I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

現代人は「赦す」ことができるのか―山口県光市の母子殺害事件の少年に死刑判決

Posted by Shota Maehara : 4月 24, 2008

left

歴史を学ぶに際して重要なことは、結果から断罪するのではなく、今まさに自分の目の前で起こりつつある状況として深く考えてみることです。こうした「歴史」の見方は、日々のニュースに私たちが接するときにも当てはまります。

たとえば、こいつは何て酷いことをしたのかということばかり目が行きがちです。しかし、立ち止まってなぜ事件の当事者はこのような犯行に及んだのかと見ていくことがとても大切です。なぜなら、歴史にしても、事件にしても、部外者の立場からはなんとでも言えてしまいますから、気付かないうちに私たちはとても傲慢になってしまう恐れがあります。

少なくとも事件を審理する法廷ではそうであってはなりません。結果に対して単に犯人の責任を追及し処罰するのが目的でなく、審理の過程でその背景を十分に明らかにし、事件の全容を解明していくことが近代司法制度の存在理由(レーゾン・デートル)なのです。それを裁判を迅速化するために早く審理を切り上げて済まそうとするならばただの仇打ちです。いわば文明から野蛮への退行現象にほかなりません。

だからこそ、裁判制度はつねに被告からも原告からも独立しているべきなのですが、近年悲しいかな世論やマスコミに引きずられ気味です。特に、少年犯罪の場合、個人の責任だけでなく、その犯行まで至らしめた社会の構造や生い立ちが無視できません。この社会の側の責任を棚上げにしてただ被告に死刑を求刑するだけでは済まされません。むろん被害者の家族が犯人を殺してやりたいと思うほど憎むのは仕方ないことでしょう。だからこそ我々は一緒になって殺せなどと叫ぶべきではない。犯行に至った動機や背景をできるだけ突き詰め、原告・被告ができるだけ納得して刑に処せられるようにする義務が裁判所には課せられているのです。もしそうしなければ今度は逆に被告人の遺族の悲しみと恨みが残り続けるかもしれません。

もちろん、こうして犯行に至るまでの被告の精神状態の不安定さや生い立ちの酷さを知ったとしても、被害者の遺族が刑に服す被告の少年を許すまでには途方もない年月と努力が必要でしょう。しかし、こうした一八歳の少年を犯罪に追いやる原因を探り、社会がそれを一つ一つ取り除いていくのでない限り、こうした少年事件の再発を防ぐ手立てはありえないのです。

一八歳で母子の命を奪い、自らも残りのわずかな人生を牢獄で過ごし、やがて死刑台で終える人生とは一体何なのでしょうか。事件の根源は単に個人の心の闇だけにあるのではありません。むしろより深刻なのは社会の闇なのです。神戸の少年Aの事件をはじめ、この種の少年事件には、競争社会から脱落した人間にも受け皿になる会社や地域そして何より家族が近年急速に崩壊している社会的背景があります。そして希望や安らぎを失った人々はもはや自らの中にある嫉妬や暴力を抑える術が見つからないのです。こうした現状を解決することなく、裁判の迅速化と処罰の強化を推し進めることはむしろ国民が自らの首を絞める結果に繋がりかねません。

いずれにしても、裁判は目的ではなく手段なのです。要はできるだけ犯罪者を社会のなかで抑制していく仕組みをつくるべきであって、何でもかんでも行政や司法の手に委ねればいいいと言うものではない。それは市民のための社会ではなくて、国家のための社会を生む危険があります。だから、たとえ「罪を憎んで、人を憎まず」の言葉通りにはいかなくても、過ちを犯した人間に憐れみをかける人間的な感情だけは失いたくないものです。

広告

コメント / トラックバック2件 to “現代人は「赦す」ことができるのか―山口県光市の母子殺害事件の少年に死刑判決”

  1. koito said

    21世紀、魔女狩り裁判ふたたび?!

  2. 近代市民社会は虚構(フィクション)であり、しかるに自然(ネイチャー)に帰ろうという心根には頽廃が潜んでいる。自然とは単に安らぎだけを与えてくれる慈母のような存在ではなく、恐ろしい差災害や天変地異によって人間を飲み込んでしまう畏怖すべき存在だ。だから近代社会はそれを少しでもコントロールしようと自然を模倣し、そっくりの人工楽園=都市文明を築き上げた。確かに19世紀以来産業文明は自然に対する畏怖を忘れ、傲慢になり、すべてをコントロールできると勘違いしてきた。しかしこれは、文明そのものを放棄することを意味しない。我々は文明の中だけでしか生きていけないか弱い存在だからだ。要は文明と自然とのバランス=調和を取り戻すこと。つまり、人間の理性基づく「自制心」が戦争や消費への欲望を抑制できるかにかかっている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中