I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

Archive for 2011年2月

きみは何によって憶えられたいか

Posted by Shota Maehara : 2月 24, 2011

アメリカの「マネジメントの父」と呼ばれるピーター・ドラッカーが自著の中で、彼が13歳のとき、宗教の授業で牧師の先生から投げかけられた問いについて触れている。それは次のようなものである。すなわち、「きみは何によって憶えられたいか」(What do you want to be remembered for?)という言葉である。私はこの言葉を思い出し、もう一度自分に問いかけている。

もしかすると、これは一見すると単なる自己啓発や自己実現の言葉にも取られかねない。しかし、ドラッカーは、おそらく、ここに自分の持てるわずかな資源(能力、寿命、体力)をどの一点に集中し成果を挙げるべきかというマネジメントの観点からこれを問うている。なんとなれば、自分自身をマネジメントすることこそあらゆるマネジメントの出発点であり、そして、天才と言えどその能力を漫然と用いればどんな成果も上げることはできないからだ。

では、なぜここまで近年、みずからをマネジメントすることが多くの人々に求められているのだろうか。

おそらく、それは私たちの社会が、人類史上かつてなかったほどに自由で、多様であるからであろう。私たちは、住む場所、学校、職業、結婚などについて信じられないくらいの多くの選択肢を前にして立ち止まる。その洪水の中で、一部の人は眩暈を感じ、あれこれに手を出したり、あるいは逆に、どれも決められずに茫然としてしまうかもしれない。

だから、私もそうであるように、きっと人は人生の軸となるものを心のどこかで求めているのではないだろうか。したがって、ドラッカーは、その指針を「マネジメント」という概念を生み出すことによって人々に与えようとしたのだと言えよう。

しかし、私はこうも思うのだ。「きみは何によって憶えられたいか」という先の言葉の持つ意味はもっと深い。なぜならば、この言葉が牧師の方の口を通して語られているからだ。つまり、私たちクリスチャンにとって、「きみは何によって憶えられたいか」という言葉の背後には、どうしても「神の目から見て」という超越的な視線を感じるからである。

さらに、それは明治の偉大なキリスト者であり、教育者でもあった内村鑑三が著した『後世への最大遺物』の中の一節を連想させる。すなわち彼は言う、どんな人でもあとに残せるものがある。それはお金でも、事業でも、思想でもなく、「自分の生き方」だと。かくして、自分のまっすぐ歩んできた生涯こそが「後世」の人々を鼓舞する最大遺物なのだだとしてこの信仰の書は締めくくられているのである。

ここで「神の目から見て」という超越的視点は、「後世」という地上的(内在的)な視点と交わる。私は悪戯に宗教を礼賛しようとは思わないが、かといって宗教は無価値だという風潮にもくみしない。なぜなら本当に現実世界に影響を与える行動は、このようなある種の信仰に根ざしているものであるからである。また逆に、行動のない信仰というものもありえない。信仰と実践は必ず交わる。私はそう信じている。

自分は今、何によって憶えられたいのか。そう考えると、はなはだ心もとないイメージしか浮かばない。しかし、この問いを問い続けていくことによって私自身の主イエス・キリストへの信仰を実践し、また具体化するために自分のなせることからはじめてきたいと思っている。

Posted in コラム | Leave a Comment »

日本の英語教育におけるイノベーション

Posted by Shota Maehara : 2月 19, 2011

ある中学生たちとの対話の続きで、一人の女の子が将来は自分のお母さんのように学校の先生になりたいと、それもできれば好きな英語の先生になりたいと言いました。しかも何人かが同じような夢を語りました。これに対して私自身は正直あいた口がふさがらなかったというのが率直な感想でした。皆さんは、これを聞いてどういう感想を持たれるでしょうか。

私は彼らに自分なりに考えていることを言いました。つまり、「君たちが就職する十年後にはもう英語教師などという職業は消滅しているだろう」と。そして「もし、その時までまだ英語教師が存在しているとすれば、今度は日本が経済的に消滅しているだろう」と付け加えました。

確かにこれはかなり過激な意見です。しかし、これは私の嘘偽りない心情の吐露なのです。なぜなら、一体我々は戦後から何十年かけて長々と英語を勉強してついに身に付かずに終ってきたのでしょうか。英語を使えるようになるということが英語教育の本来の目標なら、これほどまでズレている英語教育を一体いつまで続ける気なのでしょうか。日本人とはかくも愚かなのでしょうか。いや、そんなはずはありません。要はやり方が間違っているだけなのです。

私の経験からいえば、英語をマスターするのに中学校から大学までの十年間という長い年月は必要ではありません。中学三年間で十分です。日本の教育の悪いくせは、論理的思考にしても英語の習得にしても子供にはここまでしかできないと決めてかかってカリキュラムを編成していることです。そして、何より効果の上がらない事実を見てもその方法を変えずに、フィードバックさせず、駄目なことをやり続けていることです。

むしろ、基本的な文法や単語をマスターさせたら、どんどん英英辞書を引かせ、授業・教科書はすべて英語で書かれたものを英語で行い、日本語を一切使わないという環境で勉強しないと語学は上達しません。日本の英語教育の伝統は、英語はきれいな日本語に置き換えて理解するものだという致命的な幻想の基におそろしく迂遠な方法とっていることです。むしろ、いかに英語を訳さずに理解し、英語の言葉の世界を頭に構築していくか。そのためにこそ英英辞書を使うのです。

これはドイツ考古学者で語学の天才のシュリーマンの方法に基づいたものです。彼は自叙伝『古代への情熱』の中で自分の語学上達法についてこう述べています。先ず第一に絶対に訳さないこと。第二に、できるだけ音読すること。そして第三に、できるだけ用例を覚えること(文法ではなく)。さらにシュリーマンは教会に通って、牧師さんが読むとおりに自分も後に続いて外国語の聖書を読んだりしていたそうです。これも大変効果的な方法だろうと思います。

さらに授業の面でも、かつてアテネ・フランセ―ズで作家の坂口安吾や辻潤など多くの著名人がフランス語を覚えたのもこの授業スタイルによってだったそうです。さらに歴史に詳しい人なら、明治初期の大学で、お雇い外国人のもとで英語によって行われた授業を挙げることもできるでしょう。

なにより私たち日本人の英語教育に最も欠けているものとは何でしょうか。それは危機意識、すなわち動機付けだと思います。必要は発明の母というように、なぜ語学をやるのかを、社会的認識と結び付けねばなりません。世界が急速にグローバル化する中で、日本が流れに取り残されるまでの時間はそれほど長くはありません。こうした意識を国民が広く共有するべきでしょう。そのうえで英語を勉強するべきです。

いずれにしても、我々は英語教育の面においても、今後イノベーションを起こさねばなりません。そのためにはまず子供はここまでしかできないという既成概念を打ち壊していかねばならないでしょう。語学に唯一絶対の方法、万人向けの方法などありません。皆さん一人一人が何が自分に向いていて、効果的な方法か。そして、自分はどういう成果を求めているのか。このことを考えながら腹をくくって勉強すれば絶対に語学はものにできるはずです。

Posted in コラム | 2 Comments »

「知識社会」の到来―なぜ大卒者は就職できないのか?

Posted by Shota Maehara : 2月 17, 2011

先日、仕事の関係で、中学生と話す機会があった。彼らは各学校のトップの学生で、様々な質問をぶつけてきた。とくに私自身も興味深かったのは、なぜ今大卒の学生が就職できないで困っているのかという問題だ。将来、有名な日本の大学に入学し、企業などに就職して行くであろう彼らにとって、今世の中がどう変わりつつあるのかはやはり気になるテーマなのであろうか。

巷で経済学者や政治家やメディアが指摘しているのは、雇用の安定のために、解雇規制を緩和すべきであったり、就職支援対策に予算を付けることであったりする。むろんそれらは個々には重要な政策である。

しかし、同時に我々が直面している変化の本質を見えなくさせてはいまいか。むしろ私が持っている答えはシンプルである。私の見立てでは、何万人という大学生が就職難なのは、高等教育の大衆化のせいでも、ましてや不況のせいでもない。それは彼らが、大学院で修士もしくは博士を修めた上で、ビジネス・パーソンとして働きに出ようという発想がまるでないからである。

あいも変わらず、大卒で「マニュアル・ワーカー」(単純労働者)として雇ってくれる企業などハッキリ言って存在しない。必要なのは、専門的な知識をもち、それをビジネスに活用する(つまり価値を生む)ことのできる「ナレッジ・ワーカー」(知識労働者)である。

ただ恥ずかしながら、私がこの事実にはたと気づいたのは2011年に入ってからである。ある日電車に乗って通勤していた際、女子高生の一団が乗り込んできた。彼らは私の高校生時代と同じく青春を謳歌し、大人に守られ、今は将来の不安もなく過ごしているように見える。一見すると彼らはi-phoneを持ち、今どきのファッションに身を包んでいるように見える。

しかし、根本的には自分達の父親や母親と同じ価値観を共有しているような気がしてならなかった。つまり、「高校時代なんだから楽しく過ごしたい。」という思いによって彼らは生きている。そして、やがてニート・フリーターになるのだろう。

なぜならば、彼らは、そしてきっと親たちもドラッカーが「知識社会」と名付けたような社会の到来を自覚していないからだ。近年の終身雇用の崩壊や、派遣労働の増加、大卒の就職難など様々な指標がその到来を知らせていたのにもかかわらず、我々はそれを不況のせいにして来きた。しかし、気づくべきことは、これは構造的な変化なのだということであり、青春のイメージそのものを陳腐化してしまうような大きな波なのだ。

そこでは、子供は大人と同様に学び続けねばならない。我々も「知識」そのものが中心に置かれたような社会で生きるということはいかなることなのか。その意味を考え、行動しなければならない。

神のみが時代の流れを変えることができる。我々人間にはできない。我々にできるのはその流れの最後尾にぐずぐず文句を言いながら負け犬のようについていくことか、もしくは、ここから大きく舵を切って先頭に立ち流れを先に推し進めるかのどちらかなのだ。それはリスクの伴う決断である。しかし、現実を正しく認識し挑戦していく知性をこそ我々は必要としているのではないだろうか。

Posted in コラム | Leave a Comment »

ドラッカーの講義を読む

Posted by Shota Maehara : 2月 13, 2011

知識は絶えず磨かれ鍛えられ、そして育まれなければならない。怠れば衰退あるのみ。―ピーター・ドラッカー

何をすべきかではなく、何ができるかを考えよ
“ぶつけるべきなのは「政府に何ができるか」という素朴な問いかけです。この質問は二〇〇年間忘れられていました。問われなければならないのは、一体、政府の実行力、責任とは何なのかという問題であって、政府のご立派な意図は何かではないのです。”(「新たな優先課題」22頁)

“政府は、選挙で選ばれる人物が誰であっても、縮小していくでしょう。歳入不足のままでよいわけはありません。もし私たちが深刻な社会問題を抱えたくないと思うなら、非営利セクターの効率と経営資源を増加させなければなりません。これが今から数年間にわたって取り組むべき最優先課題ではないでしょうか。”(同書、31頁)

“第二の優先課題に移りましょう。…知的作業の生産性とサービスの仕事の品位こそ、私たちが次に直面する大きな課題です。”(同書、33頁)

“優先順位の三番目は何でしょうか。…私の考えでは、経営にとっての優先課題として、私たちにとって適切な規模はどれほどかを考え抜くことが挙げられると思います。つまり、現実的に、自分たちの居場所にふさわしいと思われる規模を見つけだすという課題です。”(同書、34頁)

“思いやりのある人になるためには、備忘録を作っておくことです。その中に、一緒に仕事をしている人たちに関わる情報をたっぷりと記録しておくのです。”(「自分の居場所が分かっていますか」36頁)


「パラレル・キャリア」のすすめ

“…それは、四〇代に突入する前に、仕事とは別の活動を実生活で見つけることです。ただの趣味ではなく、活動です。そうするとまず、その活動からまったく違ったネットワークが生まれてきます。…ネットワークには人に生きる活力を与え、気持ちを豊かにする働きがあります。”(同書、40~41頁)

“私たちはパラレルキャリアだけでなく、セカンドキャリアについても、自力でなんとかする術を身につけなければならなくなるでしょう。どのようにして自分の活動分野を、何歳のときに変えればよいのでしょうか。”(同書、45頁)

「非営利組織のためのドラッカー財団自己評価ツール」-「この組織で私たちが生み出している成果は何か」これは病院やコミュニティー組織にとって、答えるのが非常に難しい質問です。しかも急所を突いています。立派な心構えだけでは足りないのです。むしろそれは、単なる時間の無駄です。”(「社会セクターの時代」59頁)

“それにはさまざまな条件があります。第一に、あまり多くのことに取り組もうとしないことです。ひとつのことに集中すべきでしょう。第二に、その仕事をうまくこなすことです。経営の目的は成果を上げることですから、立派な心構えをお題目にして経営をしてはいけません。第三に、支持してくれるグループをふたつ作ること。ひとつは、あなたが取り組んでいる仕事から恩恵を受ける人たちのグループです。もうひとつはあなたのために働いてくれる人たちのグループ、とくにボランティアの人たちです。”(同書、60頁)

“知識はそれが行動の中で活かされて初めて知識になるのであり、それゆえ知識社会の知識は、その内容によってではなく、それが置かれた状況に応じて階級や順位がつけられるのです。”(「知識労働者と知識社会」71頁)

“経営の本質は技法や手順ではありません。経営の本質は、知識を役に立つものにすることです。言い換えれば、経営は社会的な機能なのです。そして、それを実行してこそ、経営は本当の意味で自由闊達な芸術になるのではないでしょうか。”(同書、73頁)
今やろうとしている仕事は、もし自分達の組織が消滅しても、必要性としてあり続けるだろうかと問うべし!

“つまり、何かとても重要な仕事をするとき、大切な意思決定をするとき、とりわけ人事についての意思決定をするとき、そういったとき彼らは必ず、期待する成果を具体的に書き出すのです。それから九か月あるいは一年たったときに、書いたことを再確認します。そうすると即座に、自分が何に長けているのかが見えてきます。”(「まずは自己を管理し、それから会社を」89頁)

“…自分は何が本当に得意なのかを見きわめ、そして自分の強みが発揮されて成果を上げられる分野にこそ、自分自身をしっかりとはめ込むべきです。”(同書、90頁)

“これがすべての先進諸国が抱えている根本的な難問です。そして今までのところ、私たちは実質的に、知識労働者の生産性を上げる取り組みをまったくしてきませんでした。一〇〇年以上にわたって、私たちは肉体労働者の生産性を上げる取り組みを続け、大きな成功を収めてきました。ところが、こと知識労働者の話になると、この一世紀、ほんのわずかでも彼らの生産性が上がったと教えてくれる兆候はひとつもありません。”(「変化を続ける世界経済」115頁)

官僚制について

“私は、日本がほかの選択肢があるとは思っていません(生産性を向上させ、景気をよくするために、官僚制を解体し廃止しろという国内の重圧はありますが)。そして歴史を振り返ってみると、指導層の伝統がある国に、官僚制が存在しないのは非常に危険です。ワイマールが崩壊したのは、軍のエリートに後継者がおらず、しかも一般の人々が事業家や専門家を受け入れなかったことが決定的な原因となりました。受け入れられ、そして尊敬される指導者がひとりもいなかったのです。”(「規制緩和と日本経済」125頁)

自分自身を経営する

あなたは何が得意なのか気づいていますか?

“これはそれほど難しいことではありません。そのカギは、ダ・ヴィンチやモーツァルトのしたこと、つまり書き記して、それをチェックすることにあります。”(自分自身を経営する」141頁)

“人類の歴史上初めて、私たちは自分自身を経営する責任を負わされるのです。お話ししたように、これはおそらくどんなテクノロジーよりもはるかに大きな変化です。こんな話は誰も教えてくれません。学校も、大学も。”(同書、142頁)

“歴史上初めて、この世界はさまざまな選択肢であふれるようになりました。…「どの選択肢が自分に向いているのか。それはなぜだろう。どれが自分に合っているのか。自分の居場所はどこなのだろう」といった決断に迫られています。”(同書、143頁)→非営利組織のボランティアを経験せよ!

教育について

知識社会において、学び続けるという能力を身につけることこそが重要である

“私たちは、自分の力で達成すること以上に人の意欲をかきたてるものはないことを知っています。したがって私たちは、あくまでその人の十八番に主眼を置いて、学ぶということを考えなければならないでしょう。”(「教えることから学ぶことへ」151頁)

“そこで突然、私はひらめきました。学ぶための最良の方法は教えることにある、と。”(同書、155頁)

“知識社会においては、教育こそが、あらゆる人たちにとって誰にも負けない自分の仕事を見つけだすための道になるのです。”(同書、157頁)

“具体的には、新しいテクノロジーのおかげで大きいクラスの方が創造的になります。…小さなクラスは退屈です。なぜかと言えば、多様性が乏しく、生徒同士が刺激し合うことがあまりないからです。小さいクラスにこだわっている現在の議論は、間違ってはいないでしょうか。”(同書、158頁)

会社の未来

“もし経営とは何か、経営とは何をすることか、といったことを理解したければ、組織の外における成果から考え始めなければなりません。”(同書、196頁)

“マーケティングの出発点は「顧客は何を欲しがっているのか」にあります。そして、この欲求に応えることが顧客を満足させることにつながるのです。企業という企業がこの考え方を唱えています。それでも、実践しているところはほとんどありません。”(「会社の未来Ⅲ」210頁)

“私たちの周りには、産業革命が同質の労働力を生み出して以降今までに、まったく目にしたことのないような種類の労働力が存在しています。無数のサブユニット、つまり亜粒子的な労働力が存在しています。そうした亜粒子は同質でもなければ、交換可能でもありません。なぜなら、それぞれにある種の専門性があり、長期間にわたる本格的なトレーニングを積む必要があるからです。”(「会社の未来Ⅳ」225頁)

出典:『ドラッカーの講義(1991-2003)―マネジメント・経済・未来について話そう―』(宮本喜一訳、2010年、アチーブメント出版)

Posted in 草稿 | Leave a Comment »