I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

Archive for 2009年7月

朝の祈り

Posted by Shota Maehara : 7月 12, 2009

vanishing-point-kathy-jennings

“・・・どうか同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、一つ思いになって、わたしの喜びを満たしてほしい。何事も党派心や虚栄からするのではなく、へりくだった心をもって互いに人を自分よりすぐれた者としなさい。おのおの自分のことばかりでなく、他人のことも考えなさい。”―ピリピ人への手紙、第二章、第二節‐第四節

わたしは朝、必ず心の中で自分に言い聞かせていることがある。それは、「すべての他人(ひと)を自分よりも優れた者と見なし、心から謙りなさい」という新約聖書ピリピ人への手紙から教えられた大切なメッセージである。

ではなぜすべてなのだろうか。一般的に、自分よりも優れた人もいればそうでない人もいると考えるのが普通だろう。だが、そうした考えは他人を見下し、差別し、そして自らを傲慢にし、人を蹴落とそうとする人間の弱い部分が首を擡げてくる始まりである。だからこそ、私はあえてすべての人と心の中で祈るのだ。

その祈りによって、自分がどれだけ学んでいったとしても、少しも偉くはならないということを知ると同時に他人からも学び続けることができる。学ぶこと、すなわち知性と、信仰、すなわち愛とは密接不可分な人生における二本のレールの如きものである、と私は思う。

しかし、現代人はこのことを忘れてしまったのではないか。他人を批判するときほんの一瞬でも自分の方が偉いと思ってはいないだろうか。もしそうならそんな形で知性を用いるのは今すぐにでもやめてしまった方がいい。相手と自分を共に精神的に貧しくするだけだ。

なぜなら、それは批判のための批判にすぎず、相手の気力や体力を奪うだけの貧しい知性の働きだからだ。むしろ、人を喜ばせるために知性は用いるられるべきだ。わたしは昨今の言論の現状を見て切実にその必要性を認識し直すべき時であるように思う。

主よ、今日も一日が始まります。願わくば知と愛の働きを通して、自分自身ではなく神の御名が崇められますように。わたしの小さな行いによって、一人でも多くの人が自らの間違いに気付き、迷いから正しい道へと連れ戻され、心に平安が訪れますように。わたしの人生の主人は私ではなく、神なのですから、私はその御心のままに生きます。今日も一日の糧をお与え下さい、あなたの道をお示し下さい、またそれを聞き従える謙虚な自分でありますように。 

広告

Posted in エッセイ | Leave a Comment »

わたしの力は弱さのうちに完全に現れる

Posted by Shota Maehara : 7月 12, 2009

・・・主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。―コリント人への第二の手紙第12章第9節

Posted in アフォリズム | Leave a Comment »

にせの預言者を警戒せよ。彼らは、羊の衣を着てあなたがたのところに来るが、その内側は強欲なおおかみである。―マタイによる福音書、第七章第一五節

Posted by Shota Maehara : 7月 5, 2009

Adam_and_Eve008改革派と呼ばれる政治家であれ、経済学者であれ、また保守派と呼ばれる政治家であれ学者であれ、誰もが自分の政策こそは日本を良くするものだと主張する。

もっとも、それはあくまで彼らの目線から見た「良くする」なのであって、決して万人にとっての普遍的な幸福でないのは言うまでもない。しかし、にもかかわらず彼らが時として我こそは真理なりと自称してはばからないように見えるのはなぜか。

例えば、小泉・竹中両氏は、「改革なくして成長なし」というスローガンの下、経済理論に基づいた一連の民営化政策を断行した。そしてそれ以上に、彼らは改革の副作用として人々に経済至上主義的な価値感を植え付けた。

実は、彼らの背後にあったのは、アメリカの一九八〇年代のサッチャー・レーガン改革と同様に、豊かな社会の段階に入った日本に現れ始めたこの国の富裕層(勝ち組)であった。彼らは質の低い公共サービスを嫌い、民間のサービスを利用するために減税を求め、投資のための有利な条件を整備していった。その一方で、労働条件や福祉などは二次的な問題として顧みられることはなかった。

彼らは日本のためを考えてと言うが、おそらく彼らの「日本人」という概念の中に多くの庶民は含まれていない。それに踊らされて人々は小泉・竹中両氏こそ日本経済の救世主と信奉したことは悲劇である。

間もなくこの国の衆議院選挙が始まる。その際、我々が肝に銘じておくべきことは、やはり次の聖書の一節に見事に言い尽くされている教訓だろう―「にせの預言者を警戒せよ。彼らは、羊の衣を着てあなたがたのところに来るが、その内側は強欲なおおかみである。」―マタイによる福音書、第七章第一五節

Posted in コラム | Leave a Comment »

神は愛なり

Posted by Shota Maehara : 7月 5, 2009

愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。―ヨハネの手紙第一、第4章第七節~第八節

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。―ヨハネの福音書、第三章第一六節

神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。―ヨハネの手紙第一、第四章第九節~第一〇節

Posted in アフォリズム | Leave a Comment »