I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

レヴィナスを読む―信仰とは学知である

Posted by Shota Maehara : 4月 28, 2011

最近の私の関心は、哲学と神学に移っている。その意味でその先達であるレヴィナスの仕事に敬意を感じている。彼の倫理学は今なお重要な問題提起であり続け、さらにはキリスト教徒が知らない「ユダヤ教」の真の姿を感じ取ることができる。キリスト教は旧約ではないユダヤ教から「信仰とは学知である」という姿勢をいまこそ学ぶべきであると思う。

(以下は国文社ホームページから)

「先ごろ亡くなったエマニュエル・レヴィナスはかつて自分の思想について、タルムードの言葉を引いて「生まれたばかりの子供に肉を与えてはいけない」と述べ、安易にレヴェルを下げた解説をすることを拒んだ。本書はレヴィナスの弟子によるレヴィナス思想の入門書という形をとっているが、同時にその哲学思想を超えた部分でのフランス知識人層への生々しい影響を明らかにしている。」(http://www.kokubunsha.co.jp/archives/ISBN4-7720-0422-X.html

目 次
日本語版への序文
まえがき
第一章 散文を讃えて
第二章 倫理のパラドクス
第三章 人とその時代
第四章 政治的なものとその場所
第五章 要求の多いユダヤ教
第六章 究極の人間性
第七章 世俗化された歴史
第八章 レヴィナスを読む
エマニュエル・レヴィナスとの対話
訳 注
書 誌
著者あとがき
訳者あとがき

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中