I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

灰色の記憶

Posted by Shota Maehara : 5月 1, 2010

 

友よ 後ろを見てごらん
赤い灯が見える
私たちの街が燃えている
遠い過去に繋がれた記憶とともに

友よ 君は夢を見ているのだ
我々は悪夢のような現実を生き
それを楽園であるかのように思っている
だがごらん、時間が少しずつ腐食していく 

友よ 嘆くな 私がそばにいるから
失われた記憶はもう元には戻らない
灰色の砂地に染み込む 涙のように
時間はついに死滅したのだから

友よ、もはや振り返ってはいけない
我々が逃れてきた収容所(ラーゲル)からは
死の叫び声が聞こえる 死してなお生き続ける
これが私たちの宿命(さだめ)だ 

地獄だ 永遠に刑罰の業火に焼かれ続ける

友よ 我々は一体生きているのか 
それとも死んでいるのか どうか教えてくれ
この辺境の国で 悪い夢を見ているのか
花弁がそっと散るように 我々の命も終わる時まで

破滅だ 救いの糸は差し伸べられない

友よ 生きることは血を必要とする
だれもが他人の血を吸って生きる
これまでも そして きっとこれからも
我々は顔を持たずに生きていくのだ

恥辱感に苛まれつつ、今日も一日が終わろうとしている
灰色の記憶とともに

(2010.5.1 Seijin Akizuki)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中