I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

砂漠を旅する人

Posted by Shota Maehara : 4月 29, 2009

05patmos

…彼は光ではなく、ただ光についてあかしをするためにきたのである
―ヨハネによる福音書第1章第8節

         ※

誰もいない地表の上を 
乾いた風に吹かれて、
孤独に彷徨い続ける人がいる

男か女かは定かではない
白人か黒人か黄色人種か、
それさえも見分けられぬ

まっすぐに延びた砂の稜線の上を
ただ一つの点としてゆっくりと進んでいる

すれ違うキャラバンの一隊は、
無関心に、ラクダの背にまたがって
沈みゆく旅人の足元を通り過ぎる

         ※

伴侶もなくこの砂漠を旅する人よ
夢もなく、希望もなく、愛のかけらさえも
掴みとれない無力な存在

だらしなく開かれたままの口元からは、
微かな囁きにも似た短い言葉が漏れる

「心が飢(か)わく」

戦場で片腕を失した兵士が
寝台でそれを思い出す時のような
半身が麻痺するような感覚

たとえ頭が朦朧とし、
喉は乾ききるとも そこにはオアシスがある

しかし、不安で胸を八つ裂きにされ、
十字架に磔にされた者の痛みを癒す術はない

         ※

伴侶もなくこの砂漠を旅する人よ
夢もなく、希望もなく、愛のかけらさえも
掴みとれない憐れな存在

だらしなく開かれたままの口元からは、
微かな囁きにも似た短い言葉が漏れる

「生命(いのち)の泉は何処に」

この無人の砂漠にある荒野の泉 
そこからは永遠の命が湧き出るという

          ※

伴侶もなくこの砂漠を旅する人よ
夢もなく、希望もなく、愛のかけらさえも
掴みとれない惨めな存在

だらしなく開かれたままの口元からは、
微かな囁きにも似た短い言葉が漏れる

「あなたは小さき者の砦」

左手に闇、右手に光
命の天秤は揺らいでいる

左手に罪、右手に救い
信仰の天秤は揺らいでいる

第三の破滅へと向かう世界

せめて僅かな塵と泥でできた人形を
箱舟に乗せ、ふたたび世に命を宿らせたまえ 

          ※

暗い闇夜の中を
旅人はひとり黙々と歩み続ける
祈るように、眠るように、砂の湖を泳ぐ

 

(2009.4.29/ 秋月誠仁)

広告

コメント / トラックバック2件 to “砂漠を旅する人”

  1. Miho said

    とても素晴らしい詩ですね。ヨハネに託して、自分のこと、現代人について語っているのね。ヨハネは光そのものではなく、後から来る救世主イエスのために主の道をまっすぐにするために働いた人物ですよね。私たちの世代の仕事ももしかしたらそういうものかもしれないですね。ありがとう!!!

  2. akizukiseijin said

    Mihoさん。コメントどうもありがとう。ここ10年、20年社会の空気がガラッと変わってしまったように感じませんか。アメリカも80年代から、金融とITで一時潤ったけれど、人心が荒廃して、ハリウッド映画などの文化もガタガタになってきましたよね。西部劇の頃のアメリカってもう少しかっこいい国だったはずなんだけどね。みんな自分なりの道徳感を押しつけてばかりで、人間が勝手に変えることのできない領域(神・自然・他人)への「倫理」をどこかで再構築する必要があるなと感じています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中