I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

Archive for 2008年6月

プロデューサーのすゝめ―出会いの可能性を求めて

Posted by Shota Maehara : 6月 28, 2008

よく人は、他人を評価しようとするときに長所と短所を挙げることから始める。これは一見もっともだが、実は人間の見方としてはあまりに浅いと言わざるを得ない。なぜなら、優れた人物であればある程、その人の欠点が長所と分かちがたく結びついて切り離せないことに気づくからだ。

例えば、ある事件が発覚すると、その会社の経営者を唯我独尊で独裁者のように振る舞っていたと批判するが、その実、力強いリーダーシップと直観こそがその人の魅力だったのではないだろうか。また、同じくらい優れた経営者でも能力よりも平等を重んじすぎる態度に対して批判が集まった場合、もしその分け隔てない姿勢こそがその人の最大の魅力だったとしたらどうだろうか。

いつも優れた人物を見て思うのは、みな自分自身の可能性を追求するなかで贅肉をそぎ落とし自分の中から彫刻作品を生み出していくかのようである。その過程で彼らの長所が増幅されてくると同時に、短所もはっきりとした形で表に現れてくる。

では、そのとき我々はいかに振る舞うべきであろうか。その欠点ゆえに彼らのもとを去るべきだろうか。でもそれでは一生誰かとともに働きともに生きてゆくことなどできないのではないだろうか。友人であれ恋人であれ出会っては別れをただ繰り返していくだけで本当にいいのだろうか。

おそらく自分自身の中にある盲点というのは絶対に自分が見ることのできない死角なのだろう。それはその人の強みと切り離せないだけに本人には見えにくい。だからこそ、それを認めた上で、互いが互いの欠点を長所で補っていく位の余裕が必要だし、簡単に関係を解消しない粘り強さが求められる。

さらにチームや組織を纏める上では次のような資質が不可欠だ。つまり周囲の状況に振り回されず、自分が第三の立場を確立して、優れた人と人の間でむしろ調整役(バランサー)となることである。なぜなら、どんな優れた人でも一人だけで生きていけるものではいない。むしろ優れた人であればある程、誰かもう一つの優れた個性を必要としているのだ。譬えれば、プロデューサーとはこういう役目をする人なのだろう。

世に完璧な人などいない。だから批判は後回しでもよい。それよりも相手の長所を見よ。また人と人の間で揺らがない第三の自己を鍛えよ。そして、次の世代に向けて人が活きる社会を作ること。これこそが日本人すべての使命ではないだろうか。

広告

Posted in コラム | Leave a Comment »

「冬の時代」再来―左翼知識人は今どこにいるのか?

Posted by Shota Maehara : 6月 26, 2008

protesters_2

今日、グローバルな規模で起こる貧困格差や環境破壊に対して、旧来の左翼知識人を中心とする異議申し立てが鳴りを潜めてしまっているように見える。

なぜなら、彼らは大文字の「革命」や「世界平和」といった題目を唱えるばかりで、本当に人々の生活にリアリティーのある不安定な雇用や食の安全や福祉そして地域や家庭の崩壊に対して十分注意を向けているとは言い難いからである。

実際、今日のネットカフェ難民の問題にしろ、大学の知識人ではなく、むしろNPOなどの市民団体の手によって草の根的に取り組みがなされているのが現状である。無論このままでは根本的な解決にはならないことは言うまでもない。私は、現代に生きる者の一人としてこのことの是非を問うべきだし、また問わねばならないと感じている。

Posted in コラム | Leave a Comment »

 歴史よ、我に欠けたるは汝なり

Posted by Shota Maehara : 6月 14, 2008

歴史とは現在を映す鏡である。鏡なくして人は己の姿を見ることはできない。

Posted in アフォリズム | Leave a Comment »

アーレントの「評議会制度」

Posted by Shota Maehara : 6月 2, 2008

left

「ここまでアーレントの共和主義の内実を検討してきたが、では彼女は具体的にどのような政治制度を構想していたのだろうか。彼女は、アメリカ革命の革命精神を制度化するようなものとして、ジェファーソンの主張する「ウォード」(ward)という小規模な共和国が政治の基本単位となり、それがピラミッド型に積み重なるような政治体制を構想した。この延長線上に有名な「評議会制度」(council-system)がある。フランス革命時の「革命協会」、1871年のパリ・コミューン、1905年、1917年のロシア革命におけるソヴィエト、1918-19年のドイツ革命におけるレーテ、1965年のハンガリー動乱における評議会などが歴史上有名である。彼女は政党制や代議制を批判する。政党制や議会制は代表によって成立する。しかし、「利害や福祉」は代表できるが「活動や意見」は代表できないのである。評議会制度とは、政党制や代議制に代わるものであり、その特徴はその成立における自発性にあり、そこは市民が意見を戦わせる自由で公的な空間であった。この評議会制度は連邦制の原理とも結びつく。」

(「ハンナ・アーレント入門」 杉浦敏子 藤原出版)

Posted in 草稿 | Leave a Comment »