I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

Archive for 2010年6月

『人類の子供たち』(アルフォンソ・キュアロン監督)について語る

Posted by Shota Maehara : 6月 20, 2010

本作『トゥモロー・ワールド(原題=人類の子供たち)』はアルフォンソ・キュアロンが監督し、2006年に公開された近未来SFアクション巨編だ。

舞台は2027年のロンドン。地球環境の汚染やテロ、移民の問題などに加え、人類には18年間子供が誕生していなかった。あと50年もすれば人類を受け継ぐ世代がいなくなってしまうことから、人々は希望を失い、秩序は崩壊していった。そんな中で移民の少女が子供を身ごもる。元活動家のセオは、この少女をヒューマン・プロジェクトと呼ばれる組織に引き渡すため彼女を守り、彼らが船でやってくる海へと向かう。

ハリウッドにはない圧倒的な映像美、背景の効果、俳優の演技力、巧みなプロット(筋書き)、そして何よりマリアの受胎やノアの箱舟を思わせるキリスト教的世界観、どれをとっても素晴らしい。優れた文学作品がそうであるように、現実をよりリアルに描くとそれがあるリアリティをもった架空世界のように見えてしまう。その意味で、この作品はまさにイギリスのジョージ・オーウェル『1984』に代表されるアンチ・ユートピアの系譜に連なる作品だ。

そしてそれ以上にこの作品を奥行きあるものとしているのは聖書の視点である。過去に活動家だった主人公セオは、同じ活動家のジュリアンとの間に一子をもうけるが、まもなく病気で亡くしてしまう。そして、ジュリアンと20年間会うことなく、傷を負ったまま無気力に生きている。この映画で描かれるグローバル資本主義に由る様々な弊害とともに、この無気力な主人公セオはポスト・モダニストと呼ばれる我々の生き写しである。

私がこの作品を見てつくづく思うのは、真に新しい芸術は、普遍的なものを追求していく態度が根本になくてはもはや作り得ないということだ。日本の芸術家の作品が文学にしても音楽にしても映画にしてもどこか陳腐なのは愛を語ってもそこに商業的な響きしか感じられぬからではないだろうか。しからば凡ての若き日本の芸術家の卵よ、まず自分にとって、そして世界にとってなくてはならぬものとは一体何なのかを深く沈静して見いだしていかねばならないのではないだろうか。

広告

Posted in 映画 | Leave a Comment »

「言葉」との邂逅―象徴交換としての「詩」/「死」

Posted by Shota Maehara : 6月 17, 2010

私は大学時代、早く自分もひとかどの人間として世に出たいという想いが強くあった。そして、音楽や学問にひたすら情熱を傾けていた。同時に時代は大学のレジャーランド化と呼ばれた時期でもあり、本来学問とかかわりのない輩が単に大学出の肩書を得るためだけにキャンパスを我が物顔で闊歩していた。

そんな中で、私はつねに早くこんな惨めな世界からは抜け出したいと想いつつも、理想の自分と現実の自分のギャップに悩み続けてもいた。目標に比して、自分はまだこんなところまでしか到達出来ていないという事実に愕然とした。そしていつしか、このギャップは私をこの世界に対する絶望から、自分自身に対する絶望へと突き落とした。

私は日一日と憂鬱な感情にとらわれていくのを感じた。日々の光景が乾涸びていくのを感じた。単調な毎日の繰り返し。それはやがて生をも乾涸びさせていった。私は奈落の底から世の中を見上げているかのような絶望の中で、いつしか死を身近に感じ始めていた。

しかし、私にはただ一つだけ救いの道が残されていた。それは「言葉」であった。これまでの人生の中で、なぜか私の心に残り、支えになってくれた愛しい言葉たちへの思いと渇望。そんな私が強く「詩/死」に魅かれたのは当然の成り行きであったかもしれない。

私は冗談でも何でもなく、こう思っている。詩は死との象徴的交換であると。つまり、詩人は死と引き換えに言葉を獲得する。もしくは死を詩に託すことによって、死をまぬがれ、人生を生き抜いていくことができるのである、と。

以前から貪るように読んでいた新約聖書に加え、私はビートニク詩人やポップ・ミュージックの中に私の人生を転換させる「言葉」との邂逅を経験した。例えば、アレン・ギンズバーグ(「吠える」)やパティ・スミス(「静寂とざわめき」)、 U2(「IF God Will Send His Angels」)、そして日本の女性ミュージシャンのCocco(「ポロメリア」)などである。

この時期から、私は猛烈に言葉を紙に書き留めておく習慣ができた。なぜなら、記憶はあまりに薄れやすく、大切な言葉も感動したそばからすぐに忘却されてしまうからである。

詩は素晴らしい。詩は世界や自然や人間を新しい角度から眺めさせてくれる。私たちの生を閉じ込めているのは世界そのものではなく、貧しい言葉である。鋳直されることのない決まり文句。ステレオタイプのそれ。こうしたものが日々の生活から思考だけでなく、彩りをも奪っている。

たしかに一見すると、人は毎日同じ光景を目にしていると思いがちだ。空の鳥を目にして「また同じ鳥が飛んでいる」とつぶやく。しかし、本当に同じ鳥なのかは考えてみようともしない。ましてやそれは単に鳥ではなく、何らかの名前を持っているはずなのに。

そこで世界を新しい言葉、新しい文法で語り直すなら、その時世界はあまりにも美しく眼前に現れる。幸福や喜びだけでなく、苦難も、残酷さも、醜さも、悲しさも、あまりにも美しく。そこでは現実が言葉を手繰り寄せるのではなく、私たちの言葉が現実を手繰り寄せるかのようである。詩作とはこのように逆説的な、「創造の営み」なのである。

よく人は「一体何のために生きているのか」、また「人生の目的とは何か」という実存的なテーマに悩む。私もその一人だった。だが、だがそこから逃れるために必要なのは精神科で処方してもらう薬ではない。むしろ、人生に対する新たな「認識」の転換なのだ。つまり、将来の目的のために現在があるのではなく、充実した現在の軌跡の先に未来が現れるということ。いまを将来のために抑圧せず、今を将来のために解き放つこと。

この認識の逆転のきっかけは、言葉が世界を多様に見せてくれたからこそ可能なことであった。それゆえに、私はいまもって新しい言葉=新しい認識だけが、この世界を再創造できるのだと強く信じている。

Posted in エッセイ | Leave a Comment »

異邦人

Posted by Shota Maehara : 6月 17, 2010

薄暗い森で彷徨う獣の様に
私は昼と夜を彷徨う
誰からも必要とされず、
叫び声は虚しい残響となる

私は愛の抜け殻のように
他人の死に無関心となり
他人への憎悪を募らせる
破滅すら微笑

「光明を喪失した世界で
私は異邦人であった」
安らぎも希望もなく
ただ歩き続ける日々

天を見上よ、
氷の太陽が世を照らす
陽の光はかつて何者かに
奪われたままだ

私は血に飢えた
他人の不幸を糧にする
森に住まう闇の眷族
愛が私を憎しみに駆り立てる

身内に愛を感じられぬ時
人は醜い獣となり、
森で生け捕りにされ、
街でサーカスに売り飛ばされ、
無気力な道化師に
操られてしまう運命なのか。

(2010/6/17 Akizukiseijin)

Posted in | Leave a Comment »

愛のある場所

Posted by Shota Maehara : 6月 12, 2010

雲ひとつない晴れた夏の空の下で
あなたはまるで神などいないかのように振る舞う
日々罪を犯し、そしてそれをなすりつける相手をいつも探している。

地上は闇に沈み、
世界は地獄の深淵がその大きな口を開いて、
私たちを飲み込もうとする。

私の隣で、ひとりまたひとりと力尽き、
赤黒い炎の中に落ちていく。

盲目の羊飼いに先導されて、救い難き罪を犯し、
それでいて孤独で、担うべきくびきはいよいよ重い。
この憐れなる存在 神よ御目を止めてください。

想像の翼は萎え、無数の星たちが虚空に私を閉じ込める。
私はただ囁きかける風の音に、怒りを込めて声の限り叫び続ける。
生と死の谷間で深淵に架けられた唯一つの橋。

汝、主イエス・キリスト。世の光よ。

すべての罪は自らに帰し、土くれはやがて土に帰る
誰もその重荷を担うことはできない、神の独り子、汝以外には。

人々はこの信仰を嘲笑うだろうか。
人は神なしで生きられる、神は死んだのだと。

でも、彼らは知らないのだ。あなたが死の旅に出た後、三日目に蘇られたことを。
その時私たちの罪を背負い、永遠の命を授けてくださったことを。

この地上で戦いは繰り返される。欲望の幻をめぐって。

とめどなく流れる血の泉に、身を浸して、帰還兵は何を夢見るのか。
鮮血で染まった過去の時間が眼前に再び現れる夜、
私たちの恐怖や悪夢が遠く過ぎ去ったとは言い難い。

希望と失望が日々めまぐるしく交錯し、無数の霊が彷徨う
たった一人、観客のいない競技場で、鳥たちとともに、
祈ることも忘れ、ただ立ち尽くしている。
胸の奥に潜む心の渇きを、他人から隠すように。

主よ、まさしく私は乾いてひび割れた土の器。
脆く、砕けやすい存在。
愛によって形作られた存在。
もし愛なければ、一瞬たりとも生きていくことはできない
この卑小な存在を、主よ、どうか憐れんでください。
そして、ただ一度だけ、その瞳を私の瞳に向けてください。

(2010/6/13/Akizukiseijin)

Posted in | Leave a Comment »

Walk On/U2

Posted by Shota Maehara : 6月 11, 2010

Posted in 音楽 | Leave a Comment »

恩寵

Posted by Shota Maehara : 6月 10, 2010

世界よ、蘇れ
地上は祝福に満たされ、
混沌とした薄明の中から
我が世代は雄々しく立ち上がる

人々よ、蘇れ
身内に力は溢れ、
誰もが自れの可能性を信じ、
新生児の誕生を祝うように踊る

天の御国よ、この地上に来たれ
そして地上の闇を吹き払いたまえ
人は愛を求めて彷徨う 罪深き存在

だが、あなたとなら、あなたの衣に
触れさえするなら 見出せるだろう 
荒野の中で 求めてきた唯一つの答えを

そう、あなたの楽園に帰る 道のりを
私たちの祖先が遠い記憶に刻んだ、
あの日の道のりを

地上に太陽が恩寵のように降り注ぐ
翼を折りたたんだ人間たちは、今、
誰一人残されることなく、鳥たちとともに
あなたの高い御座の許へ飛翔する

(Akizukiseijin、2010.6.11)

Posted in | Leave a Comment »

主体的真理の発見

Posted by Shota Maehara : 6月 9, 2010

私の使命を理解することが問題なのだ。神はほんとうに私が何をなすべきことを欲したもうかを知ることが重要なのだ。私にとって真理であるような真理を発見し、私がそのために死ぬことをねがうような理念を見いだすことが重要なのだ。―キルケゴール『日記』

Posted in アフォリズム | Leave a Comment »

現代女性論―愛なき労働力商品としての「女性」

Posted by Shota Maehara : 6月 8, 2010

かつて明治時代の家父長制に反対した女性人権運動家の平塚雷鳥は、「女性は原始太陽であった」と宣言した。それは進歩主義的な運動として戦後の高度経済成長期まであった。

しかし、今日それを声高に口にすることは進歩ですらない。むしろ、反動ですらある。なぜなら、女性の解放を真に促したのは、政府でも、GHQでもなく、資本制経済の力であったからである。そして今日それはまたしても幻想の領域を形作っている。つまり、女性を労働力商品として雇い、女性向け商品をマーケティングし、開発し、販売することによって成り立っているのだ。

この偽りの経済循環の中で現代女性は自立するにつれ、ますます孤独になってきている。この反比例関係ほど現代社会の特徴をはっきりと示しているものはない。この女性の商品化に伴う自己疎外はかつてプロレタリアに起こった疎外過程と本質的に同じだ。産業革命が起こると同時に、アルコール中毒や精神分裂病・神経症が増え始めたように、今日では、癒しやスピリチュアルが流行する。

日本女性の社会進出が叫ばれて久しいが、答えはキャリアか結婚かのニ者択一ではない。むしろ、これから自分は人間としてどう生きたいのかという問いかけが必要である。そして、自分になくてはならぬものとは何かという問いかけが何よりも必要である。はっきりいって知的な女性にとって何が幸せなのかは私には分からない。ただ、女性の社会進出の光の面だけでなく、闇の面にも目を向けてはじめて正しい判断が下せるのではないだろうか。

■参照 「女性の社会進出」 「働く女性の一人暮らし」  「厚生白書」 etc

Posted in コラム | Leave a Comment »

ポスト消費社会の哲学

Posted by Shota Maehara : 6月 8, 2010

「くだらない物を買う、ゆえに我あり」(スティーブ・ストックマン、Walk On―The Spiritual Journey of U2

Posted in アフォリズム | Leave a Comment »

この世で最も小さきもの

Posted by Shota Maehara : 6月 3, 2010

こんなに晴れた麗らかな6月の午後に
父よ、あなたは病室で横になり、
自分の過ちを思って涙ぐんでいる。
父よ、あなたは涙もろくなり、情に
もろくなっていく。老いたるものとして、
いまだ自分の殻を破れずにいる。
そして自分をこの世で最も小さき者と感じている。
あなたは本当の自分の姿と対面させられる。
だが、父よ、父よ、苦難を与えられた時、
人は最も神に近付いている。
神はあなたから一度も離れたことはない。
あなたは覚えているだろうか。
子供の頃から家にあるキリスト・イエスが街の上
を飛ぶあのシャガール風の絵を。
神はいつも見ておられる、
あなたの行程が決して途切れぬように。
愛のまなざしで、愛の息吹であなたの舟
を運命によって定められた場所へと運んで行く。

(Akizuki Seijin, 2010, 6, 3)

Posted in | Leave a Comment »