I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

欲望の翼

Posted by Shota Maehara : 9月 2, 2009

虚栄

 

遥かなる架空の都市に

欲望の翼をもった人々が

天空を飛翔していた

 

女は女を愛し、男は男を愛した

老人は谷底に投げ入れられ、

幼児は生まれてすぐ絞殺された

いにしえのイスラエルの物語の如く

 

この都市の虚栄は、神の御座にまで届いた

神は使者/死者を遣わし、彼らが一体どんな

生活をしているのか確かめさせた

すると、見慣れぬ装いを纏った二、三の使者を群衆は

取り囲み、処刑してしまった。

 

神はいまやこの都市の虚栄が真実であったことを知り、

この地上に被造物を生み出したことを深く後悔された。

人は歩くことをやめ、天から地上を支配した

そして、いつしか神そのものになれるのではないか

と錯覚するようにさえなった

 

その時だった

天空から真紅の炎の火柱が、地上に突き刺ささった

人びとの欲望の翼は焼けただれ、次々に地上へ失墜していった

 

遠い記憶の中にだけある故郷の言葉をたよりに

人は地上にふたたび文明を築くだろう

だがその時欲望の翼の痕跡もまた背中に

はっきりと浮かび上がるだろう

 

もはや天空を飛翔することはなくとも、

この地上から離れることを夢見て

憐れな種族、欲望の翼をもった、

かつて天空を支配した種族の末裔よ

(2009.9.3)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中