I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

バブル崩壊とIT革命の先にあるもの

Posted by Shota Maehara : 2月 19, 2009

バブル崩壊とIT革命の先にあるもの…

19世紀以来の製造業を中心とした近代のパラダイムがいよいよ終焉を迎えている。政治的混迷はその一つの表徴でしかない。

今われわれに必要なのは現在にとらわれることなく、明治以来の近代化の功罪をしっかりと検証しながら、かつ未来を見据えて、それに備えておくことである。目の前に現れつつある世界はまだ名付けられぬ何ものかである。人々は先が見えないだけに不安に駆られもするだろう。

しかし、唯物論的には、我々の意識すら何らかの物質的な根拠を持っている。したがって、その根拠が根底から変化してしまえば、我々のものの感じ方や思考のスタイルも好むと好まざると変わらざるを得ない。人はどんな環境にあっても順応していく生き物である。そして、どんな生物も生き残るために全力を尽くす。それが宿命なのである。

ではバブル崩壊とIT革命の先にあるものとは何か。それは「少子高齢化」という避けられない波である。政治における民主的選挙、経済における終身雇用、教育における集団授業、メディアにおけるマス・コミュニケーション、これらの制度麻痺は実はここに淵源している。なぜならば、いずれもがマス(多数集団)を前提とした画一的な制度設計であるからだ。だが、近代はたかが120年の産物である。それまでの中世は権力や価値観がはるかに多様化していた。我々の未来もまた中世に回帰するかのように、地方分権体制を特徴とするものとなるだろう。

具体的にいえば、国内では、介護など労働の現場や教育の現場に多くの外国人労働者やその子供が参入し、単一の価値観では物事を処理しきれなくなる。そのため英語はもとよりアジア各国の歴史を教えられる教師を養成・配置しなければならい。対外的には、アメリカのプレゼンスが衰退し、国際政治が多極化してくるために日本の軍事力を揺ぎ無いものとする必要がある。ただし、人口動態で若年の労働人口が減少してくるということは、同時に兵員の数も減少してこざるを得ない。ここでもゆくゆくは外国人によって補填するべきかどうかの選択を迫られるだろう。

だが、物質的に豊かになり、人口が減少してくる先進国で、個々のニーズや要求の高まりと政治的一体性をどう両立させてゆくか。この矛盾ははなはだ大きいと言わざるを得ない。政治的には選挙で勝つためにはどうしても細かい政策よりも一体的なスローガンによって人心を掌握していく。孔子は論語の中で、「民はこれを由らしむべし、知らしむべからず」と述べたがまさに現代政治にこそ当てはまる。情報化した社会の中の見えない情報統制こそが鍵である。

私がいま「少子高齢化」と並んで最も懸念しているのが大学を中心とする「知の職人」の消滅である。インターネットによって情報が行き渡るようになって、逆に事実や言葉が持っていた重層的な歴史性が忘れ去られてしまう。いまがすべてであるという軽薄さ。それによって誰もが学者になれるし、作家になれるし、ジャーナリストになれると嘯く。やがて知識がどんどん表層的になっていく。つまり、たんなる記号になっていくのである。これが一億総娯楽化した日本人が新しい産業を興せない真の理由なのではないか。

経済の専門家と称する人々に警戒せよ。彼らこそ、抽象的な数理によって、歴史を排除することによって、我々の社会を貧しくする。個々の専門的な知識(科学、歴史、政治、経済、芸術等)を統合する「コモン・センス」(常識)こそ最も必要なものである。そして人文学の考え方では、統合する知こそ「哲学」(philosophy)である。多様な技術を組み合わせてゆく知の職人こそが私たちの新しい文明を築く担い手となるであろう。

広告

コメント / トラックバック2件 to “バブル崩壊とIT革命の先にあるもの”

  1. Miho said

    今の時代にこそこういう提言が必要です。事象に対する多角的なアプローチをどう取り戻すかが今後の分かれ目でしょうね。いつも刺激を頂いています。ありがとう(笑)♪♪♪

  2. akizukiseijin said

    Mihoさん。早速のコメントありがとう。最近はあまりブログを更新していませんが、世間のあまりの無風状態に恐くなって、思わず覚書として書いてみました。当然これで議論が尽くされているというのではありませんが、私からの便りだと思って受け止めてください。時流に流されずに自分の仕事を進めましょう。また意見を聞かせてもらえるのを楽しみにしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中