I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

<政治的なるもの>の概念図

Posted by Shota Maehara : 10月 12, 2008

国家(法的枠組)———————————————————————–

① 官僚制 <目的合理性> ×

② 議会制 <共同主観性> ×

③ 大統領制 <決断主義> ○ 

————————————————————————————-

③’⇒⇒⇒法の外(天皇/ヒトラー)by ハイデッガー&シュミット

 

<注記>

1. 主権について:「主権者とは、例外状況にかんして決定をくだす者をいう。」(カール・シュミット『政治神学』、p.11)

2. 「決断の瞬間は狂気である。/The instant of decision is madness.」(セーレン・キルケゴール)

3. 議会制について:「そこでは、個々の主観を超えた真理があるのではなく、それらの討議による「公共的合意」によって得られる暫定的な真理があるだけだ、と。」(柄谷行人『倫理21』p.87) ※一般意志(ルソー)のことか

4. シュミットについて:「カール・シュミットがいうように、議会制は、討論を通じての支配という意味において自由主義的であり、大統領制は一般意志(ルソー)を代表するという意味において民主主義的である。」(『表象と反復』、p249)

広告

コメント / トラックバック1件 to “<政治的なるもの>の概念図”

  1. […] <政治的なるもの>の概念図 « Akizukiseijin's Weblog […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中