I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

傷ついた時代の肖像

Posted by Shota Maehara : 9月 30, 2009

 

私たちは今、傷ついた時代の肖像を前にして
それぞれが呻吟し、ため息をついている

走り去った時代を懐かしむ余裕すらなく、
ただあわただしく日々の暮らしに押し流されていく

私たちは互いに視線を交わすこともなく
同じ場所にたたずむ、終電を待つ乗客のようだ

反対のホームで電車を待つ無数の人々は、
何処か遠い世界の顔を失った幻影のように見える

私たちには真昼の光は眩しすぎる、だが夜の街に
光がともる時、人間の本当の孤独が始まる

震えている夜の空気の中を、一人家路へと急ぐ
誰も待つ人はいない、ただ老いと死だけが待つ部屋

私たちの心の動揺を見透かしているように
部屋のカーテンが風に揺られている

自然を否定し、神を否定し、人間を否定した時代
私たちは結局ただ孤独な点のようになった

たとえ次の瞬間に消え去っても、誰も気づくことはないだろう

バビロンの塔の悲劇のように
私たちはもはや互いに言葉が通じず

悲しみも、喜びも、愛も私たちの破れた隙間からこぼれていく

時代の観覧車の乗客のように
私たちは死ぬまで孤独な遊戯を繰り返す

夜の静けさの中で、白い鳥は啼く、ビルの谷間の花、
羽根を休めながら、私たちは神を待ち望む

(2009.9.30 秋月誠仁)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中