと、シモンに「沖へこぎ出し、網をおろして漁をしてみなさい」と言われた。
05:05> シモンは答えて言った、「先生、わたしたちは夜通し働きましたが、何も取れませんでした。しかし、お言葉ですから、網をおろしてみましょう」。
05:06> そしてそのとおりにしたところ、おびただしい魚の群れがはいって、網が破れそうになった。
05:07> そこで、もう一そうの船にいた仲間に、加勢するよう合図したので、彼らがきて魚を両方の船いっぱいに入れた。そのために、船は沈みそうになった。
05:08> これを見てシモン・ペテロは、イエスのひざもとにひれ伏して言った、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者です」。
05:09> 彼も一緒にいた者たちもみな、取れた魚がおびただしいのに驚いたからである。
05:10> シモンの仲間であったゼベタイの子ヤコブとヨハネも、同様であった。すると、イエスがシモンに言われた、「恐れることはない。今からあなたは人間をとる漁師になるのだ」。
05:11> そこで彼らは舟を陸に引き上げ、いっさいを捨ててイエスに従った。
05:12> イエスがある町におられた時、全身らい病になっている人がそこにいた。イエスを見ると、顔を地に伏せて願って言った、「主よ、みこころでしたら、きよめていただけるのですが」。
05:13> イエスは手を伸ばして彼にさわり、「そうしてあげよう、きよくなれ」と言われた。すると、らい病がただちに去ってしまった。
05:14> イエスはだれにも話さないようにと彼に言い聞かせ、「ただ行って自分のからだを祭司に見せ、それからあなたのきよめのために、モーセが命じたとおりのささげ物をして、人々に証明しなさい」とお命じになった。
05:15> しかし、イエスの評判はますますひろまって行き、おびだたしい群衆が、教を聞いたり、病気をなおしてもらったりするために、集まってきた。
05:16> しかしイエスは、寂しい所に退いて祈っておられた。
05:17> ある日のこと、イエスが教えておられると、ガリラヤのユダヤの方々の村から、またエルサレムからきたパリサイ人や律法学者たちが、そこにすわっていた。主の力が働いて、イエスは人々をいやされた。
05:18> その時、ある人々が、ひとりの中風をわずらっている人を床にのせたまま連れてきて、家の中に運び入れ、イエスの前に置こうとした。
05:19> ところが、群衆のためにどうしても運び入れる方法がなかったので、屋根にのぼり、瓦をはいで、病人を床ごと群衆のまん中につりおろして、イエスの前においた。
05:20> イエスは彼らの信仰を見て、「人よ、あなたの罪はゆるされた」と言われた。
05:21> すると律法学者とパリサイ人たちとは、「神を汚すことを言うこの人は、いったい、何者だ。神おひとりのほかに、だれが罪をゆるすことができるのか」と言って論じはじめた。
05:22> イエスは彼らの論議を見ぬいて、「あなたがたは心の中で何を論じているのか。
05:23> あなたの罪はゆるされたと言うのと、起きて歩けと言うのと、どちらがたやすいか。
05:24> しかし、人の子が地上で罪をゆるす権威を持っていることが、あなたがたにわかるために」と彼らに対して言い、中風の者にむかって、「あなたに命じる。起きよ、床を取り上げて家に帰れ」と言われた。
05:25> すると病人は即座にみんなの前で起きあがり、寝ていた床を取りあげて、神をあがめながら家に帰って行った。
05:26> みんなの者は驚嘆してしまった。そして神をあがめ、おそれに満たされて、「きょうは驚くべきことを見た」と言った。
05:27> そののち、イエスが出て行かれると、レビという名の収税人が収税所にすわっているのを見て、「わたしに従ってきなさい」と言われた。
05:28> すると、彼はいっさいを捨てて立ちあがり、イエスに従ってきた。
05:29> それから、レビは自分の家で、イエスのために盛大な宴会を催したが、収税人やそのほか大ぜいの人々が、共に食卓に着いていた。
05:30> ところが、パリサイ人やその律法学者たちが、イエスの弟子たちに対してつぶやいて言った、「どうしてあなたがたは、収税人や罪人などと飲食を共にするのか」。
05:31> イエスは答えて言われた、「健康な人に医者はいらない。いるのは病人である。
05:32> わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである」。
05:33> また彼らは、イエスに言った、「ヨハネの弟子たちは、しばしば断食をし、また祈をしてており、パリサイ人の弟子たちもそうしているのに、あなたの弟子たちは食べたり飲んだりしています」。
05:34> するとイエスは言われた、「あなたがたには、花婿が一緒にいるのに、婚礼の客に断食をさせることができるであろうか。
05:35> しかし、花婿が奪い去られる日が来る。その日には断食をするであろう」。
05:36> それからイエスはまた一つの譬を語られた、「だれも、新しい着物から布ぎれを切り取って、古い着物につぎを当てるものはない。もしそんなことをしたら、新しい着物を裂くことになるし、新しいのから取った布ぎれも古いのに合わないであろう。
05:37> まただれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。もしそんなことをしたら、
05:38> 新しいぶどう酒は皮袋をはり裂き、そしてぶどう酒は流れ出るし、皮袋もむだになるであろう。新しいぶどう酒は新しい皮袋にいれるべきである。
05:39> まただれも、古い酒を飲んでから、新しいのをほしがりはしない。『古いのが良い』と考えているからである」。
第六章

06:01> ある安息日にイエスが麦畑の中をとおって行かれたとき、弟子たちが穂をつみ、手でもみながら食べていた。
06:02> すると、あるパリサイ人たちが言った、「あなたがたはなぜ、安息日にしてはならぬことをするのか」。
06:03> そこでイエスが答えて言われた、「あなたがたは、ダビデのしたことについて、読んだことがないのか。
06:04> すなわち、神の家にはいって、祭司たちのほかだれも食べてはならぬ供えのパンを取って食べ、また供の者たちにも与えたではないか」。
06:05> また彼らに言われた、「人の子は安息日の主である」。
06:06> また、ほかの安息日に会堂にはいって教えておられたところ、そこに右手のなえた人がいた。
06:07> 律法学者やパリサイ人たちは、イエスを訴える口実を見付けようと思って、安息日にいやされるかどうかをうかがっていた。
06:08> イエスは彼らの思っていることを知って、その手のなえた人に、「起きて、まん中に立ちなさい」と言われると、起き上がって立った。
06:09> そこでイエスは彼らにむかって言われた、「あなたがたに聞くが、安息日に善を行うのと悪を行うのと、命を救うのと殺すのと、どちらがよいか」。
06:10> そして彼ら一同を見まわして、その人に「手を伸ばしなさい」と言われた。そのとおりにすると、その手は元どおりになった。
06:11> そこで彼らは激しく怒って、イエスをどうかしてやろうと、互いに話合いをはじめた。
06:12> このころ、イエスは祈るために山へ行き、夜を徹して神に祈られた。
06:13> 夜が明けると、弟子たちを呼び寄せ、その中から十二人を選び出し、これに使徒という名をお与えになった。
06:14> すなわち、ペテロとも呼ばれたシモンとその兄弟アンデレ、ヤコブとヨハネ、ピリポとバルトロマイ、
06:15> マタイとトマス、アルパヨの子ヤコブと、熱心党と呼ばれたシモン、
06:16> ヤコブの子ユダ、それからイスカレオテのユダ。このユダが裏切者となったのである。
06:17> そして、イエスは彼らと一緒に山を下って平地に立たれたが、大ぜいの弟子たちや、ユダの全土、エルサレム、ツロとシドンの海岸地方などから大群衆が、
06:18> 教えを聞こうとし、また病気をなおしてもらおうとして、そこにきていた。そして汚れた霊に悩まされている者たちも、いやされた。
06:19> また群衆はイエスにさわろうと努めた。それは力がイエスの内から出て、みんなの者を次々にいやしたからである。
06:20> そのとき、イエスは目をあげ、弟子たちを見て言われた、「あなたがた貧しい人たちは、さいわいだ。神の国はあなたがたのものである。
06:21> あなたがたいま飢えている人たちは、さいわいだ。飽き足りるようになるからである。あなたがたいま泣いている人たちは、さいわいだ。笑うようになるからである。
06:22> 人々があなたがたを憎むとき、また人の子のためにあなたがたを排斥し、ののしり、汚名を着せるときは、あなたがたはさいわいだ。
06:23> その日には喜びおどれ。見よ、天においてあなたがたの受ける報いは大きいのだから。彼らの祖先も、預言者たちに対して同じことをしたのである。
06:24> しかしあなたがた富んでいる人たちは、わざわいだ。慰めを受けてしまっているからである。
06:25> あなたがた今満腹している人たちは、わざわいだ。飢えるようになるからである。あなたがた今笑っている人たちは、わざわいだ。悲しみ泣くようになるからである。
06:26> 人が皆あなたがたをほめるときは、あなたがたはわざわいだ。彼らの祖先も、にせ預言者たちに対しておなじことをしたのである。
06:27> しかし、聞いているあなたがたに言う。敵を愛し、憎む者に親切にせよ。
06:28> のろう者を祝福し、はずかしめる者のために祈れ。あなたがたの頬を打つ者にはほかの頬を向けてやり、
06:29> あなたの上着を奪い取る者には下着をも拒むな。
06:30> あなたに求める者には与えてやり、あなたの持ち物を奪う者からは取りもどそうとするな。
06:31> 人々にしてほしいと、あなたがたの望むことを、人々にもそのとおりにせよ。
06:32> 自分を愛してくれる人を愛したからとて、どれほどの手柄になろうか。罪人でさえ、自分を愛してくれる者を愛している。
06:33> 自分をよくしてくれる者によくしたとて、どれほどの手柄になろうか。罪人でさえ、それくらいの事はしている。
06:34> また返してもらうつもりで貸したとて、どれほどの手柄になろうか。罪人でも、同じだけのものを返してもらおうとして、仲間に貸すのである。
06:35> しかし、あなたがたは、敵を愛し、人によくしてやり、また、何も当てにしないで貸してやれ。そうすれば受ける報いは大きく、あなたがたはいと高き者の子となるであろう。いと高き者は、恩を知らぬ者にも、悪人にも、なさけ深いからである。
06:36> あなたがたの父なる神が慈愛深いように、あなたがたも慈愛深い者となれ。
06:37> 人をさばくな。そうすれば、自分もさばかれることがないであろう。また人を罪に定めるな。そうすれば、自分も罪に定められることがないであろう。ゆるしてやれ。そうすれば、自分もゆるされるであろう。
06:38> 与えよ。そうすれば、自分にも与えられるであろう。人々はおし入れ、ゆすり入れ、あふれ出るまで量をよくして、あなたがたのふところに入れてくれるであろう。あなたがたの量るその量りで、自分にも量りかえされるであろうから」。
06:39> イエスはまた一つの譬で語られた、「盲人は盲人の手引きができようか。ふたりとも穴に落ち込まないだろうか。
06:40> 弟子はその師以上のものではないが、修行をつめば、みなその師のようになろう。
06:41> なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目にある梁を認めないのか。
06:42> 自分の目にある梁を見ないでいて、どうして兄弟にむかって、兄弟よ、あなたの目にあるちりを取らせてください、と言えようか。偽善者よ、まず自分の目から梁を取りのけるがよい、そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目にあるちりをとりのけることができるだろう。
06:43> 悪い実のなる良い木はないし、また良い実のなる悪い木もない。
06:44> 木はそれぞれ、その実でわかる。いばらからいちじくを取ることはないし、野ばらからぶどうを摘むこともない。
06:45> 善人は良い心の倉から良い者を取り出し、悪人は悪い倉から悪い物を取り出す。心からあふれ出ることを、口が語るものである。
06:46> わたしを主よ、主よ、と呼びながら、なぜわたしのいうことを行わないのか。
06:47> わたしのもとにきて、わたしの言葉を聞いて行う者が、何に似ているか、あなたがたに教えよう。
06:48> それは、地を深く掘り、岩の上に土台をすえて家を建てる人に似ている。洪水が出て激流がその家に押し寄せてきても、それを揺り動かすことはできない。よく建ててあるからである。
06:49> しかし聞いても行わない人は、土台なしで、土の上に家を建てた人に似ている。激流がその家に押し寄せてきたら、たちまち倒れてしまい、その被害は大きいのである」。
第七章

07:01> イエスはこれらの言葉をことごとく人々に聞かせてしまったのち、カペナウムに帰ってこられた。
07:02> ところが、ある百卒長の頼みにしていた僕が、病気になって死にかかっていた。
07:03> この百卒長はイエスのことを聞いて、ユダヤ人の長老たちをイエスのところにつかわして、自分の僕を助けにきてくださるようにと、お願いした。
07:04> 彼らはイエスのところにきて、熱心に願って言った、「あの人はそうしていただくねうちがございます。
07:05> わたしたちの国民を愛し、わたしたちのために会堂を建ててくれたのです」。
07:06> そこで、イエスは彼らと連れだってお出かけになった。ところが、その家からほど遠くないあたりまでこられたとき、百卒長は友だちを送ってイエスに言わせた、「主よ、ぞうぞ、ご足労をくださいませんように。わたしの屋根の下にあなたをお入れする資格は、わたしにはございません。
07:07> それですから、自分でお迎えにあがるねうちさえないと思っていたのです。ただ、お言葉を下さい。そして、わたしの僕をなおしてください。
07:08> わたしも権威の下に服している者ですが、わたしの下にも兵卒がいまして、ひとりの者に『行け』と言えば行き、ほかの者に『こい』と言えばきますし、また、僕に『これをせよ』と言えば、してくれるのです」。
07:09> イエスはこれを聞いて非常に感心され、ついてきた群衆の方に振り向いて言われた、「あなたがたに言っておくが、これほどの信仰は、イスラエルの中でも見たことがない」。
07:10> 使いにきた者たちが家に帰ってみると、僕は元気になっていた。
07:11> そののち、間もなく、ナインという町へおいでになったが、弟子たちや大ぜいの群衆も一緒に行った。
07:12> 町の門に近づかれると、ちょうど、あるやもめにとってひとりむすこであった者が死んだので、葬りに出すところであった。大ぜいの町の人たちが、その母につきそっていた。
07:13> 主はこの婦人を見て深い同情を寄せられ、「泣かないでいなさい」と言われた。
07:14> そして近寄って棺に手をかけられると、かついでいる者たちが立ち止まったので、「若者よ、さあ、起きなさい」と言われた。
07:15> すると、死人が起きあがって物を言い出した。イエスは彼を母にお渡しになった。
07:16> 人々はみな恐れをいだき、「大預言者がわたしたちの間に現れた」、また、「神はその民を顧みてくださった」と言って、神をほめたたえた。
07:17> イエスについてのこの話は、ユダヤ全土およびその附近のいたる所にひろまった。
07:18> ヨハネの弟子たちは、これらのことを全部彼に報告した。するとヨハネは弟子の中から二人の者を呼んで、
07:19> 主のもとに送り「『きたるべきかた』はあなたなのですか。それとも、ほかにだれかを待つべきでしょうか」と尋ねさせた。
07:20> そこで、この人たちがイエスのもとにきて言った、「わたしたちはバプテスマのヨハネからの使いですが、『きたるべきかた』はあなたなのですか、それとも、ほかにだれかを待つべきでしょうか、とヨハネが尋ねています」。
07:21> そのとき、イエスはさきざまの病苦と悪霊とに悩む人々いやし、また多くの盲人を見えるようにしておられたが、
07:22> 答えて言われた、「行って、あなたがたの見聞きしたことを、ヨハネに報告しなさい。盲人は見え、足なえは歩き、らい病人はきよまり、耳しいはきこえ、死人は生きかえり、貧しい人々は福音を聞かされている。
07:23> わたしにつまずかない者は、さいわいである」。
07:24> ヨハネの使いが行ってしまうと、イエスはヨハネのことを群衆に語りはじめられた、「あなたがたは、何を見に荒野に出てきたのか、風に揺らぐ葦であるのか。
07:25> では、何を見に出てきたのか、柔らかい着物をまとった人か。きらびやかに着かざって、ぜいたくに暮らしている人々なら、宮殿にいる。
07:26> では、何を見に出てきたのか。預言者か。そうだ、あなたがたに言うが、預言者以上の者で
07:27> 『見よ、わたしは使いをあなたの先につかわし、おなたの前に、道を整えさせるであろう』と書いてあるのは、この人のことである。
07:28> あなたがたに言っておく。女の産んだ者の中で、ヨハネより大きい人物はいない。しかし、神の国で最も小さい者も、彼より大きい。
07:29> (これを聞いた民衆は皆、また収税人たちも、ヨハネのバプテスマを受けて神の正しいことを認めた。
07:30> しかし、パリサイ人と律法学者たちとは彼からバプテスマを受けないで、自分たちに対する神のみこころを無にした。)
07:31> だから今の時代の人々を何に比べようか。彼らは何に似ているか。
07:32> それは子供たちが広場にすわって、互いに呼びかけ、『わたしたちが笛を吹いたのに、あなたたちは踊ってくれなかった。弔いの歌を歌ったのに、泣いてくれなかった』と言うのに似ている。
07:33> なぜなら、バプテスマのヨハネがきて、パンを食べることも、ぶどう酒を飲むこともしないと、あなたがたは、おれは悪霊につかれているのだ、と言い、
07:34> また人の子がきて食べたり飲んだりしていると、見よ、あれは食をむさぼる者、大酒を飲む者、また収税人、罪人の仲間だ、と言う。
07:35> しかし、知恵の正しいことは、そのすべての子が証明する」。
07:36> あるパリサイ人がイエスに、食事を共にしたいと申し出たので、そのパリサイ人の家にはいって食卓に着かれた。
07:37> するとそのとき、その町で罪の女であったものが、パリサイ人の家で食卓に着いておられることを聞いて、香油の入れてある石膏の壷を持ってきて、
07:38> 泣きながら、イエスのうしろでその足もとに寄り、まず涙でイエスの足をぬらし、自分の髪の毛でぬぐい、そして、その足に接吻して、香油を塗った。
07:39> イエスを招いたパリサイ人がそれを見て、心の中で言った、「もしこの人が預言者であるなら、自分にさわっている女がだれだか、どんな女かわかるはずだ。それは罪の女なのだから」。
07:40> そこでイエスは彼に向かって言われた、「シモン、あなたに言うことがある」。彼は「先生、おっしゃってください」と言った。
07:41> イエスが言われた、ある金貸しに金をかりた人がふたりいたが、ひとりは五百デナリ、もうひとりは五十デナリを借りていた。
07:42> ところが、返すことができなかったので、彼はふたり共ゆるしてやった。このふたりのうちで、どちらが彼を多く愛するだろうか」。
07:43> シモンが答えて言った、「多くゆるしてもらったほうだと思います」。イエスが言われた、「あなたの判断は正しい」。
07:44> それから女の方に振り向いて、シモンに言われた、「この女を見ないか。わたしがあなたの家にはいってきた時に、あなたは足を洗う水をくれなかった。ところが、この女は涙でわたしの足をぬらし、髪の毛でふいてくれた。
07:45> あなたはわたしに接吻をしてくれなかったが、彼女はわたしが家にはいった時から、わたしの足に接吻をしてやまなかった。
07:46> あなたはわたしの頭に油を塗ってくれなかったが、彼女はわたしの足に香油を塗ってくれた。
07:47> それて、あなたに言うが、この女は多く愛したから、その多くの罪はゆるされているのである。少しだけゆるされた者は、少しだけしか愛さない」。
07:48> そして女に、「あなたの罪はゆるされた」と言われた。
07:49> すると同席の者たちが心の中で言いはじめた、「罪をゆるすことさえするこの人は、いったい、何者だろう」。
07:50> しかし、イエスは女に向かって言われた、「あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい」。
第八章

08:01> そののちイエスは、神の国の福音を説きまた伝えながら、町々村々を巡回し続けられたが、十二弟子もお供をした。
08:02> また悪霊を追い出され病気をいやされた数名の婦人たち、すなわち、七つの悪霊を追い出してもらったマグダラと呼ばれるマリヤ、
08:03> ヘロデの家令クーザの妻ヨハンナ、スザンナ、そのほか多くの婦人たちも一緒にいて、自分たちの持ち物をもって一行に奉仕した。
08:04> さて、大ぜいの群衆が集まり、その上、町々からの人たちがイエスのところに、ぞくぞくと押し寄せてきたので、一つの譬で話をされた、
08:05> 「種まきが種をまきに出て行った。まいているうちに、ある種は道ばたに落ち、踏みつけられ、そして空の鳥に食べられてしまった。
08:06> ほかの種は岩の上に落ち、はえはしたが水気がないので枯れてしまった。
08:07> ほかの種は、いばらの間に落ちたので、いばらも一緒に茂ってきて、それをふさいでしまった。
08:08> ところが、ところがほかの種はよい地に落ちたので、はえ育って百倍もの実を結んだ」。こう語られたのち、声をあげて「きく耳のある者は聞くがよい」と言われた。
08:09> 弟子たちは、この譬はどういう意味でしょうか、とイエスに質問した。
08:10> そこで言われた、「あなたがたには、神の国の奥義を知ることが許されているが、ほかの人たちには、見ても見えず、聞いても悟られないために、譬で話すのである。
08:11> この譬はこういう意味である。種は神の言である。
08:12> 道ばたに落ちたのは、聞いたのち、信じることも救われることもないように、悪魔によってその心から御言が奪い取られる人たちのことである。
08:13> 岩の上に落ちたのは、御言を聞いた時には喜んで受けいれるが、根がないので、しばらくは信じていても、試練の時が来ると、信仰を捨てる人たちのことである。
08:14> いばらの中に落ちたのは、聞いても日を過ごすうちに、生活の心づかいや富や快楽にふさがれて、実を熟するまでにならない人たちのことである。
08:15> 良い地に落ちたのは、御言を聞いたのち、これを正しい良い心でしっかりと守り、耐え忍んで実を結ぶに至るひとたちのことである。
08:16> だれもあかりをともして、それを何かの器でおおいかぶせたり、寝台の下に置いたりはしない。燭台の上に置いて、はいって来る人たちに光が見えるようにするのである。
08:17> 隠されているもので、あらわれないものはなく、秘密にされているもので、ついには知られ、明るみに出されないものはない。
08:18> だから、どう聞くかに注意するがよい。持っている人には更に与えられ、持っていない人は、持っていると思っているものまでも、取り上げられるであろう」。
08:19> さて、イエスの母と兄弟たちとがイエスのところにきたが、群衆のためそば近くに行くことができなかった。
08:20> それで、だれかが「あなたの母上と兄弟がたが、お目にかかろうと思って、外に立っておられます」と取次いだ。
08:21> するとイエスは人々にむかって言われた、「神の御言を聞いて行う者こそ、わたしの母、わたしの兄弟なのである」。
08:22> ある日のこと、イエスは弟子たちと船に乗り込み、「湖の向こう岸へわたろう」と言われたので、一同が船出した。
08:23> 渡っていく間に、イエスは眠ってしまわれた。すると突風が湖に吹きおろしてきたので、彼らは水をかぶって危険になった。
08:24> そこで、みそばに寄ってきてイエスを起こし、「先生、先生、わたしたちは死にそうです」と言った。イエスは起き上がって、風と荒波とをおしかりになると、止んでなぎになった。
08:25> イエスは彼らに言われた、「あなたがたの信仰は、どこにあるのか」。かれらは恐れ驚いて互いに言い合った、「いったい、このかたはだれだろう。お命じになると、風も水も従うとは」。
08:26> それから、彼らはガリラヤの対岸、ゲラサ人の地に渡った。
08:27> 陸にあがられると、その町の人で、悪霊につかれて長いあいだ着物も着ず、家に居つかないで墓場にばかりいた人に、出会われた。
08:28> この人がイエスを見て叫び出し、みまえにひれ伏して大声で言った、「いと高き神の子イエスよ、あなたはわたしとなんの係わりがおるのです。お願いです、わたしを苦しめないでください」。
08:29> それは、イエスが汚れた霊に、その人から出て行け、とお命じになったからである。というのは、悪霊が何度も彼をひき捕えたので、彼は鎖と足かせとでつながれて看視されていたが、それを断ち切っては悪霊によって荒野へ追いやられていたのである。
08:30> イエスは彼に「なんという名前か」とお尋ねになると、「レギオンと言います」と答えた。彼の中にたくさんの悪霊がはいり込んでいたからである。
08:31> 悪霊どもは、底知れぬ所に落ちていくことを自分たちにお命じにならぬようにと、イエスに願いつづけた。
08:32> ところが、そこの山べにおびただしい豚の群れが飼ってあったので、その豚の中にはいることを許していただきたいと、悪霊どもが願い出た。イエスはそれをお許しになった。
08:33> そこで悪霊どもは、その人から出て豚の中にはいり込んだ。するとその群れは、がけから湖へなだれを打って駆け下り、おぼれ死んでしまった。
08:34> 飼う者たちは、この出来事を見て逃げ出して、町や村里にふれまわった。
08:35> 人々はこの出来事を見に出てきた。そしてイエスのところにきて、悪霊を追い出してもらった人が着物を着て、正気になってイエスの足もとにすわっているのを見て、恐れた。
08:36> それを見た人たちは、この悪霊につかれていた者が救われた次第を、彼らに語り聞かせた。
08:37> それから、ゲラサの地方の民衆はこぞって、自分たちの所から立ち去ってくださるようにとイエスに頼んだ。彼らが非常な恐怖に襲われていたからである。そこで、イエスは船に乗って帰りかけられた。
08:38> 悪霊を追い出してもらった人は、お供したいと、しきりに願ったが、イエスはこう言って彼をお帰しになった。
08:39> 「家へ帰って、神があなたにどんなに大きなことをしてくださったか、語り聞かせなさい」。そこで彼は立ち去って、自分にイエスがして下さったことを、ことごとく町中に言いひろめた。
08:40> イエスが帰ってこられると、群衆は喜び迎えた。みんながイエスを待ちうけていたのである。
08:41> するとそこに、ヤイロという名の人がきた。この人は会堂司であった。イエスの足もとにひれ伏して、自分の家においでくださるようにと、しきりに願った。
08:42> 彼に十二歳ばかりになるひとりむ娘があったが、死にかけていた。ところが、イエスが出て行かれる途中、群衆が押し迫ってきた。
08:43> ここに、十二年間も長血をわずらっていて、医者のために自分の身代をみな使い果たしてしまったが、だれにもなおしてもらえなかった女がいた。
08:44> この女がうしろから近寄ってみ衣のふさにさわったところ、その長血がたちまち止まってしまった。
08:45> イエスは言われた、「わたしにさわったのは、だれか」。人々はみな自分ではないと言ったので、ペテロが「先生、群衆があなたを取り囲んで、ひしめき合っているのです」と答えた。
08:46> しかしイエスは言われた、「だれかがわたしにさわった。力がわたしから出て行ったのを感じたのだ」。
08:47> 女は隠しきれないのを知って、震えながら進み出て、みまえにひれ伏し、イエスにさわった訳と、さわるとたちまちなおったこととを、みんなの前で話した。
08:48> そこでイエスが女に言われた、「娘よ、あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい」。
08:49> イエスがまだ話しておられるうちに、会堂司の家から人がきて、「お嬢さんはなくなられました。この上、先生を煩わすには及びません」と言った。
08:50> しかしイエスはこれを聞いて会堂司にむかって言われた、「恐れることはない。だた信じなさい。娘は助かるのだ」。
08:51> それから家にはいられるとき、ペテロ、ヨハネ、ヤコブおよびその子の父母のほかは、だれも一緒にはいって来ることをお許しにならなかった。
08:52> 人々はみな、娘のために泣き悲しんでいた。イエスは言われた、「泣くな、娘は死んだのではない。眠っているだけである」。
08:53> 人々は娘が死んだことを知っていたので、イエスをあざ笑った。
08:54> イエスは娘の手を取って、呼びかけて言われた、「娘よ、起きなさい」。
08:55> するとその霊がもどってきて、娘は即座に立ち上がった。イエスは何か食べ物を与えるように、さしずをされた。
08:56> 両親は驚いてしまった。イエスはこの出来事をだれにも話さないようにと、彼らに命じられた。
第九章

09:01> それからイエスは十二弟子を呼び集めて、彼らにすべての悪霊を制し、病気をいやす力と権威とをお授けになった。
09:02> また神の国を宣べ伝え、かつ病気をなおすためにつかわして
09:03> 言われた、「旅のために何も携えるな。つえも袋もパンも銭も持たず、また下着も二枚は持つな。
09:04> また、どこかの家にはいったら、そこに留まっておれ。そしてそこから出かけることにしなさい。
09:05> だれもあなたがたを迎えるものがいなかったら、その町を出て行くとき、彼らに対する抗議のしるしに、足からちりを払い落としなさい」。
09:06> 弟子たちは出て行って、村々を巡り歩き、いたる所で福音を宣べ伝え、また病気をいやした。
09:07> さて、領主ヘロデはいろいろな出来事を耳にして、あわて惑っていた。それは、ある人たちは、ヨハネが死人の中からよみがえったと言い、
09:08> またある人たちは、エリヤが現れたと言い、またほかの人たちは、昔の預言者のひとりが復活したのだと言っていたからである。
09:09> そこでヘロデが言った、「ヨハネはわたしがすでに首を切ったのだか、こうしてうわさされているこの人は、いったい、だれなのだろう」。そしてイエスに会ってみよう思っていた。
09:10> 使徒たちは帰ってきて、自分たちのしたことをすべてイエスにはなした。それからイエスは彼らを連れて、ベツサイダという町へひそかに退かれた。
09:11> ところが群衆がそれと知って、ついてきたので、これを迎えて神の国のことを語り聞かせ、また治療を要する人たちをいやされた。
09:12> それから日が傾きかけたので、十二弟子がイエスのもとにきて言った、「群衆を解散して、まわりの村々や部落へ行って宿を取り、食物を手にいれるようにさせてください。わたしたちはこにな寂しい所にきているのですから」。
09:13> しかしイエスは言われた、「あなたがたの手で食物をやりなさい」。彼らは言った、「わたしたちにはパン五つと魚二ひきしかありません、この大ぜいの人のために食物を買いに行くかしなければ」。
09:14> というのは、男が五千人ばかりもいたからである。しかしイエスは弟子たちに言われた、「人々をおおよそ五十人ずつの組にして、すわらせなさい」。
09:15> 彼らはそのとおりにして、みんなをすわらせた。
09:16> イエスは五つのパンと二ひきの魚とを手に取り、天を仰いでそれを祝福してさき、弟子たちにわたして群衆に配らせた。
09:17> みんなの者は食べて満腹した。そして、その余りくずを集めたら、十二かごあった。
09:18> イエスはひとりで祈っておられたとき、弟子たちが近くにいたので、彼らに尋ねて言われた、「群衆はわたしをだれだと言っているのか」。
09:19> 彼らは答えて言った、「バプテスマのヨハネだと、言っています。しかしほかの人たちは、エリヤだと言い、また昔の預言者のひとりが復活したのだとち、言っている者もあります」。
09:20> 彼らに言われた、「それでは、あなたがたはわたしをだれと言うのか」。ペテロが答えて言った、「神のキリストです」。
09:21> イエスは彼らを戒め、この事をだれにも言うなと命じ、そして言われた、
09:22> 「人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちに捨てられ、また殺され、そして三日目によみがえる」。
09:23> それから、みんなの者に、言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。
09:24> 自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救うであろう。
09:25> 人が全世界をもうけても、自分自身を失いまたは損したら、なんの得になろうか。
09:26> わたしとわたしの言葉とを恥じる者に対しては、人の子もまた、自分の栄光と、父と聖なる御使との栄光のうちに現れて来るとき、その者を恥じるであろう。
09:27> よく聞いておくがよい、神の国を見るまでは、死を味わわない者が、ここに立っている者の中にいる」。
09:28> これらのことを話された後、八日ほどたってから、イエスはペテロ、ヨハネ、ヤコブを連れて、祈るために山に登られた。
09:29> 祈っておられる間に、み顔の様が変り、み衣がまばゆいほどに白く輝いた。
09:30> すると見よ、二人の人がイエスと語り合っていた。それはモーセとエリヤであったが、
09:31> 栄光の中に現れて、イエスがエルサレムで遂げようとする最後のことについてはなしていたのである。
09:32> ペテロとその仲間の者たちとは熟睡していたが、目をさますと、イエスの栄光の姿と、共に立っているふたりの人とを見た。
09:33> このふたりがイエスを離れ去ろうとしたとき、ペテロは自分が何を言っているかわからないで、イエスに言った、「先生、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。それで、わたしたちは小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのために、一つはモーセのために、一つはエリヤのために」。
09:34> 彼がこう言っている間に雲がわき起こって彼らをおおいはじめた。そしてその雲に囲まれたとき、彼らは恐れた。
09:35> すると雲の中から声があった、「これはわたしの子、わたしの選んだ者である。これを聞け」。
09:36> そして声が止んだとき、イエスがひとりだけになっておられた。弟子たちは沈黙を守って、自分たちが見たことについては、そのころだれにも話さなかった。
09:37> 翌日、一同が山を降りて来ると、大ぜいの群衆がイエスを出迎えた。
09:38> すると突然、ある人が群衆の中から大声をあげて言った、「先生、お願いです。わたしのむすこを見てやってください。この子はわたしのひとりむすこですが。
09:39> 霊が取り付きますと、彼は急に叫び出すのです。それから、霊は彼をひきつれさせて、あわを吹かせ、彼を弱り果てさせて、なかなか出て行かないのです。
09:40> それで、お弟子たちに、この霊を追い出してくださるように願いましたが、できませんでした」。
09:41> イエスは答えて言われた、「ああ、なんという不信仰な、曲った時代であろう。いつまで、わたしはあなたがたと一緒におられようか。またあなたがたに我慢できようか。あなたの子をここに連れてきなさい」。
09:42> ところが、その子がイエスのところに来る時にも、悪霊が彼を引き倒して、引きつけさせた。イエスはこの汚れた霊をしかりつけ、その子供をいやして、父親にお渡しになった。
09:43> 人人はみな、神の偉大な力に非常に驚いた。みんなの者がイエスのしておられた数々の事を不思議に思っていると、弟子たちに言われた、
09:44> 「あなたがたはこの言葉を耳におさめて置きなさい。人の子は人々の手に渡されようとしている」。
09:45> しかし、彼らはなんのことかわからなかった。それが彼らに隠されていて、悟ることができなかったのである。また彼らはそのことについて尋ねるのを恐れていた。
09:46> 弟子たちの間に、彼らのうちでだれがいちばん偉いのだろうかということで、議論がはじまった。
09:47> イエスは彼らの心の思いを見抜き、ひとりの幼な子を取りあげて自分のそばに立たせ、彼らに言われた、
09:48> 「だれでもこの幼な子をわたしの名ゆえに受けいれる者は、わたしを受けいれるのである。そしてわたしを受けいれる者は、わたしをおつかわしになったかたを受けいれるのである。あなたがたみんなの中でいちばん小さい者こそ、大きいのである」。
09:49> するとヨハネが答えて言った、「先生、わたしたちはある人があなたの名を使って悪霊を追い出しているのを見ましたが、その人はわたしたちの仲間でないので、やめさせました」。
09:50> イエスは彼に言われた、「やめさせないがよい。あなたがたに反対しない者は、あなたがたの味方なのである」。
09:51> さて、イエスが天に上げられる日が近づいたので、エルサレムへ行こうと決意して、その方へ顔をむけられ、
09:51> 自分に先立って使者たちをおつかわしになった。そして彼らがサマリヤ人の村へはいって行き、イエスのために準備をしようとしたところ、
09:53> 村人は、エルサレムへむかって進んで行かれるというので、イエスを歓迎しようとはしなかった。
09:54> 弟子のヤコブとヨハネとはそれを見て言った、「主よ、いかがでしょう。彼らを焼き払ってしまうように、天から火をよび求めましょうか」。
09:55> イエスは振りかえって、彼らをおしかりになった。
09:56> そして一同はほかの村へ行った。
09:57> 道を進んで行くと、ある人がイエスに言った、「あなたがおいでになる所ならどこへでも従ってまいります」。
09:58> イエスはその人に言われた、「きつねには穴があり、空の鳥には巣がある。しかし、人の子にはまくらする所がない」。
09:59> またほかの人に、「わたしに従ってきなさい」と言われた。するとその人が言った、「まず、父を葬りに行かせてください」。
09:60> 彼に言われた、「その死人を葬ることは、死人に任せておくがよい。あなたは、出て行って神の国を告げひろめなさい」。
09:61> またほかの人が言った、「主よ、従ってまいりますが、まず家の者に別れを言いに行かせてください」。
09:62> イエスは言われた、「手をすきにかけてから、うしろを見る者は、神の国にふさわしくないものである」。
第一0章

10:01> その後、主は別に七十二人を撰び、行こうとしておられたすべての町や村へ、ふたりずつ先におつかわしになった。
10:02> そのとき、彼らに言われた、「収穫は多いが、働き人が少ない。だから、収穫の主に願って、その収穫のために働き人を送り出すようにしてもらいなさい。
10:03> さあ、行きなさい。わたしがあなたがたをつかわすのは、小羊をおおかみの中に送るようなものである。
10:04> 財布も袋も持って行くな。だれにも道であいさつするな。
10:05> どこかの家にはいったら。まず『平安がこの家にあるように』と言いなさい。
10:06> もし平安の子がそこにおれば、あなたがたの祈る平安はその人の上にとどまるであろう。もしそうでなかったら、それはあなたがたの上に帰って来るであろう。
10:07> それで、その同じ家に留まっていて、家の人が出してくれるものを飲み食いしなさい。働き人がその報いを得るのは当然である。家から家へと渡り歩くな。
10:08> どの町へはいっても、人々があなたがたを迎えてくれるなら、前に出されるものを食べなさい。
10:09> そして、その町にいる病人をいやしてやり、『神の国はあなたがたに近づいた』と言いなさい。
10:10> しかし、どの町へはいっても、人々があなたがたを迎えない場合には、大通りに出て行って言いなさい、
10:11> 『わたしたちの足についているこの町のちりも、ぬぐい捨てて行く。しかし、神の国が近づいたことは、承知しているがよい』。
10:12> あなたがたに言っておく。その日には、この町よりもソドムの方が耐えやすいであろう。わざわいだ、コラジンよ。
10:13> わざわいだ、ベツサイダよ。おまえたちの中でなされた力あるわざが、もしツロとシドンでなされたなら、彼らはとうの昔に、荒布をまとい灰の中にすわって、悔い改めたであろう。
10:14> しかし、さばきの日には、ツロとシドンの方がおまえたちよりも、耐えやすいであろう。
10:15> ああ、カペナウムよ、おまえは天にまで上げられようとでもいうのか。黄泉まで落とされるであろう。
10:16> あなたがたに聞き従う者は、わたしに聞き従うものであり、あなたがたを拒む者は、わたしをおつかわしになったかたを拒むのである」。
10:17> 七十二人が喜んで帰ってきて言った、「主よ、あなたの名によっていたしますと、悪霊までがわたしたちに服従します」。
10:18> 彼らに言われた、「わたしはサタンが電光のように天から落ちるのを見た。
10:19> わたしはあなたがたに、へびやさそりを踏みつけ、敵のあらゆる力に打ち勝つ権威を授けた。だから、あなたがたに害をおよぼす者はまったく無いであろう。
10:20> しかし、霊があなたがたに服従することを喜ぶな。むしろ、あなたがたの名が天にしるされていることを喜びなさい」。
10:21> そのとき、イエスは聖霊によって喜びあふれて言われた、「天地の主なる父よ。あなたをほめたたえます。これらの事を知恵ある者や賢い者に隠して、幼な子にあらわしてくださいました。父よ、これはまことに、みこころにかなった事でした。
10:22> すべての事は父からわたしに任せられています。そして、子がだれであるかは、父のほか知っている者はありません。また父がだれであるかは、子と、父をあらわそいとして子が選んだ者とのほか、だれも知っている者はいません」。
10:23> それから弟子たちの方に振りむいて、ひそかに言われた、「あなたがたが見ていることを見る目は、さいわいである。
10:24> あなたがたに言っておく。多くの預言者や王たちも、あなたがたの見ていることを見ようとしたが、見ることができず、あなたがたの聞いていることを聞こうとしたが、聞けなかったのである」。
10:25> するとそこへ、ある律法学者が現れ、イエスを試みようとして言った、「先生、何をしたら永遠の生命を受けられましょうか」。
10:26> 彼に言われた、「律法にはなんと書いてあるか。あなたはどう読むか」。
10:27> 彼は答えて言った、「『心をつくし、精神をつくし、力をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。また、『自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ』とあります」。
10:28> 彼に言われた、「あなたの答は正しい。そのとおり行いなさい。そうすれば、いのちが得られる」。
10:29> すると彼は自分の立場を弁護しようと思って、イエスに言った、「では、わたしの隣り人とはだれのことですか」。
10:30> イエスが答えて言われた、「ある人がエルサレムからエリコに下って行く途中、強盗どもが彼を襲い、その着物をはぎ取り、傷を負わせ、半殺しにしたまま、逃げ去った。
10:31> するとたまたま、ひとりの祭司がその道を下ってきたが、この人を見ると、向こう側を通って行った。
10:32> 同様に、レビ人もこのこの場所にさしかかってきたが、彼を見ると向こう側を通って行った。
10:33> ところが、あるサマリヤ人が旅をしてこの人のところを通りかかり、彼を見て気の毒に思い、
10:34> 近寄ってきてその傷にオリブ油とぶどう酒とを注いでほうたいをしてやり、自分の家畜に乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。
10:35> 翌日、デナリ二つを取り出して宿屋の主人に手渡し、『この人を見てやってください。費用がよけいにかかったら、帰りがけに、わたしが支払います』と言った。
10:36> この三人のうち、だれが強盗に襲われた人の隣り人になったと思うか」。
10:37> 彼が言った、「その人に慈悲深い行いをした人です」。そこでイエスは言われた、「あなたも行って同じようにしなさい」。
10:38> 一同が旅を続けているうちに、イエスがある村へはいられた。するとマルタという名の女がイエスを家に迎え入れた。
10:39> この女にマリヤという妹がいたが、主の足元にすわって、御言に聞き入っていた。
10:40> ところが、マルタは接待のことで忙しくて心をとりみだし、イエスのところにきて言った、「主よ、妹がわたしにだけ接待をさせているのを、なんともお思いになりませんか。わたしの手伝いをするように妹におっしゃってください」。
10:41> 主は答えて言われた、「マルタよ、マルタよ、あなたは多くのことに心を配って思いわずらっている。
10:42> しかし、無くてはならぬものは多くはない。いや、一つだけである。マリヤはその良い方を選んだのだ。そしてそれは、彼女から取り去ってはならないものである」。
第一一章

11:01> また、イエスはある所に行で祈っておられたが、それが終わったとき、弟子のひとりが言った、「主よ、ヨハネがその弟子たちに教えたように、わたしたちにも祈ることを教えてください」。
11:02> そこで彼らに言われた、『父よ、御名をあがめられますように、御国がきますように。
11:03> わたしたちの日ごとの食物を、日々お与えください。
11:04> わたしたちに負債のある者を皆ゆるしますから、わたしたちの罪をもおゆるしください。わたしたちを試みに会わせないでください』」。
11:05> そして彼らに言われた、「あなたがたのうちのだれかに、友人があるとして、その人のところへ真夜中に行き、『友よ、パンを三つ化してください。
11:06> 友だちが旅先からわたしのところに着いたのですが、何も出すものがありませんから』と言った場合、
11:07> 彼は内から、『面倒をかけないでくれ。もう戸は締めてしまったし、子供たちもわたしと一緒にとこにはいっているので、いま起きて何もあげるわけにはいかない』と言うであろう。
11:08> しかし、よく聞きなさい、友人だからというのでは起きて与えないが、しきりに願うので、起き上がって必要なものを出してくれるであろう。
11:09> そこでわたしはあなたがたに言う。求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。
11:10> すべて求める者に得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。
11:11> あなたがたのうちで、父であるものは、その子が魚を求めるのに、魚の代わりにへびをあたえるだろうか。
11:12> 卵を求めるのに、さそりを与えるだろうか。
11:13> このように、あなたがたは悪い者でであっても、自分の子供には、良い贈り物をすることを知っているとすれば、天の父はなおさら、求めて来る者に聖霊を下さらないことがあろうか」。
11:14> さて、イエスが悪霊を追い出しておられた。それは、物を言えなくする霊であった。悪霊が出て行くと、口の聞けない人が物を言うようになったので、群衆は不思議に思った。
11:15> その中のある人々が、「彼は悪霊のかしらベルゼブルによって、悪霊どもを追い出しているのだ」、と言い、
11:16> またほかの人々はイエスを試みようとして、天からのしるしを求めた。
11:17> しかしイエスは、彼らの思いを見抜いて言われた、「おおよそ国が内部で分裂すれば自滅してしまい、また家が分れ争えば倒れてしまう。
11:18> そこでサタンも内部で分裂すれば、その国はどうして立ち行けよう。おなたがたはわたしがベルゼブルによって悪霊を追い出していると言うが、
11:19> もしわたしがベルゼブルによって悪霊を追い出すとすれば、あなたがたの仲間はだれによって追い出すのであろうか。だから、彼らがあなたがたをさばく者となるであろう。
11:20> しかし、わたしが神の指によって悪霊を追い出しているのなら、神の国はすでにあなたがたのところにきたのである。
11:21> 強い人が十分に武装して自分の邸宅を守っている限り、その持ち物は安全である。
11:22> しかし、もっと強い者が襲ってきて彼に打ち勝てば、その頼みにしていた武具を奪って、その分捕品を分けるのである。
11:23> わたしの味方でない者は、わたしに反対するものであり、わたしと共に集めない者は、散らすものである。
11:24> 汚れた霊が人から出ると、休み場を求めて水の無い所を歩きまわるが、見つからないので、出てきた元の家に帰ろうと言って、
11:25> 帰って見ると、その家はそうじがしてある上、飾りつけがしてあった。
11:26> そこでまた出て行って、自分以上に悪い他の七つの霊を引き連れてきて中にはいり、そこに住み込む。そうすると、その人の後の状態は初めよりももっと悪くなるのである」。
11:27> イエスがこう話しておられるとき、群衆の中からひとりの女が声を張りあげて言った、「あなたを宿した胎、あなたが吸われた乳房は、なんとめぐまれていることでしょう」。
11:28> しかしイエスは言われた、「いや、めぐまれているのは、むしろ、神の言を聞いてそれを守る人たちである」。
11:29> さて群衆が群がり集まったので、イエスは語り出された、「この時代は邪悪な時代である。それはしるしを求めるが、ヨナのしるしのほかはには、なんのしるしも与えられないであろう。
11:30> というのは、ニネベの人々に対してヨナがしるしとなったように、人の子もこの時代に対してしるしとなるであろう。
11:31> 南の女王が、今の時代の人々と共にさばきの場に立って、彼らを罪に定めるであろう。なぜなら、彼女はソロモンの知恵を聞くために、地の果てからはるばるきたからである。しかし見よ、ソロモンにまさる者がここにいる。
11:32> ニネベの人々が、今の時代の人々と共にさばきの場に立って、彼らを罪に定めるであろう。なぜなら、ニネベの人々はヨナの宣教によって悔い改めたからである。しかし見よ、ヨナにまさる者がここにいる。
11:33> だれもあかりをともして、それを穴倉の中や枡の下に置くことはしない。むしろはいって来る人たちに、そのあかりが見えるように、燭台の上におく。
11:34> あなたの目は、からだのあかりである。あなたの目が澄んでおれば、全身も明るいが、目がわるければ、からだも暗い。
11:35> だからあなたの内なる光が暗くならないように注意しなさい。
11:36> もし、あなたのからだ全体が明るくて、暗い部分が少しもなければ、ちょうど、あかりが輝いてあなたを照らす時のように、全身が明るくなるであろう」
11:37> イエスが語っておられた時、あるパリサイ人が自分の家で食事をしていただきたいと申し出たので、はいって食卓につかれた。ところが、
11:38> 食前にまず洗うことをなさらなかったのを見て、そのパリサイ人は不思議に思った。
11:39> そこで主は言われた、「いったい、あなたがたパリサイ人は、杯や盆の外側をきよめるが、あなたがたの内側は貪欲と邪悪とで満ちている。
11:40> 愚かな者たちよ、外側を造ったかたは、また内側も造られたではないか。
11:41> ただ、内側にあるものをきよめなさい。そうすれば、いっさいがあなたがたにとって、清いものとなる。
11:42> しかし、あなた方パリサイ人は、わざわいである。はっか、うん香、あらゆる野菜などの十分の一を宮に納めておきながら、義と神に対する愛とをなおざりにしている。それもなおざりにできないが、これを行わねばならない。
11:43> あなたがたパリサイ人は、わざわいである。会堂の上席や広場での敬礼を好んでいる。
11:44> あなたがたは、わざわいである。人目につかない墓のようなものである。その上を歩いても人々は気づかないでいる」。
11:45> ひとりの律法学者がイエスに答えて言った、「先生、そんなことを言われるのは、わたしたちまでも侮辱することです」。
11:46> そこで言われた、「あなたがた律法学者も、わざわいである。負い切れない重荷を人に負わせながら、自分ではその荷に指一本でも触れようとしない。
11:47> あなたがたは、わざわいである。預言者たちの碑を建てるが、しかし彼らを殺したのは、あなたがたの先祖であったのだ。
11:48> だから、あなたがたは、自分の先祖のしわざに同意する証人なのだ。先祖が彼らを殺し、あなたがたがその碑を建てるのだから。
11:49> それゆえに、『神の知恵』も言っている、『わたしは預言者と使徒とを彼らにつかわすが、彼らはそのうちのある者を殺したり、迫害したりするであろう』。
11:50> それで、アベルの血から祭壇と神殿との間で殺されたザカリヤの血に至るまで、世の初めから流されてきたすべての預言者の血について、この時代がその責任を問われる。
11:51> そうだ、あなたがたに言って置く、この時代がその責任を問われるであろう。
11:52> あなたがた律法学者は、わざわいである。知識のかぎを取りあげて、自分がはいらないばかりか、はいろうとする人たちを妨げてきた」。
11:53> イエスがそこを出て行かれると、律法学者やパリサイ人は、激しく詰め寄り、いろいろな事を問いかれて、
11:54> イエスの口から何か言いがかりを得ようと、ねらいはじめた。
第一二章

12:01> その間に、おびただしい群衆が、互いに踏み合うほどに群がってきたが、イエスはまず弟子たちに語りはじめらた、「パリサイ人のパン種、すなわち彼らの偽善に気をつけなさい。
12:02> おおいかぶされたもので、現れてこないものはなく。隠れているもので、知られてこないものはない。
12:03> だから、あなたがたが暗やみで言ったことは、なんでもみな明るみで聞かれ、密室で耳にささやいたことは、屋根の上で言いひろめられるであろう。
12:04> そこでわたしの友であるあなたがたに言うが、からだを殺しても、そのあとでそれ以上なにもできない者どもを恐れるな。
12:05> 恐るべき者がだれであるか、教えてあげよう。殺したあとで、更に地獄に投げ込む権威のあるかたを恐れなさい。
12:06> 五羽のすずめは二アサリオンで売られているではないか。しかも、その一羽も神のみまえで忘れられてはいない。
12:07> その上、あなたがたの頭の毛までも、みな数えられている。恐れることはない。あなたがたは多くのすずめよりも、まさった者である。
12:08> そこで、あなたがたに言う。だれでも人の前でわたしを受けいれる者を、人の子も神の使いたちの前で受けいれるであろう。
12:09> しかし、人の前でわたしを拒む者は、神の使いたちの前で拒まれるであろう。
12:10> また、人の子に言い逆らう者はゆるされるであろうが、聖霊をけがす者は、ゆるされることはない。
12:11> あなたがたが会堂や役人や高官の前へひっぱられて行った場合には、何をどう弁明しようか、何を言おうかと心配しないがよい。
12:12> 言うべきことは、聖霊がその時に教えてくださるからである」。
12:13> 群衆の中のひとりがイエスに言った、「先生、わたしの兄弟に、遺産を分けてくれるようにおっしゃつてください」。
12:14彼に言われた、「人よ、だれがわたしをあなたがたの裁判人または分配人に立てたのか」。
12:15> それから人々にむかって言われた、「あらゆる貪欲に対してよくよく警戒しなさい。たといたくさんの物を持っていても、人のいのちは、持ち物にはよらないのである」。
12:16> そこで一つの譬で語られた、「ある金持の畑が豊作であった。
12:17> そこで彼は心の中で、『どうしようか、わたしの作物をしまっておく所がないのだが』とおもいめぐらして
12:18> 言った、『こうしよう。わたしの倉を取りこわし、もっと大きいのを建てて、そこに穀物や食糧を全部しまい込もう。
12:19> そして自分の魂に言おう。たましいよ、おまえには長年月分の食糧がたくさんたくわえてある。さあ安心せよ、食え、飲め、楽しめ』。
12:20> すると神が彼に言われた、『愚かな者よ、あなたの魂は今夜のうちにも取り去られるであろう。そしたら、あなたが用意した物は、だれのものになるのか』。
12:21> 自分のために宝を積んで神に対して富まない者は、これと同じである」。
12:22> それから弟子たちに言われた、「それだから、あなたがたに言っておく。何を食べようとかと、命のことで思いわずらい、何を着ようかとからだのことで思いわずらうな。
12:23> 命は食物にまさり、からだは着物にまさっている。
12:24> からすのことを考えて見よ。まくことも、刈ることもせず、また、納屋もなく倉もない。それだのに、神は彼らを養っていて下さる。あなたがたは鳥よりも、はるかにすぐれているではないか。
12:25> あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。
12:26> そんな小さい事でさえできないのに、どうしてほかのことを思いわずらうのか。
12:27> 野の花のことを考えて見るがよい。紡ぎもせず、織りもしない。しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花一つほどにも着飾ってはいなかった。
12:28> きょうは野にあって、あすは炉に投げ入れられる草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。ああ、信仰の薄い者たちよ。
12:29> あなたがたも、何を食べ、何を飲もうかと、あくせくするな、また気を使うな。
12:30> これらのものは皆、この世の異邦人が切に求めているものである。あなたがたの父は、これらのものがあなたがたに必要であることを、ご存知である。
12:31> ただ、御国を求めなさい。そうすれば、これらのものは添えて与えられるであろう。
12:32> 恐れるな、小さい群れよ。御国を下さることは、あなたがたの父のみこころなのである。
12:33> 自分の持ち物を売って、施しなさい。自分のために古びることのない財布をつくり、盗人も近寄らず、虫も食い破らない天に、尽きることのない宝をたくわえなさい。
12:34> あなたがたの宝のある所には、心もあるからである。
12:35> 腰に帯をしめ、あかりをともしていなさい。
12:36> 主人が婚宴から帰ってきて戸をたたくとき、すぐあけてあげようと待っている人のようにしていなさい。
12:37> 主人が帰ってきたとき、目を覚ましているのを見られる僕たちを食卓につかせ、進み寄って給仕してくれるであろう。
12:38> 主人が夜中ごろ、あるいは夜明けごろに帰ってきても、そうしているのを見られるなら、その人たちはさいわいである。
12:39> このことを、わきまえているがよい。家の主人は、盗賊がいつごろ来るかわかっているなら、自分の家に押し入らせはしないであろう。
12:40> あなたがたも用意していなさい。思いがけない時に人の子が来るからである」。
12:41> するとペテロが言った、「主よ、この譬をはなしておられるのはわたしたちのためですか。それとも、みんなの者のためなのですか」。
12:42> そこで主が言われた、「主人が、召使たちの上に立てて、時に応じて定めの食事をそなえさせる忠実な思慮深い家令は、いったいだれであろう。
12:43> 主人が帰ってきたとき、そのようにつとめているのを見られる僕は、さいわいである。
12:44> よく言っておくが、主人はその僕を立てて自分の全財産を管理させるであろう。
12:45> しかし、もしその僕が、主人の帰りがおそいと心の中で思い、男女の召使たちを打ちたたき、そして食べたり、飲んだりして酔いはじめるならば、
12:46> その僕の主人は思いがけない日、気づかない時に帰って来るであろう。そして、彼を厳罰に処して、不忠実なものたちと同じ目にあわせるであろう。
12:47> 主人のこころを知っていながら、それに従って用意もせず勤めもしなかった僕は、多くむち打たれるであろう。
12:48> しかし、知らずに打たれるようなことをした者は、打たれ方が少ないだろう。多く与えられた者からは多く求められ、多く任せられた者からは更に多く要求されるであろう。
12:49> わたしは、火を地上に投じるためにきたのだ。火がすでに燃えていたならと、わたしはどんなに願っていることか。
12:50> しかし、わたしには受けなければならないバプテスマがある。そして、それを受けてしまうまでは、わたしはどんなにか苦しい思いをすることであろう。
12:51> あなたがたは、わたしが平和をこの地上にもたらすためにきたと思っているのか。あなたがたに言っておく。そうではない。むしろ分裂である。
12:52> というのは、今から後は、一家の内で五人が相分れて、三人はふたりに、ふたりは三人に対立し、
12:53> また父は子、子は父に、母は娘に、娘は母に、しゅうとめは嫁に、嫁はしゅうとめに、対立するであろう」。
12:54> イエスはまた群衆に対しても言われた、「あなたがたは、雲が西に起るのを見るとすぐ、にわか雨がやって来る、と言う。果たしてそのとおりになる。
12:55> それから南風が吹くと、暑くなるだろう、と言う。果たしてそのとおりになる。
12:56> 偽善者よ、あなたがたは天地の模様を見分けることを知りながら、どうして今の時代を見分けることができないのか。
12:57> また、あなたがたは、なぜ正しいことを自分で判断しないのか。
12:58> たとえば、あなたを訴える人と一緒に役人のところへ行くときには、途中でその人と和解するように努めるがよい。そうしないと、その人はあなたを裁判官のところへひっぱって行き、裁判官はあなたを獄吏に引き渡し、獄吏はあなたを獄に投げ込むであろう。
12:59> わたしは言って置く、最後の一レプタまでも支払ってしまうまでは、決してそこから出て来ることはできない」。
第一三章

13:01> ちょうどその時、ある人々がきて、ピラトがガリラヤ人たちの血を流し、それを彼らの犠牲の血に混ぜたことを、イエスに知らせた。
13:02> そこでイエスは答えて言われた、「それらのガリラヤ人が、そのような災難あったからといって、他のすべてのガリラヤ人以上に罪が深かったと思うのか。
13:03> あなたがたに言うが、そうではない、あなたがたも悔い改めなければ、みな同じように滅びるであろう。
13:04> また、シロアムの塔が倒れたためにおし殺したあの十八人は、エルサレムの他の全民衆以上に罪の負債があったと思うか。
13:05> あなたがたに言うが、そうではない、あなたがたも悔い改めなければ、みな同じように滅びるであろう」。
13:06> それから、この譬で語られた、「ある人が自分のぶどう園にいちじくの木を植えて置いたので、実を探しにきたが見つからなかった。
13:07> そこで園丁に言った、『わたしは三年間も実を求めて、このいちじくの木のところにきたのだが、いまだに見あたらない。その木を切り倒してしまえ。なんのために、土地をむだにふそがせて置くのか』。
13:08> すると園丁は答えて言った、『ご主人様、ことしも、そのままにして置いてください。そのまわりを掘って肥料をやって見ますから。
13:09> それで来年実がなりましたら結構です。もしそれでもだめなら、切り倒してください』」。
13:10> 安息日に、ある会堂で教えておられると、
13:11> そこに十八年も病気の霊につかれ、かがんだままで、からだを伸ばすことの全くできない女がいた。
13:12> イエスはこの女を見て、呼びよせ、「女よ、あなたの病気はなおった」と言って、
13:13> 手をその上に置かれた。すると立ちどころに、そのからだがますくになり、そして神をたたえはじめた。
13:14> ところが会堂司は、イエスが安息日に病気をいやされたことに憤り、群衆にむかって言った、「働くべき日は六日ある。その間に、なおしてもらいにきなさい。安息日にはいけない」。
13:15> 主はこれに答えて言われた、「偽善者たちよ、あなたがたはだれでも、安息日であっても、自分の牛やろばを家畜小屋から解いて、水を飲ませに引き出してやるではないか。
13:16> それなら、十八年もサタンに縛られいた、アブラハムの娘であるこの女を、安息日であっても、その束縛から解いてやるべきではなかったか」。
13:17> こう言われたので、イエスに反対していた人たちはみな恥じ入った。そして群衆はこぞって、イエスがなされたすべてのすばらしいみわざを見て喜んだ。
13:18> そこで言われた、「神の国は何に似ているか。またそれを何にたとえようか。
13:19> 一粒のからし種のようなものである。ある人がそれを取って庭にまくと、育って木となり、空の鳥もその枝に宿るようになる」。
13:20> また言われた、「神の国を何にたとえようか。
13:21> パン種のようなものである。女がそれを取って三斗の粉の中に混ぜると、全体がふくらんでくる」。
13:22> さてイエスは教えながら町々村々を通り過ぎ、エルサレムへと旅を続けられた。
13:23> すると、ある人がイエスに、「主よ、救われる人は少ないのですか」と尋ねた。
13:24> そこでイエスは人々にむかって言われた、「狭い戸口からはいるように努めなさい。事実、はいろうとしても、はいれない人が多いのだから。
13:25> 家の主人が立って戸を閉じてしまってから、あなたがたが外に立ち戸をたたき始めて、『ご主人様、ぞうぞあけてください』と言っても、主人はそれに答えて、『あなたがたがどこからきた人なのか、わたしはしらない』と言うであろう。
13:26> そのとき、『わたしたちはあなたとご一緒に飲み食いしました。また、あなたはわたしたちの大通りで教えてくださいました』と言い出しても、
13:27> 彼は、『あなたがたがどこからきた人なのか、わたしは知らない。悪事を働く者どもよ、みんな行ってしまえ』と言うであろう。
13:28> あなたがたは、アブラハム、イサク、ヤコブやすべての預言者たちが、神の国にはいっているのに、自分たちは外に投げ出されることになれば、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。
13:29> それから人々が、東から西から、また南から北からきて、神の国の宴会の席につくであろう。
13:30> こうしてあとのもので先になるものがあり、また、先のものであとのものになるものもある」。
13:31> ちょうどその時、あるパリサイ人たちが、イエスに近寄ってきて言った、「ここから出て行きなさい。ヘロデがあなたを殺そうとしています」。
13:32> そこで彼らに言われた、「あのきつねのところへ行ってこう言え、『見よ、わたしはきょうもあすも悪霊を追い出し、また、病気をいやし、そして三日目にわざを終えるであろう。
13:33> しかし、きょうもあすも、またその次の日も、わたしは進んで行かねばならない。預言者がエルサレム以外の地で死ぬことは、あり得ないからである』。
13:34> ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえたちにつかわされた人々を石で打ち殺す者よ、ちょうどめんどりが翼の下にひなを集めるように、私はおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろう。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。
13:35> 見よ、おまえたちの家は見捨てられてしまう。わたしは言って置く、『主の名によってきたるものに、祝福あれ』とおまえたちが言う時の来るまでは、再びわたしに会うことはないであろう」。
第一四章

14:01> ある安息日のこと、食事をするために、あるパリサイ派のかしらの家にはいって行かれたが、人々はイエスの様子をうかがっていた。
14:02> するとそこに、水腫をわずらっている人が、みまえにいた。
14:03> イエスは律法学者パリサイ人たちにむかって言われた、「安息日に人をいやすのは、正しいことかどうか」。
14:04> 彼らは黙っていた。そこでイエスはその人に手を置いていやしてやり、そしてお帰りになった。
14:05> それから彼らに言われた、「あなたがたのうちで、自分のむすこか牛が井戸に落ち込んだなら、安息日だからといって、すぐに引き上げてやらない者がいるだろうか」。
14:06> 彼らはこれに対して返す言葉がなかった。
14:07> 客に招かれた者たちが上座を選んでいる様子をごらんになって、彼らに一つの譬で語られた。
14:08> 「婚宴に招かれたときには、上座につくな。あるいは、おなたがたよりも身分の高い人が招かれているかも知れない。
14:09> その場合、あなたとその人を招いた人がきて、『このかたに座を、譲ってください』と言うであろう。そのとき、あなたは恥じ入って末座につくことになるであろう。
14:10> むしろ、招かれた場合には、末座に行ってすわりなさい。そうすれば、招いてくれた人がきて、『友よ、上座の方へお進みください』と言うであろう。そのとき、あなたの席を共にするみんなの前で、面目をほどこすことになるであろう。
14:11> おおよそ、自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるのであろう」。
14:12> また、イエスは自分を招いた人に言われた、「午餐または晩餐の席を設ける場合には、友人、兄弟、親族、金持の隣り人なとは呼ばぬがよい。おそらく彼らもあなたを招きかえし、それであなたは返礼を受けることになるから。
14:13> むしろ、宴会を催す場合には、貧しい人、体の不自由な人、足の悪い人、目の見えない人などを招くが良い。
14:14> そうすれば、彼らは返礼ができないから、あなたはさいわいになるであろう。正しい人々の復活の際には、あなたはむくいられるであろう」。
14:15> 列席者のひとりがこれを聞いてイエスに「神の国で食事をする人は、さいわいです」と言った。
14:16> そこでイエスが言われた、「ある人が盛大な晩餐会を催して、大ぜいの人を招いた。
14:17> 晩餐の時刻になったので、招いておいた人たちのもとに僕を送って、『さあ、おいでください。もう準備ができましたから』と言わせた。
14:18> ところが、みんな一様に断りはじめた。最初の人は『わたしは土地を買いましたので、行って見なければなりません。どうぞ、おゆるしください』と言った。
14:19> ほかの人は、『わたしは五対の牛を買いましたので、それをしらべに行くところです。どうぞ、おゆるしください』、
14:20> もうひとりの人は、『わたしは妻をめとりましたので、参ることができません』と言った。
14:21> 僕は帰ってきて、以上の事を主人に報告した。すると家の主人はおこって僕に言った、『いますぐに、町の大通りや小道へ行って、貧しい人、体の不自由な人、目の見えない人、足の悪い人などを、ここへ連れてきなさい』。
14:22> 僕は言った、『ご主人様、仰せのとおりにいたしましたが、まだ席がございます』。
14:23> 主人が僕に言った、『道やかきねのあたりに出て行って、この家がいっぱいになるように、人々を無理やりひっぱってきなさい。
14:24> あなたがたに言って置くが、招かれた人で、わたしの晩餐にあずかる者はひとりもないであろう』」。
14:25> 大ぜいの群衆ががついてきたので。イエスは彼らの方をに向かって言われた、
14:26> 「だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも捨てて、わたしの弟子となることはできない。
14:28> 自分の十字架を負うてわたしについて来るものでなければ、わたしの弟子となることはできない。あなたがたのうちで、だれかが邸宅を建てようと思うなら、それを仕上げるのに足りるだけの金を持っているかどうかをみるため、まず、すわってその費用を計算しないだろうか。
14:29> そうしないと、土台をすえただけで完成することができず、見ているみんなの人が、
14:30> 『あの人は建てかけたが仕上げができなかった』と言ってあざ笑うようになろう。
14:31> また、どんな王でも、ほかの王と戦いを交えるために出ていく場合には、まず座して、こちらの一万人をもって、二万人を率いて向かってくる適に対抗できるかどうか、考えて見ないだろうか。
14:32> もし自分の力にあまれば、適がまだ遠くにいるうちに、使者を送って、和を求めるであろう。
14:33> それと同じように、あなたがたのうちで、自分の財産をことごとくすて切るものでなくては、わたしの弟子となることはできない。
14:34> 塩は良いものだ。しかし、塩もききめがなくなったら、何によって塩味が取りもどされようか。
14:35> 土にも肥料にも役立たず、外に投げ捨てられてしまう。聞く耳のあるものは聞くがよい」。
第一五章

15:01> さて、収税人や罪人たちが皆、イエスの話を聞こうとして近寄ってきた。
15:02> するとパリサイ人や律法学者たちがつぶやいて、「この人は罪人たちを迎えて一緒に食事をしている」と言った。
15:03> そこでイエスは彼らに、この譬をお話になった、
15:04> 「あなたがたのうちに、百匹の羊を持っている者がいたとする。その一匹がいなくなったら、九十九匹を野に残しておいて、いなくなった一匹を見つけるまでは捜しに歩かないであろうか。
15:05> そして見つけたら、喜んでそれを自分の肩に乗せ、
15:06> 家に帰ってきて友人や隣り人を呼び集め、『わたしと一緒に喜んでください。いなくなった羊を見つけましたから』と言うであろう。
15:07> よく聞きなさい。それと同じように、罪人がひとりでも悔い改めるなら、悔い改めが必要としない九十九人の正しい人のためにもまさる大きいよろこびが、天にあるであろう」。
15:08> また、ある女が銀貨十枚を持っていて、もしその一枚をなくしたとすれば、彼女はあかりをつけて家中を掃き、それを見つけるまでは注意深く捜さないであろうか。
15:09> そして見つけたなら、女友だちや近所の女たちを呼び集めて、『わたしと一緒に喜んでください。なくした銀貨が見つかりましたから』と言うであろう。
15:10> よく聞きなさい。それと同じように、罪人がひとりでも悔い改めるなら、神の御使たちの前でよろこびがあるであろう」。
15:11> また言われた、「ある人に、ふたりのむすこがあった。
15:12> ところが、弟が父親に言った、『父よ、あなたの財産のうちでわたしがいただく分をください』。そこで、父はその身代をふたりに分けてやった。
15:13> それから幾日もたたないうちに、弟は自分のものを全部とりまとめて遠い所へ行き、そこで放蕩に身を持ちくずして財産を使い果たした。
15:14> 何もかも浪費してしまったのち、その地方にひどいききんがあったので、彼は食べることにも窮しはじめた。
15:15> そこで、その地方のある住民のところに行って身を寄せたところが、その人は彼を畑にやって豚を飼わせた。
15:16> 彼は、豚の食べるいなご豆で腹を満たしたいと思うほどであったが、何もくれる人はなかった。
15:17> そこで彼は本心に立ちかえって言った『父のところには食物のあり余っている雇人が大ぜいいるのに、わたしはここで飢えて死のうとしている。
15:18> 立って、父のところへ帰って、こう言おう、父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。
15:19> もう、あなたのむすこと呼ばれる資格はありません。ぞうぞ、雇人のひとり同様にしてください』。
15:20> そこで立って、父のところへ出かけた。まだ遠く離れていたのに、父は彼をみとめ、哀れに思って走り寄り、その首をだいて接吻した。
15:21> むすこは父に言った、『父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。もうあなたの息子と呼ばれる資格はありません』。
15:22> しかし父は僕たちに言いつけた、『さあ、早く、最上の着物を出してきてこの子に着せ、指輪を手にはめ、はきものを足にはかせなさい。
15:23> また、肥えた子牛を引いてきてほふりなさい。食べて楽しもうではないか。
15:24> このむすこが死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから』。それから祝宴がはじまった。
15:25> ところが、兄は畑にいたが、帰ってきて家に近づくと、音楽や踊りの音が聞こえたので、
15:26> ひとりの僕を呼んで、『いったい、これは何事なのか』と尋ねた。
15:27> 僕は答えた、『あなたのご兄弟がお帰りになりました。無事に迎えたというので、父上が肥えた子牛をほふらせなさったのです』。
15:28> 兄はおこって家にはいろうとしなかったので、父が出てきてなだめると、
15:29> 兄は父にむかって言った、『わたしは何か年もあなたに仕えて、一度でもあなたの言いつけにそむいたことはなかったのに、友だちと楽しむために子やぎ一匹も下さったことはありません。
15:30> それだのに、遊女どもと一緒になって、あなたの身代を食いつぶしたこのあなたの子が帰ってくると、そのために肥えた子牛をほふりなさいました』。
15:31> すると父は言った、『子よ、あなたはいつもわたしと一緒にいるし、またわたしのものは全部あなたのものだ。
15:32> しかし、このあなたの弟は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから、喜び祝うのはあたりまえである』」。
第一六章

16:01> イエスはまた、弟子たちに言われた、「ある金持ちのところにひとりの家令がいたが、彼は主人の財産を浪費していると、告げ口する者があった。
16:03> そこで主人が彼を呼んで言った、『あなたについて聞いていることがある、あれはどうなのか。あなたの会計報告を出しなさい。もう家令をさせて置くわけにはいかないから』。
16:03> この家令は心の中で思った、『どうしようか、主人がわたしの職を取り上げようとしている。土を掘るには力がないし、物ごいをするのは恥ずかしい。
16:04> そうだ、わかった。こうしておけば、職をやめさせられる場合、人人がわたしを、その家に迎えてくれるだろう』。
16:05> それから彼は、主人の負債者をひとりびとり呼び出して、初めの人に、『あなたは、わたしの主人にどれだけ負債がありますか』と尋ねた。
16:06> 『油百樽です』と答えた。そこで家令が言った、『ここにあなたの証書がある。すぐそこにすわって、五十樽と書き変えなさい』。
16:07> 次ぎに、もうひとりに、『あなたの負債はどれだけですか』と尋ねると、『麦百石です』と答えた。これに対して、『ここに、あなたの証書があるが、八十石と書き変えなさい』と言った。
16:08> ところが主人は、この不正な家令の利口なやり方をほめた。この世の子らはその時代に対しては、光の子らよりも利口である。
16:09> またあなたがたに言うが、不正の富を用いてでも、自分のために友だちをつくるがよい。そうすれば、富が無くなった場合、あなたがたを永遠のすまいに迎えてくれるであろう。
16:10> 小事に忠実な人は、大事にも忠実である。そして、小事に不忠実な人は大事にも不忠実である。
16:11> だから、もしあなたがたが不正の富について忠実てなかったら、だれが真の富を任せるだろうか。
16:12> また、もしほかの人のものについて忠実でなかったら、だれがあなたがたのものを与えてくれようか。
16:13> どの僕でも、ふたりの主人に兼ね仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛し、あるいは、一方に親しんで他方をうとんじるからである。あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない」。
16:14> 欲の深いパリサイ人たちが、すべてこれらの言葉を聞いて、イエスをあざ笑った。
16:15> そこで彼らにむかって言われた、「あなたがたは、人々の前で自分を正しいとする人たちである。しかし、神はあなたがたの心をご存じである。人々の間で尊ばれるものは、神のまえでは忌みきらわれる。
16:16> 律法と預言者とはヨハネの時までのものである。それ以来、神の国が宣べ伝えられ、人々は皆これに突入している。
16:17> しかし、律法の一画が落ちるよりは、天地の滅びる方が、もっとたやすい。
16:18> すべて自分の妻を出して他の女をめとるものは、姦淫をおこなうものであり、また、夫から出された女をめとる者も、姦淫を行うものである。
16:19> ある金持がいた。彼は紫の衣や細布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らしていた。
16:20> ところが、ラザロという貧しい人が全身でき物でおおわれて、この金持の玄関の前にすわり、
16:21> その食卓から落ちるもので飢えをしのごうと望んでいた。その上、犬がきて彼のでき物をなめていた。
16:22> この貧しい人がついに死に、御使たちにつれられてアブラハムのふところに送られた。金持も死んで葬られた。
16:24> そして黄泉について苦しみながら、目をあげると、アブラハムとそのふところにいるラザロとが、はるかに見えた。そこで声をあげて言った、『父、アブラハムよ、わたしをあわれんでください。ラザロをおつかわしになって、その指先を水でぬらし、わたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの火災の中で苦しみもだえています』。
16:25> アブラハムが言った、『子よ、思い出すがよい。あなたは生前よいものを受け、ラザロの方は悪い物を受けた。しかし今ここでは、彼は慰められ、あなたは苦しみもだえている。
16:26> そればかりか、わたしたちとあなたがたとの間には大きな淵がおいてあって、こちらからあなたがたの方へ渡ろうと思ってもできないし、そちらからわたしたちの方へ越えて来ることもできない』。
16:27> そこで金持が言った、『父よ、ではお願いします。わたしの父の家へラザロをつかわしてください。
16:28> わたしに五人の兄弟がいますので、こんな苦しい所へ来ることがないように、彼らに警告していただきたいのです』。
16:29> アブラハムは言った、『彼らにはモーセと預言者とがある。それに聞くがよかろう』。
16:30> 金持が言った、『いえいえ、父アブラハムよ、もし死人の中からだれかが兄弟たちのところへ行ってくれましたら、彼らは悔い改めるでしょう』。
16:31> アブラハムは言った、『もし彼らがモーセと預言者とに耳を傾けないなら、死人の中からよみがえってくる者があっても、彼らはその勧めを聞き入れはしないであろう』」。
第一七章

17:01> イエスは弟子たちに言われた、「罪の誘惑が来ることは避けられない。しかし、それをきたらせる者は、わざわいである。
17:02> これらの小さい者のひとりを罪に誘惑するよりは、むしろ、ひきうすを首にかけられて海に投げ入れられた方が、ましである。
17:03> あなたがたは、自分で注意しなさい。もしあなたがたの兄弟が罪を犯すなら、彼をいさめなさい。そして悔い改めたら、ゆるしてやりなさい。
17:04> もしあなたに対して一日に七度罪を犯し、そして七度『悔い改めます』と言ってあなたのところへ帰ってくれば、ゆるしてやるがよい」。
17:05> 使徒たちは主に「わたしたちの信仰を増してください」と言った。
17:06> そこで主が言われた、「もし、からし種一粒ほどの信仰があるなら、この桑の木に、『抜け出して海に植われ』と言ったとしても、その言葉どおりになるであろう。
17:07> あなたがたのうちでだれかに、耕作か牧畜かをする僕があるとする。その僕が畑から帰って来たとき、彼に『かぐきて、食卓につきなさい』と言うだろうか、
17:08> かえって、『夕食の用意をしてくれ。そしてわたしが飲み食いするあいだ、帯をしめて給仕をしなさい。そのあとで、飲み食いをするがよい』と、言うではないか。
17:09> 僕が命じられたことをしたからといって、主人は彼に感謝するだろうか。
17:10> 同様にあなたがたも、命じられたことを皆してしまったとき、『わたしはふつつかな僕です。すべき事をしたに過ぎません』と言いなさい」。
17:11> イエスはエルサレムへ行かれるとき、サマリヤとガリラヤとの間を通られた。
17:12> そして、ある村へはいられると、十人のらい病人に出会われたが、彼らは遠くの方で立ちとどまり、
17:13> 声を張りあげて、「イエスさま、わたしたちをあわれんでください」と言った。
17:14> イエスは彼らをごらんになって、「祭司たちのところへ行って、からだを見せなさい」と言われた。そして、行く途中で彼らはきよめられた。
17:15> そのうちのひとりは、自分がいやされたことを知り、大声で神をほめたたえながら帰ってきて、
17:16> イエスの足もとにひれ伏して感謝した。これはサマリヤ人であった。
17:17> イエスは彼にむかって言われた、「きよめられたのは、十人ではなかったか。ほかの九人は、どこにいるのか。
17:18> 神をほめたたえるために帰ってきたのものは、この他国人のほかにはいないのか」。
17:19> それから、その人に言われた、「立って行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのだ」。
17:20> 神の国はいつ来るのかと、パリサイ人が訪ねたので、イエスは答えて言われた、「神の国は、見られるかたちで来るものではない。
17:21> また『見よ、ここにある』『あそこにある』などとも言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ」。
17:22> それから弟子たちに言われた、「あなたがたは、人の子の日を一日でも見たいと願っても見ることができない時が来るであろう。
17:23> 人々はあなたがたに、『見よ、あそこに』『見よ、ここに』と言うだろう。しかし、そちらへ行くな、彼らのあとを追うな。
17:24> いなずまが天の端からひかり出て天の端へとひらめき渡るように、人の子もその日には同じようであろだろう。
17:25> しかし、彼はまず多くの苦しみを受け、またこの時代の人々に捨てられねばならない。
17:26> そして、ノアの時にあったように、人の子の時にも同様なことが起こるであろう。
17:27> ノアが箱船にはいる日まで、人々は食い、飲み、めとり、とつぎなどしていたが、そこへ洪水が襲ってきて、彼らをことごとく滅ぼした。
17:28> ロトの時にも同じようなことが起こった。人々は食い、飲み、買い、売り、植え、建てなどしていたが、
17:29> ロトがソドムから出て行った日に、天から火と硫黄とが降ってきて、彼らをことごとく滅ぼした。
17:30> 人の子が現れる日も、ちょうどそれと同様であろう。
17:31> その日には、屋上にいる者は、自分の持ち物が家の中にあっても、取りにおりるな。畑にいる者も同じように、あとへもどるな。
17:32> ロトの妻のことを思い出しなさい。
17:33> 自分の命を救おうとするものは、それを失い、それを失うものは、保つのである。
17:34> あなたがたに言っておく。その夜、ふたりの男が一つ寝床にいるならば、ひとりは取り去られ、他のひとりは残されるであろう。
17:35> ふたりの女が一緒にうすをひいているならば、ひとりは取り去られ、他のひとりは残されるであろう。〔
17:36> ふたりの男が畑におれば、ひとりは取り去られ、他のひとりは残されるであろう〕」。
17:37> 弟子たちは「主よ、それはどこであるのですか」と尋ねた。するとイエスは言われた、「死体のある所には、はげたかが集まるものである」。
第一八章

18:01> また、イエスは失望せずに常に祈るべきことを、人々に譬で教えられた。
18:02> 「ある町に、神を恐れず、人を人と思わぬ裁判官がいた。
18:03> ところが、その同じ町にひとりのやもめがいて、彼のもとにたびたびきて、『どうぞ、わたしを訴える者をさばいて、わたしを守ってください』と願いつづけた。
18:04> 彼はしばらくの間きき入れないでいたが、そののち、心のうちで考えた、『わたしは神をも恐れず、人を人と思わないが、
18:05> このやもめがわたしに面倒をかけるから、彼女のためになる裁判をしてやろう。そうしたら、絶えずやってきてわたしを悩ますことがなくなるだろう』」。
18:06> そこで主は言われた、「この不義な裁判官の言っていることを聞いたか。
18:07> まして神は、日夜叫び求める選民のために、正しいさばきをしてくださらずに長い間そのままにしておかれることがあろうか。
18:08> あなたがたに言っておくが、神はすみやかにさばいてくださるであろう。しかし、人の子が来るとき、地上に信仰が見られるであろうか」。
18:09> 自分が義人だと自任して他人を見下げている人に対して、イエスはこの譬をお話になった。
18:10> 「ふたりの人が祈るために宮に上った。そのひとりはパリサイ人であり、もうひとりは収税人であった。
18:11> パリサイ人は立って、ひとりでこう祈った、『神よ、わたしはほかの人たちのような貪欲な者、不正な者、姦淫をする者ではなく、また、この収税人のような人間でもないことを感謝します。
18:12> わたしは一周に二度断食しており、全収入の十分の一をささげています』。
18:13> ところが、収税人は遠く離れて立ち、目を天に向けようともしなしで、胸を打ちながら言った、『神様、罪人のわたしをおゆるしください』と。
18:14> あなたがたに言っておく。神に議とされて自分の家に帰ったのは、この収税人であって、あのパリサイ人ではなかった。おおよそ、自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるであろう」。
18:15> イエスにさわっていただきために、人々が幼な子らをみもとに連れてきた。ところが、弟子たちはそれを見て、彼らをたしなめた。
18:16> するとイエスは幼な子らを呼び寄せて言われた、「幼な子らをわたしのところに来るままにしておきなさい、止めてはならない。神の国はこのような者の国である。
18:17> よく聞いておくがよい。だれでも幼な子のように神の国を受けいれる者でなければ、そこにないることは決してできない」。
18:18> また、ある役人がイエスに尋ねた、「よき師よ、何をしたら永遠の生命が受けられましょうか」。
18:19> イエスは言われた、「なぜわたしをよき者と言うのか。神ひとりのほかによい者はいない。
18:20> いましめはあなたの知っているとおりである、『姦淫するな、殺すな、盗むな、偽証を立てるな、父と母を敬え』」。
18:21> すると彼は言った、「それらのことはみな、小さい時から守っております」。
18:22> イエスはこれを聞いて言われた、「あなたのする事がまだ一つ残っている。持っているものをみな売り払って、貧しい人々に分けてやりなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、わたしに従ってきなさい」。
18:23> 彼はこの言葉を聞いて非常に悲しんだ。大金持であったからである。
18:24> イエスは彼の様子を見て言われた、「財産のある者が神の国にはいるのはなんとむずかしいことであろう。
18:25> 富んでいる者が神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通る方が、もっと優しい」。
18:26> これを聞いた人々が、「それでは、だれが救われることができるのですか」と尋ねると、
18:27> イエスは言われた、「人にはできない事も、神にはできる」。
18:28> ペテロが言った、「ごらんなさい、わたしたちは自分のものを捨てて、あなたに従いました」。
18:29> イエスは言われた、「よく聞いておくがよい。だれでも神の国のために、家、妻、兄弟、両親、子を捨てた者は、
18:30> 必ずこの時代ではその幾倍もを受け、また、きたるべき世では永遠の生命を受けるのである」。
18:31> イエスは十二弟子を呼び寄せて言われた、「見よ、わたしたちはエルサレムへ上って行くが、人の子について預言者たちがしるしたことは、すべて成就するであろう。
18:32> 人の子は異邦人に引きわたされ、あざけられ、はずかしめを受け、つばきをかれられ、
18:33> また、むち打たれてから、ついに殺され、そして三日目によみがえるであろう」。
18:34> 弟子たちには、これらのことが何一つわからなかった。この言葉が彼らに隠されていたので、イエスの言われた事が理解できなかった。
18:35> イエスがエリコに近づかれたとき、ある盲人が道ばたにすわって、物ごいをしていた。
18:36> 群衆が通り過ぎる音を耳にして、彼は何事があるのかと尋ねた。
18:37> ところが、ナザレのイエスがお通りなのだと聞かされたので、
18:38> 声をあげて、「ダビデの子イエスよ、わたしをあわれんで下さい」と言った。
18:39> 先頭に立つ人々が彼をしかって黙らせようとしたが、彼はますます激しく叫びつづけた、「ダビデの子よ、わたしをあわれんで下さい」。
18:40> そこでイエスは立ちどまって、その者を連れて来るように、とお命じになった。彼が近づいたとき、
18:41> 「わたしに何をしてほしいのか」とおたずねになると、「主よ、見えるようになることです」と答えた。
18:42> そこでイエスは言われた、「見えるようになれ、あなたの信仰があなたを救った」。
18:43> すると彼は、たちまち見えるようになった。そして神をあがめながらイエスに従って行った。これを見て、人々はみな神をさんびした。
第一九章

19:01> さて、イエスはエリコにはいって、その町をお通りになった。
19:02> ところが、そこにザアカイという名の人がいた。この人は収税人のかしらで、金持であった。
19:03> 彼は、イエスがどんな人か見たいと思っていたが、背が低かったので、群衆にさえぎられて見ることができなかった。
19:04> そこでイエスを見るために、前の方に走って行って、いちじく桑の木に登った。そこを通られるところだったからである。
19:05> イエスは、その場所にこられたとき、上を見あげて言われた、「ザアカイよ、急いで下りてきなさい。きょう、あなたの家に泊まることにしているから」。
19:06> そこでザアカイは急いでおりてきて、よろこんでイエスを迎え入れた。
19:07> 人々はみな、これを見てつぶやき、「彼は罪人の家にはいって、客となった」、と言った。
19:08> ザアカイは立って主に言った、「主よ、わたしは誓って自分の財産の半分を貧民に施します。また、もしだれかから不正な取立をしていましたら、それを四倍にして返します」。
19:09> イエスは彼に言われた、「きょう、救がこの家にきた。この人もアブラハムの子なのだから。
19:10> 人の子がきたのは、失われたものを尋ね出して救うためである」。
19:11> 人々がこれらの言葉を聞いているとき、イエスはなお一つの譬をお話になった。それはエルサレムに近づいてこられたし、また人々が神の国はたちまち現れると思っていたためである。
19:12> それで言われた、「ある身分の高い人が、王位を受けて帰ってくるために遠い所へ旅立つことになった。
19:13> そこで十人の僕を呼び十ミナを渡して言った、『わたしが帰って来るまで、これで商売をしなさい』。
19:14> ところが、本国の住民は彼を憎んでいたので、あとから使者をおくって、『この人が王になるのをわれわれは望んでいない』と言わせた。
19:15> さて、彼が王位を受けて帰ってきたとき、だれがどんなもうけをしたかを知ろうとして、金を渡しておいた僕たちを呼んでこさせた。
19:16> 最初の者が進み出て言った、『ご主人様、あなたの一ミナで十ミナをもうけました』。
19:17> 主人は言った、『よい僕よ、うまくやった。あなたは小さい事に忠実であったから、十の町を支配させる』。
19:18> 次の者がきて言った、『ご主人様、あなたの一ミナで五ミナをつくりました』。
19:19> そこでこの者にも、『では、あなたは五つの町のかしらになれ』と言った。
19:20> それからもうひとりの者がきて言った、『ご主人様、さあ、ここにあなたの一ミナがあります。わたしはそれをふくさに包んで、しまっておきました。
19:21> あなたはきびしい方で、おあずけにならなかったものを取りたて、おまきんならなかったものを刈る人なので、おそろしかったのです』。
19:22> 彼に言った、『悪い僕よ、わたしはあなたの言ったその言葉であなたをさばこう。わたしがきびしくて、あずけなかったものを取りたて、まかなかったものを刈る人間だと、知っているのか。
19:23> では、なぜわたしの金を銀行に入れなかったのか。そうすれば、わたしが帰ってきたとき、その金を利子と一緒に引き出したであろうに』。
19:24> そして、そばに立っていた人々に、『その一ミナを彼から取り上げて、十ミナを持っている者に与えなさい』と言った。
19:25> 彼らは言った、『ご主人様、あの人は既に十ミナを持っています』。
19:26> 『あなたがたに言うが、おおよそ持っている人には、なお与えられ、持っていない人からは、持っているものまで取り上げられるであろう。
19:27> しかしわたしが王になることを好まなかったあの敵どもを、ここにひっぱってきて、わたしの前で打ち殺せ』」。
19:28> イエスはこれらのことを言ったのち、先頭に立ち、エルサレムへ上って行かれた。
19:29> そしてオリブという山に沿ったベテパゲとベタニヤに近づかれたとき、ふたりの弟子をつかわして言われた、
19:30> 「向こうの村へ行きなさい。そこにはいったら、まだだれも乗ったことのないろばの子がつないであるのを見るであろう。それを解いて、引いてきなさい。
19:31> もしだれかが『なぜ解くのか』と問うたら、『主がお入り用なのです』と、そう言いなさい」。
19:32> そこで、つかわされた者たちが行って見ると、果たして、言われたとおりであった。
19:33> 彼らが、そのろばの子を解いていると、その持ち主たちが、「なぜろばの子を解くのか」と言ったので、
19:34> 「主がお入り用なのです」と答えた。
19:35> そしてそれをイエスのところに引いてきて、そのろばの上に自分たちの上着をかけてイエスをお乗せした。
19:36> そして進んで行かれると、人々は自分たちの上着を道に敷いた。
19:37> いよいよオリブ山の下り道あたりに近づかれると、大ぜいの弟子たちはみな喜んで、彼らが見たすべての力あるみわざについて、声高らかに神をさんびして言いはじめた、
19:38> 「主の御名によってきたる王に、祝福あれ、天には平和、いと高きところには栄光あれ」。
19:39> ところが、群衆の中にいたあるパリサイ人たちがイエスに言った、「先生、あなたの弟子たちをおしかり下さい」。
19:40> 答えて言われた、「あなたがたに言うが、もしこの人たちが黙れば、石が叫ぶであろう」。
19:41> いよいよ都の近くにきて、それが見えたとき、そのために泣いて言われた、
19:42> 「もしおまえも、この日に、平和をもたらす道を知ってさえいたら・・・・・・しかし、それは今おまえの目に隠されている。
19:43> いつかは、敵が周囲に塁を築き、おまえを取りかこんで、四方から押し迫り、
19:44> おまえとその内にいる子らとを地に打ち倒し、城内の一つの石も他の石の上に残して置かない日が来るであろう。それは、おまえが神のおとずれの時を知らないでいたからである」。
19:45> それから宮にはいり、商売人たちを追い出しはじめて、
19:46> 彼らに言われた「『わが家は祈りの家であるべきだ』と書いてあるのに、あなたがたはそれを盗賊の巣にしてしまった」。
19:47> イエスが毎日、宮で教えておられた。祭司長、律法学者また民衆の重立った者たちはイエスを殺そうと思っていたが、
19:48> 民衆がみな熱心にイエスに耳を傾けていたので、手のくだしようがなかった。
第二0章

20:01> ある日、イエスが宮で人々に教え、福音を宣べておられると、祭司長や律法学者たちが、長老たちと共に近寄ってきて、
20:02> イエスに言った、「何の権威によってこれらの事をするのですか。そうする権威をあなたに与えたのはだれですか、わたしたちに言ってください」。
20:03> そこで、イエスは答えて言われた、「わたしも、ひと言たずねよう。それに答えてほしい。
20:04> ヨハネのバプテスマは、天からであったか、人からであったか」。
20:05> 彼らは互いに論じて言った、「もし天からだと言えば、では、なぜ彼を信じなかったのか、とイエスは言うだろう。
20:06> しかし、もし人からだと言えば、民衆はみなヨハネを預言者だと信じているから、わたしたちを石で打つだろう」。
20:07> それで彼らは「とこからか、知りません」と答えた。
20:08> イエスはこれに対して言われた、「わたしも何の権威によってこれらのことをするのか、あなたがたに言うまい」。
20:09> そこでイエスは次の譬を民衆に語り出された、「ある人がぶどう園を造って農夫たちに貸し、長い旅にでた。
20:10> 季節になったので、農夫たちのところへ、ひとりの僕を送って、ぶどう園の収穫の分け前を出させようとした。ところが、農夫たちは、その僕を袋だたきにして、から手で帰らせた。
20:11> そこで彼はもうひとりの僕を送った。彼らはそり僕も袋だたきにし、侮辱を加えて、から手で帰らせた。
20:12> そこで更に三人目の者を送ったが、彼らはこの者も、傷を負わせて追い出した。
20:13> ぶどう園の主人は言った、『どうしようか。そうだ、わたしの愛子をつかわそう。これなら、たぶんうやまってくれるだろう』。
20:14> ところが、農夫たちは彼を見ると、『あれはあと取りだ。あれを殺してしまおう。そうしたら、その財産はわれわれのものになる』と互いに話し合い、
20:15> 彼をぶどう園の外に追い出して殺した。そのさい、ぶどう園の主人は、彼らをどうするだろうか。
20:16> 彼は出てきて、この農夫たちを殺し、ぶどう園を他の人々に与えるであろう」。人々はこれを聞いて、「そんなことがあってはなりません」と言った。
20:17> そこで、イエスは彼らを見つめて言われた、「それでは、『家造りらの捨てた石が隅のかしら石になった』と書いてあるのは、どういうことですか。
20:18> すべてその石の上に落ちる者は打ち砕かれ、それがだれかの上に落ちかかるなら、その人はこなみじんにされるであろう」。
20:19> このとき、律法学者たちや祭司長たちはイエスに手をかけようと思ったが、民衆を恐れた。いまの譬が自分たちに当てて語られたのだと、悟ったからである。
20:20> そこで、彼らは機会をうかがい、義人を装うまわし者どもを送って、イエスを総督の支配と権威とに引き渡すため、その言葉じりを捕らえさせようとした。
20:21> 彼らは尋ねて言った、「先生、わたしたちは、あなたの語り教えられることが正しく、また、あなたは、分け隔てをなさらず、真理に基づいて神の道を教えておられることを、承知しています。
20:22> ところで、カイザルに貢を納めてよいでしょうか、いけないでしょうか」。
20:23> イエスは彼らの悪巧みを見破って言われた、
20:24> 「デナリを見せなさい。それにあるのは、だれの肖像、だれの記号なのか」。「カイザルのです」と、彼らが答えた。
20:25> するとイエスは彼らに言われた、「それなら、カイザルのものはカイザルに、神のものは神に返しなさい」。
20:26> そこで彼らは、民衆の前でイエスの言葉じりを捕らえることができず、その答に驚嘆して、黙ってしまった。
20:27> 復活ということはないと言い張っていたサドカイ人のある者たちが、イエスに近寄ってきて質問した、
20:28> 「先生、モーセは、わたしたちのためにこう書いています、『もしある人の兄が妻をめとり、子がなくて死んだなら、弟はこの女をめとって、兄のために子をもうけなければならない』。
20:29> ところで、ここに七人の兄弟がいました。長男は妻をめとりましたが、子がなくて死に、
20:30> そして次男、三男と、次々に、その女をめとり、
20:31> 七人とも同様に、子をもうけずに死にました。
20:32> のちに、その女も死にました。
20:33> さて復活の時には、この女は七人のうち、だれの妻になるのですか。七人とも彼女を妻にしたのですが」。
20:34> イエスは彼らに言われた、「この世の子らは、めとったり、とついだりするが、
20:35> かの世にはいって死人からの復活にあずかるにふさわしい者たちは、めとったり、とついだりすることはない。
20:36> 彼らは天使に等しいものであり、また復活にあずかるゆえに、神の子でもあるので、もう死ぬことはあり得ないからである。
20:37> 死人がよみがえることは、モーセも柴の篇で、主を『アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神』と呼んで、これを示した。
20:38> 神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である。人はみな神に生きるものだからである」。
20:39> 律法学者のうちのある人々が答えて言った、「先生、仰せのとおりです」。
20:40> 彼らはそれ以上何もあえて問いかけようとしなかった。
20:41> イエスは彼らに言われた、「どうして人々はキリストをダビデの子だと言うのか。
20:42> ダビデ自身が詩編の中で言っている、『主はわが主に仰せになった、
20:43> あなたの敵をあのたの足台とする時までは、わたしの右に座していなさい』。
20:44> このように、ダビデはキリストを主と呼んでいる。それなら、どうしてキリストはダビデの子であろうか」。
20:45> 民衆がみな聞いているとき、イエスは弟子たちに言われた、
20:46> 「律法学者に気をつけなさい。彼らは長い衣を着て歩くのを好み、広場での敬礼や会堂の上席や宴会の上座をよろこび、
20:47> やもめたちの家を食い倒し、見えのために長い祈りをする。彼らはもっときびしいさばきを受けるであろう」。
第二一章

21:01> イエスは目をあげて、金持たちがさいせん箱に献金を投げ入れているのを見られ、
21:02> また、ある貧しいゆもめが、レプタ二つをいれるのを見て、
21:03> 言われた、「よく聞きなさい。あの貧しいやもめは、だれよりもたくさん入れたのだ。
21:04> これらの人たちはみな、ありあまる中から献金を投げ入れたが、あの婦人は、その乏しい中から、持っている生活費全部を入れたからである」。
21:05> ある人々が、見事な石と奉納物とで宮が飾られていることを話していたので、イエスは言われた、
21:06> 「あなたがたはこれらのものをながめているか、その石一つでもくずされずに、他の石の上に残ることもなくなる日が、来るであろう」。
21:07> そこで彼らはたずねた、「先生、では、いつそんなことが起こるのでしょうか。またそんなことが起こるような場合には、どんな前兆がありますか」。
21:08> イエスは言われた、「あなたがたは、惑わされないように気をつけなさい。多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がそれだとか、時が近づいたとか、家であろう言うであろう。彼らについて行くな。
21:09> 戦争と騒乱とのうわさを聞くときにも、おじ恐れるな。こうしたことはまず起こらねばならないが、終わりはすぐにはこない」。
21:10> それから彼らに言われた、「民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。
21:11> また大地震があり、あちこちに疫病やききんが起こり、いろいろ恐ろしいことや天から物すごい前兆があるであろう。
21:12> しかし、これらのあらゆる出来事のある前に、人々はあなたがたに手をかけて迫害をし、会堂や獄に引き渡し、わたしの名ゆえに王や総督の前にひっぱって行くであろう。
21:13> それは、あなたがたがあかしをする機会となるであろう。
21:14> だからどう答弁しようかと、前もって考えておかないことに心を決めなさい。
21:15> あなたの反対者のだれもが抗弁も否定もできないような言葉と知恵とを、わたしが授けるから。
21:16> しかし、あなたがたは両親、兄弟、友人にさえ裏切られるであろう。
21:17> また、あなたがたの中で殺されるものもあろう。また、わたしの名ゆえにすべての人に憎まれるであろう。
21:18> しかし、あなたがたの髪の毛一すじでも失われることはない。
21:19> あなたがたは堪え忍ぶ事によって、自分の魂をかち取るであろう。
21:20> エルサレムが軍隊に包囲されるのを見たならば、そのときは、その滅亡が近づいたとさとりなさい。
21:21> そのとき、ユダヤにいる人々は山へ逃げよ。市中にいる者は、そこから出ていくがよい。
21:22> それは、聖書にしるされたすべての事が実現する刑罰の日であるからだ。
21:23> その日には、身重の女と乳飲み子をもつ女とは、不幸である。地上には大きな苦難があり、この民にはみ怒りが臨み、
21:24> 彼らはつるぎの刃に倒れ、また捕らえられて諸国へ引きゆかれるであろう。そしてエルサレムは、異邦人の時期が満ちるまで、彼らに踏みにじられているであろう。
21:25> また日と月と星とに、しるしが現れるであろう。そして、地上では、諸国民が悩み、海と大波とのとどろきにおじ惑い、
21:26> 人々は世界に起ころうとする事を思い、恐怖と不安で気絶するであろう。もろもろの天体が揺り動かされるからである。
21:27> そのとき、大いなる力と栄光とをもって、人の子が雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。
21:28> これらの事が起こりはじめたら、身を起し頭をもちあげなさい。あなたがたの救いが近づいているのだから」。
21:29> それから一つの譬を話された、「いちじくの木を、またすべての木をみなさい。
21:30> はや芽を出せば、あなたがたはそれを見て、夏がすでに近いと、自分で気づくのである。
21:31> このようにあなたがたも、これらの事が事が起こるのを見たなら、神の国が近づいたのだとさとりなさい。
21:32> よく聞いておきなさい。これらの事が、ことごとく起こるまでは、この時代は滅びることがない。
21:33> 天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は決して滅びることがない。
21:34> あなたがたが放縦や、泥酔や、世の煩いのために心が鈍っているうちに、思いがけないとき、その日がわなのようにあなたがたを捕らえることがないように、よく注意していなさい。
21:35> その日は全面に住む全ての人に臨むからである。
21:36> これらの起ころうとしているすべての事からのがれて、人の子の前に立つことができるように、絶えず目をさまして祈っていなさい」。
21:37> イエスは昼のあいだは宮で教え、夜は出て行ってオリブという山で夜をすごしておられた、
21:38> 民衆はみな、み教えを聞こうとして、いつも朝早く宮に行き、イエスのもとに集まった。
第二二章

22:01> さて、過越といわれている徐酵祭が近づいた。
22:02> 祭司長たちや律法学者たちは、どうかしてイエスを殺そうと計っていた。民衆を恐れていたからである。
22:03> そのとき、十二弟子のひとりで、イスカリオテのユダと呼ばれていたユダに、サタンがはいった。
22:04> すなわち、彼は祭司長たちや宮守がしらたちのところへ行って、どうしてイエスを彼らに渡そうかと、その方法について協議した。
22:05> 彼らは喜んで、ユダに金を与える取決めをした。
22:06> ユダはそれを承諾した。そして、群衆のいないときにイエスを引き渡そうと、機会をねらっていた。
22:07> さて、過越の小羊をほふるべき徐酵祭の日がきたので、
22:08> イエスはペテロとヨハネとを使いに出して言われた、「行って、過越の食事ができるように準備をしなさい」。
22:09> 彼らは言った、「どこに準備をしたらよいのですか」。
22:10> イエスは言われた、「市内にはいったら、水がめを持っている男に出会うであろう。その人がはいる家までついて行って、
22:11> その家の主人に言いなさい、『弟子たちと一緒に過越の食事をする座敷はどこか、と先生が言っておられます』。
22:12> すると、その主人は席の整えられた二階の広間を見せてくれるから、そこに用意をしなさい」。
22:13> 弟子たちは出て行ってみると、イエスが言われたとおりであったので、過越の食事の用意をした。
22:14> 時間になったので、イエスは食卓につかれ、使徒たちも共に席についた。
22:15> イエスは彼らに言われた、「わたしは苦しみを受ける前に、あなたがたとこの過越の食事をしようと、切に望んでいた。
22:16> あなたがたに言って置くが、神の国で過越が成就する時までは、わたしは二度と、この過越の食事をすることはない」。
22:17> そして杯を取り、感謝して言われた、「これを取って、互いに分けて飲め、
22:18> あなたがたに言っておくが、今からのち神の国が来るまでは、わたしはぶどうの実から造ったものを、いっさい飲まない」。
22:19> またパンを取り、感謝してこれをさき、弟子たちに与えて言われた、「これは、あなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしを記念するため、このように行いなさい」。
22:20> 食事ののち、杯も同じ様にして言われた、「この杯は、あなたがたのために流すわたしの血で立てられる新しい契約である。
22:21> しかし、そこに、わたしを裏切る者が、わたしと一緒に食卓に手を置いている。
22:22> 人の子は定められたとおりに、去って行く。しかし人の子を裏切るその人は、わざわいである」。
22:23> 弟子たちは、自分たちのうちのだれが、そんな事をしようとしているのだろうと、互いに論じはじめた。
22:24> それから、自分たちの中でだれがいちばん偉いだろうかと言って、争論が彼らの間に、起こった。
22:25> そこでイエスが言われた、「異邦の王たちはその民の上に君臨し、また、権力をふるっている者たちは恩人と呼ばれる。
22:26> しかし、あなたがた、そうであってはならない。かえって、あなたがたの中でいちばん偉い人はいちばん若い者のように、指導する人は仕える者のようになるべきである。
22:27> 食卓につく人と給仕する者と、どちらが偉いのか。食卓につく人の方ではないか。しかし、わたしはあなたがたの中で、給仕する者のようにしている。
22:28> あなたがたは、わたしの試練のあいだ、わたしと一緒に最後まで忍んでくれた人たちである。
22:29> それで、わたしの父が国の支配をわたしにゆだねてくださったように、わたしもそれをあなたがたにゆだね、
22:30> わたしの国で食卓について飲み食いをさせ、また位に座してイスラエルの十二の部族をさばかせるであろう。
22:31> シモン、シモン、見よ、サタンはあなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って許された。
22:32> しかし、わたしはあなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈った。それて、あなたが立ち直ったときには、兄弟たちを力づけてやりなさい」。
22:33> シモンが言った、「主よ、わたしは獄にでも、また死に至るまでも、あなたとご一緒に行く覚悟です」。
22:34> するとイエスが言われた、「ペテロよ、あなたに言っておく。きょう、鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」。
22:35> そして彼らに言われた、「わたしが財布も袋もくつも持たせずにあなたがたをつかわしたとき。何かこまったことがあったか」。彼らは、「いいえ、何もありませんでした」と答えた。
22:36> そこで言われた、「しかし今は、財布のあるものはそれを持って行け。袋も同様に持って行け。また、つるぎのない者は、自分の上着を売って、それを買うがよい。
22:37> あなたがたに言うが、『彼は罪人のひとりに数えられた』としるしてあることは、わたしに係わることは成就している」。
22:38> 弟子たちが言った、「主よ、ごらんなさい、ここにつるぎが二振りございます」。イエスは言われた、「それでよい」。
22:39> イエスは出て、いつものようにオリブ山に行かれると、弟子たちも従って行った。
22:40> いつもの場所に着いてから、彼らに言われた、「誘惑に陥らないように祈りなさい」。
22:41> そしてご自分は、石を投げてとどくほど離れたところへ退き、ひさせまづいて、祈って言われた、
22:42> 「父よ、みこころならば、どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの思いではなく、みこころが成るようにしてください」。
22:43> そのとき、御使が天からあらわれてイエスを力づけた。
22:44> イエスは苦しみもだえて、ますます切に祈られた。そして、その汗が血のしたたりのように地に落ちた。
22:45> 祈りをおえて立ちあがり、弟子たちのところへ行かれると、彼らは悲しみのはて寝入っているのをごらんになって、
22:46> 言われた、「なぜ眠っているのか。誘惑に陥らないように、起きて祈っていなさい」。
22:47> イエスがまだそう言っておられるうちに、そこに群衆が現れ、十二弟子のひちとでユダという者が先頭に立って、イエスに接吻しようとして近づいてきた。
22:48> そこでイエスは言われた、「ユダ、あなたは接吻をもって人の子を裏切るのか」。
22:49> イエスのそばにいた人たちは、事のなりゆきを見て、「主よ、つるぎで切りつけてやりましょうか」と言って、
22:50> そのうちのひとりが、祭司長の僕に切りつけ、その右の耳を切り落とした。
22:51> イエスはこれに対して言われた、「それだけでやめなさい」。そして、その僕の耳に手を触れて、おいやしになった。
22:52> それから、自分にむかってくる祭司長、宮守がしら、長老たちに対して言われた、「あなたがたは、強盗にむかうように剣と棒を持って出てきたのか。
22:53> 毎日あなたがたと宮にいた時には、わたしに手をかけなかった。だが、今あなたがたの時には、また、やみの支配の時である」。
22:54> それから人々はイエスを捕え、ひっぱって大祭司の邸宅へつれて行った。ペテロは遠くからついて行った。
22:55> 人々は中庭のまん中に火をたいて、一緒にすわっていたので、ペテロもその中にすわった。
22:56> すると、ある女中が、彼が火のそばにすわっているのを見、彼を見つめて、「この人もイエスと一緒にいました」と言った。
22:57> ペテロはそれを打ち消して、「わたしはその人を知らない」と言った。
22:58> しばらくして、ほかの人がペテロを見て行った、「あなたもあの仲間のひとりだ」。するとペテロは言った、「いや、それはちがう」。
22:59> 約一時間たってから、またほかの者が言い張った、「たしかにこの人もイエスと一緒だった。この人もガリラヤ人なのだから」。
22:60> ペテロは言った、「あなたの言っていることは、わたしにわからない」。すると、彼がまだ言い終わらぬうちに、たちまち、鶏が鳴いた。
22:61> 主は振りむいてペテロを見つめられた。そのときペテロは、「きょう、鶏が鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われた主のお言葉を思い出した。
22:62> そして外へ出て、激しく泣いた。
22:63> イエスを監視していた人たちは、イエスを嘲弄し、打ちたたき、
22:64> 目かくしをして、「言いあててみよ、打ったのは、だれか」ときいたりした。
22:65> そのほか、いろいろな事でイエスを愚弄した。
22:66> 夜が明けたとき、人民の長老、祭司長たち、律法学者たちが集まり、イエスを議会に引き出して言った、
22:67> 「あなたがキリストなら、そう言ってもらいたい」。イエスは言われた、「わたしが言っても、あなたがたは信じないだろう。
22:68> また、わたしがたずねても、答えないだろう。
22:69> しかし、人の子は今からのち、全能の神の右に座するであろう」。
22:70> 彼らは言った、「では、あなたは神の子なのか」。イエスは言われた、「あなたがたの言うとおりである」。
22:71> すると彼らは言った、「これ以上、なんの証拠がいるか。われわれは直接彼の口から聞いたのだから」。
第二三章

23:01> 群衆はみな立ちあがって、イエスをピラトのところへ連れて行った。
23:02> そして訴え出て言った、「わたしたちは、この人が、国民を惑わし、貢ぎをカイザルに納めることを禁じ、また自分こそ王なるキリストだと、となえているところを目撃しました」。
23:03> ピラトはイエスに尋ねた、「あなたがユダヤ人の王であるか」。イエスは「そのとおりである」とお答になった。
23:04> そこでピラトは祭司長たちと群衆にむかって言った、「わたしはこの人になんの罪もみとめない」。
23:05> ところが彼らは、ますます言いつのってやまなかった、「彼は、ガリラヤからはじめてこの所まで、ユダヤ全国にわたって教え、民衆を煽動しているのです」。
23:06> ピラトはこれを聞いて、この人はガリラヤ人かと尋ね、
23:07> そしてヘロデの支配下のものであることを確かめたので、ちょうどこのころ、ヘロデがエルサレムにいたのをさいわい、そちらへイエスを送りとどけた。
23:08> ヘロデはイエスを見て非常に喜んだ。それは、かねてイエスのことを聞いていたので、会って見たいと長いあいだ思っていたし、またイエスが何か奇跡を行うのを見たいと望んでいたからである。
23:09> それで、いろいろと質問を試みたが、イエスは何もお答にならなかった。
23:10> 祭司長たちと、律法学者たちとは立って、激しい語調でイエスを訴えた。
23:11> またヘロデはその兵卒どもと一緒になって、イエスを侮辱したり嘲弄したりしたあげく、はなやかな着物を着せてピラトへ送りかえした。
23:12> ヘロデとピラトとは、以前は互いに敵視していたが、この日に親しい仲になった。
23:13> ピラトは祭司長たちと役人たちと民衆とを、呼び集めて言った、
23:14> 「おまえたとは、この人を民衆を惑わすものとしてわたしのところに連れてきたので、おまえたちの面前でしらべたが、訴え出ているような罪は、この人に少しもみとめられなかった。
23:15> ヘロデもまたみとめなかった。現に彼はイエスをわれわれに送りかえしてきた。この人はなんら死に当たるようなことはしていないのである。
23:16> だから、彼をむち打ってから、ゆるしてやることにしよう」。〔
23:17> 祭ごとにピラトがひとりの囚人をゆるしてやることになっていた。〕
23:18> ところが、彼らはいっせいに叫んで言った、「その人を殺せ。バラバをゆるしてくれ」。
23:19> このバラバは、都で起こった暴動と殺人とのかどで、獄に投ぜられていた者である。
23:20> ピラトはイエスをゆるしてやりたいと思って、もう一度かれらに呼びかけた。
23:21> しかし彼らは、わめきたてて「十字架につけよ、彼を十字架につけよ」と言いつづけた。
23:22> ピラトは三度目に彼らにむかって言った、「では、この人は、いったい、どんな悪事をしたのか。彼には死に当る罪は全くみとめられなかった。だから、むち打ってから彼をゆるしてやることにしよう」。
23:23> ところが、彼らは大声をあげて詰め寄り、イエスを十字架につけるように要求した。そして、その声が勝った。
23:24> ピラトはついに彼らの願いどおりにすることに決定した。
23:25> そして、暴動と殺人とのかどで獄に投ぜられた者の方を、彼らの要求に応じてゆるしてやり、イエスの方は彼らに引き渡して、その意のままにまかせた。
23:26> 彼らがイエスをひいていく途中、シモンというクレネ人が郊外から出てきたのを捕えて十字架を負わせ、それをになってイエスのあとから行かせた。
23:27> 大ぜいの民衆と、悲しみ嘆いてやまない女たちの群れとが、イエスに従って行った。
23:28> イエスは女たちの方に振りむいて言われた、「エルサレムの娘たちよ、わたしのために泣くな。むしろ、あなたがた自身のため、また自分の子供たちのために泣くがよい。
23:29> 『不妊の女と子を産まなかった胎と、ふくませなかった乳房とは、さいわいだ』と言う日が、いまに来る。
23:30> そのとき、人々は山にむかって、われわれにおおいかぶされと言い出すであろう。
23:31> もし、生木でさえそうされるなら、枯木はどうされることであろう」。
23:32> さて、イエスと共に刑を受けるために、ほかにふたりの犯罪人も引かれていった。
23:33> されこうべと呼ばれているところに着くと、人々はそこでイエスを十字架に着け、犯罪人たちも、ひとりは右に、ひとりは左に、十字架につけた。
23:34> そのとき、イエスは言われた、「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです。人々はイエスの着物をくじ引きで分け会った。
23:35> 民衆は立って見ていた。役人たちもあざ笑って言った、「彼は他人を救った。もし彼が神のキリスト、選ばれた者であるなら、自分自身を救いなさい」。
23:36> 兵卒どももイエスをののしり、近寄ってきて酢いぶどう酒をさし出して言った、
23:37> 「あなたがユダヤ人の王なら、自分を救いなさい」。
23:38> イエスの上には、「ユダヤ人の王」と書いた札がかけてあった。
23:39> 十字架にかけられた犯罪人のひとりが、「あなたはキリストではないか。それなら、自分を救い、またわれわれも救ってみよ」と、イエスに悪口を言いつづけた。
23:40> もうひとりは、それをたしなめて言った、「おまえは同じ刑を受けていながら、神を恐れないのか。
23:41> お互は自分のやった事のむくいを受けているのだから、こうなったのは当然だ。しかし、このかたは何も悪いことをしたのではない」。
23:42> そして言った、「イエスよ、あなたが御国の権威をもっておいでになる時には、わたしを思い出してください」。
23:43> イエスは言われた、「よく言っておくが、あなたはきょう、わたしと一緒にパラダイスにいるであろう」。
23:44> 時はもう昼の十二時ごろであったが、太陽は光を失い、全地は暗くなって、三時に及んだ。
23:45> そして聖所の幕が真ん中から裂けた。
23:46> そのとき、イエスは声高く叫んで言われた、「父よ、わたしの霊をみ手にゆだねます」。こう言ってついに息を引きとられた。
23:47> 百卒長はこの有様を見て、神をあがめ、「ほんとうに、この人は正しい人であった」と言った。
23:48> この光景を見に集まってきた群衆も、これらの出来事を見て、みな胸を打ちながら帰って行った。
23:49> すべてイエスを知っていた者や、ガリラヤから従ってきた女たちも、遠い所に立って、これらのことを見ていた。
23:50> ここに、ヨセフという議員がいたが、善良で正しい人であった。
23:51> この人はユダヤの町アリマタヤの出身で、神の国を待ち望んでいた。彼は議会の議決や行動には賛成していなかった。
23:52> この人がピラトのところへ行って、イエスのからだの引取り方を願い出て、
23:53> それを取りおろして亜麻布に包み、まだだれも葬ったことのない、岩を掘って造った墓に納めた。
23:54> この日は準備の日であって、安息日が始まりかけていた。
23:55> イエスと一緒にガリラヤからきた女たちは、あとについてきて、その墓を見、また、イエスのからだか、納められる様子を見とどけた。
23:56> そして帰って、香料と香油とを用意した。それからおきてに従って安息日を休んだ。
第二四章

24:01> 週の初めの日、夜明け前に、女たちは用意しておいた香料を携えて、墓に行った。
24:02> ところが、石が墓からころがしてあるので、
24:03> 中にはいってみると、主イエスのからだが見当たらなかった。
24:04> そのため途方にくれていると、見よ、輝いた衣をきたふたりの者が、彼らに現れた。
24:05> 女たちは驚き恐れて、顔を地に伏せていると、このふたりの者が言った、「あなたがたは、なぜ生きた方を死人の中にたずねているのか。
24:06> そのかたは、ここにはおられない。よみがえられたのだ。まだガリラヤにえられたとき、あなたがたにお話になったことを思い出しなさい。
24:07> すなわち、人の子は必ず罪人らの手に渡され、十字架につけられ、そして三日目によみがえる、と仰せられたではないか」。
24:08> そこで女たちはその言葉を思い出し、
24:09> 墓から帰って、これらいっさいのことを、十一弟子や、その他みんなの人に報告した。
24:10> この女たちちいうのは、マグダラのマリヤ、ヨハンナ、およびユコブの母マリヤであった。彼女たちと一緒にいたほかの女たちも、このことを使徒たちに話した。
24:11> ところが使徒たちには、それが愚かな話のように思われて、それを信じなかった。〔
24:12> ペテロは立って墓へ走って行き、かがんで中を見ると、亜麻布だけがそこにあったので、事の次第を不思議に思いながら帰って行った。〕
24:13> この日、ふたりの弟子が、エルサレムから七マイルばかり離れたエマオという村へ行きながら、
24:14> このいっさいの出来事について互いに語り合っていた。
24:15> 語り合い論じ合っていると、イエスご自身が近づいてきて、彼らと一緒に歩いていかれた。
24:16> しかし、彼らの目がさえぎられて、イエスを認めることができなかった。
24:17> イエスは彼らに言われた、「歩きながら互いに語り合っているその話しはなんのことなのか」。彼らは悲しそうな顔をして立ちどまった。
24:18> そのひとりのクレオパという者が、答えて言った、「あなたはエルサレムに泊まっていながら、あなただけが、この都でこのごろ起こったことをご存じないのですか」。
24:19> 「それは、どんなことか」と言われると、かれらは言った、「ナザレのイエスのことです。あのかたは、神とすべての民衆との前で、わざにも言葉にも力ある預言者でしたが、
24:20> 祭司長たちや役人たちが、死刑に処するために引き渡し、十字架につけたのです。
24:21> わたしたちは、イスラエルを救うのはこの人であろうと、望みをかけていました。しかもその上に、この事が起こってから、きょうが三日目なのです。
24:22> ところが、わたしたちの仲間である数人の女が、わたしたちを驚かせました。というのは、彼らが朝早く墓に行きますと、
24:23> イエスのからだが見当たらないので、帰ってきましたが、そのとき御使が現れて、『イエスは生きておられる』と告げたと申すのです。
24:24> それで、わたしたちの仲間が数人、墓に行って見ますと、果たして女たち言ったとおりで、イエスは見当たりませんでした」。
24:25> そこでイエスは言われた、「ああ、愚かで心のにぶいため、預言者たちが説いたすべての事を信じられない者たちよ。
24:26> キリストは必ず、これらの苦難を受けて、その栄光に入るはずではなかったのか」。
24:27> こう言って、モーセやすべての預言者からはじめて、聖書全体にわたり、ご自身についてしるしてある事どもを、説きあかされた。
24:28> それから、彼らは行こうとしていた村に近づいたが、イエスがなお先へ進みいかれる様子であった。
24:29> そこで、しいて引き止めて言った、゜わたしたちと一緒にお泊まり下さい。もう夕暮れになっており、日もはや傾いていています」。イエスが彼らと共に泊まるために、家にはいられた。
24:30> 一緒に食卓につかれたとき、パンを取り、祝福してさき、彼らに渡しておられるうちに、
24:31> 彼らの目が開けて、それがイエスであることがわかった。すると、み姿が見えなくなった。
24:32> 彼らは互いに言った、゜道々をお話になったとき、また聖書を説き明かしてくださったとき、お互いの心の内が燃えたではないか」。
24:33> そして、すぐに立ってエルサレムに帰って見ると、十一弟子とその仲間が集まっていて、
24:34> 「主はほんとうによみがえって、シモンに現れなさった」と言っていた。
24:35> そこでふたりの者は、途中であったことや、パンをおさきになる様子でイエスだとわかったことなどを話した。
24:36> こう話していると、イエスが彼らの中にお立ちになった。〔そして「やすかれ」と言われた。〕
24:37> 彼らは恐れ驚いて、霊を見ているのだと思った。
24:38> そこでイエスが言われた、「なぜおじ惑っているのか。どうして心に疑いを起こすのか。
24:39> わたしの手や足を見なさい。霊には肉や骨はないが、あなたがたが見るとおり、わたしにはあるのだ」。〔
24:40> こう言って、手と足とをお見せになった。〕
24:41> 彼らは喜びのあまり、まだ信じられないで不思議に思っていると、イエスが「ここに何か食物があるか」と言われた。
24:42> 彼らが焼いた魚の一きれをさしあげると。
24:43> イエスはそれを取って、みんなの前で食べられた。
24:44> それから彼らに対して言われた、「わたしが以前あなたがたと一緒にいた時分に話して聞かせた言葉は、こうであった。すなわち、モーセの律法と預言者と詩編とに、わたしについて書いてあることは、必ずことごとく成就する」。
24:45> そこでイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて
24:46> 言われた、「こう、しるしてある。キリストは苦しみを受けて、三日目に死人の中からよみがえる。
24:47> そして、その名によって罪のゆるしを得させる悔い改めが、エルサレムからはじまって、もろもろの国民に宣べ伝えられる。
24:48> あなたがたは、これらの事の証人である。
24:49> 見よ、わたしの父が約束されたものを、あなたがたに贈る。だから、上から力を授けられるまでは、あなたがたは都にとどまっていなさい」。
24:50> それから、イエスは彼らをベタニヤの近くまで連れて行き、手をあげて彼らを祝福された。
24:51> 「祝福しておられるうちに、彼らを離れて、〔天にあげられた。〕
24:52> 彼らは〔イエスを拝し、〕非常な喜びをもってエルサレムに帰り、
24:53> 絶えず宮にいて、神をほめたたえた。

Posted in 新約聖書 | 1 Comment »