I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

神の愛に応え得る人間はいるか?―アガペーとエロース

Posted by Shota Maehara : 11月 23, 2009

“神の愛に応え得る人間はおりますか?どういう人間が神を愛したというのでしょうか?(答)かかる人間は存在しない―というのがキリスト教の教えです。私もそれに同意します。アガペーは神のみのもの、人間の持つものはエロース(形而上学の高い意味の)である―との、ニイグレンの研究や、波多野先生の「宗教哲学」第四章二節のエロース論参照。(アガペーは「他者規定」「他者実現」を原理とする)三十九、四十、「時と永遠」第七章一節、エロースとアガペーお気分の良いときにお読み下さい。

つまり、神は我々の外にあり、我々を包摂するものであるのですから、簡単に言えば提灯に釣鐘とつりがね―以上の絶対的な意味での比較を絶しています。つまり、恐ろしい重荷でもありますが、神は人間を愛するが、その愛に応え得る人間は存在しない―のです。ですから、「どういう人間が…」の質問は意味のないことです。

波多野先生の三部作を綾ちゃんに差し上げるについて、「時と永遠」の扉に次の言葉を私は書きたく思っていました。―《イエスこの世を去りて父に往くべき己が時の来れるを知り世に在る己の者を愛して極みまでこれを愛し給えり。(ヨハネ伝十三章一)の「世に在る…」以下です。「極みまで之を愛し給えり」この言葉を、人間同士の愛にも使える人ははたしてあり得るでしょうか?”-三浦綾子『生命に刻まれし愛のかたみ』(新潮文庫、六〇~六一頁)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中