I am the vine; you are the branches

Shota Maehara's Blog

極端な民主主義の弊害―寅次郎がいなくなった日本

Posted by Shota Maehara : 10月 31, 2007

男はつらいよ 49巻セット+特典ディスク2枚付

男はつらいよ 49巻セット+特典ディスク2枚付

昭和の名作『男はつらいよ寅次郎』(山田洋次監督)シリーズは、描かれざる最終回があったそうである。それは、寅さん役でお馴染みの渥美清さんが亡くなって結局実現しなかったそうだが、子どもたちがはしゃぎ回っている傍で寅さんがベンチで静かに横たわって動かなくなるというラストシーンであったらしい。

これは現代を予兆する象徴的なシーンなのではないか。昭和の時代は、高度経済成長に入っているとはいえ、まだまだ金持ちや貧しい者もいて、それぞれの町での生活の中から喜怒哀楽の物語が生まれた。その中には寅さんのような変わり者もいて、社会はそれでも彼を排除することなく、温かく受け容れていた。

何より寅次郎は、叩き売りの商売人で、町から町へ気ままに旅するさすらい人である。そして、訪れた土地で美人に恋に落ちて、故郷に帰省し、そうして出逢った人たちに喜びや幸福をもたらして終る。決して自分は幸せを手にしないけれど、またあてどもなく旅に出て行く。私は、毎回映画で最後に寅次郎が妹にそっと置手紙などを残して、ふらりと旅に出かけるシーンがとても好きだ。

ここに描かれているのは次のような社会の姿である。たとえはみ出し者や異端児であったとしても、生きていく余地を残しておいてあげる。そこに人間としての寛容さ・あたたかさを感じるのだ。みんなこいつはしょうがない奴だと言いつつも、愛情のある眼差しを注ぐ。たとえば喧嘩でやっつけても、負けたほうもなかなかやるじゃないかといえるような人間の広さ。そういうものを私たちは失ってしまったのではないだろうか。

それは結局、高度経済成長、特にバブル崩壊以降、経済的な豊かさに裏打ちされて、すべては平等であるべきだという極端な民主主義の病である。実はここには他者の優越を認めないという嫉妬(ルサンチマン)が潜んでいることが分かる。すべては平等なんだから、あいつの意見だって所詮自分以上のものではないと心のどこかで思う。世の中にはやっぱり優れた人がいて、それを認めること、褒めることは決して人間として恥ずかしいことではないのに。むしろ美しいことではないか。そうすればきっと優れた人たちが、この国を良くしよう、何か恩返しをしようという好循環も世の中に生まれてくるはずだ。

イギリスの評論家バジョットは、それを「民主政治」と対比して、「自由政治」として区別している。彼によれば、民主政治は、すべての人はあくまで平等という前提に立ち、そこから誰の意見も自分以上は優れているとは認めないという帰結になりうると考える。それに対して、自由政治とは、他者の優越を認め、優れた他者を尊重するという前提に立ち、良いものは素直に良いと認めることのできる政治であると考える。それは争いの火種を作らない寛容性をもった社会でもある。

私もまた『男はつらいよ寅次郎』をもう一度こうした角度から見直してみたい。そして今の多くの日本人の様にひたすら他人の欠点をあげつらうのではなく、良い所や伸びる所を見つけて褒めていける社会。マイナスの力ではなく、プラスの力で前進していけるような社会を創り上げて生きたいと願っている。

広告

コメント / トラックバック2件 to “極端な民主主義の弊害―寅次郎がいなくなった日本”

  1. sugito36 said

    私などには、こうした文章だとよく理解できる。お説のように、高度経済成長期に平等を最高のものととらえさせ、全てにおいて平等であるよう求めた。その結果が、寅さんのような人物の存在を許さない人間たちが横行するようになった。中高生がホームレスを虫けらのように殺害する事件が相次ぐ。朝青龍や亀田家のような人間も出てくる。それを徹底的にたたき、立ち上がれないまでに叩きのめす社会が現実にある。と言うことですよね。とても解り易く社会を分析してくれて素晴らしいですね。

  2. dbadmin said

    こんちはー!寅さん大好きです。幻の最終回は、脚本も完成してました。保育園の嘱託になって、ブランコで静かに息を引き取る。という物らしいです。あっと新URL置いていきますネ♪http://plaza.rakuten.co.jp/andbigups/では又!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中