I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

月夜に吠える

Posted by Shota Maehara : 7月 18, 2010

道端にうずくまる酔いつぶれた男のように
 私の心も 世界とのコミュニケーションを
        閉ざして蹲(うずくま)る

他者と分かりあうこと これほどの神秘が
   この世の中にまたとあろうか
  誰もが自分のことは自分しか知らないと
   自らの殻に閉じこもる中で、
  孤独という代償を払って、得た静寂に
          何の意味がある

人と交わらない生活を望む君
だが、君は本当の孤独というものを知っているのか
 もし人が一生独りで生きられるのなら
       言葉をもつ必要もなかった

夢のような人生で、消えゆく泡のように
      自己の存在も一瞬にして消え去るのみ

(2010.7.17 Akizukiseijin)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中