I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

遠近法について

Posted by Shota Maehara : 12月 15, 2007

視覚における遠近法は、唯一の正しい見方というものが存在しないことを教えてくれる。視覚は、あたかもカメラのズームのように見たい対象を前景化させ、その他を後景化させる。だから対象は常に揺れ動く関係の中で存在さざるを得ない。ゆえに遠近法もまた弁証法の謂いなのである。それは始まりもなく終わりもない永遠の対話である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中