I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

人間の忘れっぽさ

Posted by Shota Maehara : 7月 25, 2010

人は忘れゆく存在
喜びも 悲しみも 幸福すらも

ただ 懐かしい過去の風に吹かれて
心の中に寂しさを抱えている

人は慣れてゆく存在
人のありがたみも 誰かからの愛情も

空気のように無感覚になっていき、
全てを失った時、その本当の価値に気づく

人は離れてゆく存在
あるべき場所からも 光のあたる場所からも

人は素晴らしいものをもとめるが、
やがてそれにも慣れてしまう。だからまた求める。
まさしく欲望には限りがない。

私は知りたい
我々は一体いつまで求め続けるのか。
そして、何を求めているのか。

霧のなかにこそ真実はある

(2010.7.25 Akizukiseijin)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中