I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

「冬の時代」再来―左翼知識人は今どこにいるのか?

Posted by Shota Maehara : 6月 26, 2008

protesters_2

今日、グローバルな規模で起こる貧困格差や環境破壊に対して、旧来の左翼知識人を中心とする異議申し立てが鳴りを潜めてしまっているように見える。

なぜなら、彼らは大文字の「革命」や「世界平和」といった題目を唱えるばかりで、本当に人々の生活にリアリティーのある不安定な雇用や食の安全や福祉そして地域や家庭の崩壊に対して十分注意を向けているとは言い難いからである。

実際、今日のネットカフェ難民の問題にしろ、大学の知識人ではなく、むしろNPOなどの市民団体の手によって草の根的に取り組みがなされているのが現状である。無論このままでは根本的な解決にはならないことは言うまでもない。私は、現代に生きる者の一人としてこのことの是非を問うべきだし、また問わねばならないと感じている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中