I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

法治社会とはなにか

Posted by Shota Maehara : 3月 12, 2008

今日の「法令遵守」(コンプライアンス)の風潮に対して、どだいすべてを法律で決めるのは無理だから、共同体やその掟を重視しろという論調が一部にある。しかし、およそ市民法などというものが歴史上一度も確立されなかった日本でこんなことを主張したら、あらゆる組織で昔の人格的支配へ逆戻りしてしまう危険性がある。問題は、何でもかんでも法律で決めることでもなく、また共同体の掟に逆戻りすることでもない。むしろ、一体どんな法なら望ましいのかを私たち生活者の視点から決めることが最も大切なのである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中