I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

「自由」という牢獄

Posted by Shota Maehara : 9月 23, 2010

 

列車から降り、
駅のホームに降り立つと
四方八方から押し寄せる
乗客の群れに押し流されそうになる

現実のようでいて夢のようでもある光景
世の中では様々な出来事が起きて、
我々の生を変化させ、前途に影を落とす
でも、人々は素知らぬ顔をして笑い合う

人間は遥か昔から変わらぬようでいて
同じ名前で呼ぶのがはばかられるほど
変わってしまった。スピードが我々の生を
引きずりまわし、回転させ、弾き飛ばす。

今や「自由」という言葉に魅力はない
なぜならば、我々はもう十分に自由だから
自由からの逃走は不可能なのだ
自由に恋愛し、自由に職業を選択し、
自由に移動するが、どこにも休息はない

これでもはたして人間と呼べるのか、
いや、もしかしたらこれこそが人間の
あるべき姿だったのだろうか、
科学による進化と資本の蓄積、
いつまで続くのだろうか、不吉な耳鳴りは。

(2010.9.23/akizukiseijin)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中