I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

Archive for 2008年3月

法治社会とはなにか

Posted by Shota Maehara : 3月 12, 2008

今日の「法令遵守」(コンプライアンス)の風潮に対して、どだいすべてを法律で決めるのは無理だから、共同体やその掟を重視しろという論調が一部にある。しかし、およそ市民法などというものが歴史上一度も確立されなかった日本でこんなことを主張したら、あらゆる組織で昔の人格的支配へ逆戻りしてしまう危険性がある。問題は、何でもかんでも法律で決めることでもなく、また共同体の掟に逆戻りすることでもない。むしろ、一体どんな法なら望ましいのかを私たち生活者の視点から決めることが最も大切なのである。

Posted in アフォリズム | Leave a Comment »

 21世紀型経営モデルへの転換―今こそ市民社会と法を確立せよ

Posted by Shota Maehara : 3月 12, 2008

相手を自分の理解し合えない他者であると認識することから、互いへの尊重が生まれ、そこに法が生まれる

最近では都内であればほぼどの会社でも社員に一定の敬意と配慮をもって、できるだけリラックスして効率的に働いてもらえるような環境づくりを目指すことが常識となっている(もちろんそれでも上司や同僚からのセクハラ・パワハラの被害の報告は後を絶たないが)。

ではこうした変化の原因はどこに求められるのだろうか。おそらくそれは「共同体」(村)と「市民社会」(都市)の違いに帰せられる。たとえば、アメリカを見てもわかるように、人それぞれが多様なバックグラウンド(生まれてきた環境やそこでの経験)を持ち、さまざまな価値観に従って生きているからこそ、人は互いの権利を尊重し合う個人(主義)である必要がどうしても出てくる。そして、各人の行動を調整するために統一した法や規則が必要とされ、また守られる。

しかし、いつも顔の見える知った者同士であれば仲が良い反面、依存し合い、時には慣れ合いが生じてくる。こうしたことはスタッフの間でも、経営者とスタッフの間でも起こりうる。ここ日本でも都内では労働の流動性が高まり、不特定多数が働く場になりつつあるので、こうしたスタッフと経営者との取り決めやルールが比較的に発達しているが、それ以外の地方ではまだまだ不十分である。

ひとは中央と地方は違うからと言うかもしれない。しかし、これは会社の大小や都心地方の問題ではない。むしろ、私たち一人一人が、相手のことを話せば分かる他者だと思っていて、実は自分とは全く違う一人の人格であるといういたって単純な事実に気がつかないでいるからなのだ。

Posted in コラム | Leave a Comment »

ホモサピエンス(Homo sapiens)について

Posted by Shota Maehara : 3月 11, 2008

私は以前、人間の低劣な行為、たとえばセックスや殺人を動物的と呼んだことがある。しかし、ある友人はすぐさまこう言った。動物は無意味にセックスしたり同類を殺したりはしない。それはむしろ動物に失礼だと。確かにその通りかもしれない。人間には理性があるゆえに、逆説的に戦争という大がかりな殺しの舞台を整えてしまう恐ろしさがある。人間は理性がある故に動物でもしない愚かなことを繰り返している。では理性をいかに用いるべきか?ここにすべての核心があるはずだ。

Posted in アフォリズム | Leave a Comment »

崇高なる暴力

Posted by Shota Maehara : 3月 11, 2008

私が目下興味があるのは次のことだ。それは人間の生=性は本質的に、ある過剰な力を内に含んでおり、普段は意識や理性によって抑圧されていても、時としてそれは地表に顔を覗かせる如く現れる。しかしこうした抑圧されたものの回帰は、かならず倒錯した形で表れてこざるを得ない。その時私たちの生=性は、一瞬「死」の深淵を覗き込む。それも抗いがたい暴力的な衝動に押し流されるようにして。この抑圧されていた過剰なものこそ、人を暴力に、そして戦争に駆り立てる根源的なエネルギーなのではないだろうか。もしこれが真実であるならば、啓蒙や理性や市民社会はこれらの過剰な力とどう向き合っていくべきなのだろうか。

Posted in アフォリズム | Leave a Comment »

「身体髪膚、これを父母に受く、あえて毀傷せざるは孝の始め也」「身を立て道を行い、名を後世に挙げ、以て父母を顕すは孝の終り也」(孔子)

Posted by Shota Maehara : 3月 11, 2008

カントが『判断力批判』のなかで、美と区別して「サブライム」(崇高)と言っているのも、それと同じだと思う。美が感覚的なものに根ざしているとしたら、サブライムは感覚的に不快なものを突き抜けたときにのみ感じられる。カントはそこにメタフィジカル(超感性的)な次元を見出したけど、僕はそれもフィジカルなものに根ざしていると思います。マゾヒズムがなぜ快楽か。それは普通の快楽を犠牲にすることによって快楽物質を獲得するからだと思う。宗教的な法悦とかいうけれども、メタフィジカルも結局はフィジカルでなはいのか。(対談-柄谷行人「国家・家族・身体」)

人間が苦痛なことに快楽を見出すということを理解できないと、人間全体が理解できないんじゃないかなと思う。経済学でも何でも、特に近代経済学はそうだけど、人間は快楽を志向する、苦痛なこと、不利なことはしないと決めているんだけど、そんなことないよ。そういう仮説を立ててやっているから、経済現象までわからない。…人間は苦痛を快楽にしてしまう奴らだということをわかっていないとまずいんじゃないかな。(対談-柄谷行人「国家・家族・身体」) 

Posted in アフォリズム | Leave a Comment »