I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

革命について

Posted by Shota Maehara : 10月 14, 2009

「なにも恐ろしいことはないさ。」と、二人の話をそばで聞いていたノヴォドゥウォーロフが言った。「大衆(マッス)は常に、ただ権力だけを崇拝しているのさ。」こう彼は、持前のひびわれたような声で言った。「政府は権力を持っているから、彼らはそれを崇拝して、僕らを憎むが、一朝僕らが権力をとれば、彼らは僕らを崇拝するさ…」―トルストイ 『復活』(世界文学全集14、河出書房、一九五七年、二五八頁)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中