I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

信仰の騎士

Posted by Shota Maehara : 12月 31, 2008

6n9f3mzu

 

古えの土地に降り立った私は、
        何か奇妙な考えに取りつかれていた

進むべきか進まざるべきか、
        その答えは容易に探り当てられそうにない

行き交う人々の顔は異様に白く、
        かつて出会った死人を思い出させた

ちょうどその時、地面に平伏する一人の老人を見た
           彼は全身を大地に擦り付けるようにして、

小さく祈りの言葉を口にしていた
        老人の目の前には神があり、
               そして一切が許されていた

 

(2003.7.9 秋月誠仁)

広告

コメント / トラックバック1件 to “信仰の騎士”

  1. akizukiseijin said

    この時代は何処へ向かうのか。漠然とした不安の中で、自分の道を進みかねて彷徨う人々の群れ。その流れの中で誰もがもがき苦しむ。私は、人々の顔を凝視することができない。それはこの世のどこか果て、黄泉の国に降り立った旅人のように見るものを蒼ざめさせる。でも、そこに光が、ほんの僅かながらも光が現れる。一人の老人の口から洩れる祈りの囁きとして。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中