I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

内村鑑三―信仰義認論に関するノート

Posted by Shota Maehara : 2月 24, 2010

内村の聖書研究―<近代人>あるいは<近代文明>への批判

「義人は信仰に由りて生くべし」(ローマ人への手紙第一章第一七節)

「十字架のキリストを仰ぎ見る事に由て義とせられ、復活せるキリストを仰ぎ見る事に由て聖められ、再臨すべき彼を仰ぎ見る事に由て栄化せられる。一として自己の功、行、積善、努力に由て達成せらるるものはない。凡て凡て彼を信ずる信仰に由り、彼の遂げ給いし功に由り、ただ偏(ひと)えに彼を信受し、彼に信頼し、彼を仰ぎ見る事に由りて我らは義とせられ、又聖められ、又栄化せしめらる。」(ロマ書の研究第一講)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中